社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【この記事の動画を見る】

    アメリカでは警察官の誤った行動が次々と取りざたされているが、このほど逮捕状を持った保安官代理が容疑者の家ではなく別の家に踏み込んで住民を驚愕させた。『ABC13 Houston』『Inside Edition』などが伝えている。

    米テキサス州ハリス郡に住むルイスロドリゲスさん(Louis Rodriguez)一家は今月1日、突然の訪問者によって震え上がることとなった。ルイスさんは当時、妻と息子と娘の4人で娘の15歳誕生日を自宅で祝っていた。

    しかし突然、玄関のドアをノックする者が現れた。訪問者はハリス郡保安官事務所の保安官代理だと名乗り、逮捕状を持ち「“カーティス・ロジャース(Curtis Rogers)”という男に用がある」とドアの向こうから発していた。

    実はルイスさん、かつてヒューストン警察の警察官だったこともあり、彼らが本当の保安官代理なのか訝しんですぐにドアを開けることはしなかった。またルイスさんの息子は、動画を撮影しながらドアの外に向かって「ここにはカーティス・ロジャースという男は住んでいません。あなたは家を間違えていますよ!」と叫んだ。

    だが保安官代理は聞く耳を持たず、「君がドアを開けるか、我々が開けて中に入るか、どっちでも構わないんだぞ」と返してきた。ルイスさんは息子に「ドアは開けないほうがいい」と忠告した。

    その直後に外からバッテリング・ラム(破城槌)でドアを突く大きな音がして勢いよくドアが開き、数人の保安官代理が家の中に踏み込んできた。

    そして外へ出るよう指示してきたため、ルイスさんは身の危険を感じて即座に両手をあげて外に出た。そして動画を撮影していた息子にも撮影を止めて外へ出るよう指示した。

    2人は保安官代理に手荒に外へと連れ出されたが、その直後に彼らは家を間違えたことに気づいたようだ。家の前でルイスさんは「だから言ったじゃないか! そんな男はここに住んでいないって!」と声を荒らげて保安官代理らに訴えた。彼らは道路を挟んだ向かい側の家と間違えてルイスさん宅に踏み込んでしまったのだ。

    その後、ハリス郡保安官事務所では家を間違えたことについて謝罪を述べ、破損してしまったドアの修理交換の手配をしたと声明を出している。また現場にいた保安官代理らも深く反省しており、彼らについては同保安官事務所が調査中とのことだ。

    一方のルイスさんは「彼らが家の中で銃を発砲し、家族の誰かを射殺してしまうのではないかと心配していました」と当時を振り返っている。保安官代理らの手荒な行為によって腕に切り傷と痣が残ったルイスさんは、今回の件について訴訟を起こす予定でいるとのことだ。

    画像は『ABC13 Houston 2020年9月10日付「FAMILY STARTLED BY DEPUTIES SERVING WARRANT AT WRONG HOUSE」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【容疑者宅を間違えた保安官代理、ドアを突き破って突入し住民を震え上がらせる(米)<動画あり>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    盗難事件の押収品がブルーシートの上にずらり――

    そんな光景をニュースなどで見たことはないだろうか。

    2020年9月6日、そんな光景にそっくりな写真がツイッターに投稿されて、注目を集めている。

    シートの上に並ぶのは、ライフルや拳銃だ。

    ニュースで見たことある...(画像は暁斗@akitosabage315さんより提供)
    ニュースで見たことある...(画像は暁斗@akitosabage315さんより提供)

    銃が入っていただろうケースはへこみ、押収までに争いがあったのでは、と想像させる。こんな恐ろしい事件が、と肝を冷やした人もいるかもしれない。

    種明かしをすると、実は銃の盗難事件は発生していない。

    これは2020年9月6日愛知県在住のサバイバルゲーマーの暁斗(@akitosabage315)さんが投稿した写真だ。

    暁斗さんは写真とともに、

    「実は以前大型トラックに突っ込まれたことがありまして......
    修理補償の為に後ろに載せてた装備を保険会社に提出した写真がこれなんですけど
    完全にニュースに出てくる押収写真になってしまった.........」

    ツイート。つまり、銃は本物ではなく、ゲームに使う電動ガン等だったのだ。

    保険会社に提出する写真がまるで押収の光景のようになってしまうことなどあるのか?と思ってしまうが、事故の被害に遭ってしまった暁斗さんはサバイバルゲーマー。こんな写真になってしまうこともある。

    サバゲー場へ向かうところだった」

    Jタウンネットが8日、投稿者の暁斗さんに話を聞いたところ、事故に遭ったのは2019年のこと。当時の状況を聞いてみると

    「業務後サバゲー場へ向かうところだった。高速渋滞の最後尾にいたところ脇見運転の大型トラックに追突された」

    とのことだった。

    この事故の結果として、サバゲーの装備品はそれぞれ銃身が曲がったり、トリガーが欠損したり、内部が断線したり、スコープのレンズがひび割れたり...と、被害はとても大きなものだったそう。

    車は廃車に(画像は暁斗@akitosabage315さんより提供)
    車は廃車に(画像は暁斗@akitosabage315さんより提供)

    装備品については、話題になった写真と、参考として購入先や価格が掲載されているサイトを保険会社に送付し、

    「全体の金額の6割程が補償された」

    とのことだった。ちなみに車は廃車になったそうだ。

    今回、「押収写真」のような画像を投稿した経緯を尋ねると

    「他の方はまず経験がないだろうということで掲載してみた。事故はショックだったがいっそうネタとして皆に笑って貰えればと思った」

    と話す。またツイッターでの反響の感想については

    「率直に言うと反響に驚いている。素直に面白いと言ってくれるコメントが嬉しく思う。サバゲーマー全ての人が起こりうることなので装備を積んでる方は気をつけて欲しい」

    としていた。

    ニュースで見たことある...(画像は暁斗@akitosabage315さんより提供)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【交通事故にあった結果、「押収品」と化したサバゲーマーの装備がこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    パラグライダー(Viktoriya Fivko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    6日放送の『林先生の初耳学!』(TBS系)では、モーターパラグライダーを使った企画を実施。途中、上空1,400m地点でカメラマンエンジンストップするトラブルが発生した。

    ■誰もいない富士山山頂を撮影

    番組では、「初耳トライ やってみたらどうなる学」と題した企画を実施。今年、新型コロナウイルスで入山禁止となり、1960年以降初の登山客がいない夏の富士山山頂をモーターパラグライダーを使って撮影した。

    企画に参加したのは、同番組で活躍を見せるタレントのロイ。超貴重映像を撮影するため、地上4,000mを目指す。

    想定しているルートの中には、難関ポイントが3つ。そのため、緊急着陸ポイントの設置や、地上から車で追跡しながらサポートするなど、万全の体制で挑んだ。

    関連記事:酩酊して恋人と喧嘩しヒステリー起こした女性 旅客機の窓を割り緊急着陸させる

    ■上空でカメラマンのエンジンがストップ

    1つ目、2つ目の難関を乗り越え、富士山まであと21kmの空を飛行していると、ロイに並走していたモーターパラグライダー専門カメラマンエンジンストップするというトラブルが発生。追跡していた地上班に、カメラマンが着陸に向かっているという連絡が入る。

    エンジンストップしても、風の浮力で下降できるため安全ではあるものの、高度が保てないこともあり、カメラマンが乗るパラグライダーはそのまま緊急着陸ポイントへ向かった。


    ■視聴者冷や汗

    その後、エンジンが再始動し、ロイと合流したカメラマン。安全とはいえ、上空1,400mでエンジンストップトラブルが発生したとあり、ヒヤヒヤした視聴者は多いよう。

    エンジントラブルは怖い…」「ほんとに安全なの!?」「命がけ」「心配だ」との声が相次ぐも、エンジン再始動の知らせを受け、「本当に良かった」とほっと胸をなでおろす人も。

    ■パニックになってしまう人も…

    プロとして冷静な判断を下していたカメラマンだが、トラブルが発生すればパニックになってしまう人も少なくないはず。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査を実施したところ、全体の35.9%が「思うようにいかないと混乱する」と回答した。

    思うようにいかないと混乱するグラフ

    飛行中、山頂の天候が悪化し、当初の目的であったロイによる富士山山頂の撮影は達成できず。しかし、途中トラブルに見舞われたカメラマンは山頂の姿を捉え、見事な活躍を見せた。

    ・合わせて読みたい→加藤紗里、風呂に一万円札を浮かべる動画に心配の声 「もっと考えたほうが…」

    (文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年2月1日2019年2月4日
    対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

    パラグライダーで飛行中エンジンがストップするトラブル発生 「怖い…」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【パラグライダーで飛行中エンジンがストップするトラブル発生 「怖い…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたので停車した前方を行く車。しかし、後ろを走るトラックが停車できずに前方の車に突っ込んでしまいました。

    動画には「普段から歩行者無視しているんだろう」「歩行者がいても横断歩道で止まる概念がないんだろう」「職業ドライバーの適性がない」などのコメントが寄せられています。

    横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら停車するという基本的なことを分かっていない人には、公道を走って欲しくないです。

    【動画はこちら】「普段から歩行者無視しているんだろう」横断歩道に歩行者がいたので停車したら後続のトラックにぶつかられてしまう!

    「普段から歩行者無視しているんだろう」横断歩道に歩行者がいたので停車したら後続のトラックにぶつかられてしまう!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「普段から歩行者無視しているんだろう」横断歩道に歩行者がいたので停車したら後続のトラックにぶつかられてしまう!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    交通事故(aogreatkim/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    車好きの多くが憧れる、アウディの最高級スポーツカーを手に入れた30代の脳神経外科医。男は若く美しい医学研修生の女性を誘い出し、一日遊んだ後、酒を飲んでいるにもかかわらず夜のドライブに連れ出した。そして…。

    ■自慢のオープンカー

    米国・アラバマ州のモービルという町で先月、ジョナサン・ナクラという36歳の脳神経外科医の男が飲酒運転事故を起こし、逮捕された。

    ナクラ容疑者が運転していたのはオープンカーで、アウディが最上級のパフォーマンスを提供すると謳う「R8スパイダー」。日本円にして3,000万円強のスーパースポーツモデルだ。

    関連記事:自殺願望男が一家の父を巻き込み即死させる わずか7年の実刑判決に批判殺到

    ■車は横転しながら側溝へ

    時速222キロメートルという猛スピードのなか、ナクラ容疑者がハンドル操作を誤ったことで、R8スパイダーは横転しながら側溝に転落。助手席に座っていた医学研修生のサマンサ・トーマスさんという24歳の女性が即死した。

    ふたりはその日プールなどで一緒に過ごしており、深夜に「アイスクリームを食べに行こう」と車で外出したことがわかっている。

    ■「冷淡で人でなし」

    予備審問のためこのたび裁判所に出廷したナクラ容疑者。そこで検察は、事故直後の彼の様子について興味深い目撃証言を得ていることを明らかにした。

    内容は「助手席のサマンサさんが即死なのは明らかだったが、運転席から出てきた男の冷淡で身勝手な態度には呆れた」というもので、ナクラ容疑者はサマンサさんのことより、大変高価な愛車が負ったダメージや壊れた超高級腕時計ばかりを気にしていたとしている。

    ■解雇処分に加え民事訴訟も

    また、ナクラ容疑者は現場から交際中の女性と思われる第三者に電話していた。「ベイビー、君もこの車をすごく気に入ってたよね」などと嘆く様子が目撃されており、サマンサさんは単なる浮気相手だった可能性が高そうだ。

    その後、飲酒運転および過失致死罪などで正式に起訴され、勤務先の病院からは解雇処分を言い渡された同容疑者。これに続き、サマンサさんの父親からも不法死亡だとして民事裁判を起こされたという。

    ・合わせて読みたい→カズレーザーが持っていない意外なモノ 「かわいすぎ」とファン驚き

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

    飲酒運転事故の医師に批判殺到 同乗者即死も現場では高級車の被害ばかり心配


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【飲酒運転事故の医師に批判殺到 同乗者即死も現場では高級車の被害ばかり心配】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     子どものときにBBガンで遊んだ経験がある人は少なくないはずだ。このほど、BB弾を被弾したことが原因で、男性が亡くなる事故が発生した。
     海外ニュースサイト『Derby Telegraph』はイギリススタッフォードシャー州に住む男性の発射したBB弾が、自らの睾丸に命中。その傷が原因で死亡したと8月7日に報じた。

     ​>>警備員の男、マスクなしで入店の客を射殺 男の過去にも驚き、「やり過ぎ」の声<<​​​

     同記事によると、53歳の男性は、BBガンを自らの股間に向けて発射。BB弾が片方の睾丸に命中したという。男性は「睾丸を痛めた」そうだ。BB弾とは、プラスチックの素材でできた球状の弾丸のことで、その大きさや威力は様々。BBガンと呼ばれる銃のおもちゃエアソフトガンで発射する。男性は、BBガンを発射したとき、お酒を飲み過ぎて、かなり酔った状態であったそうだ。

     後日、睾丸に痛みと腫れが発生した様子で、男性は病院を訪れた。診察した医師の話によると、男性は受傷したときの状況を話したくない様子で、大まかな内容しか医師に伝えなかったという。この日は男性の血液を採取して、診察を終えた。3日後の4月9日、血液検査の結果が出たため、男性は再び病院を訪問。医師から尿路感染症を発症していると告げられ、抗生物質が処方された。

     2度目の通院から6日後、男性は三たび病院を訪れた。男性はかなり具合が悪く、検査の結果、敗血症を発症していると判明。治療の施しようがないほど患部が腫れていたそうだ。のちに敗血症に伴う多臓器不全を引き起こし、同日遅くに男性の死亡が確認されたという。当初男性は、処方された薬をすぐに飲まなかったと医師に説明。薬を飲み始めたのは、薬が処方されてから3日後だったそうだ。
     担当の検視官は、男性の死について「血液検査の結果が出るまで時間を要した問題はあるが、男性の死に事件性はなく、悲劇的な事故」と説明している。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「こんな死に方は恥ずかしい」「傷口から感染症起こしたな。薬をちゃんと飲まないからだ」「男のプライドを守ってる場合じゃない。医者には正直に言わないと」「睾丸が腫れると地獄の痛みだが。我慢強い男だ」「担当の医者が女医だったのか。それは本当のことを言いにくい」「男はアルコール中毒で正常な判断ができなかったのでは?」「こういうニュースは報道しないであげて」など、大きな反響が寄せられた。

     海外では他にも、BBガンによる死亡事故が起きている。
     海外ニュースサイト『NEW YORK POST』および『Fox10』は2月10日アメリカ・フロリダ州の駐車場で、車内にいた男性の目にBB弾が当たり、その傷が原因で死亡したと報じた。

     記事によると、17歳の男性(以下男性)は、家族ぐるみで付き合いのあった友人(年齢不明、以下友人)と、その友人男性の8歳の息子(以下息子)、10歳の息子、合計4人で車に乗って出かけたという。銀行の駐車場に停車。友人は銀行に用事があり、車を離れたという。男性は助手席、息子は後ろの座席に座って待っていたそうだ。このとき、息子がBBガンを取り出し、男性に向かって発射。BB弾が男性の左目を直撃したという。男性は意識不明の状態で、すぐに病院へ搬送された。病院に運ばれてから3日後、男性の死亡が確認されたそうだ。BB弾は目を貫通し、脳幹まで達していたとみられている。男性の母親は、子どもの監督義務を怠った友人に対し、責任を問うべきだと各社の取材に語っているが、現時点で警察が友人を逮捕したなどの続報はない。

     BBガンは、様々な種類のものが販売されている。威力の強いBB弾が、目などの人体の軟らかい部分に当たれば、軽傷では済まない。取り扱いには細心の注意が必要であろう。

    記事内の引用について
    Forklift driver accidentally shot himself in the testicle and dies from infection(Derby Telegraphより)
    https://www.derbytelegraph.co.uk/burton/forklift-driver-accidentally-shot-himself-4399367
    Florida teen dies days after being shot in eye with BB gun(NEW YORK POSTより)
    https://nypost.com/2020/02/10/florida-teen-dies-days-after-being-shot-in-eye-with-bb-gun/
    Family demands justice for 17-year-old boy who died after being shot in the eye by BB gun
    (Fox10より)
    https://www.fox10phoenix.com/news/family-demands-justice-for-17-year-old-boy-who-died-after-being-shot-in-the-eye-by-bb-gun

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【BB弾を自分の股間に向けて発射した男性、のちに死亡 「恥ずかしい」の声多数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     奈良県香芝市で、35歳の男性僧侶が酒を飲んで車を運転し、事故を起こして逮捕された。

     事故は26日午前7時40分頃発生。香芝市の路上で信号待ちをしていた車に、35歳の僧侶の男が運転する車が追突する。その後、警察が駆けつけ事故の対応をしたところ、酒の臭いを感知。検査の結果、吸気から基準値の4倍程度のアルコールが検知され、酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

     >>アルコール依存症専門クリニック院長が飲酒運転事故の疑い 患者家族らからも怒りの声<<

     警察の取り調べに対し、男は「酒を飲んで交通事故を起こしたことは間違いない」と容疑を認め、当日の行動について、「25日の午後10時ごろ~26日午前5時ごろまでに大阪市内の飲食店でハイボールを5杯程度飲んだ」と話しているという。

     一般的に僧侶は俗世間から出家し、仏教の戒律を守りながら日々修行に勤しむ存在。厳しい修行に耐えているからこそ、葬儀や法要でお経を唱えることが出来ると考えられている。しかし、実際現代では建前化していることも多く、今回のようにあり得ない犯罪をする者も少なくない。

     2014年には、鎌倉市の寺の住職がほかの寺に飾られていた時価30万円相当の版画を盗む事件が発生。さらに2019年には、京都市左京区の僧侶が女性にわいせつを行い逮捕されたケースや、大阪府松原市の僧侶が36歳の男性に対し煽り運転をした上、車から降り煽られた車を運転していた男性に掴みかかるという事件も起きている。

     僧侶という存在がどうあるべきかについては意見が分かれるところだが、逮捕された僧侶にお経を唱えてもらった人が不愉快に思うのは間違いなく、また「お経を唱えてほしくない」と感じてしまうものだろう。

     飲酒運転も重罪だが、それ以上に僧侶としての信用や存在意義を著しく失墜させた35歳の男。その代償は大きなものになりそうだ。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【35歳僧侶、酒を飲み追突事故を起こして逮捕 「ハイボールを5杯程度飲んだ」と話す】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    ライブ配信をしながら配達をしていたウーバーイーツの配達員が、横断歩道を渡ろうとした自転車にぶつかってしまう様子が放送され物議を醸しています。

    配達員は、「ごめんなさい」といいながらも、そのまま走り去ってしまいました。

    その後、配信者は自らのTwitterで弁明しました。

    その場ですぐに対応して欲しかったです。

    【動画はこちら】ライブ配信していたウーバーイーツ配達員が、バイクで自転車にぶつかりそのまま逃走!その後Twitterで本人が弁明!

    ライブ配信していたウーバーイーツ配達員が、バイクで自転車にぶつかりそのまま逃走!その後Twitterで本人が弁明!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ライブ配信していたウーバーイーツ配達員が、バイクで自転車にぶつかりそのまま逃走!その後Twitterで本人が弁明!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スコットランドの渓谷でキャンプをしていた男性が朝になりテントの中で目覚めると、大量の小さい虫がテントにびっしりと張り付いていた。男性は手袋をして長袖、長ズボンを着用していたが、100か所以上も虫に刺されてしまったという。『Mirror』『Edinburgh Live』などが伝えている。

    今月13日、エディンバラ大学で働くアランマッキーさん(Alan Mackie)はスコットランドのアバディーンにある「Gleann an t-Slugain」という渓谷でキャンプを楽しんでいた。

    テントの中で一夜を過ごすことにしたアランさんは眠りについたが、翌朝に目覚めるとテントの入り口に異常なほど大量の小さい虫がびっしりと張り付きうごめいていたのだ。アランさんは当時のことを「たくさんの小さな虫がテントを覆いつくし、私たちを待っていたんです」と明かしている。

    この虫はスコットランド高地に生息するヌカカで、ゴマ粒のようにとても小さいが、夏になるとメスが繁殖のために血を吸うことで知られている。大量のヌカカがアランさんの血を吸いにやってきたのだ。

    アランさんは「私は手袋、長袖に長ズボンをはいていたので、酷い虫刺されは無いだろうと思っていました」と話しているが、衣類を脱いで確認すると手足などに100か所以上も刺された痕があったという。実はその長ズボンふくらはぎの部分がメッシュ素材になっており、主に脚を中心に虫に刺されてしまったようだ。

    アランさんは「今月は暖かく湿っており、この3日間は風も強くなかったことから大量の虫が発生するのに適した条件でした」と話しており、様々な条件が重なってしまった結果だという。

    テントの中から大量の虫を撮影した動画をアランさんが自身のTwitterに投稿すると、ユーザーから「私も夕暮れ時に静かな湖畔でカワウソが泳いでいるのを見ている時に大量の小さい虫に襲われたわ。本当にしつこくて目の中にまで入ってきたのよ」「数週間前にキャンプをした時は、今まで見た中で最悪なくらい大量の小さい虫がいました。本当にひどかったです」と似たような経験をした人のコメントが多数届き、自身の虫刺されの痕の写真を投稿する人もいた。

    アランさんは「この20年間キャンプをしてきて一番最悪な出来事でしたね。しっかりと準備していたのにたくさん虫に刺されてしまいとても痒いです」と語っている。スコットランドでは5月から9月にかけてこのヌカカが大量に発生するが、キャンプ歴の長いベテランですら注意が必要なようだ。

    画像は『Mirror 2020年8月17日付「Man left covered in bites after midges swarm tent likesomething from horror movie’」』『The Scottish Sun 2020年8月18日付「SWARMAGEDDON Scots camper shares skin-crawling video as ‘worst swarm of midges in 20 yearsattacks his tent」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 iruy)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【キャンプ中のテントに大量の虫 一晩で100か所以上も刺された男性(スコットランド)<動画あり>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    2020年8月2日首都高速湾岸線で会社役員の彦田嘉之容疑者(50)が運転するスポーツカーが追突し、夫婦2人が亡くなった事故。

    隣を走行していたトラックドライブレコーダーの動画が公開されましたが、200km/hは超えていたのではないかという速度で突っ込む様子が映し出されていました。

    そんな中投稿された冒頭の動画は、その時の様子を3DCGで再現した動画。彦田容疑者の視点動画を見ると、この速度ではかなり離れていても乗用車を避けることが難しかったであろうことがわかります

    動画には「トラックが悪いと言ってる人はこの動画を見て欲しい」「この速度でこられたら、視認できていても対応出来る自信が無い」「見るだけで胸が苦しい」などのコメントが寄せられています。

    自分の腕を過信していたのでしょう。

    【動画はこちら】

    【川崎】暴走ポルシェ追突事故。双方の運転手視点をシミュレーションしたら速すぎて鳥肌


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 9post.tv)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【川崎】暴走ポルシェ追突事故。双方の運転手視点をシミュレーションしたら速すぎて鳥肌】の続きを読む

    このページのトップヘ