社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    高齢ドライバーによる「逆走」で危うく命を落としそうになってしまう動画が物議を醸しています。

    逆走してきたドライバーは、投稿者さんの車がやってくるのが見えなかったのか、そのままUターンしてようとします。投稿者さんはフルブレーキで衝突を回避しました。

    Uターンするということは、「自分が逆走している」という認識はあったということでしょうか。

    国土交通省によるデータ分析結果によると、下記のことが分かっています。

    ・逆走事案の約6割は、インターチェンジジャンクションで発生。
    75歳以上の割合は、免許保有者の6%であるのに対し、逆走した運転者の45%を占める。

    グラフで見ると下記のようになります。

    認知能力の低下などから逆走してしまうと考えられています。

    しかし、地域によっては車が無いと生活が成り立たない高齢者の方も多く存在します。2025年には65歳以上の人口の全人口に対する比率が30%になると言われている日本。公共交通機関や自動運転カーの導入など様々な対策が今のうちから必要だと思います。

    【動画はこちら】

    高齢ドライバーによる「逆走からのUターン」で危うく命を落としそうになってしまう動画が話題に!逆走の45%は75歳以上というデータにびっくり!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 creative311.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【高齢ドライバーによる「逆走からのUターン」で危うく命を落としそうになってしまう動画が話題に!逆走の45%は75歳以上というデータにびっくり!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    池袋暴走事故で飯塚幸三容疑者が書類送検されましたが、事故中心的な運転をするドライバーは飯塚容疑者だけではありません。

    千葉県・東金市の路上で撮影されたドライブレコーダーの動画が物議を醸しています。動画には追い越し禁止の細い道路で無理な追い越しをし、危うく対向車線を走っていた動画投稿者さんの2トントラックにぶつかりそうになる様子が映し出されています。

    動画投稿者さんによると、75歳のドライバーはそのまま逃げようとしたので、追いかけて捕まえたといいます。「何とか怪我も無くトラックも軽症ですが、10センチずれてたら下半身ポアされてました・・・2トンキャブにクラッシャブゾーンはありませんからね・・・」とコメントしています。

    動画には「こういう高齢者、私も時々目にします。短気で自己中心的な運転をする高齢者が目に余りますね。」「度と運転出来ないようにしてほしいです」「ふざけた運転手」などのコメントが寄せられています。

    このようなドライバーにはもう二度と運転しないでほしいです。

    【動画はこちら】

    追い越し禁止の細い道で自己中な追い越しをする75歳に「完全当て逃げかまされたんで追いかけて捕まえました」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.atwikiimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【追い越し禁止の細い道で自己中な追い越しをする75歳に「完全当て逃げかまされたんで追いかけて捕まえました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    富士山でのライブ配信中に滑落してしまった男性が話題になりましたが、冬山はナメていなくても危険な場所。ナメていれば確実にヤバい事になる。そんなことを痛感する動画です。

    8分25秒あたりからどうぞ。まだ登山初心者だという動画投稿者さんが投稿した動画が話題になっています。四国の標高1,982 メートルの山で、西日本最高峰の「石鎚山(いしづちさん)」の登頂に成功した帰り、下山中に動画投稿者さんが遭遇した滑落者の動画です。

    どこからともなく聞こえてくる助けてー!」という女性の声。投稿者さんは焦りながらも声の所在を確かめます。その後、警察に連絡、やってきた救助ヘリに滑落者の女性は無事保護されました。

    滑落した女性は単独登山で、スパイク長靴という軽装備だったというから驚きです。動画投稿者さんは「アイゼンとピッケルは絶対必要」コメントしています。

    この日は風もなく、たまたま助けて!」の声が聞こえましたが、冬山登山をする場合は相応の装備が絶対条件です。誰かに迷惑をかけないためにも、登山する方は準備を怠らないようにしないといけないです。

    【動画はこちら】

    登山中にどこからか「助けてー!」という女性の声が!あまりに冬山をナメた装備に批判の声!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【登山中にどこからか「助けてー!」という女性の声が!あまりに冬山をナメた装備に批判の声!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「ヤマノススメ」や「ゆるキャン△」の影響で登山やキャンプにチャレンジしている漫画家ライターの「カエルDX」さんが、バイクで事故った時の様子を漫画にしています。

    【画像:マンガを全て読む】

     バイクで出掛けていたカエルDXさん。雨が降ってきたので帰宅することにします。車線変更をしたのはマンホールの上。タイヤが滑ってバランスを崩してしまいます。

     転倒したバイクは5メートルほど滑って停止。幸い命に別条はなさそうです。救急車を呼ぼうとした瞬間、スマホの上を通過するタクシーカエルDXさんは「ソシャゲバックアップ取ってねぇぇぇ」と叫びます(そこなの?)。

     バイクエンジンがかかったので自力で帰ることにしたカエルDXさん。ボロボロのバイクに乗る姿に、周りの人はドン引きです。

     帰宅する頃には痛みが引いてきて「病院に行かなくてもいいかも」という考えが頭の中に浮かびます。服を脱いでみると、傷の大きさは思った以上。ヒジとヒザがズタズタにえぐれています。すぐ病院に行ってください!

     最寄りの病院に行ったカエルDXさん。ヨレヨレの姿にもかかわらず、問診票の記入と検温を求められます。

     表情を変えず、外科に行くよう指示する看護師さん。「血圧を測ってお待ちください」と無理難題を吹っ掛けます。

     診察室に入るとテンションが高い先生が。「傷を触っても痛くないのは神経がなくなっているから」「縫う肉はないから消毒して肉が盛り上がるのを待つしかない」と恐ろしいことを告げられます。そうか、神経がないと痛さも感じないのか。ゾゾッ。

     レントゲンを撮ってみると骨折はしていなかったとのこと。「事故に他人を巻き込まなくてよかった」「心配かけて申し訳ない」と反省しつつ、次の4つを徹底しましょうと呼びかけています

    ・プロテクターつける

    ・雨が降ったら運転しない

    ・事故ったら救急車・警察・レッカーを呼ぶ

    ・すぐ病院に行く

     リプライ欄には「生きててよかった」「雨の日のマンホールはワナ」「タクシー止まれよ」といったコメントが。「人生はバックアップ出来ないですからね」という名言も飛び出しました。

     ちなみにタクシーに踏まれたスマホは前面ガラスの交換だけで大丈夫だったとのこと。「バイクに乗るのは楽しいけれど危ないよ」と語るカエルDXさんなのでした。

    画像提供:カエルDXさん

    バイクで出掛けていたカエルDXさん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「楽しいけど危ないよ」 “バイクで事故ったオタク”のレポ漫画がドキドキする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    譲り合いの精神で、左側から道路に出てくる車に道を譲ったところ、追い抜こうとしたスクーターが飛び出してきて逆に大変なことになってしまいます。幸い大事には至りませんでしたが。。

    動画には「動画投稿者さんは悪くない」「バイクが悪い」「確認しない車が悪い」など様々な意見が寄せられています。

    これはお互いにもう少し確認するべきでしたね。。

    【動画はこちら】

    「動画投稿者さんは悪くない」親切心で道を譲ったのに、逆に罪悪感を持たざるを得ないことになってしまう!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「動画投稿者さんは悪くない」親切心で道を譲ったのに、逆に罪悪感を持たざるを得ないことになってしまう!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     見る人に勇気や希望を与えるテレビ番組。特に子ども向け番組となれば、教育などにも配慮した番組作りが求められるのだが、制作者達の想いとは裏腹に痛ましい事故が発生してしまうこともある。

     2019年現在、テレビ朝日系などで放送されている特撮ドラマ仮面ライダーシリーズ仮面ライダーが大人気を博した1970年代。少年たちによる仮面ライダー必殺技ライダーキック」を真似た事故が大きな社会問題になったことがある。

     ライダーキックは塀や崖の上から、敵怪人にジャンプキックを打ち込む技なのだが、日本全国でライダーキックを放った子供や食らってしまった子供が怪我をする事故が相次いだのである。中には大けがを負ったり、沼に落ちて死んでしまう子供もいたため、最終的には『仮面ライダー』の劇中で登場人物が注意喚起をしていた。

     また、『仮面ライダー』と同時期に子供に大人気だったテレビ番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)。この番組でも、子供が真似をしてしまい死亡する事故が発生したという。

     1970年代後半、東京某市に住む10歳の少女が自宅物置でロープに絡まり、意識不明の状態で病院へ担ぎ込まれた。少女は病院で心臓マッサージを受け、一時的に意識が回復したものの数日後、容態が急変し心臓衰弱で亡くなったという。少女には特に自殺願望があったわけではなく、この日、大好きだった『全員集合』にて出演者がロープを使って首吊り自殺のマネ事をする場面があり、それを真似したものではないかと当時の新聞での記述がある(番組と事故の関連性は不明のため謝罪などは特に行われなかったという)。

     以上は昭和時代の事件だが、平成時代では『フードバトルクラブ』(TBS系)での死亡事故が印象深い。これは2002年中学生が友達とパンの早食い競争をした際、喉に詰まらせて死亡する事故が発生したため、『フードバトルクラブ』を含む「大食い番組」が放送自粛に追い込まれたのである。現在はいくつかの大食い番組は復活しているものの、事故が時折発生することから、2002年までのブームは未だ取り戻せないようだ。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【芸能事件史】「仮面ライダー」をきっかけに死亡事故が発生? 人気番組が起こした社会問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト
    (写真:Science Photo Library/アフロ

    米フロリダ州在住の女性が、親友と赴いたバースデーディナーで殺されかけたとして、ホテルを訴えた。NBC NEWSが伝えている。

    ステイシー・ウェイジャーズさん(45)は昨年11月、ドン シーザーホテルグリルレストランで友人と誕生日を祝った。二人は素晴らしい料理を堪能した後、近くのテーブルデザートに液体を注ぎ、スモークを発生させるパフォーマンスが行われる様子を目にした。ウェイジャーズさんの友人が、液体を持ったウェイターに「それ、すっごくクールね」と声をかけると、彼は二人の水が入ったグラスにその液体を注いでくれたという。

    モクモクとスモークが溢れ出す水を大はしゃぎで口にしたウェイジャーズさんはたちまち気分が悪くなり、救急車で病院に運ばれICUに数日間入院。このウェイターが注いだのは液体窒素だったのだ。

    液体窒素の温度は-196度。皮膚に触れればすぐに凍傷を起こしてしまう。皮膚科ではイボの治療に使われる。

    「危険なものだなんて全く考えていませんでした。だって、彼はあれをデザートに注いでいたんだもの。飲んだ途端、胸の中で何かが爆発するような感じがしたの。話すこともできなくなって、私はもう死ぬんだと考えていました」とウェイジャーズさんは振り返る。

    ウェイジャーズさんは胆のうを摘出。超低温によるやけどで胃の一部も切除せざるを得なかった。11キロも体重が落ち、消化器系に生涯ケアを必要とする重大なダメージが残ったという。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【液体窒素を水に注がれ…胆のう摘出に至った女性ホテルを訴える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    テレビ(gpetric/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

    自分の国をしばらく離れ、「異国で趣味を存分に楽しもう」と旅に出た男性がいる。年齢はすでに60歳。それでもふと目に入ったアダルトショップ好奇心を刺激された男性は入店したが、生きた状態で店を出ることはできなかった。

    ■イタリアを訪れた男性

    大好きなサイクリングを存分に楽しもうと、母国であるイギリスからイタリアに飛んだ男性(60)。

    先日はベネチアに近い街でサイクリングを満喫したというが、そこでふと目に入った店がどうしても気になったもよう。入口に書かれていた「SEXY SHOP」という文字にそそられたらしく、男性は乗っていた自転車から降りるなり店内に入ったという。

    関連記事:坂口杏里さん、アルバイト店員のありえない態度に怒り 「なんなのっ!」

    ■15分間のAV鑑賞へ

    そこで男性は「約590円を支払えば個室で15分間AVをご鑑賞可」というコースを選び、料金を支払うなり個室に入ったとのこと。入室、そしてAV鑑賞開始と同時に部屋の外に設置しているランプが灯るシステムで、店員もそれは確かに確認したという。

    しかし時間が15分を超えても男性が部屋から出てくる様子はなく、入室から30分ほどが経過した頃に「これはおかしい」と店員も不安になり、オーナーに声をかけ一緒に様子を確認しに行ったという。


    ■倒れた原因は心臓発作か

    個室のドアを開けるなり、店員とオーナーは床で倒れている男性を見て仰天。すぐに救急車を呼んだものの手遅れで、その場で死亡が確認されたという。

    死因については心臓発作が疑われているというが、同件については地元の警察が今も捜査を続行中だ。亡くなった場所が場所だけに、男性の名前など詳細は伏せられている。

    ■過去には40代男性も…

    過去にはアメリカの病院で勤務していた48歳の男性が、職場のパソコンでAVを鑑賞。その際に心臓発作を起こし死亡し、翌朝同じ病院で勤務していた同僚に発見された。

    自慰の途中だったというこの男性についても、当局は「事件性ゼロ」と断定。あまりにも刺激が強い内容だったのかもしれないが、男性の死を嘆く声と共に「こういう死に方はしたくない」という声も多くあがった。

    英国で男性の訃報を聞いたご遺族の気持ちも、大変複雑だろう。

    ・合わせて読みたい→女性はなぜAV女優になるのか 「女子会の罰ゲームで」との珍回答も

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    アダルトショップで惨事発生 AV鑑賞中に男性死亡その理由は…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【アダルトショップで惨事発生 AV鑑賞中に男性死亡その理由は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     市場には、か細いサンマばかりが並んで、今年のサンマ不漁の深刻さを物語っている。9月17日、8人乗りの小型漁船『第65慶栄丸』が北海道根室市納沙布岬から東方約640キロで転覆事故を起こした。乗組員1人が心肺停止状態で発見されたが、残り7人の安否は不明(9月20日時点)だ。

     「小型のサンマ漁船は、例年は近場のロシア沖で漁をするんですが、今年は9月中旬になってもサンマが上がってこないため、600キロ以上離れた漁場まで遠出するしかないのです」(道内漁業関係者)

     サンマ棒受け網漁は8月上旬から解禁された。今年は漁場が遠く、大型船の多くは北海道東部から約1200キロ離れた公海まで出て操業。遠くまで出られない『第65慶栄丸』のような小型船は8月26日まで漁獲がほぼゼロ状態だった。

     漁業情報サービスセンターによると、全国で水揚げされたサンマは約2000トン(9月10日時点)。前年比の約17%でしかない。

     「しかも、魚体が100から120グラムが中心で小ぶり。脂のノリも悪く、売り物になりませんよ」(市場関係者)

     市場価格は1キロあたり700円から800円。去年と比べると、倍以上に跳ね上がっているというから庶民にはとても手が出せない。

     不漁の原因について、水産庁関係者はこう解説する。

     「海水温が上昇して、低温を好むサンマが日本沿岸から離れており、サンマの大群が北海道沖やロシア海域に現れていない。その上、中国や台湾籍の大型漁船が公海で乱獲するため、資源が枯渇したのが原因ではないか」

     サンマ不漁の影響は他にも出ている。

     「岩手県宮古市は、約20年前から『目黒さんま祭り』に毎年7000匹のサンマを直送していが、今年は冷凍サンマを提供するしかなかった。以前の不漁時は北海道で水揚げされたサンマを手配したんですが…。9月21、22日に行われた水揚げ量日本一の『根室さんま祭り』も満足に確保できない有様だった。サンマ不漁は深刻ですよ」(漁業情報サ
    ービスセンター)

     なお、漁船「第65慶栄丸」事故の捜索は21日に打ち切られ、乗組員7人は依然として行方不明だ。何とか無事であってほしいと心より祈るばかりだ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【サンマを追っかけ600キロ『第65慶栄丸』小型漁船の惨劇】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    top

     今月1日、台湾北東部の宜蘭県で大きな橋が崩落し、その下の漁港に墜落した。

     穏やかな晴天の中、突如崩れた橋は通過中のタンクローリーを巻き添えにして落下。停泊中の漁船を直撃し大惨事をもたらした。

     この事故の瞬間をとらえた映像では、アーチに架かったケーブルが切れてたわみ、激しい水しぶきを上げながら落ちる橋の様子が見てとれる。

     衝撃的な事故が起きた現地では十数名の負傷者のほか、行方不明者の死亡が確認されるなど、凄まじい崩落の被害状況が日ごと報じられている。

    ―あわせて読みたい―

    フレキシブル!とかいう見解で良いのだろうか?ロシアの重機がぐにゃりんこ2連発
    シベリアの永久凍土が溶けて35年後に建物が次々と崩壊するというシナリオ(ロシア)
    まさかここまで!!フォークリフトが棚に接触。そこからの大災難がすごかった(※追記あり)
    こ、これは・・・シャンパンタワーが大崩壊。ドミノ倒しのごとく崩れ落ちていく驚愕の瞬間(ロシア)
    崩壊した家屋の下敷きになった子犬を助けたい母犬が人間に助けを求め、共に瓦礫を掘り起こす救出物語(インド)

    Bridge collapse Taiwan October 1, 2019

    突然起きた橋の崩壊。アーチもろとも落下

     この映像は宜蘭県南方澳にある大きな橋が崩落する瞬間をとらえたもの。

    発生時刻は今月1日の午前9時半ごろ。
    ワイヤーが切れて沈みだし
    スクリーンショット-(2562)

    まもなく中央が落下
    スクリーンショット-(2563)

    直後アーチもろとも落下し、激しい水しぶきが上がる
    スクリーンショット-(2564)

    崩落現場で船員2人が死亡。行方不明者の捜索が続く

     海外メディアによると、この事故で橋を通過中だった石油タンクローリーが停泊中の漁船に衝突し火災が発生、ドライバーと漁船の船長らを含む12人が負傷するほか、6人の行方不明が報じられた。

     まもなく当局は、行方不明者らが壊れた橋の下敷きになった漁船に閉じ込められている恐れもあると発表。海軍を含む大規模な捜索隊が現場に駆けつけた。

     懸命な作業が続くなか、1日深夜には漁船の乗組員2人の遺体が発見され、残る不明者の発見が急務となっていた。

    原因は錆びたケーブル?運営企業の管理不手際か

     現地メディアによると、南方澳大橋は1988年に完成。港に架かる大きな橋はランドマークであり、漁業の盛んな町にとって欠かせない橋でもあった。

     この事故について橋の責任者であるメンテナンスコンサルタントは「数年前に錆びたケーブルや、通行車両の追突で損傷している接続箇所を発見して問題視していた。担当の港湾管理者にたびたび報告していたが、返答をもらえなかった」とメディアに語っている。

     一方、台湾の港湾運営企業である台湾国際港湾公社の広報は、コメントを拒否しているという。

    行方不明者全員が死亡。詳しい調査が始まる

     また10月1日の早朝は台風18号が台湾を通過していた。その影響で北部は強風や豪雨に見舞われたが、映像でもわかるように橋の崩落が始まった時の天候は快晴だった。

     そのほか橋への影響として、前日に隣町で発生した震度4の地震を報じるメディアもある。

     なお、後の報道によると現地では懸命な救助活動もむなしく3日の時点で行方不明者6人全員の死亡を確認したという。

     事故は現在、何かの拍子でケーブルが切れたことが主な原因とみられているが、運営企業に問題があったという疑いを含め、当局などが詳しい調査をすすめている。

    References:mashable / geekなど /written by D/ edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52283158.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    その場で餌を食べようとせず、ビニール袋に入れたエサだけを持ち帰る野良猫。そこには我が子を思う母猫の愛が。
    犬に車をロックされてしまった飼い主、牛の群れに助けを求めるも無力。さあどうする!?
    4匹の子猫すべてを火災現場から救出した消防士は、その喜びで涙を流す(イタリア)
    そこはやめとけ。ゴールデンレトリバーの上に乗る猫を引きずりおろしてから自らの懐に入れるゴールデンレトリバー
    人よりも犬の方が賢い?横断歩道を無視して道路を渡り車にひかれた男性の横で、きちんと横断歩道を渡る犬

    ―料理・健康・暮らしについての記事―

    フライパン一つで簡単にできる。インドの屋台風オムレツトーストの作り方【ネトメシ】
    ついにマクドナルドも! 植物由来の人工肉を使用したベジバーガーが、期間限定で試験販売(カナダ)
    4匹の子猫すべてを火災現場から救出した消防士は、その喜びで涙を流す(イタリア)
    スマホの入力速度がキーボードに追いつきつつある(フィンランド・英・スイス合同研究)
    谷間だって安眠させたい。胸の谷間用枕「ピロー・ブラ」なるものが販売されている件
    突然起きた橋の崩壊。アーチもろとも落下(台湾)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【突然起きた橋の崩壊。アーチもろとも落下(台湾)】の続きを読む

    このページのトップヘ