社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    右左折や車線変更時にウインカーを出さない、あるいは出すのが遅すぎるクルマが見られます。警察も「基本的なルール」と話す合図、なぜ適切に行わない人がいるのでしょうか。

    ウインカー出さない・遅すぎは命取り

    右左折や車線移動、そのための幅寄せなどをする際にはウインカーで合図をするのがルールですが、その合図を出さない、あるいはタイミングが極めて遅いというクルマが見られます。

    たとえば岡山県は、JAF(日本自動車連盟)が2016年に実施した意識調査で「ウインカーを出さずに車線変更や右左折するクルマをよく見る」と答えた人が全国最多の53.2%に上りました。そのような走り方を揶揄するものなのか、岡山県警によると「岡山ルール」なる言葉も存在するといいます。

    合図のタイミングは道路交通法で、「右左折の30m手前」あるいは車線変更や幅寄せをしようとする「3秒前」とされています。岡山県警交通企画課は、「合図の不履行や遅れは、たとえば周りからそのクルマが直進するか右折するかが分からないため、対向車と正面衝突する要因になるほか、左折時の巻き込み事故の恐れもあります」と話します。

    岡山では、交差点の30m手前に「★合図」と記された珍しい路面表示があることも知られます。県警によると、これは2005(平成17)年、岡山国体の開催に際して「基本的な交通ルールを浸透させる」意味をもって整備されたものだそう。

    ウインカーを出さないと人が多いといわれることについて岡山県警交通企画課は、必ずしも県民全体がそう感じているわけではないとしつつも、合図不履行や横断歩行者保護違反など「基本ルール」についての取り締まりを強化しているといいます。

    そもそもなぜ、ウインカーを出さない、あるいは出すのが遅い人がいるのでしょうか。

    「親にそう言われた」という人も

    「ウインカーを出さないという人は、『面倒くさい』あるいは『出さなくても事故にならない』と考える人でしょう。出すのが遅いという人は、『早く出すのがカッコ悪い』と考えているのではないでしょうか」。ペーパードライバー講習などを行う東京都世田谷区自動車教習所、フジドライビングスクール田中さんは、このように話します。

    ただ、「早く出すのがカッコ悪い」と考えるのは、若い人や初心者よりも、ベテランだといいます。

    「早くウインカーを出すことが『カッコ悪い』などと直接的に口には出さないものの、『そんなに早くウインカーを出す必要はない』と親やベテランから言われた、という講習生が少なくありません」(フジドライビングスクール 田中さん

    教習所ではウインカーを出すタイミングを「30m手前」「3秒前」ときっちり習うものの、実際にはケースバイケースになるといいます。というのも、低速時と高速時とで時間や距離の感覚は大きく異なり、低速時に30m手前からウインカーを出せば、確かに早すぎるように感じるケースもあるとのこと。

    「その感覚を基準として、『そんなに早くウインカーを出す必要はない』と初心者に教えてしまうから、『早く出すのがカッコ悪い』『周りから下手くそに見られる』などと考えるようになるのではないでしょうか」(同)

    田中さんは免許を持っている人へのペーパードライバー講習などでは、ウインカーを出すタイミングをより実践的に、「右左折や進路変更のためにブレーキを踏む少し前」と教えるといいます。仮に60km/hで走行している場合は、かなり早いタイミングでの合図が必要になるとのことです。

    ウインカーを出すのが遅いクルマ、なぜなのか。写真はイメージ(画像:Aliaksei Verasovich/123RF)。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ウインカーなぜ出さない? 右左折時など 「早すぎはカッコ悪い」と考えるのは誰か】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ◆個人タクシーを毛嫌いする理由

     タクシー乗り場でタクシーの長い列。もうかれこれ1時間も並んでいる。前に並ぶのは個人タクシーロング客の期待を胸に、いよいよ前の個人タクシーに順番が回ってきた。しかし、乗った乗客はすぐに降り、こちらの車に乗り込んで来た。

    「近いからって、断られたよ。長い時間待った意味がないとまで言われたよ」

     と憤慨の様子であったが、流石にこちらも

     「私も長い時間待ったんですが……」

     なんてことも言えない。乗客には何も関係ないことだが、個人タクシーの近くにいると時々このようなことがある。

     車の天井にある「提灯」「でんでん虫」の行灯を毛嫌いする人は少なくない。その行灯が象徴的なのが個人タクシー。高級車や個性ある室内を施したりと法人タクシーと一線を画しているが、タクシー乗り場などに並んでいると個人タクシーを避けて乗ってくる人や目の前を走る個人タクシーを見過ごし法人タクシーに乗る人がいる。

     このような乗客のほとんどが、個人タクシーに乗って嫌な思いを経験している。

    ・近い距離だと断られた
    ・態度が横柄
    ・遠回りされた
    ・無愛想すぎる
    ・万札だして怒鳴られた
    根掘り葉掘りプライバシーを詮索された

     他にも「聞きたくもない歌を永遠と聞かされた」などなど。

     しかし、個人タクシードライバーのすべてがすべてということではない。素晴らしいドライバーも沢山いるし、法人タクシードライバーにもこのようなドライバーはいる。あまりいい印象をもっていない人が多い個人タクシー、果たしてどうなのか。

    ◆個人タクシーエリート中のエリート

     正直、タクシー会社に勤めようと思ったら、運転免許と健康な身体さえあれば、誰でも出来る。しかし、同じような感覚で「個人タクシーでもやろうかなぁ」と思っても、そう簡単になれるものではない。なるには最低以下の条件をクリアしなければなることはできない。

     タクシー会社に10年以上勤務し、なおかつ10年間無事故無違反であることが条件となる。(これは35歳未満の場合。年齢が上がるかにつれ緩和される)毎日のように運転して無事故無違反は、なかなか至難の技。これだけでもかなり高いハードルだが、開業するにあたっての資金も必要となってくる。

     営業区域により異なるが、設備資金で約70万円以上、運転資金として約70万円以上合わせて140万円を用意することが絶対条件である。また、タクシー協会に入会するのであれば、預貯金口座の200万円以上の預金があること証明する必要もある。そのため、最低限200万円は申請に必要である。

     これで晴れて個人タクシーになれると思っても、そうは問屋が卸さない。

     個人タクシーを開業するには、許可を受けなければならない。その許可には新規許可と譲渡譲受許可があるが、新規許可の制度に関しては様々な規制等のために現在は募集しておらず(営業区域によるが東京ではしていない)、譲渡譲受許可のみでしか個人タクシーになることできない。

     その譲渡譲受許可とは、個人タクシーを閉業したドライバーから営業権を譲渡してもらうことで、いわば、大相撲の親方になる為の年寄株と同じように引退や廃業した人から権利を譲り受けるものである。

     したがって要件を満たしていてもすぐに個人タクシーにはなれない。順番待ちということもあるのだ。個人タクシーの道はなかなか険しい……。

     なりたくてもなかなかなれない個人タクシー。世間で毛嫌いされている個人タクシーは、実はタクシー業界ではエリート中のエリートなのだ。

    ◆なぜ個人タクシーイメージは悪いのか

     個人タクシーは、個人事業主でいわゆる社長業である。法人タクシーでは売上の50~60%だった取り分が全て自分のもの。しかし、いい面ばかりではない。法人タクシーとは違って、駐車場、燃料費、保険料などの経費諸々も自腹となる。また、クレームの対応や書類作成も今まで会社がやってきたものは、すべて自分でやらなければならない。個人タクシーは、群から離れた一匹狼となる。

    「個人タクシーは、我々の代弁者だ!」

     と擁護する法人ドライバーもいる。

     言いたくてもクレームを恐れて何も言えない法人ドライバー。会社という傘があるばかりに何もできない。クレームが入れば個人のペナルティーはもちろんだが、会社の評価も落とされる。クレームに怯える日々である。しかし、その反面、乗客にしてみれば、個人タクシーには挙げた手を下ろす場所がない。クレームの捌け口がない。個人事業主である個人タクシークレームを訴えるところがないもどかしさからこのような風評があるのではないか。

     短い距離だから、万札しかもっていないから、言うこと聞いてくれなそうだからと、今まで経験や風評を気にして敢えて個人タクシーを避ける人がいるなか、個人タクシードライバーは、その世間の風評を上手く使い効率的な営業をしているかもしれない。

     個人タクシーファンの人もたくさんいる。そして、個人タクシーは多くの特定のお客を抱えている。タクシー業界ではリスペクトされる存在である。

    二階堂運人】
    物流ライターライター業の傍らタクシードライバーとして東京23区内を走り回り、さまざまな人との出会いの中から、世の中の動向や世間のつぶやきなど情報収集し発信する。また、最大手宅配会社に長年宅配ドライバーとして勤務した経験とネットワークを活かし、大手経済誌のWEB版などで宅配関連の記事も執筆する。タクシー・宅配業界の現場視点から、「物」・「人」・「運ぶ」・「届ける」をそれぞれハード(荷物・人)だけではなく、ソフト(心と気持ち)の面を中心に記事を執筆中。ブログ「吾は巷のインタビュアー!」



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.allosaka.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【なぜ、個人タクシーは嫌われる?その構造を紐解く】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    詳細画像はこちら

    「エルクハート・コレクション」とは

    textKazuhide Ueno(上野和秀)
    photo:RM Sotheby’s

    コロナ禍の影響からオンライン中心で開かれていたコレクターズカー・オークションだが、感染対策を施して会場に入札者を集めるスタイルで開催されるようになってきた。

    しかし、以前とまったく同じというわけにはいかず、会場への入場人数が制限される代わりに、代理入札やリモート入札が用意された。

    詳細画像はこちら
    1993年スズキ・キャリイトラック    RM Sotheby’s

    10月23~24日にアメリカで開かれたRMサザビーズ・エルクハート・コレクション・オークションでは、会場に出向いての直接入札とリモート入札が併用で行われている。

    エルクハート・コレクション・オークションは、ちょっとダークな経緯から開催された。

    アメリカエルクハートにある会社の創立者ナヒブ・カーンは、被害総額が1億ドルにも及ぶ詐欺罪で告発され自己破産。裁判所は、債権者への返済に充てるために、彼が所有する「エルクハート・コレクション」を売却するよう命じた。

    ちなみにコレクションの総額は、約3100万ドル(約33億円)になるとみられている。

    その「エルクハート・コレクション」は240台ものコレクターズカーと35台のモーターサイクル、膨大な量のレアパーツオートモビリアからなり、売却を任されたRMサザビーズがオークションを開くことになったのである。

    コレクションの中身は多岐にわたり、日本の軽自動車も含まれている。


    「軽」6台出品 スバル360ポリスカーも

    エルクハート・コレクション」には、王道といえるフェラーリ225、M・ベンツ300SLガルウイングランボルギーニミウラといったコレクターズカーが含まれている。

    これに加えて、ライトウェイト・スポーツ、ベーシックカー、ヴィンテージカー、ミリタリーカー、果てはトランスポーター用のトレーラートラックまでが含まれる。

    詳細画像はこちら
    1970年スバル360リスカー    RM Sotheby’s

    その中で異彩を放っていたのがマイクロカー・コレクションだ。

    メッサーシュミットやヴェスパ400、イセッタロイド、ゴッゴモビルなどのヨーロッパ勢はもちろん、そこには日本の軽自動車も数多く含まれていたのである。

    今回出品された「軽」は1960年マツダK360、1969年スバル360デラックス、1970年スバル360リスカー、1970年ホンダN600、1972年ホンダZ600、1993年スズキ・キャリイトラックの6台。

    このなかで注目を集めたのがスバル360リスカーだ。

    ニュージーランドのマナワツ・ワンガヌイ地方の運輸局で使われたという、見るからにポリスカーというカラーリング・装備が特徴だ。

    しかし、フロントニュージーランドライセンスプレートが付くがリアにはなく、左側通行のニュージーランドで左ハンドルマイルメーターという辻褄があわない部分がある。

    RMサザビーズの車両説明でも詳細については触れられていないので、真相は不明だ。

    また、ノーマルスバル360デラックスは1968年モデルが輸出仕様が出品。形式は、K111の後に左ハンドルを意味する「L」を追加したK111Lとなる。


    輸出用ホンダN600、Z600 マツダK360は日本仕様

    ホンダN600、Z600についても見ていこう。

    こちらは、当時アメリカに輸出された左ハンドルアメリカ仕様。日本国内向けは360ccだったが、輸出用は600ccにスケールアップされ、前後ろのサイドマーカーランプアメリカの規定に合致した大型のものが付くのがポイント

    詳細画像はこちら
    1970年ホンダN600    RM Sotheby’s

    両者ともレストア済で良好なコンディを保っている。

    一方のマツダK360は、近年海を渡ったクルマ。日本の車検ステッカーが、ウインドウにそのまま残されていることからも分かる。

    後期型のサイド・ウインドウが昇降するタイプで、オリジナルを良く保ちコンディションは極めて良い。

    車検ステッカーの期限は2018年1月とある。

    軽トラ「キャリイ」 作業用の車両か

    スズキ・キャリイトラックだけはぐっと新しくなり、1993年モデルだ。こちらも日本の車検ステッカーが残っている。

    アメリカ軽トラックコンパクトで小回りが利き、大きな荷物が積めることから人気が高く、「エルクハート・コレクション」でも作業車として使われていたと思われる。

    詳細画像はこちら
    1993年スズキ・キャリイトラック    RM Sotheby’s

    このキャリイチェックしてゆくと4WD版のトラックで、車検ステッカー2019年6月になっているので、その前後に海を渡ったと思われる。

    リアのライセンスプレート・ベースを仔細に見ると、汚れの中から「飛騨40」と読み取れた。

    荷台のあおり扉に貼られたディーラーステッカー各務原市にあるショップのもので、岐阜県からインディアナ州に嫁いだことになる。


    驚きの落札額は?

    オークションを終えてみれば、6台中5台が予想落札額を越える人気ぶりだった。

    最高落札額を記録したのは最も注目を集めていた1970年スパル360リスカーで、最終的に驚きといえる4万4800ドル(約471万円)で終えた。

    詳細画像はこちら
    1970年スバル360リスカーの内装    RM Sotheby’s

    ここにレストア済でコンディションの良い1970年ホンダN600と、恐らくアメリカにはこの1台だけと思われる1960年マツダK360が共に3万4720ドル(約365万円)で続いた。

    ノーマル1969年スバル360も人気を集め3万240ドル(約318万円)、1972年ホンダZ600もレストア済だったのだがN600の人気に一歩及ばず2万5760ドル(約271万円)に留まった。

    唯一のネオクラシックモデルとなる1993年スズキ・キャリイトラックも意外な額で落札された。4WDであることに加え、アメリカでの軽トラブームを背景に7840ドル(約83万円)まで値を上げた。

    日本なら同じ仕様が15~20万円で買えるだけに、いかに人気が沸騰しているかを物語る落札額といえる。

    日本の軽自動車アメリカでは考えられない超コンパクトで個性的なスタイリングを備え、ちゃんと走ることからコレクターズ・アイテムとして認められている。

    そしてビッグネームホンダマツダスバルが、その昔に送り出したマイクロカーという希少性もある。こうしたバックグラウンドがあるからこそ、軽自動車が高額で落札されるのである。


    ホンダの記事
    【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え
    【詳細データテスト】ホンダ・ジャズ(フィット) 抜きんでた広さの車内 燃費/洗練性に優れたドライブトレイン クルマ好きには訴えかけず
    【EVは特効薬ではない】ホンダ、英国政府に提言 「ハイブリッドに援助を」
    【知床をクラシックカーで】トロフェオ・タツィオ・ヌヴォラーリ、万全の感染対策で開催

    オークションの記事
    【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え
    【ベルガー所有】フェラーリF40、オークションに出品 予想落札額は1.2億円オーバー F1ファンも歓喜?
    【早くもオークションに】フェラーリの新型車「ローマ」 チャリティで出品 外装色はビアンコ・イタリア
    【オークションで4.5億円】フェラーリ550 GT1、高額落札 そのワケはヒストリーにあり FIA GT参戦マシン

    スズキの記事
    【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え
    【306psのパワフルなPHEV】新型スズキ・アクロス 欧州で今秋発売予定 RAV4ベース
    【似たクルマでもこんなに違う】ダイハツ・タフトVSスズキ・ハスラーの長所/短所 正反対の販売戦略
    スズキ・イグニス 1.2ブースタージェット・ハイブリッド 4WD SZ5(英国仕様)

    マツダの記事
    【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え
    【マツダの戦略は?】EV航続距離のジレンマ コストや環境負荷、性能に影響も
    【なぜ月1000台?】マツダMX-30、多い? 少ない? マイルドHV先行 21年1月EV 22年レンジエクステンダー
    【スペシャリティカーになれる?】マツダMX-30試乗 ピリッとするには、もうひと磨きの余地あり マイルドハイブリッドの評価は?

    【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】【アメリカで高額落札】日本の軽トラック・軽自動車 6台がオークションに スバル360のポリスカー(?)が400万円超え】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「GoToキャンペーン」で免許合宿が50%オフ! クルマ離れが叫ばれる「若者」が「殺到」した背景とは

    申し込みが殺到し、現在新規の申し込みを一時停止

     10月1日からは東京都民や東京発着も対象となった「GoToトラベルキャンペーン」。

     GoToトラベルキャンペーンは、宿泊を伴う、または日帰りの国内旅行の代金総額の1/2相当額を国が支援する事業で、支援額の内、70%は旅行代金の割引に、30%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与される。

     この事業を利用して、実質最大50%offになる合宿免許プランが、インターネットで話題となり、コロナ禍オンライン授業を強いられている大学生など、若者を中心に申し込みが殺到。募集定員を上まわったために、新規の申し込みを一時停止にしているところがほとんどだ。

    GoToトラベルキャンペーンで合宿免許が50%オフ

     そもそも「Go To Travel キャンペーン」とは、新型コロナウイルス感染症により落ち込んだ旅行需要を喚起するための観光支援策。

     合宿免許プランが観光旅行かどうか、そして観光支援になるのか、という疑問があるが、事業を所管する観光庁がOKを出しているからこそ、GoTo合宿免許プランが成立しているわけだ。

     免許取得にかかる費用は高額で、教習所に通う場合、およそ30万円。合宿免許でも25万円前後が相場だが、GoToトラベルキャンペーンを利用すれば、その25万円のうち、まず35%の8万7500円が割引に。さらに15%分の3万8000円の地域クーポン券が付与される。このお得感を考えれば、GoTo合宿免許プランに申込者が殺到するのは当然だろう。

    GoToトラベルキャンペーンで合宿免許が50%オフ

     現在のところ、GoToトラベルキャンペーンの実施期間は2021年3月15日まで(2021年1月末までの旅行が対象。予算の執行状況を見て、今後変更となる可能性もある)。

     期間限定のため、残席の関係上、今から申し込んでも間に合わないかもしれないが、進路が決まった学生や、就職を控えている人などには、相当魅力的なチャンスとなっている。

     逆に言えば、GoTo合宿免許プランにオーダーストップがかかるほど申込者が集まっているということは、いわゆる「若者のクルマ離れ」の原因は、「お金の若者離れ」にあり、免許の取得費用や若者の自動車保険の保険料などが安くなれば、クルマに乗りたい人、クルマを所有する人はもっと増えるに違いない。

     近年、主要先進国で日本だけが実質賃金がマイナスになり、非正規雇用者が増えているこの現状をなんとかしないと、若者だけでなく、全世代のクルマ離れが進むのでは? そうなると基幹産業である自動車業界がしぼんで、ますます日本経済が低迷する心配があるので、今回のGoTo合宿免許プランをひとつのきっかけに、ドライバー人生の入口を広げることを考える必要があるのではないだろうか。

    2020年10月24日現在、GoToトラベルキャンペーンで割引の対象としていた運転免許の合宿ツアー2020年11月1日以降の申込み分から対象外となることが決まった。

    「GoToキャンペーン」で免許合宿が50%オフ! クルマ離れが叫ばれる「若者」が「殺到」した背景とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】「GoToキャンペーン」で免許合宿が50%オフ! クルマ離れが叫ばれる「若者」が「殺到」した背景とは】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    既存ETC車載器の継続使用で違法も! 買い替えが必要な「2022年問題」とは

    新セキュリティ対応は確認する方法がある

     今や高速道路を通行するのに欠かせないのがETCだ。スムースなのはもちろん、お得な割引も用意されていたりして、普及率も高い。しかし、そのETCが使えなくなってしまう可能性があるのはご存じだろうか。ETCなんて、料金所で電波をやり取りするだけのシンプルなものだから、使えなくなるなんて信じられないと思うかもしれないが、じつは近々、もしからしたら使えなくなるかもしれないのだ。

    ETCが使えなくなる

     ポイントはふたつで、新スプリアス規格対応と新セキュリティ対応だ。このふたつに対応していないと使用することができなくなってしまう。

     まずは新スプリアス規格対応から見ていくと、スプリアス規格とは「必要な周波数帯の外側に発射される不要な電波の強度に対する許容値の規格」で、電波障害の原因にもなるので、規制されているもの。それが強化されるのだが、その期限は2022年11月30日となっている。この規制は2005年からすでに定められていて、2022年というのは経過措置で猶予されているものとなる。

     そしてもうひとつの新セキュリティ対応というのは、ETCシステム自体のセキュリティ規格を変更するというもので、期限はゲート本体の改修状況にもよるので、はっきりとした年月は発表されていないものの、最長で2030年頃になる予定とはされている。

    ETCが使えなくなる

     問題は期限を過ぎるとどうなるかということだが、旧スプリアス規格は使用すると違法になるのと、再届け出などで使用できるとあるので、使えなくなることはない模様。もちろん違法となるので、そのままでの使用は厳禁だ。注意なのは新セキュリティ対応のほうで、こちらの使用はできなくなる。現在すでに新規格対応の機種が出ているのでそれに交換するしかない。

     気になるのは今使っている機種が対応かということで、新スプリアス規格対応については、外見などからの判別は不可能で、メーカーのホームページなどで確認するしかない。一方の新セキュリティ対応については、確認する方法がいくつかあるので、ぜひ見てみてほしい。

     まずは保証書やセットアップの用紙、本体の裏などにある車載器管理番号の19桁の数字のうち、一番目が1であれば対応で、0であれば非対応となる。そのほか、本体に●●●と丸が3つあるのは対応。またETC2.0で、■が付いていれば非対応で、ないものが対応となる。

    ETCが使えなくなる

     最近でも非対応のものが継続して売られており、安売りしているのでそちらを買ってしまっている可能性もあるので、ぜひ一度チェックしてみてほしい。

    ETCが使えなくなる

    既存ETC車載器の継続使用で違法も! 買い替えが必要な「2022年問題」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【注意喚起】既存ETC車載器の継続使用で違法も! 買い替えが必要な「2022年問題」とは】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「前トラ後バン」の不思議なクルマ「ルートバン」! 「ハイエース」じゃダメな理由とは?

    ハイエースでは賄えないヘビーデューティー向けだった

     皆さんは「ルートバン」というものをご存知だろうか? フロント部分はトラックキャビン以降はワンボックスバンとなっている不思議な見た目のアレのことだ。

     このルートバンは現在、日野のほかトヨタからもOEM販売されており、フロント部分はダイナ(デュトロのOEM)、リヤ部分は先代の100系ハイエースとなっている。もともと全く異なる2つの車種のボディを繋ぎ合わせているため、キャビン後方には不自然な段差が存在しており、なんとも不思議な雰囲気を醸し出している車種となっている。

     ではなぜこのような不思議な車種が存在するのだろうか? ボディ後半は先代ハイエースのボディパネルがそのまま使われているため、室内空間もほぼハイエースと同等。となると現行ハイエースでも充分に事が足りるのでは? と思われる方も多いハズ。

    トヨタ・ダイナルートバン

     しかし、これには大きな理由が存在していた。それが最大積載量である。

     通常のハイエースは1トン前後が最大積載量となるが、そこに架装をプラスすると当然最大積載量は減っていく。場合によってはもともとの最大積載量を超えてしまう場合も出てきてしまうのだ。

     とくにこれに該当したのが多額のお金を運ぶ現金輸送車で、頑丈な金庫のような装甲を施すと1トンを超えてしまうケースもあったため、よりシャシーに余裕のある2トンクラストラックベースとしたルートバンが生まれたというワケである。

    トヨタ・ダイナルートバン

     つまり、ハイエースでは賄えないようなヘビーデューティーな用途に向けて、トラック用のシャシーを使ったワンボックスバンこそがルートバンということになる。

     現在ではハイエースも最大積載量1250kgのモデルが存在しており、ダイナルートバンと同じ積載量となっているが、シャシーの堅牢度ではやはりトラックの方が数段上。最近では路上で見かけることも少なくなってきたとはいえ、一定の需要がある限りは存在し続ける車種と言えるのではないだろうか。

    「前トラ後バン」の不思議なクルマ「ルートバン」! 「ハイエース」じゃダメな理由とは?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「前トラ後バン」の不思議なクルマ「ルートバン」! 「ハイエース」じゃダメな理由とは?】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「自動二輪車」か「自転車」扱いか? 免許はあれど取り締まりが曖昧な「125cc未満」のバイクの不思議

    保険や法律上のカテゴリー分けがややこしい

     新型コロナの影響もあって、バイクの人気が高まっていて、ここ数年減少していた販売台数は上り調子に。さらに販売店も新車の販売だけでなく、乗らずに放置していた車両の復活整備で、多忙になっていたりもする。オートバイとひと口に言っても、カテゴリーがいろいろとあるのはご存じだろう。なかでも人気なのが、50cc超から125ccまでのいわゆる原付二種だ。

     この原付二種は、50cc以下の原付一種で定められている二段階右折最高速度30km/hまでといった縛りがなく、高速道路自動車専用道は走れないものの、かなり自由度は高い。しかも肝心の免許は教習所でも最短で2日で取れることもあって、人気は高く、各社ともスクーターを続々投入して、ハイブリッドまで存在するほど。それゆえ、通勤快速合戦とも言われ、今一番ホットなカテゴリーだ。

    125cc以下のバイクの基準

     というのが最近の流れなのだが、じつはこの原付二種というのは、カテゴリーとしてとても複雑なのだ。原付二種というのは、50cc以下の原付一種に対するもので、法律的には道路運送車両法での呼び名。自動車保険についても、原付一種と二種をひっくるめて原付としているので、自動車保険のファミリーバイク特約でカバーできる。つまり負担はほぼなく、人気になっている理由のひとつでもある。

     ちなみに道路運送車両法では125cc超、250ccまでのバイクを二輪の軽自動車という扱いになっていて軽二輪と呼ぶが、免許は普通自動二輪となるので、ややこしい。

     さらに小型自動二輪車という呼び名もあるが、こちらは道路交通法でのもので、警察もこれに準じている。そして、免許も道路交通法での規定に沿っていて、普通自動二輪のなかの小型限定という扱い。だから、上の大きさの自動二輪を取る際は、小型の限定解除と言ったりもする。

    125cc以下のバイクの基準

     問題というか、気になるのは取り締まりで、自転車エンジンが付いているという扱いの原付でもあるし、小型自動二輪とすればバイクにもなる。例えば路肩走行は原付、つまり自転車として考えれば合法となる一方、小型バイクとして見れば路肩走行は違反になる。

    125cc以下のバイクの基準

     実際に白バイの警官に聞いたところによると「実際のところは曖昧」とのことで、「125ccまでだと実際はわざわざ追っかけていって、取り締まりはしない」とも。この点でもじつに曖昧ではある。ただ、「捕まらないと言っても、危険だから路肩は抜けないほうがいい」とも言っていて、まさにそのとおり。サンキュー事故、歩行者自転車の飛び出しに遭う確率も高くなるので、法律以前に路肩のすり抜けはしないほうがいいだろう。

    125cc以下のバイクの基準

    「自動二輪車」か「自転車」扱いか? 免許はあれど取り締まりが曖昧な「125cc未満」のバイクの不思議


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「自動二輪車」か「自転車」扱いか? 免許はあれど取り締まりが曖昧な「125cc未満」のバイクの不思議】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    お金はなくても新車がいい! 女子が「中古車」を苦手とするワケ

    他人が使ったものという点がハードルを上げてしまう

     新車と比べて価格が安く購入できる中古車が、コロナ禍によって需要拡大しているそうです。公共交通機関を避けてクルマ移動を検討するものの、減収などによる将来への不安から「クルマへの出費を抑えたい」「手元にできるだけ貯金を残しておきたい」という人が増えているからというのがその理由です。

     確かに中古車は、新車よりも購入価格が抑えられることや、ほとんど1点モノとなるため展示車両がそのまま納車されることから、新車より早く手に入れることができるなど、メリットも多くあります。

     ただし、やはりデメリットも多いもの。とくに女性は、中古車に苦手意識を持つ人もたくさんいるので、その理由も含めてデメリットをご紹介したいと思います。

    1)誰が使ったのかわからない

     まずひとつ目は、中古車は誰がどう使ったかわからないということ。知人から1オーナークルマを譲り受けるというなら話は別ですが、中古車販売店に並んでいるクルマのほとんどは、前オーナーがどんな人で、どんな乗り方をしていたのかを明かしていません。

    女性が中古車購入をためらってしまう理由

     稀に、男性か女性か、ペットを飼っていたか、喫煙か禁煙か、程度の情報は提示している販売店もありますが、大切にされていたか、放置されていたか、乱暴に扱われていたか、といった状況まではわかりません。女性としてはそれだけで「不安」「気持ちわるい」と敬遠してしまう人も多いものです。もし、どうしても中古車を検討するなら、なるべく多くの情報を開示していて、見た目だけでなく内部までしっかりと点検・整備をしてくれている販売店を選ぶといいでしょう。

    2)内装の汚れがどうしても気になる

     ふたつ目は、どうしても内装が汚い気がしてしまうということ。外観をこまめに洗車をしているクルマは多いですが、内装まで定期的に掃除機をかけたり、除菌や消臭までしたりというクルマはなかなか少ないものですね。見た目に傷や汚れがなくても、シートには汗が染み込んでいたり、スイッチの隙間などには積もり積もったホコリやダニなどが潜んでいたりするかもしれません。女性にとってそんな車内は、「何年も洗濯していない洋服」と同じ。

    女性が中古車購入をためらってしまう理由

     しかも、誰が使ったかわからないわけですから、嫌がる気持ちもわかりますよね。近ごろは、そうした汚れをきっちりと取り除いてくれる、車内クリーニング専門のプロショップもありますので、しっかりきれいにしてほしいところです。


    オンリーワンなところが購入を躊躇させてしまう……

    3)新車よりも壊れやすいのでは? というイメージ

     3つ目は、中古車は壊れやすいというイメージクルマはたくさんの部品でできていて、経年劣化する部分や消耗品も多いため、やはりすべてが新品の新車に比べると、故障する可能性は高くなります。もちろん、しっかりと点検・整備をして大切にされてきた中古車もありますが、だからといって絶対に壊れないとは言い切れず、また、適当に扱われてきたクルマばかりが壊れるかというと、100%そうとも言えないというのが実際のところ。それまで乗ってきた人のクセや地域の気候など、購入時にはわからない要素も影響するため、ほとんど運任せになりがちなのが中古車です。

    女性が中古車購入をためらってしまう理由

     メーカーの認定中古車であれば、ある程度の保証がつけられて、その期間内なら無償で修理をしてもらえますが、個人売買や保証のない中古車販売店で購入すると、壊れたらその分の修理代がかかってしまいます。修理代だけで済めばいいですが、もし高速道路を走っているときに故障したりすれば、命に関わることも。レッカー車を呼んだり、希少車であれば部品の取り寄せに時間がかかったりと、面倒なことも多くなるので、女性としては安心感という面で中古車を敬遠する傾向にあります。

    4)自分好みの完璧な理想形に出会いにくい

     4つ目は、希望の色や装備が自由に選べないところです。新車なら、ボディカラーを決めて、その上で好きな装備がついているグレードを選択するなど、ある程度まで自分の理想どおりの仕様が手に入ります。しかし、中古車は年式、グレード、色、装備に加えて、走行距離や修理履歴の有無、傷や汚れの有無などの要素も考慮しなければなりません。本当は赤いボディカラーがいいけど、走行距離が多いので諦めたり、シートヒーターなど欲しい装備を優先すると、ボディカラーは妥協しなければならない、ということになりがちです。

    女性が中古車購入をためらってしまう理由

     ただ、この場合は色にこだわる人にとっては中古車ならではのメリットもあって、すでにカタログ落ちしてしまった個性的な色が中古車なら買えるし、購入価格が安いので、白・黒・シルバーといった下取り価格が高額なものでなく、思い切って他人と被らない色を買ってみる、といった冒険もしやすくなりますね。

    5)1点もので価格が安定しないこと

     5つ目は、価格変動が大きいということ。中古車は、同じ車種で同じような年式や走行距離でも、地域や販売店によって評価額が多少違ってきます。また、需要が高まる季節には価格を吊り上げたり、ある程度の期間が経過しても売れなければ少しずつ価格を下げたりといった、時間的な要素での価格変動もありますので、いつ買えばいちばんお得なのかが読みにくいという難しさがあるのです。

    女性が中古車購入をためらってしまう理由

     スーパーで1円でも安く買い物をしようと頑張る女性にとって、購入時期や店舗をしっかり見極めて中古車を買わないと損をする、というのはすごくイヤなもの。しかも、ほとんどは1点モノですから、気に入った1台があっても少し様子を見ている間に売れてしまった、なんてことにもなりかねません。そうした、ちょっとギャンブル的な要素があるところも、女性が苦手意識を持ちやすい理由ではないでしょうか。

     ということで、価格の安さをはじめ魅力的な中古車ですが、こうしたデメリットがあるということもしっかり頭に入れてほしいと思います。もしパートナーの女性がいるならば、彼女が気持ちよく乗ってくれるように、しっかりとした販売店を選び、メンテナンスやクリーニングを念入りに。手間暇を惜しまないようにしたいですね。

     でもそれが難しいならば、近ごろは月々の支払額を抑えたクレジットなども用意されている新車の購入を検討してみるのも手です。新車は保証も手厚いですし、何より自分の前には誰も手をつけていない、まっさらの状態。女性からすれば、何もかもピカピカの新車を、長く大切に乗っていく男性も素敵に映るものだと思います。

    お金はなくても新車がいい! 女子が「中古車」を苦手とするワケ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【お金はなくても新車がいい! 女子が「中古車」を苦手とするワケ】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「ドリンク厳禁」「1500kmでタイヤがズタボロ」「店に入れない」! 「シャコタン道」を貫くオーナーの苦労5つ

    苦労はあれどやっぱり「低い」のがカッコいい

     愛車をドレスアップする手段のひとつとして、純正よりも車高を下げる「ローダウン」がある。最近ではSUV4WDモデルの車高を上げる「アゲ系」なるカスタムも流行してはいるが、まだまだドレスアップスタイルの主流はローダウンであり、そこにはそれなりの理由が存在する。車高短オーナーの苦労あるある5選

     それが「クルマは低い方がカッコいい」理論。速さを求めるレーシングカーはすべてが低重心で設計されていることはもちろん、自動車メーカーのCMでは少し車高を下げた状態で撮影していたりと、その理論自体にはそれなりの信憑性もある。車高短オーナーの苦労あるある5選

     けれどもそれを極めるとなると……そう、日常生活にさまざまな支障を来たしてしまうのだ。ノーマル状態よりも不便で乗り心地も悪くなったりするけど、それでも「カッコ良さ」にこだわるのが、コアな“車高短(シャコタン)”車両のユーザーたち。オシャレのためにガマンを重ねる彼らの“苦労あるある”を紹介しよう。

    1)通れない道や入れない店は多々あり

     普段使いできる範囲でのローダウン量に留めているユーザーがほとんどだが、なかには限界ギリギリまでの低さに挑戦するツワモノも。その場合に最大の難関となるのが、コンビニスーパーなどの駐車場出入口に存在する段差やスロープだ。車高短オーナーの苦労あるある5選

     車体と路面とのクリアランスに対して無理に入れば前後バンパーや車体の底やを擦ってしまうし、段差が大きければ最悪の場合、車体の腹下が路面に引っかかり“カメになって”動けなくなることも…。車高短オーナーの苦労あるある5選

     それを避けるために入れる店、通れる道を日常から探しながら移動するのが車高短乗りの習性で、結果、行ける店が限られてくるから、デートのときなどにはヒンシュクを買う。このようなことから、特に知らない土地では駐車場ひとつを探すのも大仕事になるため、行動範囲が極端に限られるようになってしまう…。

    2)キャンバー効かせ過ぎでタイヤ寿命“ゼロ”

     カスタム度合いがハードなローダウン車両で定番なのが、キャンバーを効かせる、いわゆるタイヤを“ハの字”にするカスタム。理由はより太いホイールを履けたり、後から見たときにクルマ全体が台形に見えてカッコイイから。ただしそのキャンバーも、角度によっては大変なことになる。車高短オーナーの苦労あるある5選

     そもそもタイヤは路面と面で接しているものだが、角度が付けば付くほど、その面が点へと変化する。つまりその点に負担が一極集中することになり、タイヤの減りが驚くほどに早くなるのだ。接地面がその極わずかな部分に集中すれば当然、路面との摩擦熱もその一点に集まるようになり、その場合はさらに摩耗する速度が速くなり、場合によってはトレッド面が剥離したりバーストする危険性も出てくる。車高短オーナーの苦労あるある5選

     なので長距離を走ってのイベント参戦などとなると、ちょっと走っては休んで、とタイヤを冷ましながらの旅路に。それでも新品から1500〜3000㎞も走れば要交換で、スペアタイヤの常時車載は必須。極端な引っ張りタイヤは通常の車両に比べてタイヤ脱落の危険性が高くなるし、そもそもタイヤフェンダーとのクリアランスがギリギリだったりするから、ノーマル車両であればなんともないような道路上のギャップだって、車高短のクルマには命取りになることもある。車高短オーナーの苦労あるある5選

     段差があれば徐行や蛇行して避けたり、場合によっては道を引き返したりと、一般ユーザーでは考えられないほど、路面状況に気を配って走らせているのだ。


    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    ドレスアップユーザーの間で「土足禁止」はごく普通

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    車高短オーナーの苦労あるある5選

    「ドリンク厳禁」「1500kmでタイヤがズタボロ」「店に入れない」! 「シャコタン道」を貫くオーナーの苦労5つ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「ドリンク厳禁」「1500kmでタイヤがズタボロ」「店に入れない」! 「シャコタン道」を貫くオーナーの苦労5つ】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    クルマの給油口の開け方は車種により異なり、レンタカーなど初めて乗るクルマでは戸惑うケースも。開け方の基準はあるのでしょうか。給油口を取り巻く状況も、徐々に変わってきているようです。

    明確な基準はない? 給油口の開け方

    「給油口開けてください」。レンタカーなど初めて乗るクルマだと、ガソリンスタンドの店員に言われて戸惑う人もいるかもしれません。給油口の開け方、何らかの決まりはあるのでしょうか。

    結論からいえば、給油口の開け方に明確な基準はないようです。多くの日本車では、運転席のレバーで開けるタイプ、あるいは給油口のふたを直接押したり引き上げたりするタイプに大別されますが、ふたやキャップの鍵穴にキーを挿して開けるタイプなどもあります。また、運転席のレバーの位置も車種により異なります。

    たとえばホンダでは、セルフのガソリンスタンドが普及するとともに、ふたを直接押して開ける方式が若干増えたものの、やはりバラバラ。こうだからこう、という基準はないとのこと。

    一方、長らくレバー式を採用していたダイハツは、2019年以降に発売された新型「タント」「ロッキー」「タフト」で、ふたを直接押すタイプに切り替えました。レバーを引くというワンクッションがあるよりも、ふたを直接押すタイプのほうが使い勝手がよい、という判断だそうです。

    同じくレバー式がほとんどだったマツダも、2019年以降に発売された「Mazda3」「CX-30」「MX-30」では、ふた押すタイプを採用していますが、「Mazda6」はレバー式であるなど、やはり車種ごとに異なります。それ以前のマツダ車では、「ロードスター」がふたを押すタイプですが、これは運転席と給油口をつなぐワイヤーを省略し、スポーツカーとしてグラム単位まで軽量化した結果だといいます。

    ちなみに、ふたを押して開けるタイプは一般的にドアロックと連動しており、ドアロック中はふたも開きません。ただ、ある自動車メーカー関係者によると、海外ではガソリン抜き取り被害が聞かれる地域もあり、ドアロックと連動しているとはいえ、ふたを押して簡単に開いてしまうことを不安に思う人もいるだろうといいます。

    給油口の開け方は車種により様々。写真はイメージ(画像:Akaphat Porntepkasemsan/123RF)。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「給油口どう開けるの?」レンタカーあるある変わるか 開け方バラバラの状況に変化も】の続きを読む

    このページのトップヘ