社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    迷惑行為

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    マスクをつけた男性Toa55/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    新型コロナウイルスの影響を受け、現代人の必須アイテムとなったマスク。しかし近頃は、マスクの着用に過敏になりすぎている人も散見されている。

    ■「マスク警察」爆誕

    マスク着用でないと入店不可」というショップが珍しくないように、現代のマスクはもはや通行手形のような役割を担っている。しかし本来は「感染拡大のリスクを減らすため」に着用しているはずなのだが、「マスクをつけること」そのものが目的になってしまった人も少なくない。

    22日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、そんなマスク過激派の人々を「マスク警察」と称して衝撃のエピソードを紹介した。ちなみに「マスク警察」というワードは、22日午前時点でツイッターのトレンドにも登場している。

    関連記事:日本郵便、配達員も「適宜マスク外す」 命を守る行動に理解求める

    ■圧が半端ではない

    ある人は周囲に誰もいない屋外の道路にてマスクを外していると、後ろから近づいてきた人に「マスクしろ、バイ菌」という心ない言葉を投げかけられたという。

    また、暑さとメガネの曇りが気になり、周囲に人が少ないことを確認してからマスクずらしたところ、「マスクしろ!」と強い口調で指摘された経験のある人もいるようだ。

    ■「そこまでするか…」と視聴者ドン引き

    少し前はマスクの在庫を確認するため、薬局などを転々とする行為が「マスクトロール」と揶揄されていたが、新たに誕生した「マスク警察」はかなり好戦的なのが特徴。

    視聴者からは「いやいや…。いくら何でもそこまでする?」「マスク警察って何するか分からないから本当に怖い」「こういう人たちって、外見怖い人には注意しないんだろうな…」といった声が多数上がっていた。

    夏本番が近づき、常にマスクをつけ続けることが次第に難しくなってくることは確か。マスクの着用はもちろん大切だが、誰しも止むを得ない事情が生じることは念頭に置いてほしいものだ。

    ・合わせて読みたい→店頭では品切れ状態も続く… 「洗えるマスク」を使って知った問題とは

    (文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

    マスク警察の実態がヤバすぎる 驚きの体験談に「そこまでするか…」の声


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マスク警察の実態がヤバすぎる 驚きの体験談に「そこまでするか…」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    バーベキュー・BBQ・焼肉moonbase/amanaimagesRF/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    4日の『とくダネ!』(フジテレビ系)で放送された外出自粛要請を無視し、50人規模のバーベキューを主催した男性のインタビューに批判の声が殺到している。

    ■BBQ主催者に取材

    番組では3日、多摩川で開催されていたバーベキューの様子を取り上げる。人が密集しており、子供の姿も。マスクをしていない人も散見され、感染リスクがかなり高いと言わざるを得ない環境だった。

    主催した男性は「開催理由」を尋ねられると「ガス抜きですね」とサラリ。そして、「コロナ鬱っていうか、リストラ、倒産、破産。僕の友達は1か月で12名亡くなってるんですよ」と話す。

    さらに「社会人サークルなので、LINEタイムラインに書いたら勝手に集まった」とコメント。その数は約50人程度だったという。

    関連記事:矢部浩之、岡村隆史に公開説教「景色を変えた方がいい」「性格変えろ」

    ■「パクられるならできない」

    男性は感染リスクについても、「今通勤してるけどもマスクをしてない」「実感がない。満員電車で通勤してて、コロナになってない。自分がなってない」「マスクは鬱陶しい」と話す。

    そしてバーベキューの前には消毒と検温を実施し、開催の有無については警察や国土交通省に確認をしたそうで、「自粛じゃないですか。自粛じゃなくてパクられるっていうならできない。自粛はどういう意味かと聞いて納得させた」と説明。

    さらに「何かあれば保健所が入る。そのときは逃げも隠れもしない。リスクはあると思っている」と開き直りと思える発言も。

    また、昨日しらべぇ編集部が目撃者に取材した北海道の豊平川でも、バーベキューを楽しむ人が。インタビューを受けた男性は「3密ではないし、1日くらい問題ない」と理由を述べた。


    ■石黒賢は政治判断を求める

    スタジオでは緊急事態宣言の延長について、Twitterユーザーから「完全無収入で補償もない。どう生きていけばいいのか。死も見えてくる」「自粛しているけど、そうでない人間との不公平感がある」と不満が寄せられる。

    俳優の石黒賢は「ほとんど多くの人たちは頑張っているわけで。それであと何が出来るかといえば、政治の出番になるんじゃないかですかね。政治家の皆さんに大きな決断をしてほしい」と話した。

    ■ネットでは批判殺到

    バーベキュー開催主催者の発言にネット上では「自分勝手すぎる」「こんな人でもコロナになれば治療しなければならず医療崩壊を招く可能性がある。許せない」などと批判が殺到する。

    その一方で、「出来る対策はしている。法律上応じない人を罰することはできない」「けしからんとは思うが、自粛しない人を一斉に叩くのは問題」という声も出た。

    ■「応じない人」にどう対応するのか

    緊急事態宣言による外出自粛要請新型コロナウイルス感染拡大防止や、明確な治療方法がないなかで懸命に治療する医療従事者を守るためのもの。その必要性はかなり高い。

    そんな状況のなかで一部の「応じない人」にどう対応していくのか。政治判断が求められる。

    ・合わせて読みたい→「私がデザインした下乳チャイナ」火将ロシエルがチャイナコスプレ披露

    (取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    自粛無視のBBQ主催者に批判殺到 「理由はガス抜き」「自分はコロナじゃない」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【自粛無視のBBQ主催者に批判殺到 「理由はガス抜き」「自分はコロナじゃない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    店頭在庫は週明けにも回復する見込みという

    首都圏の各知事が相次いで外出自粛を要請したのを受け、スーパーなど小売店で食料品の品薄状態が発生している。マスクトイレットペーパーなどに続く再三の品薄状態に、既視感を覚えた人も多いのではないだろうか。

    各局の情報番組では3月26日から、映像やインタビューを交えて品薄の様子を報道。だが、ネット上では「テレビ買い占めを助長している」と指摘する声が多くみられた。

    全国スーパーマーケット協会は同日、ツイッターに「『メディアが煽るようなことは、どうぞお控えください』というようなお話しをしています」などと投稿。キャリコネニュースでは、同協会にツイートの真意を聞いた。


    「買い物客のインタビューはどれも不安を覚える声が中心」


    「百聞は一見に如かず―とも言いますが、文字よりも映像、視覚はより強い印象を与えます」

    こう話したのは同協会の担当者。カップラーメンや袋麺、パンなどのスカスカになった商品棚の映像が相次いで流れたことに言及したものだ。

    「あとは買い物客のインタビューでも、どれも不安を覚える声を中心に報道しているように思います。結果的に消費者の不安をあおるような報道には配慮してほしい」

    冒頭のツイートには27日正午時点、6.3万件のいいねが付いている。担当者は「反響の大きさはそのまま共感の大きさだと捉えています。それだけ、報道に不安を煽られた方が多かったのではないでしょうか」と続けた。


    「外食需要が落ち込んでいる影響で、小売業者に回ってくる商品はむしろ増加」

    その上で「商品の生産、流通は止まっていません。一斉に店頭に殺到すると感染リスクも高まりますので、冷静にお買い物をしてください」と強調する。さらに、

    「現在は一時的に品薄の商品もありますが、週明けには徐々に店頭の在庫が回復する見込みです」

    と呼び掛けた。品薄状態が長期化しているマスクなどの影響で、トラウマから買い占めに走ってしまった人もいるだろう。実際に2月下旬から品薄になったトイレットペーパーや米は「大きい製品で陳列棚が空くと目立つので、見ると心理的に不安に駆られますよね」と推察している。

    同担当者は「状況はマスクとは違います。慌てなくてもまったく食料品がなくなる事態は起きないので安心してほしい」という。

    「食料品は生産量も足りており、外食需要が落ち込んでいる影響で、むしろ小売業者に回ってくる分量も増えています」

    と明かした。

    農林水産省経済産業省消費者庁の3省庁は3月26日、店頭掲示用のポスターデータを連名で作成。ポスターには

    「食料品は、十分な供給量を確保してるので、安心して落ち着いた購買行動をお願いいたします」

    と記載されている。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【業界団体、"買い占め"煽るテレビ報道に「配慮してほしい。生産も流通も止まっていない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    マスクトイレットペーパーなどの高額転売について、怒った消費者らがメルカリなどで出品者らと非難の応酬をする事態になっている。

    メルカリも、対策に乗り出しており、これらの出品のうち、1000円超のものは姿を消していることが分かった。

    「感染しないよう代理購入」などと説明があったが...

    トイレットペーパーが30ロールで5555円――。ある転売者は2020年3月2日、「入手困難」だとして、こんな価格でメルカリに出品したものの、メルカリの事務局から「不適切」だと判断されて、再び出品を削除させられたとツイッターで明かした。

    転売に怒ったユーザーから、メルカリサイトコメント欄などで攻撃も受けていたという。さらに、ツイートによると、メルカリからは、度重なる規約違反があったとして、「無期限の利用制限」をされ、今後の利用ができなくなった。

    この転売者は、消費者が小売店を回れば新型コロナウイルスに感染する恐れがあるため、代理購入して転売で手数料を取っていると主張しており、クレームを入れてくるユーザーを「正義マン」などと呼んで揶揄し、ネット上で話題を呼ぶこととなった。

    メルカリでは、これまでも、高額転売を巡ってトラブルになっている。

    別の転売者は2月上旬、マスク3000枚弱を送料込み7万5000円で出品したが、怒った消費者からコメント欄で次々に非難を浴びる騒ぎになった。この転売者は、需要が多かったため自分のマスクを犠牲にして売っているだけだと反論し、誹謗中傷を止めるように訴え、書き込みを次々に削除していた。

    最近は、感染予防とは直接関わりのないトイレットペーパーなども品薄となり、こうした商品を出品するユーザーには、コメント欄に非難の書き込みが次々寄せられ、「つるし上げ」に遭う事態となっている。転売をストップしようとメルカリにデマへの注意喚起の「出品」をするケースも相次いでいる。ツイッターなどでは、「自警団」と評する向きもある。

    控えていたトイレットペーパーの制限、追記に加える

    メルカリも、マスクなど感染予防用品の高額転売への対策に乗り出しており、2月4日の公式ブログでは、「社会通念上適切な範囲での出品」を呼びかけ、転売者の取引状況によっては、入手経路の確認や出品の削除・利用制限も行うと明らかにした。

    同27日には、消毒用アルコールなども削除や制限などの対象にするとブログで明かした。トイレットペーパーなどの入手困難も社会問題になったが、翌28日のブログでは、「現在のところ、一連の報道にありますトイレットペーパーティッシュペーパーの取引が著しく増えたという事実はございません」と説明した。

    その後は、トイレットペーパーなどについては、社会通念上適切な範囲での出品への協力要請に留まっていた。

    しかし、これらの高額転売もネットで批判が高まったこともあってか、このブログ3月3日になって、次の内容を追記した。

    「現在の状況に鑑み、トイレットペーパーティッシュペーパーについても入手経路の確認や商品の削除・利用制限等の対象とさせていただきました。また、著しく高額で出品された商品につきましては、削除対象とさせていただきます。引き続き、ご理解とご協力のほどお願いいたします」

    転売者らが出品を分散している可能性はあるものの、3日夕現在、マスクトイレットペーパーなどを価格の高い順に検索すると、1000円を超える出品が姿を消している。

    J-CASTニュース編集部 野口博之)

    1000円超の出品が姿を消している(メルカリのサイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【批判殺到 転売ユーザー、コメント欄で相次ぎ「つるし上げ」 メルカリも制限、1000円超消える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    財布(Anson_iStock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    17日、イギリス公共放送BBC」が受信料制度を廃止し、視聴時間に応じた課金制とする方向で検討に入ったことが判明。

    ネット上では公共放送モデルとなったBBCが課金制に舵を切ったことで、「日本のNHKも追随するべきだ」との声が上がっている。

    画像をもっと見る

    ■NHKの集金人に怖い思いをしたことがある?

    NHKの受信料制度については「集金人の行動」を疑問視する声が多い。夜遅くの訪問や恫喝まがいの行動で契約を迫ることがあるというのだ。

    しらべぇ編集部が全国の10~60代の男女1,733名に実施した調査では、18.0%が「集金に怖い思いをしたことがある」と回答。

    どのような行動をとっているのは不明だが、集金人を「怖い」と思ったことがある人は確実に存在する。

    関連記事:家具付きマンションのNHK受信料にNO!集金に恐怖する女性も

    ■若い女性の3割が…

    集金人の行動が「怖い」と思ったことがある人を年代別に見てみよう。

    20代女性の割合が突出して高く、32.0%に。過去には集金人が性犯罪で逮捕された事例もある。ごく一部だとは思われるが、若い女性が「怖い」と感じるような行動を取っていることは、間違いないようだ。


    関連記事:NHK受信料徴収員の男が訪問先でキスし逮捕「仲良くなったと思い…」

    ■地域別で見ると…

    さらに地域別に見ると、若干の傾向が出た。

    最も割合高かったのは東北で26.2%に。一般的に治安が良い地域が多く、住民も警戒心が薄いといわれる。そんな環境に乗じて、集金人は「怖い」と思われるような行動を取るのかも。

    一方最も低かったのは甲信越。詳細は不明だが、適切な集金活動が行われているようだ。

    関連記事:LINE世代の電話対応に衝撃 「既読ブロックと同じ感覚」に疑問の声相次ぐ

    ■経験者の声は?

    NHKの集金人に怖い思いをしたことがあるというSさん(30代・女性)に話を聞いた。

    20代の頃、インターホンがあるのにドアをドンドンとノックされ『NHKです』と。居留守を使ってもノックは止むことがなく…。のぞき穴を見ると、非常に柄の悪い男性が立っていて。怖くて対応したくありませんでした。

    そんなことがあったので引っ越した先はオートロックにしたのですが、今度も夜遅くに来てインターホンを鳴らし『NHKです。玄関先での対応をお願いします』を連呼する男性が。ガラの悪い男性と夜ドアを開けて会話するのは怖い。もう少し違うやり方があるんじゃないですか」

    不満の声もあるNHKの集金制度。BBCのように、変革していく必要があるのでは。

    ・合わせて読みたい→まれに遅刻魔はいるけれど… 時間に余裕を持って行動する人が多数派か

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年10月28日2019年10月30日
    対象:全国10代~60代の男女1,733名 (有効回答数)

    受信料制度に苦言もあるNHK 集金人に怖い思いをした人が改革訴え


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【批判殺到 受信料制度に苦言もあるNHK 集金人に怖い思いをした人が改革訴え】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    路上でお猿さんが運転しているのかと思うほどのヤバすぎる運転のドライバーが目撃され物議を醸しています。

    動画には、交通ルールを完全に無視して走行する軽自動車が映し出されています。

    動画投稿者さんはこの後警察に通報しましたが、「注意するだけ」と言われたということ。

    警察に言いましたが注意するだけと言われました。こんな違反しててそれだけかってこっちからしたら思いました。

    動画には「注意されるだけならやろーかな」「これだけ証拠があるのに、注意だけなのは納得できません」「注意するだけなら警察はいらないです。税金の無駄使いです」などのコメントが寄せられています。

    こんなドライバーにのうのうと公道を運転して欲しくないです。

    【動画はこちら】

    お猿さんが運転しているのかと思うレベルのヤバい運転の車が目の前に!警察に通報するも甘すぎる対応が物議!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】お猿さんが運転しているのかと思うレベルのヤバい運転の車が目の前に!警察に通報するも甘すぎる対応が物議!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「『日本に震度10級の地震』という動画はウイルスだから気を付けて」というメッセージTwitterで拡散しています。実際にそのような動画が送られたという報告はなく、チェーンメールとみられます。

    【その他の画像】拡散している投稿の一部

     メッセージ2月5日夕方ごろから広まっており、内容は「日本に震度10級の地震」というタイトルの動画が送られてきたら開かないようにと注意を促すもの。「実際の動画ではなくスパムウイルスですが、携帯電話にある送金機能など、銀行業務の情報を引き出すそうです。現在、新聞にも報道されたそうです」と書かれています。

     しかし、実際にこのような動画が送られてきたとスクリーンショットを添えて報告している投稿はTwitterFacebookでは見当たりません。また「新聞にも報道されたそうです」ともありますが、そういった動画が拡散しているとの報道も確認できませんでした。

     「日本に震度10級の地震というタイトルの動画」は確認できず、動画が来たら開かないようにと注意するメッセージのみが広がっている状態で、このメッセージ自体がチェーンメールと見られます。善意からの投稿なのでしょうが、不確かな情報の拡散は避けるべきでしょう。

    Twitterのトレンドにも「震度10」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「『日本に震度10級の地震』動画に注意」チェーンメールが拡散】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    鹿児島県南九州自動車道で撮影されたドライブレコーダーの動画が物議を醸しています。動画には、時速4kmでノロノロと走行する車の姿が映し出されています。

    その後、動画1分8秒あたりで業を煮やした車が路肩からノロノロ走行の車を追い抜いた途端、それまでのノロノロ運転がウソのような急加速であおり運転を開始します。

    その後通報を受けた警察に事情聴取されたということ。

    さらに、この「逆あおり運転」の車は後日にもあおり運転をする様子が撮影されています。

    動画には「どれだけ暇人なんだ」「こういう人に車を運転して欲しくない」「人生無駄にしすぎ」などのコメントが寄せられています。

    なにが楽しくてこんなことをするのでしょう。

    【動画はこちら】

    【鹿児島】「逆あおり運転だ」高速道路を時速4kmでノロノロ走行する車が物議!追い抜いたら逆上してきた!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 注目情報 【鹿児島】「逆あおり運転だ」高速道路を時速4kmでノロノロ走行する車が物議!追い抜いたら逆上してきた!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    あおり運転(画像はTwitterスクリーンショット

    いわゆる「あおり運転罪」創設へと進む中、しらべぇ編集部は、先日はその被害者を取材した。この件で警察は、危険な運転をしていた男性に対して、口頭注意を行ったという。

    しかし、新たにまた同じ車両によるあおり運転被害の訴えが編集部に寄せられた。その被害者から詳しく話を聞いた。

    ■正月早々に被害に

    被害にあったのは、元日の午後3時30分ごろだという。


    被害にあったaさんによると、被害に遭ったのは南九州西廻り自動車道でのこと。鹿児島インターから入り、川内インターに向かう最中の串木野あたりだという。

    その区間は、70キロの速度制限区間だったが、あおられたため、90キロ程度で走行をせざるを得ない状況に陥った。あおられた時間は体感では約1分ほど。

    関連記事:女性に執拗なあおり運転した男を逮捕 JAFは「ためらわずに110番を」

    ■「同乗した娘は恐怖」

    aさんは、その様子を運転しながら110番通報。ナンバーを伝えると、「あー、浜松ですね」と既に認識している様子だったという。aさんが路側帯に避けたところ、プリウスは猛スピードで追い越していき、その後をパトカーが追いかけていったとのこと。

    この動画を撮影したのは、aさんの娘さん。「目つきが鋭い男性で、40歳代ぐらいに見えた」と話しているとのこと。このとき、異常に接近されて、追突されると感じたため、今でも恐怖におびえているという。

    6日の午後には、刑事3人がaさんのもとを訪問。当時の状況、場所、時間の聞き取りと動画の確認を行い、その動画を持ち帰ったとのこと。

    警察は「犯人の顔がハッキリと写っていないと、運転者が所有者である証明ができない」とした上で、「どの罪を適用させれば良いかを検討している最中」と話したそう。

    ■道交法は改正の方針

    警察庁によると、あおり運転に対して現在は、車間距離保持義務違反や安全運転義務違反、刑法の暴行罪などでの摘発を視野に入れているという。

    また、昨年12月には、道路交通法を改正して「あおり運転」を新たに定義し、罰則を設ける方針を固めた。1回の違反で免許を取り消すほか、暴行罪(2年以下の懲役など)より重い罰則を科すことも検討している。

    今月28日に召集される通常国会への道交法改正案の提出を目指している。

    ・合わせて読みたい→「今年の漢字」を大予想 歴史的な年となった2019年の一文字は…

    (文/しらべぇ編集部・おのっち

    浜松ナンバーのあおり運転が頻発 「目つきが鋭い40代くらいの男性が運転」との証言


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【動画あり】浜松ナンバーのあおり運転が頻発 「目つきが鋭い40代くらいの男性が運転」との証言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新幹線(SmokedSalmon/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

    長時間の移動となる新幹線車内では、乗客のモラルが問われる場面も。人気ブロガー・中道あすかさんが、新幹線車内で見かけた迷惑客についてつづったブログ記事が注目を集めている。

    ■京都に向かう列車内にて

    京都に向かっていたときのこと。新幹線にて、中道さんがトイレに行こうと通路を歩いていると、列車の一番先頭の座席に座っていた男性客が「備え付けの畳まれたテーブルの上に、足の裏をベターっとくっつけていた」場面を目撃してしまったという。

    「みんながご飯とか食べるテーブルに、足の裏をベターーっとくっつけるって、めっちゃくちゃ見てて気分悪い」「今も、あの方のグレーの靴下の色が頭にこびりついて離れないんだけど…『こんなマナーの悪い人いるんだ』」と絶句してしまったそう。

    関連記事:ノンスタ石田、新幹線で後ろに座る乗客に絶句 「すげー不愉快」

    ■夫に報告するも…

    トイレから戻り、夫に報告するも「そんなヤツ、めちゃくちゃいるよ」と言われ共感を得られず。

    中道さんはブログにて「注意する勇気もなく…そのままなんだけど」「よく考えたら、直接的にそいつに何かされたわけじゃないから、注意しにくいよね。。でもさ、見ていてとにかく不快なのよ」と回顧。

    「何も知らずに、次にそこの席に座った人は、素手でそのテーブル触るわけでしょ…? もしかしたら、赤ちゃんがそのテーブルを触って、そのままお口に手を入れるかもしれない」とし、「1回、アルコール除菌シートみたいなやつでテーブル拭いたほうがいいかも」と読者に訴えた。

    ■モラルのない大人が多すぎる?

    他人の迷惑を考えない男性の行動に思わず絶句してしまったという中道さん。なお、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,363名を対象に実施した調査では、全体で71.8%もの人が「モラルのない大人が多すぎると思う」と回答している。

    モラルのない大人グラフ

    新幹線で少しでもリラックスできる体勢を取りたい気持ちは多くの人が共感するところだが、公共の場であることを忘れず、節度ある行動を心がけたい。

    ・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、ラグビーW杯で来日の迷惑外国人に激ギレ 「舐めくさってる」

    (文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日2017年2月27日
    対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

    人気ブロガー、新幹線で見かけた迷惑客に絶句 「最悪」「とにかく不快」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人気ブロガー、新幹線で見かけた迷惑客に絶句 「最悪」「とにかく不快」】の続きを読む

    このページのトップヘ