社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    動物


    ホッキョクグマと並んでクマ科で最大の体長を誇る、ヒグマ。日本ではエゾヒグマ北海道のみに生息しており、国内で最大の陸上動物とされています。

    人間が襲われるケースもあるため、札幌市ウェブサイトヒグマの出撃情報を公開し、注意を呼びかけています。

    ※写真はイメージ

    2019年8月14日札幌市は以前から札幌市南区の住宅地に出現していた、体長1.5mにおよぶヒグマ1頭の駆除を発表。

    これまで南区では、ヒグマによって家庭菜園を荒らされる被害が出ていました。住民への加害を防ぐため、札幌市は地元のハンターに依頼し、猟銃で駆除を行ったといいます。

    ヒグマの駆除に対する『クレーム』に議論

    同月15日、南区のヒグマ駆除に対し、およそ300件のクレームが寄せられたことを北海道新聞が報じました。

    大半がヒグマを駆除したことへの抗議であり、クレームを受けた札幌市は「人命が最優先と判断し、クマの駆除はやむを得ない」と説明したといいます。

    ハンターは14日早朝、クマを射殺。市には同日に244件、15日午後4時までに50件の意見が寄せられた。ほとんどが首都圏や関西など道外からで、「麻酔で眠らせて森に帰して」「捕まえて動物園に移して」などの抗議だった。

    一方、クマ出没で危険にさらされた南区の住民からは「安心した」「もっと早く対応してほしかった」といった声があった。

    北海道新聞 どうしん電子版 ーより引用

    こういった非難の声はネット上でもたびたび上がっており、駆除が報じられるたびに「殺さなくてもいいのではないか」「クマがかわいそうだ」「人間による弱いものいじめだ」といった投稿を目にします。

    一方で、クレームに対する非難の声も多数上がっています。今回のクレームについても、疑問を覚える人は少なくないようです。

    ヒグマがどれだけ恐ろしいのかを知らないのか?文句をいうなら自分で保護してみてほしい。

    クレームをいう人は、自分が襲われた時にヒグマと対話をするつもりなんだろうか…。

    ・かの有名な『三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)』を調べてヒグマの恐ろしさを知ってほしい。

    エゾヒグマは体長が2mほどあり、体重は100㎏を超えます。人間が襲われたら、ひとたまりもないでしょう。

    「かわいそう」と思う気持ちも分かりますが、人間と動物が共存するため、互いの生活圏を荒らす存在は見逃せないのではないでしょうか。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    産経ニュース北海道新聞 どうしん電子版
    ※写真はイメージ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ikimono-matome.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【北海道のヒグマ駆除に、道外からクレームが殺到 「クマの怖さを知らないのか」と非難の声】の続きを読む


    「子供が生まれるから犬は不要」―そんな理由で飼い主によって動物保護施設に持ち込まれた犬がいた。里親探しのために公開されたこの犬の動画に、「こんな悲し気な表情をした犬を見たことがない」と多くの人が胸を締め付けられたようだ。『Metro』『Express』などが伝えている。

    米テキサス州を拠点とする犬の譲渡会を告知しているFacebookページMolly Chance」に昨年8月、里親を募集するため1頭の犬の動画が投稿された。“ロコ(Rocco)”という名のこの雄のジャーマンシェパードの飼い主は、子供が生まれるという理由でロコを必要としなくなったようだ。

    ダラスのアニマルシェルターに持ち込まれたロコは、突然の環境の変化に怯えた様子だった。また飼い主に捨てられたことを悟っているかのような悲し気な表情をしており、檻の中のロコはスタッフの呼びかけにも目を合わせられないほど怯え切っていた。

    以前の飼い主がどのような飼育をしていたか定かではないが、通常のジャーマンシェパードの体重が85~90ポンド(約39~41キロ)であるのに対して、当時3歳だったロコの体重は60ポンド(約27キロ)しかなかった。

    また、米マサチューセッツ州にあるタフツ大学カミングス獣医学部の公式サイトには「犬は突然、飼い主と離れ離れになって違う環境に置かれることで大きなストレスを感じる。さらにシェルターなどの他の犬の鳴き声が響く場所は犬にとっても大きなストレスとなる」とあり、ストレスがひどい時は反復行動を続けたり、破壊的行動が見られることもあるという。

    ロコを保護した同シェルタースタッフもその点については重々周知しているようで、里親が早く見つかるようにロコの姿を動画に収めてFacebookに投稿した。

    檻の隅に座り、ガックリと肩を落としたロコの姿は多くの人の涙を誘った。「子供が生まれるからって何が問題なの? 私は息子と一緒に子犬を育てたわ」「ロコはとても悲しそうに見える」「これは胸が痛い。早く元気になってほしい」「人間はひどいよ。ここまで心を傷つけるなんて」とロコを思う悲痛なコメントが集まった。

    このロコの動画は400万回以上も再生され、里親希望者が続々と現れた。そしてロコの動画を見たジャーマンシェパード専門のレスキューグループに所属するボランティアスタッフのプリーシ・ピライパッカムさん(Preethi Pillaipakkam)が、ロコの心のケアも含めて里親が見つかるまで自宅で預かることにした。

    はじめは緊張していた様子のロコもプリーシさん家族の愛情を受け、愛嬌たっぷりの犬に変わっていった。また希望者が多かったことで里親はすぐに見つかり、ロコは新しい家族と一緒に暮らすこととなったのだ。

    新しい家族のもとでは、先住犬と一緒に遊ぶロコの姿がある。なおアカウント名「Rocco(roccostar_gsd)」のInstagramでは、ロコの保護された当時から今の元気な姿を見ることができる。


    画像は『Molly Chance 2018年8月28日Facebook「Rocco is at Dallas Animal Services.」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 psnews.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「子供が生まれるから」と捨てられた犬、悲し気な姿に里親が殺到(米)<動画あり>】の続きを読む


    no title

     オランダ、ベベルウェイクからの映像である。1歳の柴犬、シェルビーがお散歩から帰ってくるのを誰よりも待っていたのは、生後10週の子猫シンバだ。

     玄関先で今か今かと待ち構えていたようで、柴犬が家に入ってくるとその隣から離れない。やさしい柴犬は、いそいで部屋の方へと移動するが、その時もずっと横を走っていく。 

    ―あわせて読みたい―

    犬派とか猫派とか、そんな垣根いらないっしょ。だって犬と猫、こんなに仲良しなんだもの
    優しい世界:落雷に怯えている猫を必死に守ろうとする犬の姿に世界が感動
    大親友の犬に生まれた我が子を見せにきた猫。母猫をねぎらい子猫の面倒をみる犬。
    ハスキーと遊びたくてたまらない猫、何度も何度でもタイアタックル!
    瞬間、肉球重ねて...犬の脚にかじりつく猫だったが、ワンと怒られ直ぐに謝罪


    Best Friend Returns from Walk to Play || ViralHog

     「ずっと待ってたんだから~、これからいっぱい一緒に遊ぶんだから~」てな雰囲気を漂わせている子猫のシンバの気持ちをしっかりと理解しているかのようにみえる柴犬のシェルビー。 

     部屋に向かって廊下を走る。
     その横にぴったりと寄り添うように子猫のシンバも一緒に走る。

    1

     さあ、部屋についた!ここからはずっとシンバのタ~ン!
     ソファの上でシェルビーに抱きつきじゃれつきを繰り返すシンバ

    2

     子猫なので手加減をしらないそのじゃれつきは、耳を噛んだり腕を噛んだり、首根っこ噛んだりと激し目なんだけど、シェルビーは怒ることなくそれに付き合ってあげている。

    3

     まだまだ遊びたいさかりのシンバ、お留守番していたシンバのことを気遣ってあげるようにも見えるね。とにかくシェルビーとシンバが良い関係を築き上げているのは確かなようだ。

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52278105.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    犬・インコ・ハリネズミ。異種家族だけど、みんな仲良くチルってます!
    保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)
    どこかで聞いたことあると思ったら・・・iPhoneのアラーム音を覚えてしまったインコ
    「サプラ~イズ」ソファをあげたらそこにはお昼寝中の子猫が…
    スターバックスで犬用裏メニュー「パプチーノ」をオーダーするため順番を守って並ぶ犬

    ―動画の紹介記事―

    エイリアンが落とした脳みそかな。うごめくイトミミズの塊(※集合体注意)
    保護犬を連れた女性に助けを求めに来た野良の子猫。犬と子猫が特別な絆を結ぶ(イスラエル)
    どこかで聞いたことあると思ったら・・・iPhoneのアラーム音を覚えてしまったインコ
    なんとなく鳥っぽい?猛禽類インスパイアな形状のハイブリッド電動飛行機のデザインが公開される(エアバス社)
    スターバックスで犬用裏メニュー「パプチーノ」をオーダーするため順番を守って並ぶ犬
    散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【散歩から帰ってきた柴犬を誰よりも待っていたのは猫だった。そこからの遊んでモードが止まらない!】の続きを読む


     夏の夕刻の空を黒一色に染める大量の小さな飛来物。その正体はムクドリだ。体長は24センチと小柄だが、群れで行動する習性から今、場所によっては社会問題に発展している。夕方から夜にかけて行動が活発化し、街路樹に集まるムクドリ。その数は多い時で数千匹ともいわれている。

     ムクドリ研究の第一人者である都市鳥研究会の副代表を務める越川重治氏は「もともと畑があって民家があるとか、そういうところが好きな場所だった。夜になると1カ所に集まる『集団ねぐら』が見られる要因は、都市部には猛きん類、とくにタカやハヤブサなどが入りにくい場所なので安全な場所であることがわかって、都市部に移動してきたと考えられている」と話した。

     11日にAbemaTVで放送された『Abemaニュースショー』では、その騒音被害の実態を独自に調査すべくテレビ朝日の三谷紬アナウンサーがムクドリ大量飛来の現場へ。その騒音を専用の機器で計測すると、数値は96.5デシベルだった。

     この数値と比較すべく次に向かったのは、若者や多くの外国人観光客で賑わう渋谷ハチ公前交差点。大量の人が行き交う中で計測した騒音は80.1デシベルでムクドリの圧勝。三番目に向かったのは、羽田空港滑走路付近。海を挟み数百メートル離れた位置から計測した数値は85.6デシベルで、またしてもムクドリに軍配。最後に向かった先はサラリーマンの聖地・新橋駅ガード下。ここでの数値は92.3デシベルで、結果はムクドリの全勝だった。
     

     ムクドリの騒音に悩む場所では、ムクドリの天敵であるタカを使って駆除をする会社まで出現。ちなみに1回の駆除費用はセットプランで約30万円だという。

     なお人間とムクドリの共存について越川氏は「各自治体が自分のところだけでいいと対応するのではなく、“ここだったら”という場所をいくつか決めて、ねぐらを一番被害の少ないところに固定していくことが大事だ」と話した。

    (C)AbemaTV
     
    独自の騒音調査で判明、「ムクドリの騒音」が“最強”説 羽田空港や新橋駅の高架下よりもムクドリだった


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【独自の騒音調査で判明、「ムクドリの騒音」が“最強”説 羽田空港や新橋駅の高架下よりもムクドリだった】の続きを読む


     猫が、家にあるソルトランプをなめて食塩中毒になる事件が発生。ソルトランプが猫や犬に与える危険性について、豪ニューサウスウェールズにある動物病院「ローズ・アベニュー・ベタリナリー」がFacebookにて警告しました。

    【画像:猫がなめたソルトランプ】

     事件が起こったのはニュージーランド。飼い主は愛猫・ルビーの歩き方が変だと気付きましたが、そのときは「寒いからだろう」と気にせず、いつものように仕事に向かいました。しかし、帰ってきたらルビーの様子は急激に悪化!

     動物病院に連れて行くと、神経系に問題が起こっていることが判明しました。ルビーは、たった12時間で歩くことも聞くことも見ることもできない状況に陥ってしまったのです。

     獣医師が血液検査を行うと、ルビーの血液中のナトリウム濃度が非常に高いことが分かりました。重度の食塩中毒です。その原因は、家にあったソルトランプルビーがなめてしまったことでした。

     Facebookでは「ソルトランプは動物たちに致命傷を与えるので、ペットを飼っている人は十分に気を付けてください」と警告。6万7000件以上シェアされました。この機会に、みなさんの家の中を確認してみてください。

    愛猫・ルビー


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 aboba.site)



    <このニュースへのネットの反応>

    【猫がソルトランプをなめて重体 獣医師が危険性を警告】の続きを読む


    ベルリン 9日 ロイター] - ドイツベルリン動物園で、オスのキングペンギン2羽が、母親が放棄した卵を温め、「親になる」という長年の野望を果たそうとしている。

    同園の広報担当者によると、10歳の「スキッパー」と「ピン」はこれまでも子育ての本能を示しており、石はおろか、魚まで「抱卵」していたという。

    前月にキングペンギンの母親が卵を放棄したため、2羽は本物の卵を与えられ、今回のチャンスに飛びついた。

    飼育員のノルベルト・ツァーメルさんは「卵を、2羽のうちの一方の前に置くしかなかった。彼はすぐに、何をすべきか分かった。ペンギンの同性カップルに卵を孵化(ふか)させようとしたのは、これが初めてだ」と述べた。

    今のところ、「代理母」はうまくいっている。ツァーメルさんは現地紙に対し「2羽とも立派に卵の世話をしている」と語った。野生のキングペンギンは通常、カップルで卵の世話を分担する。

    順調にいけば9月初めには、スキッパーとピンは親になる見込みだ。

     ドイツのベルリン動物園で、オスのキングペンギン「スキッパー」と「ピン」の2羽が、母親が放棄した卵を温め、「親になる」という長年の野望を果たそうとしている。9日撮影(2019年 ロイター/Annegret Hilse)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ペンギンの同性カップル、放棄された卵温める ベルリン動物園で】の続きを読む


     今回紹介したいのは、ギシさんが投稿した『【柴わんこのはる】キライなシャンプーの時間』という動画です。

     柴犬のはるちゃんが香ばしくなってきたので、シャンプーをすることにしました。

     ふんふんと匂いをかいで確かめるはるちゃん

     これが何かわかったようです。表情をくもらせると、逃走をはかります。

     捕まえました。抱っこでお風呂場へ。

     シャンプー中はとてもおとなしはるちゃん。健気に我慢する姿に「いい子だ!」「信頼関係ができとるねえ」の声が。尻尾も垂れてないし、そんなにイヤじゃないのかな?

     しかしシャンプーが終わるころには、すっかり尻尾も垂れさがってしまいました……。

     体をブルンブルンすると、尻尾もファサ~。

     「シャンプー終わったよね?」

     お風呂場のドアを開けてもらうと、外でもう一回ブルンブルン!

     飼い主さんとお布団でくつろぐはるちゃん

     ふっかふかになっています。

     それにしても、ちょっとよそよそしいはるちゃんです。

     普段なら喜んでくれるだろうオヤツをあげても、目をそらしてしまいます。

     お風呂あがりはいじけてしまい、しばらく飼い主さんを避けてしまうそうです。こんなショボーンな姿も可愛いですね。

    視聴者コメント

    ・きゃわわ
    ・悟ったw
    明らかに動揺してるw
    ・大人しくていいなー…
    ・いじけてるw
    ・なんで柴犬ってこんなに愛らしいんだろう

    ▼動画はこちらから視聴できます

    【柴わんこのはる】キライなシャンプーの時間

    ―あわせて読みたい―

    “鉢に収まり”夏の庭をながめる柴犬。蝉時雨を背景に、むっちりしたワンちゃんの背中とアンニュイな表情へ「かわいい」の声集まる

    イヤったらイヤったらイヤ! “引き摺られたい”柴犬と飼い主の間で繰り広げられる攻防に「なにこれw」「楽しんでるんじゃ」



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【大嫌いなシャンプーをされた柴犬…しばらく“よそよそしく”なって、オヤツも食べないほどショボーン状態に】の続きを読む


    「ほんの少しの間だから、大丈夫だろう」「窓を開けておいたから、危険な状態になることはないだろう」―そんな気持ちで暑い車内に犬を置き去りにしたのだろうか。米コロラド州在住の飼い主の男が、動物虐待の罪で警察に逮捕された。こともあろうにこの男、愛犬の容態を心配するどころか、愛車の窓を割った警察官らに逆ギレしたという。

    コロラド州デンバー郊外レイクサイドで今月6日の午後3時15分頃、大手スーパーウォルマート駐車場で「車内に犬が置き去りにされている」という通報が地元警察署に寄せられた。

    すぐさまデイブ・コロノウスキー警察官(Dave Kornowski)ら2人とジェファーソン郡アニマルコントロールの職員が現場に駆けつけ、車内で苦しそうにしている犬‟ペドロ”の救出にあたった。車の窓は少しだけ開いていたが、救助隊は窓を割り、後部座席の下に腹を上にして横たわるペドロを助け出すと、ホイート・リッジ動物メディカルセンターに搬送した。ペドロは非常に危険な状態で痙攣を起こし、脳の機能障害など後遺症が残る可能性もあったため、集中治療室でケアが続けられた。

    一方、ペドロの飼い主アーロン・マーロー(Aaron Marlow)だが、車に戻ってくると窓が割られていることに逆ギレして喚き散らし、警察官の目を盗んで素早く車に乗り込むと逃走した。しかし警察から逃れられるはずもなく、駐車場の反対側のガソリンスタンドであっけなく逮捕された。アーロンは車による逃走罪と動物虐待罪で起訴されているが、無罪を主張しているという。

    コロノウスキー警察官は「1週間に2、3回は車の中に犬が置き去りにされているとの通報がありますが、ペドロはこれまでで最悪のケースと言えるほど酷い状態でした」と語り、憤慨した様子でこう続けた。

    「暑い車の中でペドロは吠えることもできず、目が見開き、呼吸も荒く、舌を出した状態で苦しんでいました。口が乾ききってパニックに陥っており、見ているのがつらいほどでした。このあたりは標高が高いので、車内はそれほど暑くはならないだろうと勘違いしている人が多いようですが、とんでもない誤解です。」

    この日の午後、レイクサイドの気温は32度まで上昇しており、車内は51度に達していたとみられている。『FOX31 Denver』によると、ペドロは翌日にはヤマを越え危険な状態を脱したということだ。

    ちなみに2018年6月には、イギリスの女性獣医が車に閉じこもり、「暑い車内にペットを置き去りにするのがどれだけ危険であるか」という実験をしている。獣医は30分で汗だくになり、「犬は人間のようには汗をかくことができないし、なにより体毛で覆われています。車内に放置されることがペットにとっていかに苦しいものであるかがわかるでしょう」と注意喚起していた。

    画像は『Metro 2019年8月7日付「Moment convulsing dog was found brain-damaged after being left in hot car in blistering heat」(Pictures: KDVR)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【車内に置き去りの犬「痙攣起こし危険な状態」も、窓を割られた飼い主が逆ギレ(米)】の続きを読む


    ストレスがなくなる」「ダイエットにいい」などの甘言で、人々を誘う違法薬物。

    しかし、どのような理由があろうと違法薬物は絶対に手を出してはいけないものです。

    最初は断っていたんだけど…

    友人から「いいものが入った」と連絡を受けて、家に遊びに行ったという森 真梨乃(@marinoKVP)さん。

    あるものを「吸ってみろ」と友人からうながされるも、最初はきっぱりと断っていたのだそうです。

    しかし、「疲れやストレスがなくなる」「みんなやっている」という甘い言葉を受けて、つい吸ってしまったといいます。

    豆しばのにおいをめっちゃ吸ってる!

    そう、森さんが勧められていたのは違法薬物ではなく、豆しばのにおいだったのです。

    だからといって、安心してはいけません!一度吸ったが最後、森さんは「また吸いたくなって、たまらない」と禁断症状を訴えています。

    ネット上では、森さんの発言に共感するコメントが殺到しました。

    ・犬ではありませんが、私も毎日吸っています。

    ・特に後頭部の辺りに鼻を付けて深呼吸をするとお花畑が見えます。

    ・私は『チワワ』という銘柄の13年物を毎日吸ってますよ。

    脱法ドラッグならぬ、脱法ドッグ…確かに中毒になる。

    ペットを飼っている人からしたら、当たり前ともいえる行動。しかし、中毒者は続出しているようです。

    中毒症状に陥らないように、ペットのにおいをかぐ時は、1日の許容量を超えないように用法容量をしっかりと守って吸引するようにしましょうね!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @marinoKVP


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『あるもの』を吸引してしまった女性に共感の声 「中毒性がある」「毎日吸ってる」】の続きを読む


     飼い犬と楽しいひとときを過ごしたあと、具合が悪くなり横になって、目が覚めたら自分の両手両足がなくなっていたという、悪夢のような出来事がアメリカで発生した。

     海外ニュースサイトFOX8』は7月31日、米オハイオ州に住む女性が、犬に舐められたことが原因と思われる感染症にかかり、両手両足を一部切断したと伝えた。

     同記事によると、マリー・トレイナーさんは、夫のマシューさんとともに、5月初旬にカリブ海での休暇を終えて帰宅。家族や飼い犬と再会した後、マリーさんは、吐き気と背中の痛みを感じてソファーに横になって寝たそうだ。当初、マリーさんインフルエンザに罹ったと思ったという。しかし、突然高熱が出たと思ったら、35度まで下がるなど様子が違ったため、マシューさんは、マリーさんを連れて急いで病院に向かった。

     病院では集中治療対策チームが組まれ、懸命の治療を施すも、数時間後にマリーさんは敗血症を発症。症状は悪化の一途をたどったという。マリーさんの家族は病院の医師らから、手足は壊疽(えそ)を起こしており、四肢を一部切断しないと命の危険があることを伝えられた。入院から10日後、目を覚ましたマリーさんは両腕の一部と両脚の膝下が切断されていることを知り、パニックになったそうだ。

     医師は当初、熱帯病を疑っていたが、マリーさんの血液から検出されたのは、カプノサイトファーガという細菌だった。マリーさんの腕には小さな傷があり、飼い犬に舐められた時に、傷口からこの菌が侵入したのではないかと見られている。

     病院の医師は、「カプノサイトファーガは犬の唾液によくいる細菌。猫の保有率は低い。この細菌は毒性が高く、ヒトの免疫機能を低下させる能力があり、大きな血栓を形成する。これが血流を阻害するので、細胞組織の壊疽につながる。カプノサイトファーガに感染しても重症化するのはまれであり、重症化は100万人に1人の割合と推定される」と同記事の取材に対し語っている。

     マリーさんは最初の手術以降、これまでに8回の手術を受け、7月31日現在、義肢を装着してのリハビリを始めたそうだ。マリーさんは、「手足を切断した事実を受け入れるのはとても大変です」と同記事の取材に対し語っている。それでも、マリーさんと夫のマシューさんは動物に対する愛情は変わっておらず、飼い犬を手放すつもりはないという。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「犬になめられて手足切断とは不運としか言いようがない」「私は犬に毎日舐められているが大丈夫だ。信じられない」「両手足を失っても変わらない飼い犬への愛情に泣きそうになった」「カプノサイトファーガを除菌できる薬はないの?」とさまざまな声が上がった。

     2018年にもカプノサイトファーガに感染したことが原因で、両手両足を切断した男性がいる。

     海外ニュースサイトワシントンポスト』の2018年7月31日の報道によると、米ウィスコンシン州に住む当時48歳の男性が、犬の唾液に含まれる細菌に感染し、両手両足を切断したと伝えた。

     同記事によると、グレッグ・マントフェルさんは、突然吐き気と高熱などインフルエンザのような症状に襲われた。翌朝、高熱でうわごとを言い始めたため、グレッグさんの妻は、グレッグさんを病院に搬送。病院に到着すると、グレッグさんの全身には、黒い痣ができていた。医師らが懸命の治療に当たったが、グレッグさんの両手と両足の膝下を切断するしか、助かる方法はなかったという。後日、グレッグさんの血液からはカプノサイトファーガが検出されたそうだ。グッレグさんの妻によると、飼い犬に舐められた可能性が高いが、グレッグさんは多くの犬と触れ合う機会が多かったため、感染経路の特定は不可能だったそうだ。

     厚生労働省のHP掲載の「カプノサイトファーガ感染症に関するQ&A」によると、日本でもカプノサイトファーガ感染症による死亡例は、2017年末までに19件報告されている。感染をしても重症化はまれであり、過度に心配する必要はないとされているが、犬や猫に傷口を舐められないようにする、舐められたらすぐに傷口を水で洗うなど、注意が必要かもしれない。

    記事内の引用について

    Stark County Woman hospitalized, undergoes, partial amputations after catching infection from dog saliva( Fox 8より)
    https://fox8.com/2019/07/31/stark-county-woman-hospitalized-undergoes-partial-amputations-after-catching-infection-from-dog-saliva/

    The shocking reason that this man’s legs and hands were amputated: A dog’s saliva(ワシントンポストより)https://www.washingtonpost.com/news/to-your-health/wp/2018/07/31/the-shocking-reason-that-this-mans-legs-and-hands-were-amputated-a-dogs-saliva/?utm_term=.bd43d438b6b4

    厚生労働省ホームページ 「カプノサイトファーガ感染症に関するQ&A」より
    https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou18/capnocytophaga_index.html

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 mag.anicom-sompo.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【両手両足切断の女性、原因は“犬に舐められたこと” 壮絶体験に「信じられない」と驚愕の声が殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ