社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    KFC(以下、ケンタッキー)が、調理済みの『オリジナルチキン』と『骨なしケンタッキー』を、NPO法人フードバンク横浜』を通じて、横浜市内の子ども食堂などに寄贈する取り組みを開始しました。

    子ども食堂とは、地域住民などが主体となって、子供に対し無料または低価格帯で食事を提供する活動のことです。

    「閉店時にどうしても残ってしまう、まだおいしく食べられるチキンを食のニーズがある場所に届けたい」と考えていたケンタッキー

    海外のケンタッキーで行われた事例を参考に、日本の法令や環境に適した形で、調理済み商品を提供できる仕組みを構築することに成功しました。

    ※写真はイメージ

    流れとしては、ケンタッキーの各店舗が閉店時に店内にある調理済み『オリジナルチキン』と『骨なしケンタッキー』を、ルールに則り凍結・保管します。

    その後、フードバンク横浜からの要請に基づき、物流ステーションに配送された商品が、子ども食堂などに届けられる仕組みです。

    届けられた商品は、それぞれの責任で冷凍管理などをする必要があります。また、子ども食堂などの引き取り先では、安全への配慮のため『オリジナルチキン』は骨を外し、加熱調理をした上で提供する必要も。

    関わりのあるすべての人々がルールをしっかりと守り行うことで、販売可能な商品のロス削減や、廃棄物の総量削減、貧困家庭などが抱える問題を解決しようとする取り組みです。

    まずは横浜市内にある子ども食堂への寄贈を実現するため、『ケンタッキー伊勢佐木町店』から取り組みを開始するとのこと。

    大手外食チェーンとしては初となる今回の取り組みに、ネット上では「素晴らしい」「こういった活動が企業間で広まってほしい」といった声が続出しています。

    ケンタッキーが始めた挑戦に、多くの人々が注目しているようです。


    [文・構成/grape編集部]



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 shukran.cocolog-nifty.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ケンタッキーが『売れ残りのチキン』を子ども食堂に無償提供 ネットで「素晴らしい」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    アムウェイの勧誘の際に行われるデモンストレーションで有名なものに、ブロッコリーをアムウェイの「すごい洗剤」で洗い農薬を落とす実験があります。

    すると、通常水を弾くブロッコリーが水を弾かなくなり、農薬やワックスが取れたかのように見えるのです。

    しかし、その白いものは「ブルーム(果粉)」といい、野菜やフルーツから自然に分泌される人体にも無害な天然物質です。むしろ、それは新鮮な証拠。

    しかしアムウェイの勧誘では

    ほーら農薬が取れた!緑色に戻ったでしょ?市販の野菜は危険!ブロッコリーは洗うものなのよ!あなたの子供が農薬を食べている可能性があるの!野菜を洗えない市販の食器洗剤なんて使っちゃダメよ!」(引用:ぺいログ)

    などと言われるわけです^^;

    ネットには「野菜が洗える洗剤もあるんですが、そこまで頑張って洗い落とすほどの農薬がついてることがまずないですよ」「ありえない」「食器用洗剤にも野菜を洗える表記があるので、洗剤で洗うことは、まああるんでしょうけど。こんなにザバザバ洗わなくてもね」などのコメントが寄せられています。

    【動画はこちら】

    アムウェイ定番のブロッコリーを洗剤で洗い、農薬を落とす実験動画に批判殺到!「間違った知識教える知ったかぶりのせいで農家さんたちは大変な思いしてます」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【アムウェイ定番のブロッコリーを洗剤で洗い、農薬を落とす実験動画に批判殺到!「間違った知識教える知ったかぶりのせいで農家さんたちは大変な思いしてます」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    フランス・ダノン社のミネラルウォーターブランドevian』。日本のスーパーマーケットなどでも販売されているため、見かけたことがある人も多いでしょう。

    evianTwitterある投稿をして、世界中から注目を集めています。

    ボトルのパッケージへの批判に公式が反応

    evianは、2018年イラストレーターティファニークーパーさんとコラボ

    彼女がデザインした、パリの12か所を紹介する特別なパッケージボトルを発売しました。

    パッケージには、買い物をしている女性や、自転車に乗った男性などが描かれています。その中で一部の人々から批判を浴びたのが、バスティーユ広場に建つ『7月革命記念柱』を背景に、手をつないで歩いている男性たち。

    同性愛カップルに見える」ということから、「evianは旧来の家族観の破壊を助長している」という声が噴出したのです。

    差別的な反応はネット上で広まり、このデザインのボトルをごみ箱に捨てる動画をTwitterに投稿する人まで現れました。

    すると、evianは動画の投稿者に対し、このようなコメントをふざけたポーズの人型と一緒に送ったのです。

    出典:evianFranceのスクリーンショット

    delete Your account

    @evianFrance ーより引用

    笑顔と共に「おまえのTwitterアカウントを消せ」というコメントを送ったevian。厳しさにユーモアを交えて、「差別を許さない」という姿勢を示しました。

    evianコメントに対し、人々は好意的な反応を示しています。

    ・エスプリの効いた返しだな!

    evianの反応は素晴らしいLGBTの当事者の1人として、感謝させてください!

    スタイリッシュな返しに笑った。evianミネラルウォーターを買いたくなったよ。

    また、日本からは「いいあおりだ」「顔文字アスキーアートの使い方を熟知しているな」などのコメントが寄せられました。

    社会は少しずつ変化しつつありますが、同性愛への差別はまだ根強いものがあります。

    evianのように、差別に対して言葉を返していくことも時には必要なのかもしれません。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @evianFrancetiffanycooper_
    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 media.vogue.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「同性愛っぽいデザインだから」と非難されたけど? 差別を許さない姿勢に称賛の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    大丸百貨店の生理中の女性店員が付ける「生理バッジ」の導入が物議を醸しています。

    WWD JAPANによると

    同店のスタッフへ本人の希望に合わせて、生理中であることを示す“生理バッジ”を試験的に導入している。社内や来店客とのコミュニケーションツールを目的にしている。

    ということ。

    下は実際の生理バッジ

    しかし、ネットには様々な意見が寄せられています。

    テレビ放送では、生理のきつい人が主張できるということで、肯定的意見も寄せられていましたが、ネットにはあまり見当たりませんでした。

    生理をオープンにするという試みはありなのかもしれませんが、気軽に休めることの方が大切なように思います。

    【動画はこちら】

    大丸百貨店の生理中の女性店員が付ける「生理バッジ」の導入が物議!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 2019.images.forbesjapan.media)



    <このニュースへのネットの反応>

    【大丸百貨店の生理中の女性店員が付ける「生理バッジ」の導入が物議!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    タクシーやハイヤーなどのサービスを提供している三和交通が、1枚の画像をTwitterに投稿。「いい会社だ」と反響が上がっています。

    タクシー会社が全社員に禁じたこと

    三和交通が公開したのは、全職員宛に届いた通達書。

    「今後一切すべての書類において下記の行為を禁ずる」という、その内容とは…。

    指先に唾液腺と口の粘膜腺によって口腔内に分泌される澄んだ液体などを施し、湿り気を得た指先を利用して書類や紙幣を改頁すること。

    全社員周知徹底すること。

    つまり、「指先をなめて書類や紙幣をめくるなよ」という通達だったのです!

    『他人のツバがついた書類や紙幣』を受け取るのを不快に思う人は大勢いることでしょう。

    衛生面から考えても、他人の体液の付着は好ましくないもの。通達内容を読んだ人たちからは、賛同する声が多数上がっています。

    ・うちの会社も同じ通達を出してほしい…!

    ・法律で禁止してほしいくらい嫌な行為ですね。

    ・通達の仰々しい書き方に笑った。

    ・若い人ではあまり見かけないけど、年配の人はよくやっているイメージ

    「指が滑ってしまう時は、指サックや事務用のスポンジなどの道具を使う」という意識へ変わっていくといいですね!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @sanwa_taxi
    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 clover48.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【タクシー会社の全職員に届いた通達 『禁止された行為』が話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     “ウソみたいだろ……、ワタミは今やホワイト企業になってるんだぜ……”。かつてブラック企業大賞だったワタミが、今や業界のホワイト企業として君臨している。新生ワタミの再起は本当なのか?

    ◆「ワタミブラック」から背水の陣で汚名返上

     ブラック企業の代名詞とされてきた「ワタミ」。’08年に長時間労働による過労自殺が発生し、’13年には「365日24時間死ぬまで働け」と書かれた理念集が報道され、さらにブラック企業大賞を受賞。「ワタミブラック企業」というイメージを決定づけた。

     だが、汚名返上とばかりに、この2~3年ほどで労働環境は大幅に改善され、“ホワイト化”を目指した成果が出てきている。

     年間離職率は、’16年は21.6%だったのに対し、’19年は8.5%と業界水準を大きく下回るレベルを達成。ブラック企業の代名詞は、過去のものになりつつあるのだ。

     かつてワタミブラック企業と批判していたブラック企業アナリストの新田龍氏は、ワタミの取り組みを高く評価している。

    ワタミの社員は働くことに前向きな人が多く、経営側がそこに甘えた結果がブラック環境を招きました。それを改めて、ワタミは’13年に外部有識者による業務改革検討委員会を設置し、労働環境改善の対応策を実施しました。

     会議や研修を効率化し、メンタルヘルス相談窓口を設置したほか、特に効果的だったのは、店舗数削減と営業時間の見直しです。1年間で全店舗の約1割相当にあたる60店舗を閉鎖し、来店が少ない時間帯の営業時間を短縮することで社員の負担を減らしました」

     さらに、ワタミホワイト化できた理由を次のように分析する。

    いい意味でワンマンだったので、上意下達で反応が早かった。これが階層が分かれている会社だと改革に時間を要したり、社長の任期が決まっている会社だと他人事になってしまいます」

     対外的にインパクトが大きかったと新田氏が評価するのは、’16年に発足した労働組合だ。もともとワタミは「社員は家族であり同志」という企業理念に倣い、労組に否定的だった。

     産業別労働組合・UAゼンセンに加盟するワタミメンバーアライアンス委員長である亀本伸彦氏は、労組が発足した頃をこう振り返る。

    ブラック批判で次々に社員が辞めていくのをつなぎとめたかった。同僚3人でUAゼンセンに相談するところから始め、労組を結成して経営者と話し合いの場をつくることができました」

     会社の体質も徐々に変化してきているという。

    「それまでは従業員が会社に対して意見を言うという発想がありませんでした。それが、労働組合が生まれたことでヨコのつながりが強化され、“自分たちの会社のことは自分たちで決める”という考えが出てきた。会社の社風も以前ほどトップダウンではなくなったと思います」

     労働組合の発足で’17年には賃金ベースアップ、’19年に勤務間インターバル制度の導入を実施するなど、労働条件の改善は進んだ。

    ◆「ワタミ知ってたバイトしてなかった」

     関西地方で働く入社10年目の社員、佐久間啓太さん(仮名)は、ワタミホワイト化を肌で感じているという。

    「昔は有休は取れないしサービス残業もありましたが、今は海外旅行や趣味を楽しむ社員も増えました。本社の残業管理の徹底と、コンプライアンス窓口の設置が大きかったと思います。窓口はアルバイトにも開放されて不正をした社員が通報されたりして、ここ数年で劇的に変わりましたよ」

     残業は1分単位で給料がつき、会議やイベントも勤務時間と扱われるようになったという。

     ’12年から今年3月までワタミで6年半アルバイトをしていた中田和也さん(仮名)も「途中から福利厚生が良くなりました。ディズニーランドの割引が利いたり食事券が配られたり、働くことでの見返りが増えました」と話す。

     こうした改善策を積み重ねた結果、ホワイト財団による“ホワイト企業度診断”で、87点(ホワイト認定基準は60点)を獲得し、業界内のロールモデルと呼ばれるまでになった。

     また、「三代目鳥メロ」「ミライザカ」などの店名に「ワタミ」を感じさせない“ワタミ隠し”も功を奏した。人材を確保し、結果、従業員の負担を軽減。アルバイト歴1年半の篠山弘さん(仮名)はこう話す。

    ワタミだと知らずにバイトに応募しました。もし知っていたら応募してなかったです。ですが、働いてみたら厳しい決まりも理不尽に怒られることもないし、過去の飲食店バイトと比べるとホワイトな印象です」

    渡邉美樹氏の復帰は吉と出るか?

     懸念されるのは、今年10月から創業者の渡邉美樹氏が代表取締役に復帰したことだ。’13年に参議院議員となった渡邉氏は、約6年間ワタミの経営から退いていた。労働環境が改善されたのは渡邉氏が不在の時期のことなのだ。

     前出の佐久間さんは「仲間の社員は渡邉氏の復帰に戦々恐々としている」と言う。中田さんも「毎月本社から渡邉美樹氏のビデオレターが届いて、感想を提出しなくてはなりませんでした。『根性論ばかりで、現場のこと何も見てないんだな』と思いましたね」と、渡邉氏の考え方に違和感を抱いていたようだ。

     しかし、前出の新田氏は「ホワイト路線で成果が出ているので、リスクになるようなことにはなり得ない」と指摘する。

    「復帰は渡邉氏から無理強いしたと思われそうですが、実際は他の外食企業から顧問オファーが殺到したこともあり、ワタミ側から『他社に行くと脅威になるので、ぜひウチへ』と依頼したのです」

     また、亀本氏も渡邉氏復帰について「労組としては心配はしていません。創業者の復帰にドキドキしている社員もいるかもしれませんが、渡邉氏はより社員を大事にすると思います」と話す。

     果たしてワタミホワイト企業として存続していけるのだろうか。

    ホワイト企業でいられるのは利益ありき。渡邉氏がいない期間は、経営を維持するだけでした。そうなると、存命のうちにいかに儲かる事業をやるかにかかっています。

     早速、渡邉氏は東日本大震災被災地で農業観光施設を始めるという新しいビジネスを打ち出していたので、期待できるでしょう」(新田氏)

     今回、ワタミ広報にも取材をお願いしたものの「センシティブな内容なので、お断りさせてください」とのことだった。

     渡邉氏はホワイトな労働環境を維持しながら、ワタミをさらに成長させることができるだろうか。腕の見せどころになりそうだ。

    ブラック企業アナリスト 新田 龍氏】
    ’76年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、グッドウィル入社。’05年に独立し、人事コンサルタントとして活動。著書に『ワタミの失敗』など

    労働組合委員長 亀本伸彦氏】
    UAゼンセン ワタミメンバーアライアンス中央執行委員長。’02年ワタミ入社、2年目で店長を任され、本部勤務を経て’16年に労働組合を設立

    <取材・文・撮影/西谷 格 ツマミ具依>
    ※週刊SPA!11月19日発売号より



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 upload.wikimedia.org)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ブラック企業の代名詞「ワタミ」がホワイト化…何があった!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     いま、「24時間365日営業」が当たり前だったコンビニ業界の在り方が問われている。

     事の発端は今年2月、大阪南上小阪店の松本実敏オーナーが人手不足などを理由に「24時間営業が不可能だ」とする訴えを起こし、午前1時から6時までの営業を独自に取りやめた。その結果、セブン-イレブンから違約金1700万円を請求され、契約解除を求められ社会問題に発展した。今月11日にはセブン-イレブンオーナーらの労働組合が元日の営業を「独自に休止する」と宣言し、松本氏はその会見の席で「実力行使しないとあの人たち(本部)は話し合いには応じない。誰がやらなくても僕一人でもやります」と決意を語っている。

     これを受けセブン-イレブンジャパンは、3月から直営10店舗で時短営業実験を開始。半年間実験を行った8店舗が、今月から午後11時午前7時まで閉店とする時短営業を今月から本格的に開始している。現在日本には約5万店舗のコンビニがあるとされ、その数は郵便局の倍だといわれている。人口減少、従業員の人手不足により外国人労働者が増えているが、一部店舗では客による外国人労働者への差別的発言や態度など、オーナーの悩みは尽きない。そんな中、ファミリーマートの澤田貴司社長は「加盟店様のニーズに沿った店舗運営ができるよう柔軟に対応していこうと考えている」と発言。その上で本部社員800人のリストラを発表し話題となった。
     

    オーナーが可哀そうだ」

     そんな世論が高まる中、一連の問題についてコンビニ事情に詳しい流通アナリストの渡辺広明氏(52)は「社会が人口減になっており国内だけの事業だけでは市場がマイナスになる。コンビニは平成の時代にすごく伸びる過程で、お客様のニーズはほとんど叶えてきた。ただし、令和に入ってから人手不足や食品ロスなど社会的意義にも向き合っていく必要性が生まれている。現在5万8000店舗あると言われており、街中に立っているコンビニは過剰の域に達している」と話すと、“あえて”本部目線でコンビニ問題について解説を行った。

     まず渡辺さんは「(オーナーは)商売をする覚悟が足りない」と指摘すると大王製紙前会長の井川意高氏は、経営者的観点から「無理やりハンコを押させたワケではなく、納得してハンコを押している。約束を守らないオーナーが悪い。嫌であれば、契約を辞めればいいだけの話だ」と賛同。

     すると渡辺氏は「コンビニオーナーは労働者ではない、個人事業主だ。フランチャイズなので立場は弱くなる側面もあるが、そもそも商売が好きな人でなければ務まらない。その根本的な部分に対して、商売人的でない人を採用する本部が悪ければ、労働者的なオーナーにも問題がある。齟齬が生まれる原因だ」とその理由を補足。

     さらに渡辺氏は「売る気があれば売れる」と主張。自身の経験からお勧めを声に出して接客する「やまびこ接客」なる具体例も挙げ「おでんが1日20個程度しか売れない店舗がある中、1日で1000個を売り上げた。『寒くなってきたので、おでん70円セールですよ』と声に出した。そんなので変わらないと思われるかもしれないが、意外に変わる。今までは本部から一方的に言われて仕方なくだったかもしれないが、これからはやりたい店だけがやればいい。やらない店が辞めてやりたい店だけがやったら、やりたい店は2000個売れ、やらない店も廃棄が出なくなる」と持論を展開した。

    「価格はオーナーが決められるのか?」という質問に対しては「あくまでも推奨価格なので、厳密に言えば、過当競争になってしまうので減価さえ下回らなければ、各オーナーで価格を決めることはできる」と裏話も明かした。(AbemaTVAbemaニュースショー
    コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【コンビニ問題、「オーナーが可哀そう」に専門家が反論「商売をする覚悟が足りない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     NEC11月18日、飛行実験中にドローンが制御不能になり、実験場の外に飛行したまま行方不明になっていたことを明らかにした。原因は不明という。実験したのは10日で、現在は不時着している可能性が高いが、18日時点でも見つかっていないという。ビルや樹木などに引っ掛かっており、落下して歩行者を直撃する恐れがあるため、同社は発見を急いでいる。

    【その他の画像】

     実験はNECの府中事業所(東京都府中市)で実施。PCに入力した制御用コマンドによってドローン遠隔操作し、移動の速さや正確性を検証していたところ、突如として制御不能になり、場外に飛び出していったという。機体のサイズは、胴体が約50センチ、プロペラ間が約1メートル。重量は7キロ。

     ドローン行方不明になった後、NECは機体の移動速度や当日の気象情報などを基にシミュレーションを実施し、着陸が想定される地域を算出した。だが、セスナ機によって当該エリアを上空から捜索した他、地上からも確認したものの、機体を発見できなかったという。

     府中警察署と府中市役所には届け出済み。同社の広報担当者は「今後も捜索を継続し、市民の方に注意を呼び掛けていく。原因が分かり次第、再発防止策を検討したい」と説明した。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【NECのドローン、実験中に“失踪” コマンドで制御不能、施設外に飛行 1週間経過も捜索中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     セブンイレブンジャパンは、おでんを無断発注したとして2人の本部社員を懲戒処分にしたことを明らかにした。

    【画像】おでんが勝手に発注された

     通常、商品の発注は各店舗のオーナーや店長などが責任を持って行うことになっている。広報担当者によると、2019年9月に都内の加盟店で無断発注を社員がしていたことが発覚。過去にも同じような事案が発生していたという。これらの行為は、社内規定で禁止されている。

     11月13日付で共同通信は「店舗ごとに割り当てられた営業目標(ノルマ)を達成するのが目的」と指摘したうえで「前年を超える数値目標の達成は絶対。ちゅうちょしていると上司から叱責され無断発注を隠語で促されることもある」という本社の中堅社員の声を紹介している(出所:店舗のオーナー不在時に無断発注)。

     おでんを無断発注した背景に、報道されたようなノルマがあるのではないか――この点をITmedia ビジネスオンライン編集部が質問したところ、広報担当者は「個々の事案なので、詳細はお伝えできない」と回答した。

     セブンに限らず、大手コンビニチェーンでは、商品を加盟店に押し付けるような行為は存在しているようだ。経済産業省コンビニオーナーに対して行ったアンケート調査には「本部として売り上げが上がる(店に仕入れさせる)商品を押し付け、必要以上の仕入れをさせることしか考えていない」という回答が寄せられている。

     同社は、今後の再発防止策を公表するかどうかについて「検討中」(広報担当者)としている。

    不祥事が相次ぐセブン


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 riverwalk.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【セブンがおでんを無断発注した社員を懲戒処分 被害の背景は明かされるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    宅配(y-studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    料理家のAYAさんが9日にブログを更新。宅配をめぐるトラブルをつづった。

    ■Amazonの箱を開けたら…

    自宅に届いた、Amazonの箱を開けたところ、衝撃を抑える梱包用の袋は入っていたものの、肝心の注文したものが入っていなかったという。

    着払いのもので、玄関でお金を支払い部屋に入ったが、「明らかに軽い」ダンボールだったことから、違和感はあった。

    関連記事:ドライバー不足なのに…再配達を指定したのにまた不在にする人たち

    ■「初めての経験でパニック」

    案の定、荷物は入っておらず、「こんなの初めての経験でパニック」と動揺を隠せない。Amazonカスタマセンターに電話すると、再送はしてくれず、返金処理をしたうえで再度注文しないといけないと言われた。

    なお、その後2つ荷物が届いたが、中身はしっかりとあってほっとしたとつづっている。

    ■配送業者の対応に腹立つ?

    頼んだものが入っていないというまさかのトラブル。なお宅配についてはこんな調査がある。

    配送の調査

    しらべぇ編集部が全国の20代~60代の配送業者を使ったことがある男女1,140名に「配送業者の対応」について調査したところ、約4割が「腹が立ったことがある」と回答していた。

    ・合わせて読みたい→隣人が震撼 「預かってほしいの」と渡された箱の中身におぞましい物

    (文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日2017年8月29日
    対象:全国20代~60代配送業者を使ったことがある人1,140名(有効回答数)

    届いたAmazonの箱を開けたら… 「こんなの初めてでパニック」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 memorva.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【届いたAmazonの箱を開けたら… 「こんなの初めてでパニック」】の続きを読む

    このページのトップヘ