社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    企業

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2020年7月1日から全国でスタートするプラスチック製買物袋の有料化

    コンビニスーパー100円ショップなどもレジ袋が有料となります。

    一方、マイバックより安定した状態で持ち運べることや衛生面の観点から、環境に優しい素材のレジ袋に切り替えることで、無料提供を続けるお店も少なくありません。

    そこで今回は、7月以降も無料を発表している有名チェーンを中心にまとめました。(2020年6月26日現在、取材等の情報によるもの)

    植物由来のレジ袋を採用

    プラスチック製買物袋有料化制度では、バイオマスの配合率25%以上」であれば地球温暖化対策に寄与するとして、有料化の対象外となります。

    そのため無料を続けるお店では、バイオマス原料25%以上のレジ袋(買い物袋)を採用しています。

    牛丼チェーン吉野家、松屋、すき家

    松屋 植物由来のお弁当レジ袋

    ファミリーレストラン系:サイゼリヤすかいらーくグループガストジョナサンバーミヤン、夢庵等)、リンガーハットロイヤルホールディングスロイヤルホスト天丼てんや等)、無添くら寿司餃子の王将

    サイゼリヤ バイオマス原料25%以上の買物袋

    ファストフード系:マクドナルドモスバーガーケンタッキーフライドチキンモスバーガーは、2006年から移行している紙バッグ対応のままです(雨天時はバイオマスプラスチックを配合したレジ袋を使用)。

    モスバーガー 現在使用されている紙バッグ

    以上、ご参考に。

    画像は各公式サイトより。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【7月以降、レジ袋「無料」の外食チェーン 牛丼、ハンバーガー、ファミレス...まとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     2020年6月、日本語Twitterアカウント「Hyundai Japan」が開設された。今の時期に、なぜTwitterなのだろう。そもそも、現代自動車は、2009年に日本から、撤退している。また、日本進出の準備ではと、穿った声が上がっている。

     昨年10月の東京モーターショーでも、大規模な展示ブースを構える予定だとのうわさも流れた(7月時点で、日本の輸出規制で日韓関係が悪化して辞退している)。今年3月に東京で開催された「FC EXPO2020」では、FCV(燃料電池車)である「NEXO」を出品している。

     「NEXO」は、日本人が発音しやすい「ネッソ」と表記している。仮に韓国にはこんな車が開発されましたよと言う紹介だけでなく、日本の消費者へのアピールだったら、腑に落ちる部分が多々ある。

     現代自動車側は、日本進出を「憶測にすぎない」としている。あくまでも「日本語Twitterアカウントは、現代車とグローバル水素キャンペーンをするイメージモデルの『防弾少年団(BTS)』の活動を知らせるため」を開設の意図としている。世界各国の現代車ソーシャルメディアアカウントには、BTSのFCV活動が掲載されている。しかし、日本用のTwitterアカウントがこれまでなかったので、ファンのために作ったのだともいう。しかし、1アイドルアカウントならば、多国語版でもファンは見るし、あえて必要はないはずだ。

     なぜ、今なのか。

     現代車は完全撤退したわけでなく、バスなどの商用車だけは販売している。しかし、今年5月までの販売台数は、5台に過ぎない。広告という意図がかくされたTwitterで、増えるわけはないと思われるのだが。

    韓国車のイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本語Twitterアカウント開設、いまさら『ヒュンダイ自動車』が、なぜ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     ピクシブ6月25日、作品販売サイト「BOOTH」の取引手数料を8月26日に変更すると発表した。これまでは商品価格と送料の総額の3.6%(1取引あたり)としていたが、これを“5.6%+22円”に改める。商品と取引数の増加によって倉庫の費用や人件費などが増え、現状の手数料では健全なサービス運営が難しくなったという。

    【その他の画像】

     値上げした手数料は、倉庫の拡充やサーバなどのシステム増強、開発メンバーの増員に充てる他、新規決済方法の導入や有料の拡張機能「BOOTH Apps」の一部無料化などに使う。ただし無料商品の取引では、これまで通り手数料を取らないという。

    手数料を商品価格と送料の3.6%から“5.6%+22円”に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【BOOTH、決済手数料値上げへ 1取引あたり3.6%が“5.6%+22円”に 「現状では健全なサービス運営が難しい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ■最近増えた50代フリーランス女子

    新しい、「年収1000万円の稼ぎ方」をしている「新型・年収1000万円層」が誕生しています。年収1000万円と言えば、大企業に勤めている一部の人口だというイメージが、いまだに強いでしょう。しかし、50代・女性がスタートアップや上場企業を複数社兼任し、自分の専門性を強みに渡り歩いています。そして、Slackチャットワーク、テレグラム、LINEワークス、などあらゆるコミュニケーションツールとその企業ごとに導入されているITツールを使いこなす。

    彼女たちは、“お決まりの言葉”を会議でただ述べるために存在するのではなく、リアルの実務の現場を守っています。「理念に共感した企業だけをサポート」するといった自由な働き方で年収1000万円以上を稼ぎ出すのです。そのような、働き方を実現しているのは、1人や2人ではなく、数多く存在しており、現代社会に閉塞感を感じている人たちは彼女たちの力強い存在を知ることで、間違いなく新しい「働き方」と「価値観」に触れることができるでしょう。

    彼女たちに共通している点は「専門性」と「信頼」です。

    ■大企業に勤める、年収1000万円のリアル

    前回、年収8000万円が語る「年収450万円から1000万円に駆け上がる時期が最も幸せだ」という事実に迫りました。多くの読者の方々からは、「全くその通りで、年収1000万円あたりからいろいろと不満出てくる」という意見を数多くいただきました。では、現在、年収1000万円の人たちはどのように、日々を感じて過ごしているのでしょうか?

    まず、最初は、誰もが想像しやすい「大企業に勤務している人たち」のリアルに迫りましょう。キーワードは「年収1000万円は、富裕層の最貧困層」です。

    年収1000万円となり、自分が富裕層に入ったことを意識しだすと、たとえば「楽天カード」ではなく年会費1万1000円の「楽天プレミアムカード」を利用したり、「武蔵浦和」ではなく「武蔵小山」に住まいを求めたり、食事は「安楽亭」ではなく「游玄亭」で堪能したり、少しだけアップグレードした生活を始める人が多いように感じます。しかしこの消費が家計を圧迫してしまいます。

    ■富裕層の自覚が目覚め、「ブランドマンション」に住み始める

    一人単価3万円の鮨店に行くようになりますが、その一方で”一番貧乏”とも言えてしまうのが、年収1000万円クラスなのです。自身も年収1000万円以上で、年収1000万円以上のエリートの数多くの交流がある恋愛コンサルタントの鈴木リュウ氏は「富裕層へのアクセスは多少、開かれますが、その中で一番ランクの低い消費をする、やせ我慢の生活が続く」とは述べます。では、住む場所には、どのような変化があるのでしょうか。立地で言えば埼玉浦和に住まずに、武蔵小山に住むようになり、アクセスが便利で家賃の高い場所に住むようになります。

    その変化は、交通の利便性の側面からだけではなく、「富裕層の自負」からの変化です。年収1000万円になると富裕層の自覚が芽生え、ラ・トゥール、ブリリア、パークハビオといった高級ブランドマンションに住み始める傾向があるようです。「年収1000万円になり、嫁がブランドマンションに住みたがるようになりました。本来、年収1000万円だと普通は住めないようなブランドマンションに、福利厚生が分厚い大企業だと住めるので、ラ・トゥールシリーズに引っ越しました」と30代・大手商社勤務の男性は話します。

    ■妻の想いをかなえたくて無理をする年収1000万円の末路

    住友不動産の高級賃貸マンションである、ラ・トゥールシリーズは「代官山」だと、2LDKでも家賃が約190万円になります。最上級を旨とするラ・トゥールの中でも屈指のラ・トゥールが「代官山」です。その圧倒的な“ステータス”に憧れる妻の要望にできるだけ添いたいと、代官山ではないけれど、「神楽坂」を選択すれば、約35万円と約6分の1の家賃となります。そこに、福利厚生の手当を当てれば、収入の3分の1を家賃に充てる理論が当てはまります。最高級ではないけれど、同じブランドを選ぶという消費行動の典型例です。インタビューの中で感じることは、年収の高まりとともに、周りの期待にも応えていこうとする、サラリーマンの姿がそこにはあります。“やせ我慢の生活”と言われつつも、「幸せ」の形を垣間見た気がします。

    一般的なサラリーマンの平均年収の5倍にあたる、2000万円が平均年収を誇る、電子機器関連の企業で働く30代男性は、「地方勤務なので、都内でお金を使わない分を車にお金を充てています。そのため、ポルシェマカンを新車で買いました。同僚もジャガーXJに乗っています」と述べる。

    ■5年落ちのBMW3シリーズを残価設定ローンで購入…

    年収がUPすると外車に乗り換える人たちがいるようです。また、年収1000万円と言っても、都内と地方勤務では、違いが伺えます。富裕層の自覚の芽生えから「外車」へ乗り換えるものの、都内勤務の方では、車を中古で買うケースも見られます。「国産車から乗り換えて、5年型落ちのBMW3シリーズを残価設定ローンで購入しました」(30代・広告代理店)と、まさに“やせ我慢消費”の姿を述べてくれた方もいました。

    外車は国産車と比較すると修理代、メンテナンス代が高くなりがちで、場合によっては国産車の2~3倍の金額がかかることも珍しくありません。修理・メンテナンスに必要な部品を海外から取り寄せなければいけないことが多く、部品代に輸送費が含まれるため修理・メンテナンスが高くなるのです。購入時の金額だけでなく、維持費も高い外車をあえて選ぶ方々は、「小さい頃からの憧れ」「デザイン性が気に入っている」と自分の趣味嗜好を謳歌しているように感じた。

    所有にこだわらない「シェア」を好む若者が増えてきていると感じていましたが、若い世代にも「所有すること」を大事にして生きている人たちもいるのです。

    ■子供の教育費用にもお金がかかる

    年収1000万円の高所得の人は、自分自身が高学歴ケースも多く、子供の教育にも非常に熱心な人が多いです。塾や習い事にお金を惜しまず、小学校までは公立に通わせても中学からは私立に入れる傾向があります。ざっくりいうと、中学3年間で私立中学は300万、公立中学は100万と3倍もの学費の差があると言われています。これに塾や習い事の費用を含めると、子供1人当たり、年間100万150万円の支出が発生することになり、子供の数が増えれば、その数字は2倍、3倍と膨らみます。ボーナスも学費に消えてしまうのです。

    年収1000万円くらいから、自分のやりたかったことや、欲しいものを少しずつ買えるようになる一方で、妻や子供、親戚など、周りの期待と要望も大きくなります。その中で、バランスを取るためにも、自分の欲望を少し横に置かなければならない状況も多くあるのでしょう。それに加えて、税金が重くのしかかり、年収1000万円のサラリーマンの方々は、不条理・不満を最も多く感じる層なのでしょう。だからこそ、年収1000万円は富裕層で最も貧乏な人たちなのです。

    ■やっぱり50代フリーランス女子最強説

    ここまで述べた、「大企業型・年収1000万円」とは全く異なる「新型・年収1000万円」の層の話に移りましょう。最初に述べたように、スタートアップや上場企業を複数社兼任し、自分の専門性を強みに渡り歩いている50代の女性は、「30代の頃から今と同じようなフリーランスとしての働き方をしていた」と話す。実績の積み重ねが「信頼」となり、20年間、仕事は引く手あまた。20年前は、今よりもフリーランスや個人の活動には、理解が乏しかった時代を考えると、われわれの想像を超える苦労があったでしょう。しかし、今の彼女たちは、心から携わりたいと思った企業で自分の専門性を発揮する。力強い生き方をしている姿は輝いていた。

    サラリーマン・男性・大企業」と「フリーランス・女性・50代」、どちらも年収1000万円の働き方です。取材を通じて、現代社会は、やはり、ずいぶんと価値観が多様化し、一人ひとりが持つ、自由な価値観の中で生きることが許されるようになってきていることを、あらためて感じました。

    ----------

    馬渕 磨理子(まぶち・まりこ)
    テクニカルアナリスト
    京都大学公共政策大学院を卒業後、法人の資産運用を自らトレーダーとして行う。その後、フィスコで、上場企業の社長インタビュー、財務分析を行う。

    ----------

    ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/xavierarnau


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人の中で年収1000万の生活が一番しんどい理由…50代フリーランス女子の働き方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    はんこ文化は必要?

    はんこ文化は必要?

    自民党の一部議員らでつくる「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)がはんこ制度の継続を訴えたのを受け、ネット上に反発の声が広がっている。同議連は6月19日付けで岸田文雄政調会長に要望書を提出。リモートワーク推進をはんこが阻んでいるとの指摘に対し、「いわれないバッシング」と反論している。

    時事通信の報道によると、要望書では「記名と押印」が持つ法的効力は「署名」と同等とし、「紙による文書決裁、認証を得るためわざわざ出勤しなければならない」ことが本質だと指摘。さらに、「国民にとって有益な」はんこ制度の継続を要求し、印鑑登録などの行政手続きのオンライン化も求めているという。

    「日本の労働生産性を押し下げてるのはこういう変化を阻む層」

    新型コロナウイルス対策でリモートワークが推奨される一方で、ネット上では、契約書や請求書に押印する必要があるため在宅での仕事が難しい、という声が多数出ていた。

    はてなブックマークでも「現にハンコだけのために出勤している人がいるんだが」という不満が続出した。

    「はんこ自体が悪い訳では無いが、日本の労働生産性を押し下げてるのはこういう変化を阻む層なのよな」
    「もうハンコは便利な文房具もしくは芸術品として生き残っていく戦略の方がいいと思うんだが」

    また、変化を嫌う保守的姿勢に嫌気が刺している人も。”署名”として残すのではなく、単なる文房具や芸術品として使う、「使いたい人だけ使えば良いんじゃないの」と強制力を失効させることを提案する声もあった。

    一方、ツイッターでは「判子の登録に電子署名を使うのシュールだから是非やって欲しい」などと皮肉る人も。印鑑の登録申請をオンラインで完結できるなら、そもそも印鑑を登録するは必要ないというのは確かにその通りだ。

    このほか、本来ならオンライン化を推進する立場である竹本直一IT担当相が、印章制度を残そうとする議連の代表を務めている矛盾を指摘する声も相次いだ。

    はんこ議連の"はんこ継続要望"にネット民ガチギレ「使いたい人だけ使えばいい」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【はんこ議連のはんこ継続要望にネット民ガチギレ「使いたい人だけ使えばいい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     フリマアプリメルカリ」で6月23日から、取引評価の選択肢が「良い」「普通」「悪い」の3段階から、「良かった」「悪かった」の2択に変わった。過去の取引評価は、最新100件のみの表示に減った。運営元のメルカリは、評価機能の改修により、「ユーザーネガティブな体験を減らしたい」としている。

    【その他の画像】

     メルカリでは、取引相手の対応を、売り手・買い手それぞれが評価する機能がある。この評価は、他のユーザーにも公開される。

     「普通」評価については、「『普通』の解釈がユーザーによって異なる」という意見が寄せられ、ユーザーインタビューしたところ、「普通」をネガティブに感じる人と、「問題なく取引を終えた」とポジティブに感じる人がそれぞれいることが分かったという。そういった解釈の差によるトラブルを減らすため、「普通」評価を撤廃した。

     また、「悪い」という断定的な言葉をなくし、個人の気持ちに寄り沿う「残念だった」に変更した。

     ユーザーごとの評価一覧は、全件表示を撤廃し、最新100件のみに絞った。メルカリスタートして7年経ち、サービスも大きく変わってきたため、「7年分の取引評価がすべて並列で表示されることは、最新の取引環境に沿った情報を提供できているとは言ない」として、最新の状況を参考に取引できるようにした、と説明している。

     同社は「もっと使いやすく、ネガティブな体験を減らせるよう、今後もユーザーの声を聞きながら、評価機能の改修・変更を行っていく」としている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【メルカリ、取引評価から「普通」撤廃 「良かった」「残念だった」の二択に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    牛さんクレープ(写真提供:釜庄)

    給食で、デザートが出てくると嬉しいものだが、学校給食で出されていた馴染みのクレープSNS上で今話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、販売元から詳しく話を聞いた。

    ■老舗名店がインターネット販売

    販売しているのが、福島県いわき市にある1827年創業の海産物老舗名店『釜庄』。いわき市に複数店舗を構えていたが、東日本大震災の影響で、店舗を2016年末までに全て閉じた。

    現在は、約20年前から始めたインターネット店舗で、いわき郷土料理「貝焼き」やカニ、スイーツなど、いろいろな商品を扱っている。

    関連記事:コロナで打撃の老舗旅館で若女将が贈る手作りマスクが話題 「安全に帰っていただけるように」

    ■全国各地の学校給食で出されていた

    今回SNSで話題になっているのが、牛さんクレープ

    限定店舗のみで販売されていたこのクレープを釜庄がアンケート調査したところ、東北ばかりではなく、高知県香南市長野県上田市大阪府豊中市鳥取市福岡県北九州市東京都青梅市千葉県大網白里市など、全国各地の学校給食で採用されていることがわかった。

    約30年前から製造されており、45歳以下にとっては、馴染み深い給食メニューだ。


    ■星になった理由を漫画化

    しかし昨年、その商品が星になってしまった。釜庄スタッフが、その理由を実話にもとづく形で漫画化。


    それをツイッターに投稿したところ、製造元である山形のメーカーが、「現商品が販売終了してしまうのは寂しいですが、皆様の思い出の中に残っていて大変嬉しく思います」などとコメントした。

    ■時代の流れにあわせてやむなく

    星になった一番の理由が、アレルゲン対応。2019年春にリニューアルした商品には、卵・牛乳・小麦が使われていない。多くの児童・生徒が食べられるようにと、豆乳などに原料を変え、ネーミングも「フレンズクレープ」に変えた。

    過去にも、複数の芸能人がこのクレープシリーズインスタツイッターアップし、話題になったことがあるそうだ。

    ・合わせて読みたい→瀬戸朝香、新型コロナでの自粛生活で一番苦しいこと 「同感」「わかります」

    (取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

    「星になった」と話題の学校給食クレープ 販売終了の理由をメーカーに直撃


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「星になった」と話題の学校給食クレープ 販売終了の理由をメーカーに直撃】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    新型コロナウイルスの影響で仕事がテレワークになり、ビデオ会議をおこなった会社も多いだろう。そこで「会う会議」の重要性を、改めて感じた人もいるという。

    画像をもっと見る

    ■「会う会議は必要」4割も

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の有職者の男女827名を対象に、「仕事について」の調査を実施した。

    自分の仕事に「直接会う会議」は必要だと思うグラフ

    「自分の仕事に『直接会う会議』は必要だと思う」と答えた人は、全体で41.4%だった。

    関連記事:起きてからずっとそのまま 約4割が「テレワーク中にパジャマで仕事」

    ■ビデオ会議では物足りない

    性年代別では、50代以上の男性が高い割合になっている。

    自分の仕事に「直接会う会議」は必要だと思う性年代別グラフ

    ビデオ会議では、物足りないと感じた人も多いようだ。

    リモートワークになりビデオ会議を何度もしたけれど、やはりコミュニケーションの取り方が十分ではないと感じた。実際に集まって意見を出し合ったほうが、いいアイデアも浮かぶ気がする」(50代・男性)

    ビデオ会議だと、ちゃんと相手に伝わっているのかがわかりにくかった。やはり顔を合わせることは、すごく意味があるのだと思う」(50代・男性)


    ■会議そのものがいらない

    一方で、会議そのものの必要性がわからないとの意見もある。

    「そもそも会議自体が、それほどする必要がない気がする。ただ話し合うことが目的化していて、そこで出た意見は放置しているのだから意味がなさすぎる」(30代・男性)

    「こちらは日常業務で忙しいのに、上司がやたらとミーティングを入れてくるから面倒で仕方がない。上の人たちが、仕切っている感じを出したいだけじゃないかと思えてくる」(20代・男性)

    ■ビデオ会議では寂しい

    オンラインでは、寂しいという人も。

    テレワークでたとえビデオ会議をしていても、人に会えない寂しさがどこかにあった。そのため出勤して人と会うことは、それなりに意味があると思う。オンラインですべてが満たせるのであれば、オフ会の文化などはできなかっただろうし」(30代・男性)

    会議そのもののあり方を、もう一度考えたほうがいいのかも。

    ・合わせて読みたい→フワちゃん、テレワーク会議は全裸で参加 「さすがすぎる…」

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日2020年4月27日
    対象:全国10代~60代の有職者の男女827名(有効回答数)

    リモートでは物足りない? 4割以上が「直接会う会議は必要」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【リモートでは物足りない? 4割以上が「直接会う会議は必要」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     NTT東日本およびNTT西日本は、50音別電話帳「ハローページ」について、2021年10月以降に発行予定の最終版をもって提供終了すると発表しました。

    【画像】固定電話を支えたハローページ

     「ハローページ」はNTT東日本・NTT西日本が発行する電話帳。「企業名編」「個人名編」両方の発行終了が発表されました。

     スマートフォンの普及により、通話アプリSNSなど電話に代わるコミュニケーション手段が多様化し、発行部数を大きく落としていたとのこと。また、個人情報保護に関する社会的意識の高まりから、電話番号の掲載数が減少したことも背景として挙げています。

     ハローページの発行終了後も、番号案内サービス104番)は引き続き提供。また点字電話帳については発行を継続するとともに、聴覚障害者に向けた案内を拡大していくといいます。

    ハローページ提供終了へ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 green.ap.teacup.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「ハローページ」2021年で終了へ スマホの普及で部数が大きく減少】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト
    Aunt Jemima(左)とMrs. Butterworth's(右)のシロップ(写真:ロイター/アフロ

    構造的な黒人差別を撤廃しようとする動きが加速している米国で、いわゆる“ステレオタイプ”にもメスが入り始めている。

    「ミセス・バターワース( Mrs. Butterworth’s)」は米国の大手食品加工会社コーンアグラ・ブランズが所有するパンケーキシロップミックス粉のブランドで、ふくよかな女性をかたどったシロップボトルがトレードマークニルヴァーナの楽曲のタイトルにもなっていることから、そのブランドが米国内の家庭に広く浸透していることがわかる。

    しかし17日、コーンアグラ・ブランズはブランディングとボトルデザインの変更を発表した。

    「ミセス・バターワースのブランドは、シロップパッケージを含め、愛情深いおばあちゃんイメージを喚起させることを目的としています。我々は黒人及び褐色人種のコミュニティと連帯しており、パッケージが我々の価値観と完全に矛盾する形で解釈される可能性があると考えました」

    つまり、褐色のシロップを満たした女性型のガラスボトルが、黒人女性に見えることを危惧したのだ。当然、1961年に発売された当初はそれこそが目的であり、「優しい料理上手の黒人のおばあちゃんが作ってくれたパンケーキ」のイメージを前面に打ち出したものだったはず。これが今問題の一つとなっている“人種のステレオタイプ”、“人種的バイアス”だ。日本人も、海外のコミックでは猫背でメガネをかけた細目の小柄な人物として描かれる。このように、人種ごとにすり込まれたイメージが差別の温床となっているのは以前から指摘されていたことだが、「Black Lives Matter」運動により、その問題が浮き彫りになった形だ。

    ミセス・バターワースに続き、クエーカーオーツカンパニーのパンケーキブランド「アーント・ジェミマ(Aunt Jemima)」、パーボイルド・ライス(蒸して乾燥させた米)で知られる食品加工会社アンクル・ベンズ(Uncle Ben’s)が、ブランディングの方針転換を発表。長い間、パッケージで微笑んでいたジェミマおばさん、ベンおじさんという黒人のキャラクターが消えることになった。

    アンクル・ベンズは Twitterで「私たちには人種差別を終わらせる責任があります。消費者、特に黒人コミュニティの声に耳を傾けています。具体的な変更点やタイミングは未定ですが、アンクル・ベンズのブランドを進化させていきます」と声明を出した。

    NBC NEWS によると、“ジェミマおばさん”は19世紀の民謡の中で歌われる同名の黒人女性をモチーフとしており、この民謡は奴隷制度への依存度が高かったプランテーション時代への郷愁を歌ったものだという。製造・販売元のクエーカーフーズ・ノースカンパニーの副社長兼最高マーケティング責任者のクリスティン・クロエプルはプレスリリースで「ジェミマおばさんルーツが人種的ステレオタイプに基づいていることは認識しています。複数の取り組みを通じて人種的平等に向けて前進しながら、我々はブランドのポートフォリオを厳しく見直さなくてはなりません。我々の価値観を反映しつつ、消費者の期待に応えられるようにしていきます」とコメント

    131年の歴史を持つジェミマおばさんが、ついに食料品店の棚から姿を消す。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【黒人キャラ使用の食品会社、“BLM運動”受け続々と方針転換】の続きを読む

    このページのトップヘ