社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2020年5月8日韓国JTBCによると、インド南部にある韓国LG化学の工場で7日にガス漏れが発生し、少なくとも住民13人が死亡、約1000人が病院に搬送された。
    記事によると、現地時間の7日午前3時ごろ、インド・ビシャカパトナムにあるLGポリマーズ・インディアの工場でガス漏れが発生した。同工場はテイクアウトカップのフタの素材であるポリスチレン樹脂を生産している。有害物質のスチレンが流出し、数キロメートル先まで拡散したという
    工場から半径3キロメートル以内の住民は目が焼けるような感覚と呼吸困難、嘔吐(おうと)の症状を訴えた。病院で治療中の患者の多くが意識不明の状態といい、犠牲者の数はさらに増えるものとみられている。
    現地警察は工場内の容量5000トンのタンク2基からガスが漏れたとみている。記事は「同工場は新型コロナウイルス感染拡大を受けて操業が停止され、最近再稼働された」とし、「放置されていたタンク内のガスが化学反応を起こして漏れ出したようだ」と伝えている。
    現地の映像を見た韓国のネットユーザーからは「これは深刻。韓国人として申し訳ない」「悲しい。ひどい災難だ」「LGが大変なことになった」など驚く声が上がっている。
    また「ずさんな管理をしていたのだろう」と指摘する声や、「会長も社長も総出で現地へ行き、ひざまずいて許しを請うべきだ。責任回避で国の品格を下げるようなことはしないでほしい」「迅速に遮断し、真相を包み隠さず公開し、補償してほしい。それが最も懸命な方法だ」「賠償だけでは済まされない。政府が頭を下げて謝罪しないと」と主張する声も。
    その他「せっかくK防疫(韓国の新型コロナウイルス感染防疫対策)で世界に称賛されたのに、K災難まで輸出するのか」と落胆する声も上がっている。(編集・翻訳/堂本

    8日、韓国・JTBCによると、インド南部にある韓国LG化学の工場で7日にガス漏れが発生し、少なくとも住民13人が死亡、約1000人が病院に搬送された。写真はインド。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【インドの韓国LG化学工場でガス漏れ、死者も=現地映像に韓国ネット驚がく「大変」「賠償では済まされない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト
    ゴルフコースもあり保養地として知られるキアワ・アイランド(写真:THEHENEBRYS/アフロ

    米サウスカロライナ州は現在ロックダウン下にあるが、新型コロナウイルスではないものによって一人の女性が命を落とした。

    キアワ・アイランドでネイルサロンを営むシンシア・コヴァートさん(58)。NBCニュースによると、サロンは州の要請により休業中だが、今月1日に顧客でもある友人の自宅へ出張施術に赴いたという。

    キアワ・アイランドは大小の沼や入江が多数点在するビーチリゾートで、ワニの生息地でもある。施術を終えて一息ついたコヴァートさんは、近くの水辺にワニがいることに気づき、ポーチから外に出て写真を撮り始めた。あまりにも無防備にワニに近づくコヴァートさんに、顧客とその夫は大声で水際から離れるよう警告。「先週そこで鹿がワニに殺されたのよ!」と叫んでも、コヴァートさんは「私は鹿には見えないから大丈夫よ」とのんきにスマートフォンを構えてワニとの距離を詰め、あろうことかワニに触れようとしたという。すると体長3メートルほどのワニがコヴァートさんの左脚に噛み付いてきたのだ。

    顧客夫婦や近所の目撃者が投げてくれたロープを掴み、コヴァートさんは間一髪でワニの牙から逃れることが出来た。岸に上がり、「もう二度とこんなことはしないわ」と反省の弁を述べた次の瞬間、再度ワニに襲われ、叫び声を上げる暇もなく水中へと消えてしまったとNBCニュースは報じている。

    通報を受けて駆けつけた保安官代理によってこのワニは銃殺され、水の中からコヴァートさんの遺体も回収された。サウスカロライナ州天然資源局によると、このワニは20年近く同地域に生息していた個体だったという。

    目の前で友人のネイリストを失った顧客が保安官事務所に語ったところによると、コヴァートさんはいつも控えめでプロに徹する人だったが、事故当日はやけにおしゃべりでリラックスした様子だったという。検視の結果、溺水による事故死として処理された。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ネイリスト女性 ワニに襲われ死亡、無防備で写真撮影も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2019年4月19日に東京・池袋の路上で自動車が暴走し、母子2人が死亡した事故から1年が経つことを受け、妻と娘を亡くした遺族・松永拓也さんが20年4月16日に動画を公開した。

    これまで松永さんは、名字のみを公表していた。動画では、この1年間で起きた心境の変化や、今回初めてフルネームを公開するに至った理由などを語っている。

    「憎しみ」と「処罰感情」分けられるように

    事故は東京都豊島区東池袋の路上で19年4月19日に発生。横断歩道を渡ろうとした松永真菜さんと莉子さんの母子2人が死亡し、運転していた旧通商産業省工業技術院元院長の飯塚幸三被告と同乗者の妻を含む8人が重軽傷を負った。飯塚氏は19年11月警視庁から書類送検され、20年2月6日には過失運転致死傷罪で在宅起訴された。

    事故遺族の松永拓也さんは、事故発生後からメディアを通じて「遺族の思い」を伝え続け、19年8月にはJ-CASTニュースの単独取材にも応じている。本来なら事故後1年の節目として会見を開く予定だったというが、新型コロナウイルスの影響により断念。代わりに今回の動画をアップロードした。

    松永さんが動画で口にしたのは、事故当時からの「心境の変化」だった。当初は「加害者に対する憎しみ」が湧く中で、「憎しみに囚われた自分を真菜と莉子は望んでいるだろうか」「憎しみに囚われるのは遺族として当然の感情」と相反する感情を抱き、2ヶ月近く悩んだという。

    しかし、

    「ふとした時に『憎しみに囚われている時は加害者のことを考えている時間だ』と思うようになりました。それよりも『妻と娘への感謝の気持ちで心を満たしたい』というふうに考えるようになりました」

    と変化が起きたと語る。その結果、今は「憎しみ」と「処罰感情」を分けて考えられるようになったという。

    「被害者にとってメディアは決して攻撃するものではない」

    変わらない思いもある。「誰にもこのような思いはさせたくない」という気持ちだ。動画では「交通事故の犠牲者をひとりでも減らしたい」という願いのもと、事故を知った時の心境、病院で亡き家族と対面した時の思いなどが生々しく語られている。

    松永さんはこれまで一貫してフルネームを公表してこなかったが、今回の動画で初めて名前を明かした。その理由を、

    「(1年の)猶予の間に心の準備、戦う準備、交通事故防止への覚悟、たくさんの支援者ができたからだと思っています。特に交通事故防止の活動をしたいという気持ちが強くなったことが一番の要因です」

    と語っている。

    また、当初はマスメディアが強引な取材をする「メディアスクラム」に対して恐怖心や不安を抱いていたというが、「時を追うごとに、被害者にとってメディアは決して攻撃するものではないということがわかり、自分の思いを世に伝えてくれる支援者にもなりうるということがわかりました」とメディアへの向き合い方にも変化があったと振り返る。

    被害者遺族が実名を明かすこと

    被害者遺族が実名を明かすことについては、

    「犯罪被害のご遺族が実名を公表しないという選択があっても私は間違いだと思いません。自分や家族の生活を守るためにそれが必要な人もいます。実名を出しても出さなくてもいいし、実名を出すのに時間がかかってもいいと思います。実名報道するかどうかも、報道機関とどう付き合うかも、被害者遺族が選べるのだということをみなさまに知っていただきたい」

    と持論を語っている。

    動画の最後には亡くなった家族の動画・写真とともに、

    「真菜と莉子は確実に私とともに生きていました。しかし、今はもうこの世にいません。これが交通事故の現実です。どうか、身近な人を愛するように、車の外に向けても、愛のあるやさしい運転をお願いいたします」

    と呼びかけている。

    池袋暴走事故1年で遺族が動画を公開


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【池袋暴走事故まもなく1年 遺族・松永拓也さんがフルネームを公表した理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ダツ(AndrisL/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    魚釣りを楽しもうと船に乗り込み出かけた少年。水中から飛び出した魚が突き刺さり、貫通してしまったと各メディアで話題になっている。病院に搬送された少年の運命は…?

    ■衝撃的な出来事

    1月18日インドネシアで暮らす少年(16)が家族と共に釣りを楽しもうと外出。船に乗り込んだ一家の前に「ダツ」と呼ばれる魚の群れが現れた。

    ダツは鋭い歯で満たされた独特の長くて狭い顎で知られ、移動速度は最大時速60km。高速で移動し、水面でジャンプをすることもある。群れに驚いた少年はダツの様子をじっくり観察しようと身を乗り出した。

    関連記事:自ら尿道に長さ10センチの針を挿入した13歳少年 謎の動機を語る

    ■搬送された少年

    少年が覗いていると1匹のダツが水から勢いよく飛び出し、少年の首に向け突進。顎が首に刺さり、少年は水中に転落した。少年は必死に泳いで船に戻り、大量出血の危険性を顧みることもせずダツを首から引き抜こうと試みた。

    しかし、魚の両顎が完全に首を貫通していたため、すぐに断念。そのまま近くの病院に搬送されたが、手術には専門の機器が必要だったため、首から魚を外すことができなかった。


    ■医療チーム結成

    すぐに別の病院に移送されて手術の準備を開始。外科医3名から成る医療チームが手術を開始し、2時間ほどかけて少年の首に突き刺さっていたダツの頭をどうにか取り除いた。

    大量に出血する可能性も十分あったが、ダツの頭が傷口を完全にふさいでいたため、少年は運よく命を落とさずにすんだ。一部のメディアでは魚が貫通している状態の画像を公開している。

    ■少年の状態は…

    幸いにも少年の状態は安定しており、今後しばらくは経過を観察すべく入院することになった。医師団は少年が感染症に罹患(りかん)しないよう様子を見ているが、状態がよければ数日で退院できる見通しだと報じられている。

    ダツによる事故は、過去にもハワイで10歳の子供が眼球を刺され死亡したケースがある。今回被害を受けた少年が大変恐ろしく痛い思いをしたことは間違いないが、死なずにすんだのは不幸中の幸いだった。

    ・合わせて読みたい→「白血病の息子のために」 点滴液にとんでもない物を混入した母親に実刑判決

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    船釣り中の衝撃 とがった魚が海から飛び出し少年の首を貫通


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【衝撃】船釣り中の衝撃 とがった魚が海から飛び出し少年の首を貫通】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このほどイギリスで、芳香剤をスプレーした後の車内で男性がうっかりタバコを吸おうとして火をつけた瞬間に、車が大爆発を起こすという事故が起こった。『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

    今月14日の午後3時頃、英ウェストヨークシャー州ハリファクスの賑やかな街中で黒の乗用車が突然爆発、周辺が騒然となった。現場付近のアパートの住民は爆発の瞬間の様子を「部屋全体が衝撃を受けて、窓ガラスがガタガタ揺れていました。誰も怪我をしていませんように…」とSNSに綴っており、爆発の衝撃の大きさをうかがわせる。

    ウェストヨークシャー警察の声明によると、この車の所有者である男性が駐車していた際に窓を開けた状態で車内にスプレー式芳香剤1缶を全て噴射したという。その後、香りを定着させるために自分は車から出て窓を閉じ、10分ほど置いた後で窓を開けて車を発進させた。

    マイル(約800メートル)ほど走行したあたりで、再び窓を閉めて男性は車内でタバコを吸おうと火をつけた。その瞬間に大爆発が起きてしまったとのことだ。車の破損は大きく、バンパーなどのパーツが爆発の勢いで道路に散乱し、フロントガラスは全て吹き飛んでいた。

    『Manchester Evening News』によると現場は一時通行止めとなり、車が大破した以外にも近くの建物の窓ガラスが吹き飛んでいたと伝えている。

    目撃者の中にはSNSに「車を見る限りでは、運転手は亡くなっているんではないかと思ってしまう」と書き込んでいたが、これだけの爆発にもかかわらず男性は自力で車から這い出て、手や顔に軽い火傷を負った程度で済んだという。のちに男性は病院で治療を受け、すぐに自宅に戻っている。

    火災調査にあたった捜査官のジョン・キャバリエ氏は、今回の件に関して「この程度で済んで幸いだった」と話しており、市民に対して「エアゾール式スプレーには物によっては大量のLPガスが含まれており、それが起爆の要因となることを忘れないように」と警告している。

    画像は『The Sun 2019年12月16日付「UP IN SMOKE Car explodes when driver lights cigarette minutes after spraying air freshener」(Credit: PA:Press Association)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【驚愕 最新情報 車内で芳香剤をスプレーした男性 タバコに火をつけ車が大爆発(英)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    交通事故(Kwangmoozaa/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    今、ネット上で交通事故の保障にまつわる投稿がSNS上で拡散している。一体何が起きているのか。しらべぇ取材班は、関係各所から話を聞いた。

    ■ツイートの内容とは

    注目を集めている投稿は、「高速道路で追突事故に遭い、相手100:0で示談交渉中なのですが、相手方保険会社の損保ジャパンから連絡があり、修理費も全額払わないが、買い替えにかかる費用も払わないと連絡がありました。 新車から大切に大切に乗り続けた車を奪われて、乗り続けることも乗り換えることも出来ないのです」といったもの。

    関連記事:ボンネットに飛び乗りフロントガラスを叩き割った男 「イライラしていた」

    ■「コメント差し控えたい」と広報

    これに対して、「車屋ですが、損保ジャパンとは取引したくありません」「全く信用できないと確信しました」といった厳しい意見が相次ぎ、炎上状態となっている。

    損保ジャパン日本興亜の広報担当は、しらべぇ編集部の取材に対して、「ツイートの件は承知している。担当部署と協議したが、個人の方の意見であり、コメントを差し控えたい」と述べた。


    ■国民生活センターに聞いた

    しらべぇ取材班は、自動車保険のトラブルについて、国民生活センターに話を聞いた。同センターには、自動車の任意保険に関する苦情・トラブルが、2016年度1,436件、2017年度1,313件、2018年度1,245件寄せられている。

    中には、「スーパー駐車場で前の車がバックして来てぶつけられた。過失割合が100対0で修理見積もりが20万円だったが、15万円しか払えないと言われた」「停車中に追突され100対0の案件だったが、加害者側が嘘の証言をした。ドライブレコーダーの映像を提出したが適切な対応が取られなかった」といった悪質なものもあるという。

    ■弁護士特約の検討も

    専門家は、「保険会社の多くは自賠責等の自らの基準で慰謝料を算出するため、被害者にとって低い示談金が提示されることが多くある。その点弁護士に相談を行うことで、過去の判例(裁判基準)に基づいて示談金額を決めるため慰謝料の金額が大きく変わることがある。今の時代、弁護士特約が必須と言える」と話した。

    ・合わせて読みたい→バーガーキングに「下北沢に店作ってくれや」 実現した背景を広報に直撃

    (文/しらべぇ編集部・おのっち

    損保会社の支払い拒否にまつわる投稿が炎上 広報は「コメント差し控えたい」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【前代未聞】損保会社の支払い拒否にまつわる投稿が炎上 広報は「コメント差し控えたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     たばこを吸う人にとって、昨今は自宅が数少ない喫煙場所であろう。その自宅でたばこを吸いながら、命を落とした人がいる。

     海外ニュースサイトFox6』および『Dailiy Mail』は、米ノースカロライナ州に住む61歳の女性が、たばこを吸っている最中に酸素ボンベが爆発して死亡したと、それぞれ12月3日および12月4日に報じた。

     記事によると、12月3日午前8時頃、女性がたばこを吸っている時に、近くにあった医療用酸素ボンベに引火して爆発したという。女性の夫は別の部屋で寝ており、爆発音と火災報知器の音で目が覚めたそうだ。夫は火を消し止め、救急車を呼んだという。救急隊員がすぐさま駆け付けたが、その場で女性の死亡が確認されたという。

     女性の持病は明らかとなっていないが、在宅酸素療養中であったという。実際に、鼻に酸素吸入用のチューブを装着している女性の姿が、記事内でも確認できる。酸素ボンベ自体が爆発することはまれなため、酸素吸入中に、たばこを吸おうと点けた火が引火したとみられている。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「酸素ボンベ近くで火を点けるなんて、愚かな行為。たばこを吸う吸わない以前の問題」「愛煙家として、病気になってもたばこを止められない気持ちはわかる」「たばこは寿命を縮めるというが、この女性もまさにそうなった」など、さまざまな声が上がった。

     自宅で酸素ボンベ使用中の火災による死亡事故は、日本でも発生している。一般社団法人日本産業・医療ガス協会の調査によると、2003年12月から2010年1月の約6年間で、在宅酸素療養中の重篤な被害事故は、29件報告されている。

     そのうち、たばこ原因によるものが15件(14件が死亡事故)で、半数以上を占めている。厚生労働省ホームページでは注意を呼び掛けているが、2014年10月にも、同様の死亡事故が発生した。

     2014年10月30日たばこの火が酸素吸入器から出ていた酸素に引火して火災が発生し、男性が死亡したことがわかったと各社が報じた。

     各社の報道によると、東京都港区の都営アパートで同17日、当時79歳の男性が、酸素吸入器を鼻に装着して使用中、たばこを吸おうとして火をつけたところ、酸素に引火して火災が発生。アパートの一部が焼けたという。男性は救出されて、病院へ搬送されたが、まもなく死亡が確認されたそうだ。

     東京消防庁などの調べでは、酸素吸入器はチューブを使って鼻から酸素を送り込むタイプのもので、男性が顔にライターを近づけたところ、炎が大きくなり、洋服に燃え移って死亡したとみられることがわかったという。

     引火しやすい物質の近くでは、火気の取扱いに細心の注意が必要だ。少なくとも酸素ボンベや酸素吸入器周辺は、禁煙必須であることは間違いない。たばこを吸うと気分転換になってリラックスできるのかもしれないが、それで命を落としてしまっては何の意味もない。

    記事内の引用について

    Woman dies after cigarette ignites oxygen tank, causing explosion in North Carolina home(Fox6 Nowより)
    https://fox6now.com/2019/12/03/woman-dies-after-cigarette-ignites-oxygen-tank-causing-explosion-in-north-carolina-home/

    Smoker, 61, on an oxygen tank who was killed when her cigarette blew up the cylinder in her North Carolina home(Daily Mailより)
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-7756737/PICTURED-Smoker-61-oxygen-tank-killed-cigarette-blew-up.html

    在宅酸素療法における火気の取扱いについて(厚生労労働省ホームページより)
    https://www.mhlw.go.jp/content/11125000/2r98520000003m9w.pdf

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【たばこの火が酸素ボンベに引火して爆発 愛煙家の女性が死亡 「愚かな行為」との声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「子供は大人がすることをよく観察しているだけでなく、それを真似することで発達を続けます。数日前の夜、娘に起こったことをここでシェアし注意喚起したいと思います」―先月末、オーストラリアに住む母親がこんな書き出しでSNSにある投稿した。女性はスマホ充電器をいじっていた小さな娘が感電するのを目のあたりにしたという。

    オーストラリアに住む女性は先月27日、子供の救命法などを学ぶFacebookグループCPR Kids』に直径1センチほどの黒い円形の熱傷痕がある娘の手のひらの写真を投稿し、次のように綴った。

    「私の娘は11月25日スマホ充電器をコンセントに差し込もうとして感電し、入院しました。」

    「娘が充電器の働きについて理解しているとは思わず、気が付いた時にはすでに取り返しのつかないことになってしまったのです。」

    投稿された写真の手の大きさからすると、女性の娘は2~3歳といったところだろうか。女性はその時の様子をこのように明かした。

    「娘は私が見ている目の前で、充電器スマホ側に接続する端子部分を電源タップの1つに差し込もうとしたのです。電源タップの複数の差込口の1つにはすでに充電器が差し込まれている状態だったのですが、その瞬間、バチッと音がして火花が飛び、黒い煙があがりました。そしてリビングルームにいた娘は2~3フィート(約1メートル弱)飛ばされたのです。」

    「数秒間の沈黙の後、娘は激しく泣き始めました。私は娘をすぐに病院に連れて行き、医師の診察を受けました。」

    「医師には電流の入口はあるが出口が見つからないので、心臓が影響を受けている可能性もあると言われました。万が一のために娘はその夜は入院し、医師による監視が続けられたのです。」

    「幸いなことに、娘は手のひらの熱傷だけで済みました。我が家にはコンセントカバーやドアストッパーベビーゲートなど子供の安全のために様々なものが設置されていますが、電源タップへの対策は何も考えてもいませんでした。今後は同じことが起きないよう、この事故をより多くの人にシェアして欲しいと思います。」

    ちなみにこの投稿には「うちの息子も同じことをしようとした」「我が家では、電源タッププラスチックの箱に入れている」「電源タップに安全スイッチが付いているものを使っている」「充電器を使わない時は、コンセントから抜いておかないと危険」「大きな事故にならずにすんで良かった」「危ないものは、高い位置に置くようにしている」「これは危険」といったコメントがあがっている。

    なお『CPR Kids』は電撃傷の場合、熱傷をした子供に触れる前にブレーカーを落とすこと、また心臓や他の臓器が損傷を受けている可能性も頭に入れておくようにアドバイスしている。

    画像は『CPR Kids 2019年11月27日Facebook「Thank you to the mother who shared the below post as an important reminder.」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 s.skygate.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【電源タップに差し込まれたスマホ充電器で幼児が感電、手に熱傷(豪)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト

    タイ人男性が充電中のスマホで遊んでいる最中に感電死したと12月2日に報じられた。デイでは充電中のスマホキッカケで感電死するケースが、この半年で少なくとも4件は発生している。

    DAILY STARによると今回亡くなったのは、チョンブリー県の28歳男性。57歳の母親が部屋をのぞくと、男性は充電中のスマホを右手で握りしめたまま倒れていた。

    男性には右手と両前腕に焼け跡があった。母は息子を起こそうと名前を呼び、棒で突いたりしたが反応がなかった。警察に連絡したが、男性は死亡。スマホに感電し、ショック死したと推測されているという。

    これまでにもタイでは感電死の事件が数多く報告されている。

    Daily mailによると7月、チョンブリー県の男性(21)が充電中のスマホのそばで眠っていたところ感電死した。股間に血が飛び散り、顔や腕には焼け跡があったと報告されている。また11月には充電しながらスマホイヤホンを差しサッカーを見ていたサムットプラーカーン県の男性(40)が、さらにチャイヤプーム県では充電中のスマホで遊んでいた女性(17)がそれぞれ感電して亡くなったという。

    10月にもチョンブリー県で眠っていた男性(25)が、そばにあった充電中のスマホに感電して亡くなったというケースがあります。タイには安全性の十分でない充電器や電源が少なくありません。またボロボロの充電ケーブルを使い続ける危ない人もいます。ですから、こういった痛ましいことが起こりやすいのです」(現地に詳しい人物)

    半年で5件も報告されることとなった、タイでの感電死ネットでは《電話が凶器になるなんて……》《誰の身にも起こりうることだ》と警鐘を鳴らす声が上がっている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【タイ人男性がスマホに感電死…類似ケースが半年で4件も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     群馬県渋川市で関越自動車道を逆走した軽乗用車乗用車と正面衝突し、軽乗用車を運転していた80代の男性が死亡した事故で、事故直前の映像が入った。

     この映像は関越道の上り車線を走行していた車から撮影されたもので、画面右上に下り車線を逆走する車が映っている。動画には「おじいさんだった。みんな避けてる」という声も入っている。

     事故があったのは渋川市赤城町の関越道の下り車線。消防などによると、1日午後2時半ごろ、「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報があった。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で救出されたが死亡、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをした。

     警察は軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど、事故の状況を詳しく調べている。
    AbemaTV/『AbemaNews』より)
     

    動画:関越道 逆走死亡事故の直前映像

    「おじいさんだった。みんな避けてる」 関越道逆走死亡事故の直前映像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「おじいさんだった。みんな避けてる」 関越道逆走死亡事故の直前映像】の続きを読む

    このページのトップヘ