社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    なんでもランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」は11月1日2005年から毎年実施している赤ちゃんの名前調査「たまひよ名前ランキング」を発表した。  


    今年も2019年1月〜2019年9月に生まれた新生児17万1,111人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などについて調査を実施。その結果を項目別ランキングとしてまとめた。結果は次の通り。

    男の子トップ10(全体)

    1位 蓮(れん)
    2位 律(りつ)
    3位 湊(みなと)
    4位 樹(いつき)
    5位 蒼(あおい
    6位 悠真(ゆうま
    6位 陽翔(はると)
    8位 大翔(ひろと)
    9位 新(あらた
    10位 大和(やまと

    女の子トップ10(全体)

    1位 陽葵(ひまり)
    2位 凛(りん)
    3位 芽依(めい)
    4位 結菜(ゆいな)
    5位 紬(つむぎ)
    6位 咲良(さくら
    7位 莉子(りこ)
    8位 葵(あおい
    9位 澪(みお)
    10位 結月(ゆづき


    全体としては、男の子は「蓮」(昨年1位/主な読み「れん」)が、昨年に引き続き1位に。女の子は「陽葵」(昨年1位/主な読み「ひまり」)が4年連続1位で、男女ともに1位は昨年から変わらなかった。また、男女ともに一文字の名前の人気が続き、特に男の子は、1位から5位まで一文字の名前になっている。

    使用漢字の傾向は、男女とも、順位に入れ替わりはあるものの、10位までの漢字は昨年と同じで、人気の漢字は定着傾向にある様子。男の子は調査開始以来、15年連続で「太」が1位、11年連続で「太」「大」「翔」がトップ 3を占めており、不動の人気となっている。スケールの大きさを感じられること、他の漢字と組み合わせやすいことも人気の理由だ。女の子の名前で使われた漢字は、「花」が2年連続1位に。かわいらしさを感じさせる字であることや、添え字としても使えることで人気があると考えられる。

    2019年の傾向としては、「令」や「和」の上昇はそれほど顕著ではなかったものの、「つくり」が「令」の「怜(れい)」が男の子は昨年の89位から今年は62位に、女の子は「怜奈(れな)」が昨年の106位から今年は83位に、「和」がつく男の子の「和真(かずま)」が昨年の134位から今年の71位に、女の子の「和花(わか)」が昨年の76位から今年の 54位と順位を上げた。改元による新時代到来のイメージで、男の子は「新(あらた)」「大和(やまと)」、女の子は「紬(つむぎ)」「咲良(さくら)」「結月(ゆづき)」「花(はな)」「詩(うた)」など、日本の伝統や和のイメージの名前が増えた。

    そして、ドラマの登場人物名が引き続き人気に。男の子の名前で、25位の「暖(だん)」は昨年の207位から急上昇した。これは2018年ドラマモンテ・クリスト伯」(フジテレビ)でディーン・フジオカが演じた主人公と同じ名前だ。また、2018年ドラマ「半分、青い。」(NHK)で佐藤健が演じた「律(りつ)」は、昨年の47位から今年は2位に上昇した。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【2019年の赤ちゃん名前ランキング、男女1位は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     インターネットアンケートを行うアドバンスフローが「楽たと感じた仕事」についての調査を実施、男女別の「楽な仕事ランキングトップ10が発表されました。

    【画像】「楽な仕事」と感じやすいポイントは?

     この調査は「楽だと感じた仕事」を経験したことの500人を対象に実施されたもので、「どんな仕事だったのか?」「どんな理由で楽だと感じたか?」などの質問がなされました。

     男女ともに1位だったのは「軽作業・工場内作業」。室内で座ってできる仕事で、体力を使わなくていいこと、また、単純作業のため覚えることが少なかったり、コミュニケーションを取らなくていいことから「楽な仕事」だと感じる人が多かったようです。

     その他に男女共通でトップ10にランクインしたのは、「販売・接客」「事務・コールセンター」「イベントキャンペーンスタッフ」「チラシ・サンプリング配布」「スーパーコンビニの店員」「監視員・警備員」「交通量調査」といった仕事でした。「楽だ」と感じられるポイントでは、体力の消耗が少ないこと、コミュニケーションをあまりとらなくて良いことが挙げられることが多く、1位の「軽作業・工場内作業」のように、心身ともに負担の少ない仕事が「楽な仕事」だと感じやすいようです。

     その他、男性では、個人に合わせた指導の場合はコミュニケーションが楽だという「教育関係」の仕事や、自動車の運転そのものが好きという人も多い「ドライバー」がランクイン。女性では、「受付」や「フロアレディ」といった華やかな仕事もランクインしています。

    「軽作業・工場内作業」が1位に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ns-japan-recruit.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【経験者が選ぶ「楽な仕事ランキング」発表 1位は男女共に「軽作業・工場内作業」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     パーソルキャリアが運営する転職サービスdoda(デューダ)」とオリコン・リサーチが共同で20~30代に「はたらく理由」についてアンケートを実施。8割以上が「お金のため」と回答する結果となりました。

    【画像】はたらく理由ランキングトップ10

     アンケートの対象となったのは20~30代の働く男女1000人。はたらく理由ランキングトップ3は、1位「お金のため:生きていくため」(56.3%)、2位「お金のため:趣味や嗜好品を豊かにしたい」(19.4%)、3位「お金のため:家族を支えるため」(8.1%)と、「お金のため」に準じた項目が独占しました。

     1位の「お金のため:生きていくため」は、56.3%と半数以上を占めています。これについて、20代が「親から自立して生活するため」「奨学金返済のため」など、経済的な自立を回答理由に挙げている一方、30代からは「老後を安定して送りたい」「年金はあてにならない」など、将来に対する不安が挙げられ、世代によって回答理由に大きな差が出る結果となりました。

     2位には「お金のため:趣味や嗜好品を豊かにしたい」がランクイン。20代・30代ともに「趣味があるから頑張って働こうと思える」「欲しいものを買って生活を豊かにしたい」など、プライベートを充実させたいという理由が多く挙がっています。

     3位の「お金のため:家族を支えるため」は、回答者の約9割(90.1%)が30代という結果に。理由には「家族みんなが楽しく暮らしていくのに必要」「子ども選択肢を与えられるようにしたい」などが挙げられ、結婚や出産などのライフスタイルの変化により「はたらく理由」が変化したことをうかがわせる結果となりました。

     また、7位にランクインした「社会とのつながりをもちたい」では、この項目を選んだ女性回答者の約5割(46.7%)が、産休・育休中の孤独から、社会とのつながりをもつことで「自分の存在意義を見いだしたい」と考えていることが分かりました。

     年代やライフスタイルによって、人生で重視することや価値観が大きく変化し、それに合わせて、何のために働くのか、なぜ働くのかといった「はたらく理由」も刻々と変化しているようです。

    「お金のため」が上位3位を独占


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn.kufura.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「はたらく理由」ランキング発表 8割以上が「お金のため」と回答、「やりがい」はわずか3.5%】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     転職・就職のための情報サイト「OpenWork」を運営するオープンワークは、「国家公務員の残業時間ランキング」を発表しました。

    【画像】国家公務員の残業時間ランキング

     今回のランキングは、同サイトに投稿された官公庁への会社評価レポート5653件を対象に、回答が10件以上ある中央官庁等に限定して作成したもの。

     1位は財務省で月72.59時間、2位は文部科学省で月72.43時間、3位は経済産業省で月70.16時間と、トップ3はすべて70時間超えという結果になっています。なお、最も残業時間が少なかったのは裁判所で月9.15時間。

     ランキング上位の機関の社員口コミをみると、「きわめて調整しにくい。国会対応を筆頭に業務は基本受け身であり、自分でコントロールできない上に、突発的に発生する案件も多い」(男性・文部科学省)や、「特に、国会対応を頻繁に行う部署や、法令改正の担当部署に配属された場合、休日出勤を強いられたり、月の残業時間が150時間や200時間にのぼることもある」(男性・総務省)など、“国会対応”が残業の主な原因となっていることがうかがえます。

     国会対応は、国会で質問を受ける議員の答弁を作成する重要な業務ですが、2018年12月に実施された内閣官房内閣人事局の調査によると、すべての質問取りが終わる平均時刻は20時19分、省内で問表・答弁作成の割り振りが確定する平均時刻は22時28分となっています。

    最も残業時間が長かったのは財務省でした


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「国家公務員の残業時間ランキング」、1位は財務省 主な原因は国会対応か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    9月19日テレビ朝日系列で「おらが県ランキング ダイナンイ!?」がオンエア。“満足度の高いテーマパークがある都道府県ランキング”が発表されました。

    満足度の高いテーマパークがある都道府県ランキング
    第1位:千葉県
    第2位:神奈川県
    第3位:沖縄県
    第4位:三重県
    第5位:大阪府

    東京ディズニーランド東京ディズニーシー、東京ドイツ村を擁する千葉県納得の1位カップヌードルミュージアム横浜・八景島シーパラダイス、よこはまコスモワールドなど人気スポットが多数ある神奈川県が2位となりました。3位の沖縄県首里城公園の満足度が高く、番組では100万本を超える鍾乳石がある玉泉洞を見学できる“おきなわワールド文化王国”が紹介されました。ナガシマスパーランドの満足度が高い三重県は4位、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがある大阪府は意外にも5位という結果になりました。

    この日の放送は、地方新聞社が厳選したお取り寄せグルメを紹介する「47CLUB」から、麺類、瓶詰め、スイーツ視聴者投票で決まるイチオシの各カテゴリーで“隠れた名店!お取り寄せグルメランキング”が発表されたほか、番組が全国7ブロック別に地元民のアンケートInstagram投稿数、絶景写真ストック数から選定した“一度は乗りたいローカル鉄道ランキング”を発表。各ランキングの結果は番組ホームページに掲載されています。

    おらが県ランキング ダイナンイ!?|テレビ朝日
    https://www.tv-asahi.co.jp/dainani/

    イラストいらすとや

    ―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』
    満足度の高いテーマパークがある都道府県ランキングは? テレビ朝日「おらが県ランキング ダイナンイ!?」で発表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【満足度の高いテーマパークがある都道府県ランキングは? テレビ朝日「おらが県ランキング ダイナンイ!?」で発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    禁煙で本当にモテるの?

    アンファーは9月18日「全国喫煙本数ランキング」を発表した。同社が実施している「ニッポン健康大調査」のひとつで、全国に住む20~60歳の男女を対象とし、47都道府県の各100人から回答を得た。

    「喫煙本数」(1日あたりの喫煙本数の平均)が全国で最も多いのは「愛媛県」で18.61本。以降、「新潟県」(17.68本)、「佐賀県」(17.12本)、「香川県」(16.50本)、「福島県」(15.70本)となっている。

    愛媛県が全国1位になった理由として、同社は「回答者の約3割が喫煙者」であることを挙げている。同県では飲酒頻度ランキングでも全国4位に入っており、酒もタバコも楽しむ県民性が影響していると思われる。

    反対に、喫煙本数が全国で最も少ないのが「滋賀県」(8.71本)で、第1位の「愛媛県」に比べて約10本も下回った。同県では健康推進プラン「健康しが」を掲げており、県民に健康意識が広まっているのかもしれない。「千葉県」(10.95本)や「東京都」(11.17本)でも喫煙本数は少ない。

    禁煙したことで「モテるようになった」という人も

    調査では、タバコをやめた経験がある人に対してその理由を尋ねた。「やめたきっかけ」を聞いたところ、「お金がかかるから」(29%)が最も多く、「子供や周囲の人への影響を考えて」(27%)、「実際に健康を害したから」(21%)が続いている。

    禁煙後の変化についても聞いた。ストレスについては、「悪化した」(11.6%)が「減少した」(7.8%)を上回った。その理由には、「休憩の楽しみがなくなった」「喫煙者に対して嫌悪感が強くなった」などのコメントが寄せられている。

    体調面については「改善した」と答えた人が32.8%で、「悪化した」(1.6%)を引き離している。「咳やのどの痛みがなくなった」「胃の調子が良くなった」など、喜びの声が挙がっている。

    健康になると人間関係にも良い影響が表れる。「禁煙後に人間関係が改善した」と答えた人は18.3%で、「悪化した」(1.3%)に差をつけている。中には「モテるようになった」と変化を書く人もいた。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【全国喫煙本数ランキング、1位は愛媛県で1日平均約19本! 逆に最も少ないのは滋賀県】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    時々無性に食べたくなるハンバーガー。安い価格でお手軽に買うことができ、種類も豊富なファストフードだ。日本でも圧倒的な店舗数を誇る「マクドナルド」を始めとし、多くのチェーン店が展開している。

    店舗数や知名度でいえばマクドナルドが群を抜いているといっても過言ではないが、日本発祥の「モスバーガー」、日本で最初のハンバーガーチェーンドムドムハンバーガー」などもファン層は厚い。好きなハンバーガー屋を問われると迷ってしまう人もいるのではないだろうか。

    そこでJタウンネット編集部は2019年2月9日から8月21日にかけて、「あなたが好きな『ハンバーガー屋」はどこ?』という質問で読者アンケートを実施してきた(総得票数:934票)。

    はたして、一番人気だったのは――?

    1位、2位で過半数を占める

    選択肢は「マクドナルド」「モスバーガー」「ロッテリア」「バーガーキング」「フレッシュネス」「ウェンディーズ」「ファーストキッチン」「ドムドムハンバーガー」の7店。

    まずは全国的に人気のチェーン店を見ていこう。


    一番人気だったのは「モスバーガー」で32.7%(305票)。圧倒的店舗数を誇るマクドナルドを抜く形となった。続いて「マクドナルド」は21.7%(203票)、「バーガーキング」が19.7%(184票)、「フレッシュネス」が11.6%(108)の順になっている。

    モスバーガーマクドナルドで過半数を占めており、2強といったところだ。

    驚いたことに、バーガーキングは地方での出店が少ないにも関わらず、3位という健闘ぶり。19.7%と2位のマクドナルドと僅差だ。東京のアンケート結果を見ると、603人中152人(25.2%)がバーガーキングと回答し、マクドナルドの19.1%を上回る結果となっている。

    ツイッターでは、

    「細かいオーダーに応じてくれるからバーキンは好きです」
    「肉々しいパティ、好きです」
    「やっぱワッパーは美味しい。トマト追加かタマネギ追加が個人的に好き」

    といった声が寄せられており、「とてつもなく大きい」を意味する看板商品のハンバーガー「ワッパー」、さらにパティや野菜、ソースを有料で追加できることが、それぞれ魅力の一つにあるようだ。

    西日本はマック好き?

    続いて都道府県別の人気チェーン店を見てみよう。


    47都道府県中、モスバーガーが22地域と圧倒的な割合を占め、マクドナルドが7地域、フレッシュネスが3地域、バーガーキングドムドムハンバーガーがそれぞれ1地域となった(秋田県は無回答)。

    全国的に人気のモスバーガーは東京・大阪・愛知で1位を獲得、ファンの多さが伺える。マクドナルドは7地域中6地域が西日本と、地域差が見られる。先ほどの円グラフではモスバーガーマクドナルドに次いで人気だったバーガーキングは、1地域のみ。地方の店舗数の少なさが影響したようだ。

    ツイッターを見ると、モスバーガーとフレッシュネスでは、ハンバーガーだけでなくサイドメニューの「オニオンフライオニオンリング)」にも人気が集まっている。消費者はコスパの良さだけでなく、ハンバーガーや一緒に頼むサイドメニューの味、具材カスタムといったサービスの充実など、様々な基準でハンバーガー屋を選んでいるようだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.gzn.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【マックは2位! 日本全国「好きなハンバーガー屋」ランキング、堂々1位に輝いたのは...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     東京都の海が、にわかに注目を集めている。8月17日、来年の東京五輪テスト大会を兼ねたパラトライアスロンのワールドカップにおいて、水質悪化でスイムが中止となったためだ。

     五輪本番の会場でもある東京・お台場海浜公園のスイムコースは16日の水質検査で、大腸菌の数値が、国際トライアスロン連合が定める上限の2倍を超えた。11日に同じ会場で行われた水泳オープンウォーターのテスト大会では、選手から「水が臭い」「トイレのような臭いがする」という声も出ていた。

     実は、問題となったスイムコースの隣で、東京都港区が海水浴場「お台場プラージュ」を開催していた。期間は8月10~18日。都の条例で遊泳禁止とされている場所だが、泳げる海の実現を目指して2014年から期間限定で実施しているものだ。

    お台場では海水に顔を付けようとすると監視員に笛を吹かれる

    海水に顔を付けようとすると監視員に笛を吹かれるお台場

     大腸菌でスイムが中止となった17日も、お台場プラージュは開かれていた。港区の担当者は当日の状況について「水質が悪かったので、利用者には顔を付けずに泳いでもらう同意書を求めた」と説明する。

     「ピ! ピ! ピー!」

     この日は海水に顔を付けようとする利用者には、監視員が笛を吹いて注意を促したという。

     今回は、「水がきれいな海水浴場が多い都道府県ランキング」を作成した。環境省による水質の格付けで、最高位の「AA」を得た海水浴場(一部、湖沼や河川の水浴場を含む)の数で都道府県を順位付けした。

     1位は静岡県でAAは44ヵ所。以前の「水がきれいな海水浴場ランキング」で、上位に沼津市海水浴場が多数ランクインしていると紹介した。駿河湾が外洋に対して開放的で、水深が日本一深いことも影響している。

     2位は新潟と兵庫の2県でAAはそれぞれ39ヵ所。今回のランキング海水浴場数が多いほど有利だが、上位6位まではAAの占める比率が80%を超えていた。

    東京都の水質が良いとされるカラクリ

    東京都のAA比率は100%!
    離島のみで東京湾の“海水浴場”含まず

     気になるのはトライアスロンが今月中止となった東京都。AAは8ヵ所で順位は27位だった。問題はAA比率で100%となっている。

     お台場の状況を考えれば「水が汚い海水浴ランキング」や「ふん便性大腸菌が多い海水浴ランキング」に入ってきそうなものだが、そうなってはいない。

     東京都の8ヵ所は全て離島で、東京湾の“海水浴場”は含まれていないのが原因だ。これは、一体どういうことなのだろう。

     環境省都道府県に対して、自治体が管理・認定している海水浴場と水浴場は、すべて検査結果を報告してほしいと要請している。

     一方、同省に検査結果を報告する東京都福祉保健局の担当者は「お台場海浜公園は当局の管轄外なので対象に含めていない」と話している。

     ちなみに、お台場海浜公園の海水の水質調査結果は、港区が発表している。日によって検査結果は変動するが、昨年5月15日午前の調査では、3ヵ所の平均でふん便性大腸菌群数が100ml当たり1万5667個と非常に悪かった。

     環境省の水質格付けはAA、A、B、C、不適の順番である。大腸菌が1000個以上で「不適」の烙印を押されるが、この日はその15倍を超えていたわけだ。

    昨年4.5万人利用の葛西海浜公園遊泳ゾーンは「海水浴場ではない」

     東京都23区で泳げるところは他にもある。お台場プラージュは9日間だけだが、葛西海浜公園の西なぎさ遊泳ゾーン江戸川区)は7月15日8月25日と期間が長い。

     葛西海浜公園は東京都が自らホームページで「海水浴体験のお知らせ」として開催期間を大々的に公示している。

     同公園を管轄する東京都港湾局によると、昨年の利用者数は約4.5万人と人気が高い。これだけの利用者がいるのに、東京都福祉保健局は「港湾局の管轄なので、当局はノータッチだ」(担当者)と説明する。

     一方、港湾局はそもそも葛西海浜公園の西なぎさ遊泳ゾーンが「海水浴場ではない」とのスタンスだ。「遊泳ゾーンは公園全体の一部に過ぎないし、海水浴場の定義がはっきり分からない」(臨海開発部海上公園計画担当課長)というのが理由だ。

     「われわれは海水浴場とは呼んでいない」(同課長)と強調する。海水浴場でなければ、環境省に報告する必要もないというわけだ。

     葛西海浜公園の水質の数値も日によって変わるが、17年8月22日の調査ではふん便性大腸菌群数が100ml当たり2500個(不適となる水準の2.5倍)。水の汚れを示す化学的酸素要求量(COD)は、同年7月4日に10.0 mg/l(不適となる水準の1.25倍)と、かなり悪い結果を出している。

     環境省の関係者は「葛西は当然、報告対象に入れるべきだが、東京都の縦割り行政の弊害で残念ながら漏れている」と話す。静岡県沼津市などと連携して水質の調査・集計を進めるようなことは一般的であり、この関係者は「東京都を除けば、自治体が管理・認定している海水浴場は網羅されているはずだ」との認識を示した。

     利用者が安心して泳ぐためにも、海水浴場をできるだけ広くとらえ、積極的に情報を集計・開示していく姿勢が当然求められるだろう。

     東京都を除く、自治体の関係者は今回のランキングを参考に海水浴場の水質改善に取り組んでほしい。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 svcstrg2.navitime.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【水がきれいな海水浴場が多い都道府県ランキング2019、東京の海は本当にきれい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     出身大学によってどのくらい年収に差が出るか? 就職・転職のための口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワーク7月30日に発表した調査結果によると、30歳時の想定年収のトップ東京大学で、810万9000円だった。2位に一橋大学、3位に京都大学ランクインしたが、800万円を超えたのは東大のみだった。

    【その他の画像】

     2位の一橋大は739万6000円、3位の京大は727万6000円。4位は慶應義塾大学で726万6000円、5位は東京工業大学で708万2000円だった。

     OpenWorkに登録された出身大学、年収、年齢のデータを集計し、条件を満たす100校から、30歳時の想定年収上位30校を公表。上位30校のうち、18校が国公立大学だった。また東京、大阪、名古屋など大都市圏にある大学が多くを占め、「入試難易度偏差値とも相関がみられる結果になった」という。

     調査対象は、2018年3月~19年7月の期間内に登録があった年収、出身大学データのうち、50件以上登録されていた100校の1万8651人。大学院は除いている。

    出身大学によってどのくらい年収に差が出るか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【出身大学別、30歳の想定年収は? 2位は一橋大、1位はやはり……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【元記事をASCII.jpで読む】

     LINEは7月29日、全国18〜69歳を対象に実施した「第25回参議院議員選挙に関する調査」の結果を発表。回答期間は7月22日〜7月23日で、調査方法はLINEユーザーを対象にしたスマホウェブ調査。回答人数は1090人。

    選挙に行かない理由「予定があった/急用が入った」が1位

     選挙に行かない理由を聞くと、総合ランキングでは「予定があった/急用が入った」が1位、「時間がない/忙しい」は2位、「投票したい候補者/政党がいない」は3位。4位以降は「興味がない」「意味がない」「選挙や政治がよくわからない」といった、選挙・政治への消極的な理由が続いた。

    10代と20代の若年層では「住民票と違うところに住んでいる」が3位

     10代と20代の若年層では「住民票と違うところに住んでいる」が3位にランクインした。進学・就職を機に転居したものの、住民票を移していないために「投票券が届かなかった」「今の居住地で投票ができなかった」などの問題が発生することが、選挙に行かなかった要因の1つだという。

     40代と50代では「意味がない/変わらない」「投票したい候補者/政党がいない」など、選挙・政治に悲観的な反応を示している人も少なくなかった。

     50代と60代に関しては「体調不良」を理由に挙げている人が多かった。なかには投票所まで行くことの負担が大きいと感じている人もいるかもしれないとした。

    20代以下はSNS、30代以上はテレビやネット

     選挙期間中に、選挙について目にしたものや知ったことについて、年代ごとに確認した。10代と20代の若年層は「SNS上の呼びかけを見た」、30代以上は「選挙の結果予測や開封速報を見た」がそれぞれトップだった。20代以下は「SNS」、30代以上は「テレビ」や「ネット」がメインだったという。

     一部で話題となった「若者よ、選挙に行くな」という動画の視聴に関しては10代と20代の認知率は2割程度だった。一方で、もっとも動画の視聴割合が高かったのは60代で、この動画の発信者役に近い年代の人たちに注目されていたという。若年層の投票率を上げる目的で実施されている「選挙割」も、10代と20代ともに認知率は1割程度とまだ浸透はしていないとのこと。

    選挙に行かない理由「予定があった/急用が入った」が1位


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【選挙に行かない理由「予定があった/急用が入った」が1位】の続きを読む

    このページのトップヘ