社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    食べ物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    日本でも大人気の英プロテインブランド「マイプロテイン」の商品に異物が混入していたとして、販売会社は2020年9月15日、「大変ご迷惑をおかけいたしますことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

    ブランドをめぐっては、プロテインバーに虫やダニのようなものが大量に付着していたとの報告がSNSで拡散し、不安視する声が広がっていた。

    「茶色の米粒くらいの虫と、その幼虫らしきもの」

    マイプロテインは英国のハットグループが製造・販売する。低価格を強みに110か国以上に展開し、日本でも16年から公式通販サイトを始めた。

    日本経済新聞9月6日ウェブ記事「盛り上がる筋トレ市場 『黒船』企業も日本に熱視線」では、ハットグループは日本で存在感を高めている「黒船」企業として紹介されている。同社が公表するレポートによれば、マイプロテインの日本での売上は2016年100万ポンド(約1億3500万円)に対し、2019年は7600万ポンド(約103億円)と急成長している。

    異物混入が報告されたのは、20年9月11日プロテインバー「カーボクラッシャー」を購入した都内在住の20代男性がツイッターで、「大量の虫が生きたまま出てきました。茶色の米粒くらいの虫と、その幼虫らしきもの、白いダニのようなものまで」と投稿した。

    添付された写真と開封動画では、菓子全体に白い粉のようなものが大量に付着しており、動画ではそれらが動き回る様子が確認できる。一目でわかるほどの大きさの虫と幼虫らしき物体もいた。

    取材に応じた男性によれば、公式サイトで商品を購入したのは8月25日、自宅に届いたのが9月1日、開封日は9月7日。12本入りを買い、4本目を食べている最中に虫に気づいた。半分ほど食べてしまい、急いで吐き出した。

    「今回の件で信用できなくなりました」

    カスタマーサポートに連絡すると、品質管理チームに共有の上、調査を実施するとメールで回答があった。数日後、「お客様にその状態で商品が届いてしまいまして、大変申し訳ございません」「この度はお客様の気分を害されます商品をご提供してしまい、深くお詫び申し上げます」などと謝罪のメールが届いた。

    返金または交換対応をするとし、現物は回収せず、自身で処分するよう依頼された。保健所や消費者センターにも連絡したが、「個人輸入で日本の業者を通していないので、対応が難しいと言われました」。

    男性は「トレーニングの際は、ほぼマイプロのプロテインを使っていたので、今回の件で信用できなくなりました。他のプロテインに切り替えようかと思います」と不信感を募らせ、「異物混入の原因解明と、品質管理の向上にも努めてもらいたいです」と要望した。

    「品質が最高であることについては様々な機関からの保証もあります」「社内製造施設は世界に通用するもので、開発・製造・検査を行っています」

    マイプロテインの公式サイトでは、商品の品質と安全性を強調している。今回の異物混入の原因や商品回収の予定、再発防止策などを運営会社に問うも、期日までに回答はなかった。

    謝罪文を掲載

    その後、マイプロテインの公式ブログに謝罪文が掲載された。

    「この度カーボクラッシャーの一部において、異物が混入しているものがあることが判明いたしました」と報告し、「日頃ご愛顧いただいておりますお客様ならびに関係各位に対しまして、大変ご迷惑をおかけいたしますことを心より深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

    原因については「この問題は当社の製造施設では発生しておりません」「独立した第三者機関がこの問題を調査した結果、問題の製品が輸送中に発生した事故であると判断しました。調査の結果、製品の欠陥は、消費された場合、人の健康へのリスクをもたらすものではないと結論付けました」と説明している。

    「弊社では、この事態を重く受け止め、品質管理体制の強化、再発防止に努めてまいります」と約束し、「影響を受けると確認されたすべてのお客様につきましては、カスタマーサービスチームから個別にご連絡させていただいております。当社から直接連絡がないお客様は、この問題の影響を受けていないため、ご安心下さい」と呼びかけた。


    実際の投稿


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「大量の虫が生きたまま出てきました」 人気のマイプロテイン「異物混入」動画が拡散...販売元が謝罪】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    マクドナルドといえば驚異のコスパと、満腹感であります。味わい豊かなあのジャンクフードは、どこの国においても愛される商品のひとつです。そんな中、日本でもたまにプロモーションとして登場するこちらのハンバーガーレギュラー化するということです。しかも値段はかなり安いということで日本でも期待がされます。

    トリプルチーズ(トリチ)とは

    日本でもたまにプロモーションで登場するトリプルチーズバーガー(トリチ)ですが、日本では単品として390円で発売されております。

    トリプルチーズバーガー「トリチ」
    https://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2019/0604a/

    これは、要はダブルチーズバーガーのもう1段増えたハンバーガーということになりますが、凄いのはそのカロリー、なんと530キロカロリーあるようです。ビッグマックが525キロカロリーなので、それを凌駕する。

    英国ではレギュラー

    そんなマックの「トリプルチーズ」。なんと英国ではレギュラー化するそうです。どうやら試験的に販売してきたものが、成功に終わったのでレギュラー化したということです。

    価格はなんと300円ぐらいということで日本よりも、かなり安い値段で販売されます。とはいえ、日本でなぜこのトリプルチーズバーガーレギュラー化しないのかは謎ではありますが、日本と英国での食文化の違いによるものなのかもしれません。

    とはいえ、ビッグマックと同等のカロリーを誇るこのトリプルチーズある方法でとんでもないハンバーガーを作り出すことも出来ますが

    はたしてこの商品が日本で受け入れられることはあるのでしょうか。

    Source:DailyMail



    画像が見られない場合はこちら
    520キロカロリーのマックのバーガー、300円でレギュラー化、ただし英国


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【520キロカロリーのマックのバーガー、300円でレギュラー化、ただし英国】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    とあるアメリカ人によるカニカマに関するツイートが議論を呼んでいます。


    https://twitter.com/chrysanthemvm_/status/1301150749108375558

    カニカマって本物のカニだってウソをついたことがないから皆好きなんじゃない」

    このツイートに対し、カニカマ擁護派と反対派それぞれから様々な意見が寄せられています。


    https://twitter.com/feedbackfella/status/1301512654188613633

    「誰にも言わないで欲しいんだけど、私は本物のカニよりカニカマのほうが好き」


    https://twitter.com/CoachKenGriffin/status/1301547974800142339

    「人生で最も悲しかった時のひとつが、(ステーキ&シーフードレストランの)Ryan’sが料理にカニカマを使っているのを知った時。以来、Ryan’sには行ってない」


    https://twitter.com/big_grapes/status/1301541573193273346

    「(カニの殻などで)キッチンがすごいことにならないしね」


    https://twitter.com/suwewewe/status/1301548510001553410

    「カニのお寿司頼んで出てきたのがカニカマだったら最悪よ。カニとカニカマは別物よね」

    他にも「本物のカニよりカニカマのほうが美味しいわ」「正直、カニとカニカマの味の違いがわかりません」「カニカマなら美味しいクラブラングーン(アメリカ中華料理)を安く作れる」「カニカマが嫌いっていう人は、そもそもカニカマに何を期待してるのかしら」「1ドル以上するカニカマの寿司はぼったくり」「カニのふりをしているのが問題」といった意見が集まっていました。

    ※画像:Twitterより引用
    https://twitter.com/ravenskull23/status/1301576242903347200

    (執筆者: 6PAC)

    ―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
    カニカマに関するツイートが海外で議論を呼ぶ 「カニのふりをしているのが問題」「そもそもカニカマに何を期待してるのかしら」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カニカマに関するツイートが海外で議論を呼ぶ 「カニのふりをしているのが問題」「そもそもカニカマに何を期待してるのかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     1カ月ほど前のことになるが、東京から神戸に引っ越した。これまでのところおおむね面白く、また普通に生活できている。住む場所が大きく変わったことで衣食住全てに影響があったが、今のところはまあなんとなく、ボンヤリやっていけるかな……といった心持ちである。

    【画像】フィルムを剥いたところ

     ただ、関東から関西への大移動だったので、周囲に見慣れないものは多い。特に食べ物に関しては、細かい驚きの連続である。その中でも衝撃的だったのが、ポールウインナーソーセージだ。最初にこのソーセージと遭遇したのは、妻が朝食として剥き身でそのまま食べているのを目にした時だった。オレンジ色のパッケージと、同じようなオレンジ色のフィルムに包まれたソーセージ……。見た目は関東で普通に売られている魚肉ソーセージとほとんど変わらない。しかしよく見れば、魚肉ソーセージよりもちょっと細い。

     1本もらって食べてみて驚いたのが、その味だ。魚肉ソーセージパンチの弱さとは大きく異なる、肉らしいぎっちりした味わい。原材料一覧の最初に「畜肉(豚肉、マトン、牛肉)」とあるので、間違いなく肉のソーセージだ。そしてその肉っぽさに全く負けていない、あとを引くしょっぱさ。一般的な魚肉ソーセージよりも細いのも、この味付けなら納得。もっと太かったら、多分ちょっと「くどいし濃いな……」という感じになっていたのではないか。とにかくインスタントに「肉の塊を食ってるな!」という気持ちになれるのがうれしい。何もかもが絶妙なバランスで仕上がっている奇跡のソーセージ、それがポールウインナーソーセージなのである。

    ●火を通しても抜群、ビールにも合うポールウインナー

     妻いわく関西ではポールウインナーおやつ代わりに食べる人も多いそうで、確かにそのまま食べてもうまい。特に「別にがっつり食事をしたいわけではなく、ちょっと風呂上がりにビールを飲んだりしたいんだけど、そういう時に少しだけ食べるものがほしい……しかももう風呂出ちゃったから、一刻も早くビールを飲まないと死んじゃう……」というシチュエーションでは頼れるサイドキックとして大活躍してくれる。ビールポールウインナーはさながらバットマンロビンのような名コンビ冷蔵庫から出して即食べられるという手軽さもうれしい。こういうざっかけないつまみで酒を飲むの、おれは大好きである。

     しかし、ポールウインナーは火を通しても抜群だ。なんせ魚肉ではなく肉のソーセージなので、軽く焼けば中の脂が溶けてより香ばしい味に。おれのお気に入りは、適当にポールウインナーをちぎって(もう包丁なんか使わず手で適当にちぎるだけ)雑に卵と炒めてちょっとだけ塩コショウをかけて食べる「ポールウインナーと卵の雑炒め」である。ものの3分で完成する料理とすら呼べないような食べ物だが、これが不思議とうまくてご飯が進む。雑な食事を雑に食べる楽しさにぴったり寄り添い、そしてその味をグッと底上げしてくれる存在として、ポールウインナーソーセージはおれの中で不動の地位を得た。

    ●なぜ東京では全然売られていないのか?

     しかしなんでこんなにうまいのに、東京では全然売っていなかったのか。「まあ地方の名産つっても、だいたい東京で食べれるもんね」と、けっこうみんな軽く口にしていたじゃないか……。

     ポールウインナーソーセージを作っているのは、ポークビッツアルトバイエルンの製造元として知られる伊藤ハム。本社があるのは兵庫の西宮なので、れっきとした関西の企業である。同社のWebサイトによれば、ポールウインナーが誕生したのは1934年。製造に資本をさほど必要としない独創的な商品として、羊の腸などの天然ケーシングではなく、取り扱いが楽で衛生的なセロハンで包んだソーセージを創業社長が考案した。これがロングセラーとなり、今でも売られているのがポールウインナーなのである。そんなに歴史があるのか、このソーセージ……。

     他にも気になることがあったので、伊藤ハム米久ホールディングスの広報さんに直接お聞きしてみた。まず、なんでこんなにうまいのに関東ではあんまり見かけないのか、という疑問である。これには、やはり巨大なライバルである魚肉ソーセージが深く関わっていた。

     伊藤ハムによれば、1934年に誕生したポールウインナーが関西で大きく売り上げを伸ばしたのは1950年代だという。しかし当時は関西以外での販売網が整っておらず、ようやく関東へ本格進出したのは1959年のことだった。しかしそこに立ちはだかったのが、それ以前から関西以外で販売されていた魚肉ソーセージ。CMの放送や姉妹品の販売など手を尽くしてきたものの、やはり圧倒的に普及している上に畜肉のソーセージよりも安価な魚肉ソーセージの壁は厚く、60年以上経過しても関東への進出はいまだに成功していない。本格的な箱根越えは伊藤ハムの悲願なのだ。

     では逆に、なぜ関西では世代を超えたベストセラーとなっているのかというと、これには学校給食が大きく関わっている。ポールウインナー1965年に関西で学校給食に採用され、それによって多くの子どもたちが幼少のころからポールウインナーの味に親しむことになったのだ。原体験として子どものときに食べたことがあるんだから、大人になってからも食べたくなるのはよく分かる。関西育ちで関西以外に住んでいる人に向けて、伊藤ハムは自社Webサイトに「ポールウインナーみーつけた!」というポールウインナーの目撃情報をまとめたページを作成。関西人のソウルフードであるポールウインナーを非関西エリアでも楽しめるよう、全力のサービスを提供している(実際「関西以外で売ってないんですか?」という関西人からの問い合わせもよく届くという)。ていうかこれを見る限りだと、案外関東でも買えそうだな……。

     もう一つに気になったのが、原材料一覧にあった「マトン」の表記。豚肉・牛肉は分かるけど、マトンって一体……。さらによく見ると「魚肉(たら)」という気になる記述も。伊藤ハムによれば、このあたりの原材料については発売以来ほとんど変わっていないという。「マトンや魚肉を入れたらうまくなったから途中から入れた」ということではなく、ポールウインナースタート時点からこの材料と味で完成されており、以降現在に至るまでほとんど材料の比率や味付けを変更していないのだ。もはやこれは食べる文化遺産、どれだけ最初からポールウインナーは完成されていたのかという話である。

    ●伊藤ハムオススメの食べ方は?

     そんなポールウインナーの伊藤ハムおすすめの食べ方は、カレー風味の千切りキャベツポールウインナーを一緒にパンに挟んだ「大阪ドッグ」。聞くだにうまそうである。また、ポールウインナーは手を汚さずにそのまま食べられる手軽さが大きな特徴だが、電子レンジで10秒ほど温めると脂が溶けておいしくなるとのこと。「加熱するとうまいな~」とおれも思っていたけど、これは伊藤ハムも認める食べ方だったのだ。

     その他のおすすめが、ポールウインナーを芯にした卵焼きポールウインナーにしっかり味がついているので、卵の方には特に何も加えなくてもおいしく食べられるんだとか。ってこれ、おれが一人で昼飯食べるときに作ってたポールウインナーと卵の雑炒めからあと半歩のレシピじゃないですか! どうやら、おれは知らないうちに伊藤ハムおすすめの食べ方にたどり着いていたようである。

     というわけで、箱根から東ではまだまだレアなポールウインナーソーセージ。あくまで気取らない日常的なおいしさが売りの食べ物なので、「どうしても関西に行って食べて欲しい名物」というほどでもないのだけど、しかしすでにおれはこのソーセージが手放せなくなっている。例えば関西では新幹線が止まる駅の売店で短いタイプの小袋が売っていたりするので、なにかのついでにホイと買って、ビールと一緒に食べてみてほしい。魚肉ソーセージにはない、「肉食ってんな!」という満足感は保証する。

    関西だったら大体どこのスーパーにも置いている10本パック。飾り気のないパッケージに光る王冠のマークが頼もしい


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【こんなにうまいのになぜ関東で見かけない? 関西人はみんな知ってる「ポールウインナー」の謎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    image:写真AC

    お酒の最高のパートナービーフジャーキー」といえば、大袋で買いこんでも一瞬でなくなってしまう禁断の食べ物ですよね。筆者はウーロン茶との組み合わせが大好きで、おやつビーフジャーキーということも多い毎日です。そんなみんなが大好きビーフジャーキーベトナムで買った方が「めっちゃ腹を立てている」と話題になっています。

    この「ビーフジャーキー」は酷い

    大きめの袋に入ったように見えるビーフジャーキーキーボードと比較してもかなり大きく感じます。しかし、袋を開けた瞬間に怒りに震えることになります・・・なんと!真ん中部分がごっそりと抜かれており、完全なるパッケージ詐欺!おそらく実際のところ、想定の半分以下なのではないでしょうか。


    日本でもパッケージ詐欺や上げ底なんてものは当たり前のように存在しますが、ここまで露骨なやり方なのはさすがに見たことがありません・・・


    「裏見れば気づいたのだろうか」という声も聞かれましたが、当然対策済みでした。


    よく見るとグラム数おかしくないか・・・?

    パッケージを見てどう見ても40gないよなぁ・・・と思ったのですが、なんと40gではなく40gr(グレイン)という単位でした!1grは約0.065gになりますので、その容量は約2.6g!画像を見る限りは、それよりは多く入っているんじゃないかと思ってしまいます。


    リプ欄では悪いと思いつつも、爆笑してしまう人が続出!ごめんなさい、筆者もその一人でした・・・笑



    日本でここまでのことをすると消費者センタークレームがいって、即刻販売中止に追い込まれそうなものですよね。その辺はお国柄なのかどうかわかりませんが「内容量が表示より多ければいいんじゃね?」といったところなのでしょうか。どうあれ、購入者様の怒りが収まってくれることを願うばかりです。

    ここまで書いていたらビーフジャーキーが食べたくて仕方なくなったので、ドン・キホーテでも行って天狗ジャーキー買ってこようかな。このTシャツで。


    ベトナムめ・・・そう思った方が多いと思われますが、落ち着いてください!こちらの記事を見れば、ほとんどの人がベトナムが好きになります!悪いのは国じゃなくて販売している業者なんですから。

    画像掲載元:写真AC



    画像が見られない場合はこちら
    ベトナムのビーフジャーキー、完全に詐欺じゃないかと話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ベトナムのビーフジャーキー、完全に詐欺じゃないかと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     9月2日よりマクドナルドで「月見バーガー」の提供が始まりました。さらに“月見ファミリー”として、とろとろのスクランブルエッグを挟んだ「濃厚ふわとろ月見」や、スイーツメニューの「マックフルーリー月見」「月見パイ」も登場しています。

    【画像】「月見」ファンも絶賛した限定「濃厚ふわとろ月見」

     多くのファンを抱える「月見」ですが、もはや嗜好の粋を越えた、狂信的なまでの“愛”をつづったブログが毎年この時期になると話題になります。タイトルは「月見バーガーと結婚するための101の方法」。100個近い月見バーガーを完食し、販売終了と共に更新も停止、翌年の秋まで長い眠りにつく……という、時代が時代なら伝説の魔物として語り継がれてもおかしくないサイトです。

     今年も早速“月見ファミリー”をセットで食べてきたというブロガーさんに、新商品の魅力、最も好きだった過去の限定商品など、「月見」がもっとおいしくなるお話を聞きました。

    ――今年の「月見」はいかがでしたか?

     新たに「濃厚ふわとろ月見」が仲間入り、さらに充実のサイドメニューも取りそろえ、“月見ファミリー”と題した過去最高の商品数での展開です! このファミリーという呼び方がとてもかわいらしく、温かみも感じられて「良いな」と思っています……!

    ――公式が“ファミリー”という概念を打ち出してきたことで、夢の結婚に一歩近づきましたね。お味の方はどうでしょう。

     何より「ふわとろ月見」が最高においしいです! ぷりぷりかつとろとろの卵を同時に味わえる、ぜいたくな一品です!

    ――おいしいですよね! 編集部でも「リピートしたい」という声が上がっています。ここ数年は「ふわとろ月見」のような“ちょっと違う月見バーガー”が登場していますが、印象に残っている商品はありますか?

     やはり2016年に登場した「満月チーズ月見バーガー」でしょう。ゴマのないツルツルのバターバンズ、ただのトッピングの粋を越えた大胆なアレンジに大きな衝撃を受けました。

     最初は味の違いに戸惑いましたが、おかげで「今までの月見バーガーに開き始めていた人や興味がなかった人」もシリーズに触れるキッカケになったようで、後の「金の月見」や今回の「ふわとろ」のルーツにもなっています。本当に素晴らしい、月見の歴史を変える商品だったと思います。

     私個人の話をするなら、2015年の「北海道チーズ月見バーガー」が好きでした。普通の「チーズ月見」のチェダーチーズは味のパンチが強すぎるように感じていたのですが、「北海道チーズ月見」はクリーミーなナチュラルチーズを使用していて、「月見」本来の味を損なわずに玉子とチーズの組み合わせを楽しめました。また復活してくれないかなと想いをはせる毎日です……。

     その点でいえば、今年の「ふわとろ」は玉子の量が多いおかげでチーズの味に負けないまろやかさを感じられたのもよかったです!

     1991年に登場した「月見」は2021年で30周年を迎えます。今年もたくさんたくさんプロモーションしていただけてて幸せなのですが、来年のことも密かに楽しみにしています……!

    ――なるほどチーズとの調和も意識してもう一度「ふわとろ」食べてみます。ちなみに昨年は何個ほど「月見」を召し上がったのでしょうか。

     ブログを始めてから最高の112個です。

    ――ありがとうございました

     読者の皆さんも「月見バーガー」が食べたくなってきたのでは? (逆にお腹いっぱいになってしまったかもしれませんが) 販売期間は10月中旬ごろまでの予定。ブロガーさんも「歴史に残る」と称賛する「濃厚ふわとろ月見」、食べられるのは今だけですよ。

    月見バーガー、今年も発売


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マック「月見バーガー」1カ月で112個完食 狂信的ブロガーに新月見バーガーの感想を聞いた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    マクドナルドといえば、店に決められたメニューが並んでおり、そこから注文すると言うスタイルで、それ以外のメニューに関しては、季節モノだったり、プロモーションものだったりします。そこにもないメニューに関しては基本作ることはできないのですが、自前で作ることはできます。そんな、自慢の自前で作れる超メイドフォー・ユーなレシピを紹介します。

    従業員オススメ、超メイドフォー・ユーメニュー

    海外サイトRedditに、マクドナルド従業員がおすすめするカスタムメニューが紹介されております。普段決して食べることができないそのメニューは、ここに集結した。もちろんこれだけではないが、その中で特に美味しそうなものをいくつか紹介します。

    ということでご覧ください。

    マックマフィンピザ

    マフィンを注文し、片面にピザソースチーズを乗せて食べる。ピザソースは日本にないので、ケチャップなどで代用する。

    BCBバーガー

    BCBバーガーはビッグマックチキンバーガーのハイブリッド商品。

    ビッグマックと、マックチキンを注文し、ビッグマック側にチキンをいれるという、なんとも豪華な商品。いわゆるミックスグリルではありますが、マクドナルドファンの中では割と知られたカスタムメニューのようです。

    アップルパイマックフルーリー

    ええっ!フルーリーの中にアップルパイ!?

    実はこれなんと公式が動画を公開しているほど、メジャーな裏スイーツ
    冷たいのと温かいのの、温度差とギャップを楽しむもののようです。注文時にこの2つを注文したら・・・あッご察し。

    以前もこちらで従業員隠しメニューが話題になりましたが

    まだまだ隠しメニュー沢山ありそうです

    Source:DailyMail



    画像が見られない場合はこちら
    マック社員も嫉妬、裏マックレシピがマジうまそうと話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マック社員も嫉妬、裏マックレシピがマジうまそうと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    カルビーの「じゃがりこ」。

    あの細長いスティック状のスナックを、「タバコみたい」と思ったことはないだろうか。

    タバコが入っている四角い箱に、じゃがりこが入っていたら......。子供の頃に抱いたそんな夢を実現させたユーザーが、ツイッターで注目を集めている。

    すごいこだわり(画像はなるみ(@sho_555_913)さんから)
    すごいこだわり(画像はなるみ@sho_555_913)さんから)

    こちらはツイッターユーザーなるみ(@sho_555_913)さんが、2020年8月13日に投稿したもの。画像とともに

    「小さい頃からずっと考えてたやつをついに実現させた」

    とつぶやいている。

    手のひらサイズの白い箱には緑色で「じゃがりこ」と印字され、おなじみのキリンキャラクターシルエットも描かれている。

    また箱の上部にはローマ字で「QUALITY JAGARICO'S SINCE 1995」とじゃがりこが販売を開始した年、下部には

    じゃがりこは、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めません。おいしいだけです。個人的な推定によると、旅行の行きの電車の中で食べるじゃがりこは普段より3.7倍おいしく感じます」

    と注意書き風の言葉も記載されている。

    じゃがりこ愛が強いというか...、とにかくデザインへのこだわりは半端じゃないようだ(SALADSARADになってしまっているのはご愛嬌である)。

    そんな、なるみさんが作ったタバコ風のパッケージデザインには、

    「作り込みが素晴らしい!」
    「いいですね 欲しくなりますね」
    すごい!!この発想したことなかったです!!」

    といった反応が寄せられている。

    上蓋を開けると...

    8月14日、Jタウンネットは制作者のなるみさんに詳しい話を聞いてみた。

    小学生の時からじゃがりこを食べるたびにタバコを吸うように咥えて遊んでいたなるみさんは、「タバコ風の箱があったらいいのに」とずっと思っていたという。

    20代大学生の彼は、普段からものづくりをしているわけではないそうで「たまに遊びでデザインする程度で全然素人」だそう。

    彼は、箱を作ったきっかけについて、

    「半分は暇つぶしでもあるんですが、最近攻撃的な話題が多いSNSを、自分が作ったもので明るく楽しくできたらなと思って制作しました」

    と述べた。タバコの空き箱にデザインした用紙を張り付け、2〜3時間かけて制作したという。デザインラクダシルエットでお馴染みの銘柄「キャメル」のパロディで、注意書等の文章は自分で考えたそう。

    箱に名前をつけるとしたら「じゃがりこガレット」とのこと。

    「あんまり良い名前が思い浮かばないです(笑)。味は、一応サラダ味という設定です」

    箱を開けると、サラダ味のじゃがりこがぎっしり
    箱を開けると、サラダ味のじゃがりこがぎっしり

    制作にあたってこだわった点や大変だったことは、

    「ぱっと見のそれっぽさが出るようなデザインにするのが大変でした。下に小さく書いてある文章など小さいところまでこだわって作ったので、作り込みがすごい!というコメントはすごく嬉しいです」

    とのこと。

    タバコ風の箱があったらいいのに」という子供の頃の夢を実現したなるみさん。箱に入れたじゃがりこは、咥えてみたのだろうか。聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

    はい。咥えました。大人になったような、それでいて子どものような、少し変な気持ちになりました」

    すごいこだわり(画像はなるみ(@sho_555_913


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【タバコの箱を開けるとお菓子がぎっしり 子供の夢を実現した「じゃがりこシガレット」が話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     今回紹介したいのは、イ尤見さんが投稿した『【夏の食パン祭り】茜ちゃんのデブ活夜食メシ【餡バタークリームサンド】』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    ステアさんの『夏の食パン祭り』に参加させていただきました。



     投稿者のイ尤見さんが「餡バタークリームサンド」を作ります。

     まずは食パン2枚の耳を切り落としました。画像の食パンは4枚切りのものです。

     次は生クリームに砂糖を入れて泡立てます。投稿者さんは30g入れましたが、通常は生クリーム200mlに対し砂糖20gだそうです。

     パンにしっかりバターを塗ってから、餡子を乗せます。

     餡子の上に生クリームを乗せます。めちゃくちゃ美味しそうですが、カロリーがヤバそうです。

     かぶせる方のパンにもしっかりバターを塗って挟みます。

     カットして「餡バタークリームサンド」の完成です!

     餡子にはこれ、と牛乳も用意。

     牛乳を添えて、いただきまーす! パンから少しはみ出た生クリームがまた美味しそうですね。

     見ているだけでカロリーが伝わってくるような罪深いサンドイッチに、「これはいけない、いけない味だわ…」「カロリーの塊」「濃いめのお茶が欲しい…」「美味しいから大丈夫だよ!」などの声が寄せられました。

    視聴者コメント

    ゴクリ・・・
    ・あーこれはいけない
    すごいボリュームだ
    ・これは糖分も脂質もやべえ
    カロリーの暴力
    ・あぁぁぁぁ、いいなぁ

    ▼動画はこちらから視聴できます

    【夏の食パン祭り】茜ちゃんのデブ活夜食メシ【餡バタークリームサンド】

    ―あわせて読みたい―

    生クリームなし! 食パン使用! 手軽に作れるキッシュのレシピに「こんな簡単でいいのか」「これ絶対うまいやつ」の声

    食パンを“丸ごと”使って「グラタン」を焼いてみた! 簡単ホワイソースがトロッとパンに絡み「うまそう」の声



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【カロリーの暴力…“厚切り”食パンの「餡バタークリームサンド」が完成し「ゴクリ…」「糖分も脂質もやべえ」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    サービスをよりよいものにするため、客からの要望や意見を参考にするのは店にとって大事なこと。

    もちろん理不尽なモンスタークレームは論外ですが、正当な意見であれば店側はしっかりと受け止め、時には謝罪しなくてはなりません。

    ある日、スーパーマーケットを訪れた琥珀糖@TalesofHarusame)さんは、店が客に謝罪している光景を目にしたといいます。

    「お肉の量が多い」といわれます。大変申し訳ございません。

    肉売り場に掲示されていたのは、客からの指摘を受け、謝罪をする手書きの大きな紙。

    このスーパーマーケットでは、パッケージに記載された量よりも内容量が多かったり、販売している量自体が多めだったりするのでしょうか。

    「肉の量が多い」という指摘に対し、店側は謝罪したのですが…。

    いっぱい食べてください。

    謝罪をした上で、「量は今後も変更しないので、たくさん肉を食べてください」と客に要求!

    肉は人間にとって必要な栄養がたくさん詰まっています。また、この店の肉の量が多いことを喜んでいる、大食いの人もいることでしょう。

    店側のユーモアあふれる対応に笑ってしまいますね。このメッセージを見たら、つい肉を手に取ってしまいそうです!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @TalesofHarusame


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「肉の量が多い」と言われ謝罪したスーパー 続くまさかの言葉に吹き出す!】の続きを読む

    このページのトップヘ