社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    アイテム

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     奇譚クラブが、7月4日に「座る土偶と埴輪」のカプセルトイを発売すると発表しました。一部姿勢に無理がある……。

    【画像】「座る土偶と埴輪」全種

     今までに「座る猫」や「座る犬」など“座る動物シリーズ”のカプセルトイを販売してきた奇譚クラブですが、動物以外の座るシリーズは今回が初。「小さいながらもキッチリと作り込まれたこだわりの造形」「カプセル商品とは思えない驚きのハイクオリティ」とのことです。

     価格は1回300円で、全6種。くつろぐ土偶と埴輪で、古代のロマンを感じられるかもしれません。

    渋みのあるイメージ画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【何くつろいどんねん ややシュールな「座る土偶と埴輪」のカプセルトイ登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2020年5月6日韓国アジアニュース通信は「独島(日本名:竹島)がどこの国の領土であるかは、スマートフォンですら知っている」と伝えた。
    記事によると、アップル社iPhoneに搭載された音声認識機能・Siriに「竹島はどこの領土か」と尋ねたところ、「大韓民国」と回答した。Siriは12年に配信が開始された「iOS6」バージョンから竹島を「韓国領」としているという。
    この事実を知った日本政府はアップル社に抗議する方針を示しているという。
    この記事に、韓国のネットユーザーからは「iPhoneを見直した」「Siriは本当に賢いな」「アップルが正しい教育をしてくれている」と喜ぶ声が上がっている。
    また、「真実を述べただけ」「実行支配しているのは韓国だから」「パスポートなしで独島を観光できるのは誰?」など、「当然だ」とする声も。
    その他、「これからが大事。日本政府の抗議により変更されないよう阻止しないと」と警戒する声も見られた。(翻訳・編集/堂本

    6日、韓国・アジアニュース通信は「独島がどこの国の領土であるかは、スマートフォンですら知っている」と伝えた。写真は竹島。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Siriも「竹島は韓国領」と主張?日本政府が抗議へ=韓国ネット「Siriは賢い」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     今回紹介するのは、パトラッシュさんが投稿した『巨大Enterキーを自作してみた【作り方解説付き】』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    最近はやりの巨大エンターキー(BIG ENTER)を作ってみた



     「巨大なエンターキーを作ってみた」という動画が投稿されています。通常のエンターキーのおよそ5倍の大きさです。

     巨大エンターキーとパソコンUSB接続して使います。使い方は普通のエンターキーと同じです。特徴はとにかくデカいこと。そして音が大きいです。軽く押しているように見えますが、ドンとしっかりした音がします。

     メモ帳だけではなく、ブラウザからも使えます。

     作り方はシンプルです。スイッチマイコンArduinoつなぎダンボールなどで作った筐体に挟み込みます。

     スイッチが押されたら改行が送信されるようにコードを書きます。コードシンプルです。

     巨大なエンターキーという発想だけでもおもしろい動画ですが、さらに「右にある巨大なエンターキーを左手で押す」「やたらと『彼女がほしい』と入力する」「ブラウザで検索しようとすると、『彼女 できない 理由』と検索履歴が表示される」など数々のツッコミポイントが仕込まれています。電子工作だけでなく、動画作成も楽しんでいることが伝わる動画です。

    視聴者コメント

    なに作ってんだw
    天才なの?
    彼女どんだけ欲しいんw
    なぜ左手でおす
    なぞの巨大化wwww

    文/高橋ホイコ

    ▼動画はこちらから視聴できます

    巨大Enterキーを自作してみた【作り方解説付き】』

    ―あわせて読みたい―

    スイッチを入れると自動でオフする『全自動ひきこもり機』がイベントで子供に壊されないように、さらにグレードアップ!

    “黒電話”を改造して「目覚まし時計」にしてみた。大音量ベル+音楽が聞ける謎の充実仕様に「これは売れるな」と欲しがる人が続出!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【最新 お勧め 巨大なEnterキー、爆誕…。存在意義の迷子っぷりに「天才なの?」「最強の才能の無駄使い」の声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    高須克弥院長

    高須クリニック院長・高須克弥が1日、自身のツイッターを更新。新開発されたというコロナ対策のマスクを装着した姿を投稿した。

    ■ドクター中松氏が開発

    右手でグーをつくりながら、「外出なう」とつぶやいた高須院長。顔には見慣れないものがついているが、これはコロナ対策のマスクドクター中松スーパーメン SUPER M.E.N」だ。

    インパクトの強いこのマスクは発明家のドクター中松が開発したもので、透明な板で口、目、鼻を防ぐようにできている。顎のあたりに空間があるが、ドクター中松は「飛沫感染なので問題ない。そこから飛沫が入りますか?」と回答している。

    高須院長は、20日にも「武漢肺炎ウイルス完全防御マスク手にいれたぜ。今日から装着なう」と嬉しそうな投稿をしていた。


    関連記事:ドクター中松、91歳誕生日 緊迫続くドバイからの支援要請や数々の発明を発表

    ■「一般でも買えますか?」

    新発明のスーパーメンにフォロワーの人々も興味津津だった様子。「一般でも買えますか?」「インパクトすごいですね。どこで手に入れるんだろう」といった質問コメントが相次いだ。ちなみに、ドクター中松の公式オンラインショップで誰でも購入可能となっている。

    また、高須院長の後ろで笑顔の妻・西原理恵子が写っていることから、「外出デートですか? 楽しんでくださいね」「奥様もご一緒なんですね」といったコメントも多くみられた。

    関連記事:【ドクター中松・86歳】最後(?)の衆院選で吠える! アベノミクスを一刀両断

    ■約2割が「常にマスクを着用」

    コロナウイルスインフルエンザ花粉症といった病への対策として用いられるマスク。海外と比較してもマスクをつけている人の割合が高いと言われる日本だが、どの程度の人がマスクを常につけているのだろうか。

    しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,357名を対象に「マスク」に関する意識調査を実施したところ、全体で約2割の人が「常にマスクを着用している」と回答した。
    マスク
    一見するとサイズも大きいため、使いづらそうにも見えるスーパーメン。高須院長が使い心地について感想を綴ってくれるのだろうか。

    ・合わせて読みたい→高須院長が愛するオムライスが謎の変化 マニアが考察する3つの理由とは

    (文/しらべぇ編集部・Aomi

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年2月9日2018年2月13日
    対象:全国20代~60代の男女1,357名 (有効回答数)

    高須院長、ドクター中松開発マスクで外出 「一般人でも買える?」と反響相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 お勧め 高須院長、ドクター中松開発マスクで外出 「一般人でも買える?」と反響相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    人を傷つけ、時として殺めるために用いられる違法銃器。これを回収し、高温で溶かして作られた金属 “Humanium Metal(ヒューマニウムメタル)” を使った腕時計が、スウェーデン腕時計メーカー・TRIWA(トリワ)より登場。

    「TRIWA Humanium Collection」は、スウェーデンのNPO「IM Swedish Development Partner」が立ち上げた「Humanium Metal Initiative」とTRIWAコラボモデル。今回紹介するのは2019年1月発表のクオーツモデルに続く第2弾で、クロノグラフモデルオートマチックモデルの2種類です。


    違法銃器で作られた腕時計は暴力行為へのアンチテーゼ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【話題】違法銃器で作られた腕時計は暴力行為へのアンチテーゼ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【元記事をASCII.jpで読む】

    スマホ初心者にオススメしたい
    サムスン電子「Galaxy A20」

     今回レビューするのは、サムスン電子の「Galaxy A20」。キャリアではドコモとau、MVNOではUQモバイルが取り扱っています。

     「Galaxy A」シリーズは、2~3万円台の製品がそろいますが、Galaxy A20もその手頃な価格が魅力の1つ。ドコモは2万1384円、auは2万2000円、UQは1万1880円。キャリアでも2万円台前半ですが、UQではさらに1万円ほど安い価格になっています。カラーは3社共通で「レッド」「ホワイト」「ブラック」の3種類です。

     今回はGalaxy A20を約1週間使う機会を得たので、スマホ初心者を意識した使い方で検証してみました。価格以上のパフォーマンスを発揮するのかどうか。スマホ選びの参考になれば幸いです。

    軽量かつコンパクトなボディー

     本体は縦横ともにコンパクト。横幅はがっちりホールドでき、縦も片手で操作できるサイズになっているので、他のスマホは少し大きいと感じる人でも問題なく扱えるでしょう。

     背面は光沢のある質感で、側面はシルバーフレームが囲います。高級感はありませんが安っぽさも感じず、良い意味でとてもシンプルデザインです。背面がツルっとしているので、まれに手が滑りそうになることも。万が一のときを考えて、ケースを付けておくといいかもしれません。

     その他、上部にはイヤホンジャックを搭載。また、最近の機種ではめずらしく、左側面にストラップホールがあります。首から提げたり手首に通したりして使いたい人にも優しい設計です。

     ディスプレーサイズは約5.8型、解像度はHD+(720×1560ドット)。インカメラにはしずく型のノッチを採用しています。上下左右のベゼルはそこまで細いわけではありませんが、ふだんから大画面モデルを使っているユーザーでなければ、不満を抱くことはないでしょう。ただし、解像度が抑えられているため、やはり画質の点では他機種より劣るかなという印象です。

    カメラはまずまずの実力

     Galaxy A20は約800万画素(F値1.9)のシングルカメラを背面に搭載。撮影日が曇天だったことも多分に影響しているのですが、全体的に少し明るさや鮮やかさに欠ける印象です。食事や植物など被写体に近づいて撮るシーンでは、画面をタップして明るさを調節するときれいに撮れました。

    ※作例はすべて原寸で掲載しています。データ通信量にご注意ください。

     予想していたよりもきれいに撮れたのが夜景です。明暗のバランス不自然でなく、目で見た景色に近い明暗のバランスで撮影できたように感じました。

     インカメラは約500万画素、F値は2.0。「美肌」「小顔」といった効果はありませんが、自然な仕上がりに撮れます。

     おそらく晴天であればもっと色味のある写真が撮れるでしょうが、やはり色彩の豊かさはもうひとつといったところ。反対に夜景撮影は評価したいポイントです。夜景はハイエンドスマホでも美しく撮るのが難しいですが、Galaxy A20は自然に仕上げていました。

     カメラはまずまずの性能ですが、2万円台という価格を考えれば、十分な実力といえるでしょう。周囲の環境や被写体によって仕上がりが大きく変わるのも、無理にきれいに処理しようとして不自然デジタル感が出てしまうよりはいいと個人的には思います。

    バッテリー安心の3000mAh
    動作は若干のもたつき感が……

     OSはAndroid 9、CPUはExynos 7884Bを搭載し、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。

     スマホパフォーマンスを数値化して評価できる「AnTuTu Benchmarkアプリベンチマークを計測してみると、「114787」とミドルレンジに相当するスコアを記録しました。

     処理性能は高くないので、実際に文字入力にタイムラグがあったり、アプリの起動が遅れたりすることがありました。複数のアプリを立ち上げてガシガシ使うのはオススメしません。

     バッテリー容量は3000mAh。外出先で行先までの経路を確認したり、電車の乗り換えを調べたり、気になったものをカメラで撮ったりしましたが、電池切れの不安なく使えました。

     動画やゲームを楽しむようなヘビーユーザーでなければ、外出先で電池切れになることはないかと思います。

     便利機能としては「アシスタントメニュー」機能を搭載。画面内の好きな場所にアイコンを動かして、指を大きく動かさずに音量の調節や通知パネルの表示ができます。また、高コントラストキーボードに設定できます。さらにFM放送が聴ける「radikoアプリがプリインストールされており、災害時などでも安心です(FM放送を聴くには有線のイヤホンを接続する必要があります)。

     指紋センサーは搭載しておらず、顔認証が利用できます。逆光などで顔が暗くなると認証が遅くなることがありましたが、精度はおおむね問題ないと思います。その他、防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)、FeliCaに対応します。フルセグ/ワンセグには対応していません。

    【まとめ】スマホデビューにぴったり
    真のエントリースマホ

     Galaxy A20の最大の魅力は、2万円台という価格です。ディスプレー解像度カメラの性能は決して高いものではありませんが、「画面は大きいほうがいい」「ポートレート写真とか夜景をもっときれいに撮りたい」といった悩みや不満は、スマホを使いこんでから感じるもの。この安さを考えれば、むしろその実力は高いと言えるでしょう。

     最低限の基本機能を搭載するため、スマホがどんなものかを知ったり、自分にはどんな機能が必要かを見極めたりできます。スマホデビューに悩んでいる方は、最初の1台として検討する価値は大アリです。

    2万円強で購入できる「Galaxy A20」は真のエントリースマホ!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【話題 注目情報 2万円強で購入できる「Galaxy A20」は真のエントリースマホ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【元記事をASCII.jpで読む】

     今回レビューするのは、サムスン電子の「Galaxy Fold」。名前に「Fold」とあるように、本機の最大の特徴は折りたためること。従来のスマホにない大画面を搭載する、スマホタブレットを兼用できるモデルです。国内ではauの専売で、価格は24万5520円(税込)カラーは「スペース シルバー」の1色となっています。

     今回はGalaxy Foldでどのような使い方が最適なのか、フォルダブルの利点は何なのか、筆者が探りながら過ごした1週間をレポートします。

    閉じると意外にもスマートなサイズ

     まずはデザインから見ていきましょう。Galaxy Foldは閉じた状態でも背面側にあるディスプレーで普通に使用できます。かなり分厚くて使いにくいのでは……と思っていましたが、縦に長いので持ちやすく、むしろ良いサイズ感ではないかと。ただし、重量は約276gとかなりずっしりしています。

     本体右側には音量ボタン、電源ボタン、指紋センサー、そしてSIMカードスロット(開いたときは左側に)。下部にはUSB Type-Cポートを搭載します。

     背面には、約1600万画素(超広角)+約1200万画素(広角)+約1200万画素(望遠)の3眼カメラを搭載。作例はのちほど紹介します。銀色のボディーは、どことなく未来を感じさせます。

     いざ開いてみるとさすがの存在感。わかってはいましたが、やはり大きいです。片手で持ったときに親指の届く範囲は、ディスプレー中央をわずかに越えたところ。落下の不安もあるので、両手で操作するのがいいでしょう。

    大画面はやっぱりメリットがある

     約1週間Galaxy Foldを使って感じた、超大画面であることのメリットを紹介します。

    マルチタスクが便利に使える

     複数のアプリを並べて表示する「マルチタスク」機能。従来のAndroidでは上下に画面が分割され、アプリ画面が見づらいですが、Galaxy Foldの大画面なら問題なしです。左右にアプリを開けるので画面が見やすく、操作性も良し。別のアプリを重ねてフローティング表示できる点も良かったです。

     個人的には、開いているアプリに別の画面を重ねるフローティング表示が好みでした。フローティング表示のウィンドウは自由に動かせるので使いやすいです。

    文字も写真も見やすい

     開いたときの画面サイズは約7.3型。ふだん見ているウェブサイトや、撮った写真が大きく表示できるので、とても見やすい。ウェブの閲覧時でいうと、視線移動の頻度がぐっと減りました。ページ幅が広がると行数が減るので、視線の往復が少なくなり、以前よりもスムーズに読み進められます。

     写真もこのサイズで見ると迫力が増します。筆者はよくiPadサッカーの試合を観戦するので、タブレットの画面サイズに慣れていたのですが、Galaxy Foldは動画も十分楽しめるサイズです。持ち運べる手軽さと大画面を両立しているのは、フォルダブルの大きな魅力といえるでしょう。

     ちなみに折り目部分は、光の当たり具合や表示画面の明るさによって、ときどき凹みが見えることはありますが、気になるほどではありませんでした。

    写真が撮りやすい

     開いた状態でカメラを起動すると、画面全体が大きなファインダーになるので、構図の良し悪しや、細部にピントが合っているかどうかなどの確認がしやすいです。

     以下に作例をいくつか紹介します。

    カバーディスプレーの出番は少ない
    両手操作は必須

     メリットがあったいっぽうで、悩んだ点もありました。

    カバーディスプレーの使い方に迷う

     約4.6型のカバーディスプレーは閉じたときに使用しますが、今回は通知を確認する程度で、ほとんど使いませんでした。もちろんサブ的な位置づけなのでしょうが、ウェブを見るにもカメラを起動するにも小さいので、どう使えばいいか迷ってしまいました。

    片手操作はやっぱり難しい

     片手で操作できる範囲はディスプレーの1/4程度。スクロールなど簡単な操作は別ですが、文字入力はキーボードも大きいので両手で行なう必要があります。大画面の利便性とのトレードオフなので仕方ありませんが、片手しか使えない状況も多々あるので悩ましい場面も出てきそうです。そもそもかなり高価な端末なので、落下による破損や故障を回避するためにも両手で持って操作したほうがいいでしょう。

    動作はサクサク快適

     OSはAndroid 9.0、CPUSnapdragon 855を搭載します。スマホパフォーマンスを数値化して評価できる「AnTuTu Benchmarkアプリベンチマークを計測してみると、「454958」とハイエンドのなかでも上位のスコアを記録しました。たしかに動画を2時間ほど(サッカー中継1試合)見ても、本体が熱くなることはありませんでした。

     バッテリー容量は4380mAh。使っていて電池持ちに不安を感じることはありませんでした。仕事にプライベートにフル活用したいなら、モバイルバッテリーがあると安心でしょう。

     生体認証は指紋/顔に対応。個人的には顔認証のスピードがとても速いように感じました。指紋センサーは上下になぞることで、通知センターを表示/非表示することができます。防水/防塵、おサイフケータイワンセグ/フルセグには非対応となっています。

     その他、ホームボタンや戻るボタンの位置を変更できます。また、初期設定ではQWERTYキーボードになっていますが、設定からテンキーを選択できます。

    【まとめ】大画面の利便性は確かにある
    ただし価格はどうしてもネック

     ここで紹介したのは、従来のスマホと同じ使い方にすぎません。フォルダブルフォンで何ができるのだろうと思いながらGalaxy Foldに触れていましたが、フォルダブルでなくては! という強い理由は見つからないままです。何より24万円という価格もネックになるでしょう。(筆者自身、この端末を持ち歩いて外で使うことに1週間ずっとひやひやしていました)

     とはいえ、大画面の利便性は感じましたし、何より新時代のスマホ(のはじまり?)であることは確かだと思います。これから5Gの時代が来れば、スマホのかたちや役割も変わってくると言われています。ガジェット好き、新しい物好きなら、一度手に取ってみて未来を感じてみてはいかがでしょうか。


    この超大画面をどう使う? 24万円の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【注目情報。この超大画面をどう使う? 24万円の折りたたみスマホ「Galaxy Fold」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     平成を過ぎて令和となった今も、一定の需要がある「昭和レトロ」。古いポスターや調度品が並ぶ居酒屋や商店街が評判を呼んだり、あえて昭和っぽい雑貨を生活に取り入れる人も少なくない。

    【その他の画像】

     「黒電話」もそんな昭和レトロ系雑貨の代表格の1つだ。今や国内でほぼ製造されていないとされ、スマートフォン世代にはそもそも使った経験のない人も多いのではないだろうか。そんな黒電話の流通が、なぜか中古市場でちょっと活発化しているという。

     スマホの普及で固定電話自体を自宅に置かない人も増える中、実用性の薄そうな黒電話はやはり、昭和レトロ好きの人々に好まれているように思える。ただ取引の動きを見ると、全く違った背景がそこにはあるようだ。

     今回はメルカリの持つ独自データを活用し、同社のサービス上で取引された黒電話の件数を分析した。同社によると、2015年黒電話の出品数は月当たり数十件程度で、売却数も1桁~10件前後しかなかったという。

     しかし取引量は最近、謎の増加傾向に。19年は毎月数百件程度の出品があり、売却数も100件前後と、4年間で桁が1つ跳ね上がった結果となった。

     この間に昭和レトロのような、黒電話にまつわるブームが急にあったという可能性も無い訳ではない。ただ、19年内の推移に着目すると、「上半期に比べ、9、10月の出品量は約2倍、売却が成立した数も1.5倍程度に伸びた」(同社担当者)という。

    ●実は「停電でも通話可能」故の防災向け

     今年の9~10月というと、大きな台風が集中して日本列島に上陸して被害を出したニュースが記憶に新しい。「推測だが、9月から取引が活発になっていることから、10月の大型台風に備え防災の対策のために黒電話を購入する人がいたのではないか」(担当者)。

     不動品の出品もあるため、「昭和レトロ調雑貨」としての需要もあるとみられる半面、取引量増加のタイミングを見ると、どうも防災目的で取引が活発になっている可能性が高い黒電話。実は近年、防災系のまとめサイトなどで、「停電時にも黒電話は使用できる」という話が浮上しているのだ。メルカリヤフオク!上でも、黒電話の出品者による「停電時にも使えます」といったコメントが散見される。

     実際はどうなのだろうか。総務省Webサイト(「停電時の固定電話IP電話の利用について」)では、停電時でも使用可能な電話の例として、「電話機から電話線のみ出ている黒電話」が挙げられている。

     NTT東日本の担当者も「黒電話は商用電源を用いておらず、電話回線からの給電により動作しているので、電話回線が正常な場合には、停電時でも黒電話は利用可能」と説明する(ただし全ての黒電話が「電話線のみで稼働」する訳ではなく、黒電話の後に出た商用電話機の中にも停電時使える機種は存在する)。

    ●プロ「公衆電話スマホ利用がお勧め」

     スマホ全盛の時代における、黒電話の謎人気。「停電時でも電話線から電気を得ている黒電話は使える」という一種のライフハックが背景にあるとみられる。ただ、電話や災害対応のプロは必ずしも、災害対応での黒電話活用をお勧めするわけではないようだ。

     NTT東日本の担当者は「停電時の電話確保は、(災害に比較的強いとされる)公衆電話の利用を推奨している」と説く。ただ、停電時はテレホンカードが使用不可になるので注意も必要とのこと。

     家庭や企業の防災対策に詳しいアドバイザーの高荷智也さんも「黒電話に回線を直接引っ張っている場合、電話線がつながっていれば確かに通話はできる。ただ、大地震など被災地に電話が集中してしまい、電話回線の規制が起きて電話自体が使えなくなる可能性がある」と説く。「一般の方に(防災で)黒電話はお勧めできない。『停電の時に使える』というトリビアが一人歩きしたのかもしれない」。

     現実的な防災時の通信手段としては「現状ではやはりスマホだろう。電話やメールだけでなくLineなどでも通信できる。家族や職場との連絡がネット上で完結できるアプリが適している」(高荷さん)と説明する。

    【画像】謎のプチ人気、黒電話


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【黒電話が謎のプチブーム? 「昭和レトロ」だけでない真の理由とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     2019年12月16日現在、プレイステーション5PS5)に関する誤情報がネットで広がっている。

     これは、GAMERS GATEというブログに掲載された情報に端を発するもので、以下のような発売日や価格などに関する内容が記載されている。




    プレイステーション5の発売日が2020年12月4日(金)に決定した。価格は69,800円(税別)から。

    スタンダードモデルであるPS5 Standardは1TBのSSDを搭載し、基本機能を有している。

    上位モデルであるPS5 Premiumは4TBのSSDを搭載していて、レイトレーシング専用のGPUも別に搭載しているため、グラフィック性能もスタンダードより高い。価格は109,800円(税別)、両モデルともに予約は来年3月20日より開始される。

    &cite{start};出典:GAMERS GATE&cite{end};


     この件について、ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)の広報担当に問い合わせたところ、「掲載された内容は公式発表ではありません」と今回の情報内容を否定。また、「噂や憶測に関してはコメントを差し控えさせていただきます」という回答を得た。

     2020年の年末商戦期の発売が発表され、ゲームファンからの期待が高まるPS5だが、さらなる情報はメーカーからの公式発表を待ちたい。

    PS52020年の年末商戦期に発売決定!
    https://www.famitsu.com/news/201910/08184762.html
    PS5の気になるポイントソニーに直撃! PS4互換は検証中。Ultra HD Blu-rayの再生&新コントローラーの詳細も
    https://www.famitsu.com/news/201910/08184763.html


    「PS5の発売日や価格に関するデマが広がる。ソニーは「公式発表ではない」と否定」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【PS5の発売日や価格に関するデマが広がる。ソニーは「公式発表ではない」と否定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     自転車で街を移動していると、「不便だな」と思う瞬間がいくつかある。自転車を停めようと思っても駐輪場が見つからない。見つかっても空いていない。目的地の近くに駐輪場がなく、結局歩いている。

    キントーン
    新宿マルイ メンで行われたKintoneシリーズの試乗販売会(11月30日まで、現在は終了)
     行きは晴れていたのに、帰るときには雨が降っている…。しかし、自転車よりも便利で気軽に使える乗り物を見つけてしまったのだ。

     株式会社KINTONE(キントーン)電動モビリティKintoneシリーズの試乗販売会が「新宿マルイ メン」で開催された(※現在は終了)。公道走行可能なキックボードを始め、ほかにも複数の電動モビリティに乗ることができる。実際に試してみると、これが予想以上に便利すぎた。

    電動キックボードが便利すぎる

    キントーン
    Kintone α GO(キントーン アルファ ゴー)
     まずはキックボード型の電動モビリティ「Kintone α Go」(以下、電動キックボード)だ。1回4時間の充電で5~10km走ることができる。ブレーキランプナンバープレートウィンカー、ミラーホーンが搭載された公道仕様もあり、安全に運転することが可能だ。

    キントーン
    ウィンカーの付いた公道仕様の電動キックボード
     電動キックボードの利点について、販売担当の男性はこう話す。

    「生活圏の狭い、都心で暮らしている方であれば、この1台ですべて行動エリアカバーすることができます。逆に、田舎で暮らしている方はコンビニに行くだけで徒歩20分かかることもある。歩くには遠いけど、車を使うまでではないという場面でも便利です」

    ワンタッチで折りたたんで収納できる

     上記の場合、自転車を使うことが一般的であるが、その差別化はどういった点なのだろうか。

    自転車の場合、気軽に電車に積むことができません。この電動キックボードはワンタッチで折りたたむことができ、片手でも軽々持てる重さです(10kg、公道使用でないものは9kg)。サイズも持ち歩くことを前提にしてあるので、電車に持ち込んでも手荷物感覚で運ぶことができます。また、雨が降った場合、自転車は家に入れておくことはなかなか難しい。電動キックボードは折りたたんで部屋に入れておけばいいのです」

    キントーン
    折りたたみはワンタッチ
     ここで思い付くのが通勤での利用だ。たとえば、自宅から駅までバスまたは自転車で向かい、そこから電車に乗って通勤するというパターン自転車を使うには、駐輪場を契約しておく必要がある。それこそ、帰宅時に雨が降っていたら濡れて帰るか、駐輪場に置いておくというかたちになり不便だ。しかし、電動キックボードがあればその悩みは解決する。会社に持って行ってしまえばいいのだ。充電はコンセントに差し込むだけなので、スマホを充電する感覚となんら変わりはない。

    実際に使ってみた乗り心地はいかに

    キントーン
    公道使用用のライトもばっちりつく
     家の周りの生活圏での利用だけでなく、通勤での利用も見えてきた。ではその乗り心地はいかなるものか。電動キックボードとミニセグウェイに実際に乗ってみた。

    キントーン
    体験する編集N。アクセルを入れるとグーッと加速する
     電動キックボードの乗り方は、基本的にキックボードと同じ。自分の足で蹴って走り始めたところで、手元にあるレバーでアクセルを入れるとグーッと加速。最高時速は25kmまで達し、減速・停止用のブレーキもある。

     さらに、ハンドルに付いたディスプレイには速度・走行距離、バッテリー残量が表示されているので、常に車体の状態を確認しながら走行ができる。カーブも身体を傾ける感覚のみで行われ、とくに走行に技術が求められることもない。これなら、おおいに通勤手段のひとつとして活用できると実感した。

     ミニセグウェイは、多少の慣れは必要であるものの、バランス感覚に不安を覚えている筆者でも5分もあれば乗りこなせるようになった。こちらの運転方法はさらに感覚に根ざしたものになっている。

     前に進みたいときは前に体重を、止まりたいときは後ろに体重をかける。カーブも身体を左右に傾けるだけ。加減や角度はかけた体重によって変わる。自分の足で歩いているかのように自由自在で、乗っているだけで非常に楽しい。こちらは移動手段というよりも、遊び道具としての需要が高そうである。

    電動キックボードの値段は5万4780円

    キントーン
    会場にはミニセグウェイ
     試乗会は惜しまれつつ11月30日に終了。しかし、訪れたお客さんの反応はかなりいいようだ。

    「興味津々で来場する人もいれば、半信半疑の人もいます。しかし、両者に共通して言えるのは、いちど乗ってしまえば欲しくなるということです。新宿という土地柄、歌舞伎町のホストの方々が購入していく機会が多かった。彼らの生活圏は歌舞伎町という狭い範囲です。やはり、自分の生活圏内の移動手段としては抜群に便利です。しかし、電動モビリティは娯楽としての意味合いも強いため、欲しくても手が伸びないパターンも多いですね。みなさん、欲しいは欲しいのですが」

     かくいう筆者も、欲しいは欲しいのだけれど即買いはできなかった。電動キックボードの値段は5万4780円と、決して高いものではない。むしろ、性能と利便性から見ると、かなりコスパの良い買い物な気がする。この良さに気が付き、購入する人が増えていけば、「みんなが乗っているなら私も買ってみよう」という日本人的な考えで、利用者は一気に倍増するのではないだろうか。

     電動モビリティに対して、近未来の乗り物という印象をお持ちの方も多いだろう。しかし、実際に乗ってみると、日常生活に密接に関わる身近なもの、という印象に変わった。電動モビリティは近未来の乗り物ではなく、すでに現代の乗り物といってもいいだろう。

    <取材・文/國友公司>

    【國友公司】

    週刊誌記者・裏モノ系のフリーライターです。男の娘ニューハーフが好きです。『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』発売中。ツイッターは@onkunion

    公道使用用のライトもばっちりつく


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【自転車移動のイライラを解消?最新「電動キックボード」に乗ったら驚いた】の続きを読む

    このページのトップヘ