社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ◆伊勢谷容疑者の出演作が次々と配信停止に

     各種報道でも盛んに言及されている通り、2020年9月8日に俳優の伊勢谷友介容疑者が大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

     この影響を受け、伊勢谷容疑者とエージェント契約を結ぶ芸能事務所の「カクトエンタテインメント」は契約解除の方針を示した。

     SNSワイドショーでは伊勢谷容疑者に対する非難や失望の声が数多く上がっているが、世論に異を唱える著名人も少なくない。同じく俳優の窪塚洋介氏は、SNS上で「誰も被害者のいない犯罪を犯した者に対して、皆でよってたかって石を投げている日本国民特有のその姿が気持ち悪い。(法律上、犯罪は犯罪なのでそこに異論はありませんが、更生しやり直す可能性やその意志の芽まで摘むような所業はどうかと思います。)」とコメント

     同時に、伊勢谷容疑者個人の問題ではなく、“そもそも大麻の所持、使用を罪に問うことは適当なのか”という問題にも言及している。実際、この事件を機に「大麻合法化」をめぐる議論も盛んになっている。

     本記事ではこのような議論に論点を当てはしないが、伊勢谷容疑者の逮捕に対する反応が必ずしも非難一色でないことは注目に値する。

     では、筆者は伊勢谷容疑者の逮捕をめぐるどのような点に異を唱えたいのかといえば、各種報道で言及されている「伊勢谷容疑者が過去に出演した作品の映像配信を停止した」という部分だ。

     NHKドラマスシャル『白洲次郎』、大河ドラマ龍馬伝』といった作品の配信を停止。TVer社は、9月5日に完結した日本テレビ放送のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』最終回の配信も配信サービスTVer」上で停止した。

    ◆薬物使用自体は「直接的な被害者がいない」罪
     過去にも同様のできごとがあった。2019年ピエール瀧氏がコカインの使用で逮捕されたときは、所属するバンド電気グルーヴ」の音源・映像作品がただちに配信停止、在庫回収という事態に発展した。俳優や声優、タレントとしても活動していたことから自粛の影響は各方面に波及した。

     しかし、こうした一連の対応は果たして適当だったのだろうか。

     先に引用した窪塚氏のコメントにもあるように、確かに違法薬物の使用は「誰も被害者がいない」という側面もある。筆者としても、仮に伊勢谷容疑者やピエール瀧氏が殺人や強姦といった罪を犯していたら、被害者や遺族の心情をおもんばかって作品の配信を停止するという措置にもある程度納得がいっただろう。

     ただ、実際の問題として違法薬物の使用によって「誰かが直接傷ついた」という事実は確認されていない。伊勢谷容疑者については、一部報道でDVに及んだ過去が報じられているが、言うまでもなく大麻の使用とDVを結びつけることは困難だ。なぜなら、大麻に手を出さずともDVを犯す人間はいくらでもいる。因果関係は証明できないだろう。

     また、「違法薬物に手を出したことで、結果的に反社会的勢力への資金供給につながっており、間接的に他人を傷つけたかもしれない」という批判も考えられる。確かにそうした側面は否定できないが、仮に伊勢谷容疑者の出演した番組を見たとして、すぐに反社会的勢力とのつながりを連想して不快感を抱く被害者は多くないのではないか。この批判も、「配信停止」を正しいと言い切る根拠にはなりえない。

     そもそもの問題として、おそらく伊勢谷容疑者は世間や配給会社といった「社会」が制裁を加えなくても、日本の法律にのっとった罰が課せられるはずだ。伊勢谷容疑者を裁くのは「大麻取締法違反」の罰だけで十分ではないか。もし、それでも彼の罪状が刑罰に対して軽すぎるというのなら、社会的な制裁ではなく法的な制裁、つまり量刑を決定する刑法の見直しをまず考えなければならないのではないか。

    日本人はダメで、海外の人間が違法薬物を使うのは許されるのか
     上記で違法薬物の使用によって配信を停止するのは過剰な対応だと思う根拠を示してきたが、ここではあえて「違法薬物の使用によって配信を停止するのは妥当な対応」と仮定してみよう。ただし、そのことを前提にすると我々は「ある矛盾」に直面しなければならない。

     「マーベル・コミック」に掲載された原作を実写映画化し、現在では「マーベル・シネマティック・ユニバース」という世界中で愛されるシリーズものの原点となったアメリカ映画『アイアンマン』に出演するロバートダウニー・Jrは、過去に薬物依存に陥った経歴がある。しかし、彼はそこから見事にカムバックし、同作のヒットで世界的俳優としての地位を得た。

     もし、彼の薬物依存が発覚した段階で作品の配信停止を含む社会的制裁が科され、俳優としてのキャリアが閉ざされていたら、『アイアンマン』がこれほどの名作になることはなかったかもしれない。

     そして、ロバートダウニー・Jrには違法薬物使用の過去があるにも関わらず、『アイアンマン』をはじめとする彼の出演作は現在も動画サイトで配信されている。もし、先ほど触れたように「反社会的勢力への資金提供による罪」で作品の配信停止を正当化するならば、彼の出演作も配信するべきではないだろう。

     さらに言えば、日本で愛されている名曲を手掛けた世界のロックバンドも、メンバーはかなりの割合で違法薬物に手を染めている。例えば、ビートルズメンバー全員が重度の薬物依存症であったとされ、名盤として知られる「ラバー・ソウル」や「リボルバー」には彼らの「薬物経験」が全面に反映されていると考えられている。

     しかし、言うまでもなく彼らは現在でも日本で愛され続けており、上記のアルバムは日本中のどのCDショップでも購入でき、楽曲配信も停止されていない。

     そう考えると、「なぜ伊勢谷容疑者やピエール瀧と同じ立場にありながら、作品の配信が停止されないのか」という疑問にぶち当たる(無論、「アイアンマンビートルズの楽曲も今回のように配信停止にするべき」と言いたいわけではない)

     「時代が違うから」「国が違うから」「薬物使用から時間が経っているから」ともっともらしく説明することはできるが、どれも「薬物の使用と配信の停止」を結びつける合理的な説明とは言い難い。

     上記の事実は、むしろ「作品に罪はない」という、配信停止に異を唱える側の主張を補強してしまっているようにさえ感じられる

    ◆作品の制作に携わった人たちやファンを「連座」させる必要はない
     最後の論点は、作品の配信停止という行為を通じて、作品の制作に携わった人たちやファンを伊勢谷容疑者の罪に「連座」させる必要はあるのか、という点だ。

     違法薬物の使用という罪については、現段階で報じられている限り伊勢谷容疑者個人の罪だ。それにもかかわらず、汗水たらして映像を制作した共演者やスタッフ、作品のファンは、なぜこんな目に遭わなければならないのか。

     もちろん、「共演者はみんな伊勢谷容疑者の大麻使用を黙認していたかもしれない」「彼をキャスティングしたこと自体に責任がある」と批判することはできる。また、「違法薬物を使用すれば、これだけ他人に迷惑がかかる」と、社会的な制裁を通じて、違法薬物使用の抑止力とする効果はあるかもしれない。

     しかし、繰り返すが伊勢谷容疑者の大麻使用は「伊勢谷容疑者個人の罪」であり、周りの人たちがそれに巻き込まれて罰を受けるのは極めて不条理だと言わざるを得ない。

     我々の身近で例えるなら、仕事で「あなたはこのプロジェクトで優れた成果を挙げました。ただ、チームメンバーが仕事とは関係ないところで薬物を使用したので給料を下げます。あと、プロジェクトの記録は抹消します」と言われているようなものだ。筆者なら間違いなく異を唱えるし、それは読者も同様なのではないか。

     誤解のないように断っておくと、筆者は伊勢谷容疑者個人の罪を擁護するつもりは全くない。大麻の危険性については議論の余地も残されているが、大麻の使用が発覚すればどれだけの人に迷惑をかけるかは十分に理解できていたはずで、彼に対して非難の声が上がるのは道理だとさえ思う。

     「誰も傷つけていない」と言われるが、彼は現時点で現在、過去の共演者やスタッフファンに加えて、社会貢献事業で携わった人たちなどの心を「直接的に」傷つけているからだ。

     それでも、やはり周りの人たち、何より「作品」そのものに罪はないと考えており、それらが罰を受ける現状は看過できない。

    ◆「配信停止は過剰反応」という雰囲気ができてほしい
     ただ、作品の配信が停止されると報じられたとき、それを不当だと思う人たちは「配信停止を決断した配給側」に非難の声をぶつけがちだ。しかし、それは間違っている。

     当然、多額の資金と時間を投じて制作した作品の配信停止を決断する配給側も苦渋の決断を強いられているからだ。彼らだって望んで配信を停止しているわけではない。一般的な企業であればスポンサーの、NHKはその性格上国民の反応に「忖度」せざるを得ず、作品は配信停止に追い込まれているのだ。

     つまり、筆者のように配信停止を過剰対応だと思う人たちは、スポンサーや国民一人一人が醸し出す「配信停止はやむを得ない」という「世論」に訴えかけていかなければならない。結局、どうして配信停止に追い込まれるかといえば、「配信を停止しろ!」という国民の声に負けているのが原因だからだ。

     そのため、世間が「薬物使用で配信停止は過剰対応なのではないか」という雰囲気を醸し出すようになれば、配給側はむしろこうした声に配慮しなければならなくなる。仮にそうなっても「犯罪者の出ている番組を世間で流すな」というクレームは入るかもしれないが、そこは「対応する必要のないクレーム」として処理してほしい。

     本記事が、そうした世論を形成する一助となれば幸いだ。

    <文/齊藤颯人>

    【齊藤颯人】
    上智大学出身の新卒フリーライター・サイト運営者。専攻の歴史系記事を中心に、スポーツ・旅・若手フリーランス論などの分野で執筆中。Twitter:@tojin_0115



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.cnn.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【薬物所持逮捕者の出演作配信停止という「過剰反応」。その根源は何なのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     世の中には奇妙な行動に出る人がいて、それが時々話題になるが、とある国では全裸で道を歩いて人々を驚かせた人がいる。
     ロシアのとある場所で、男が全裸で車が行き交う道路を歩き、渋滞を引き起こしたと、海外ニュースサイト『New York Post』と『THE Sun』が8月6日に報じた。

     ​>>車内に放置された犬を通りがかった人が窓を叩き割って救う 飼い主からも感謝<<​​​

     報道によると、男はロシアの車通りの激しい道に突如、裸で現れ、車道の真ん中に立って、車の流れとは別の方向に歩いていたという。男が車道に現れたことで道は渋滞した。道が渋滞するも男は歩き続け、1台の車の前で立ち止まったという。

     男が車の前で立ち止まると、運転席にいた男性が車から出てきて、男の顔を殴った。男はその場に倒れ気絶したそうだ。この一連の流れは、たまたま近くにいた人によって動画で撮影され、撮影者が自身のTwitterに投稿した。投稿は拡散され、『THE Sun』によると、投稿されてから1日で、動画は88万回以上再生されたという。

     『New York Post』は、拡散された動画の一部を公開しているが、動画には全裸の男が車道をゆっくりと歩き、1台の車の前で止まると仁王立ちする姿が映っている。男が仁王立ちするとすぐ、運転手の男性が運転席から出てきて男の右頬を殴った。男は殴られた勢いをつけたままその場に倒れ、気絶している。
     男がなぜ全裸で車道を歩いたのかについては分かっていない。なお、8月31日現在、全裸の男や男を殴った運転手が逮捕されたかどうかは不明である。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「男は目立ちたかっただけなのか。いずれにせよ迷惑だし犯罪にもなりうる」「車道を歩いて怖くなかったのか。轢かれる可能性もある」「動画を観たけど、運転手のパンチはかなり強そう。殴る必要はあったのか」「殴った男は罪に問われてもおかしくない。男が無事だといいが」「普通は裸で外を歩こうとは思わない。男はもしかしたら精神的な問題を抱えていたのかも」などの声が挙がっていた。

     海外には、全裸で奇妙な行動をし、動画が拡散されて話題になった人が他にもいる。
     オーストラリアクイーンズランド州で、男が深夜に洗車場に全裸で現れ、水浴びをした動画が拡散されていると、海外ニュースサイト『NEWS18』が8月25日に報じた。

    同記事によると、男は深夜に洗車場に現れ、知り合いと思われる男性にホースで水をかけるように頼んだという。男が現れた洗車場は、自動の洗車場ではなく、洗車スペースホースなどが置かれていて、自分で洗車するスタイルの場所だった。

     ホースの水は、車に付いた鳥の糞などを除去できるよう勢いがあるが、男はその勢いのある水を全裸で受け止めていたという。男は水浴びをした後、その場を後にしたが、翌日、ホース定位置に置かれていなかった洗車場のスタッフが不思議に思い、防犯カメラを確認すると、男が洗車場で水浴びをする姿が映っていた。

     スタッフは、男が水浴びする動画を自身のFacebookに投稿した。具体的な拡散数は分からないが、同記事によると、投稿は拡散されているそうだ。なお、ホースの水には洗浄効果のある洗剤が含まれているため、男の肌になんらかの影響が出た可能性もあるという。

     今回、事件が起きたロシアオーストラリアでは、日本と同様、全裸で公衆の場に現れた場合、罪に問われる可能性がある。世界には全裸で思わぬ行動に出る人がいるようだが、人々に迷惑を掛ける可能性の高い行動は慎むべきで、罪に問われてもおかしくはないだろう。

    記事内の引用について
    「Naked man blocking traffic gets knocked out by fed-up driver」(New York Post)より
    https://nypost.com/2020/08/06/naked-man-blocking-traffic-gets-knocked-out-by-fed-up-driver/
    「BATTERED Shocking moment naked man is knocked out with one punch as he struts down middle of a road holding up traffic」(THE Sun)より
    https://www.thesun.co.uk/news/12334101/naked-man-street-russia-punch/
    「Naked Man Takes 'Shower' with Hose Pipe at Car Wash Centre in Australia, Fully Dressed Friend Films Act」(NEWS18)より
    https://www.news18.com/news/buzz/naked-man-takes-shower-with-hose-pipe-at-car-wash-centre-in-australia-fully-dressed-friend-films-act-2818415.html

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【全裸で車道に現れ渋滞を引き起こした男、通行車の運転手に殴られその場で気絶】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     え、この言葉通じないんですか!?―― そんな体験談を日本各地の方から伺う読者募集企画「マジで方言じゃないと思ってた」。今回は三重県出身の方から「ささって」のお話を伺いました。

    【方言まとめ】「ぼっこ」「すいばり」「ズル混み」って分かる? 各地の“マジで方言じゃないと思ってた”言葉

    ●高校の先生「あさって以降の予定は、地域差があるから日付で必ず確認しろ」

     生まれてから大学入学まで三重県民でした。高校2年生のとき、広島県出身の先生が「お前たちが大学に行く前に大事なことを教えてやる。『ささって』は方言なので、他の地域では一切通じない」と黒板に図を書いて説明してくれました。

     「ささって」は学校の連絡などでも普通に使われていて、一切疑問を感じていませんでしたね。

    ※共通語では「あす」「あさって」「しあさって」と並ぶが、「あさって」の次に「ささって」が挟まる。それによって「しあさって」の日付も変わっている

    ―― 「しあさっての13時集合」の捉え方が違うと大変ですからね。集合時間を24時間、間違えてしまうかも。

     先生は「あさって以降の予定は、地域差があるから日付で必ず確認しろ」とおっしゃっていました。大学進学後は県外に住むようになりましたが、私はそもそも「ささって」を使わなかったので通じなかった経験はないですね。

    取材を受けた三重県出身の方による再現イラスト。こんな風に図を書いて教えてくれたそうです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【マジで方言じゃないと思ってた】先生から「大学に行く前に大事なことを」と教わった方言「ささって」(by 三重県出身者)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    image:pixabay

    道端で、ネコや犬を拾うという話は、日本においても割とどこかで聞く話です。家族と離れ、一人で生きている動物は数多く居るわけです。もちろんそれでも幸せなのかもしれませんが、長くは生きられません。そんな動物をなんとか保護したいと思うのは、人間のもしかしたら原始的な本能なのかもしれませんが、こちらの動物はなかなか凄いです。

    犬を拾ったんだけど・・・

    ということで今回話題となっておりますのは、こちらのワンちゃん。どうやら「かなり怒っている犬を拾った」ということで、何やら物々しい雰囲気の犬をFacebookに投稿。

    拾ったのはメリッサという女性。犬には首輪はなく、道端で死んだうさぎを食べているところを、確保したと言うから驚きだ。その話は後々とんでもなく恐ろしい事態に発展する。

    そしてFacebookからは衝撃的な投稿が寄せられた。

    「それは犬ではありません、キツネです」

    どうやらこれは、寄せられた情報によると、キツネではないかという声が寄せられ、キツネを勝手に捕獲したこの女性の投稿には44,000のいいねがついたようです。

    しかし、問題はそれにとどまりませんでした。

    さらなる事態に発展

    拾ったらキツネだった。

    それはよくある話なのかもしれません。しかし実はこれは犬でもキツネでもないのかもしれないという投稿が寄せられたのです。それは・・・

    コヨーテ

    コヨーテとは、食肉目イヌ科イヌ属に分類される食肉類。つまり肉食獣。

    実は数年前、おなじようにコヨーテと犬を間違えたという投稿があったようです。今回もおなじように見間違えた恐れがあるのですが、まさか捕獲してしまうとは。


    ちなみに、コヨーテと犬を交配させ、コイドッグなる動物を生み出すことも出来るようです。

    アメリカ合衆国原産の野生の犬種である。コヨーテとイエイヌの自然交雑したものがもととなり、
    一つの固定した種として発展したものである

    引用:コイドッグとは

    画像を見る限りは確かに、可愛いワンちゃんにみえるわけですが

    果たして、犬なのか、キツネなのか、コヨーテなのか、はたまたコイドッグなのか。真相はわからないものの、いち早くこの女性が怪我をしないように、この生き物を手放したほうが身のためではありそうです。

    Source:MirrorUK



    画像が見られない場合はこちら
    邪悪な犬を拾ったんだけど・・・実はとんでもない生き物と話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【邪悪な犬を拾ったんだけど・・・実はとんでもない生き物と話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     政府は東京など5都道県に出されている新型コロナウイルス緊急事態宣言について、あす解除を決定する方向で最終調整に入った。

    ・【映像】「火付けるぞ」豊島区職員の男を逮捕

     緊急事態宣言が続く首都圏1都3県と北海道の新規感染者の数は減少していて、きのうの東京の感染者は2人にとどまっている。新型コロナを担当する西村経済再生担当大臣も、きのう「良い傾向が続いていると 認識している」と評価している。

     政府は全面解除の方向で最終調整に入っていて、きょうの感染者数の動向をみながら、あす午前、諮問委員会で専門家から意見を聞いた上で最終的に判断する予定で、解除が決まれば、夕方、安倍総理大臣が記者会見で、発表する見通し。(ANNニュース
     

    ▶映像:「火付けるぞ」豊島区職員の男を逮捕

    東京など5都道県の緊急事態宣言、解除の方向で最終調整 安倍総理が会見も


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東京など5都道県の緊急事態宣言、解除の方向で最終調整 安倍総理が会見も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     新型コロナウイルス感染者急増で、東京都杉並区の医療が崩壊しかねない事態に陥っている。

     区内の感染者の合計は4月10日までに90人。うち退院者数は14人とされているが、「実は30人以上が一度も病院に入院しないまま自宅待機となっているのです。1週間もすれば自宅待機者は100人を超えるのではないでしょうか。軽症でも急変する場合があるとされているのに不安です」と区関係者は語る。

    「ここで踏みとどまれなければ、医療崩壊してしまう」

     だが、医療行政を担っている国と都の動きは遅い。「新型コロナウイルスの感染拡大スピードは極めて速く、営業自粛要請の対象に理髪店を入れるかどうかなどの議論で、のんびりと何日もかけていられる状況ではありません。このままでは医療崩壊どころか地域が崩壊してしまう」(区関係者)。そう危機感を募らせた杉並区は11日までに、新型コロナウイルス感染者病床を独自に整備する方針を決めた。区内の民間4病院へ合計20億円を超える区費を投入し、いうなれば准区営病院化して、その代わりに病床数を増やそうというのだ。

    「それでもギリギリの戦いです。ここで踏みとどまれなければ、もう完全に医療崩壊してしまう」と区関係者は焦っている。

     東京都の発表によると(杉並区とのまとめに時間差があり数値は一致しない)、都内の4月11日までの累計感染者は1902人だ。うち死亡者は40人。退院者は52人しかいない。

     前日までの23区内の発生状況は、(1)世田谷区173人、(2)港区143人、(3)新宿区133人の順で、杉並区は4番目に多い。

    3月19日に事態が一変した

     杉並区で最初の患者が確認されたのは2月18日だ。区内の病院に入院していた高齢の夫妻が感染していると判明し、同室の入院患者1人と看護師1人に移っていたことが分かった。この病院は外来診療を一時取り止めて、院内を消毒するなどしたため、それ以上の感染拡大はなかった。

    「その後は1日に5~7人程度の検体が保健所経由で検査され、ずっと陰性が続いていました」と区関係者は語る。

     事態が一変したのは3月19日だ。「一気に6~7人の感染が判明し、その後もどんどん増えていきました」と話す。

     4月の第2週になると1日に18人判明という日もあった。12日未明までに飛び込んできた最新情報によると、11日も10人の感染が分かった。

    通常の救急搬送の受け入れができない

     しかし、杉並区内で新型コロナウイルス感染者を受け入れられる病院の病床数は、最初の感染者が出た2月時点で2院に計4床しかなかった。3月19日からの感染拡大を受け、この2院が11日までに計21床へと増やした。だが、事態の進行には追いつけなかった。

     しかも、2院の病床は軽症と中等症の感染者用に整備したはずなのに、重症者を受け入れる都内の感染症指定病院が満床になったため、重症者への対応も迫られる事態になっている。例えば、「入院中の患者の呼吸状態が悪くなり、人工呼吸器を装着しなければならなくなっても、感染症指定病院の転院先がありませんでした」と、区内の医療関係者は語る。

     さらに悪いことに、他の疾病や外傷による救急搬送にも支障が出始めた。別の医療関係者は「ある病院の発熱外来を受診した患者の状態が悪く、すぐに入院が必要と診断されました。ところが、既に新型コロナウイルス対応のベッドは満床でした。そこで入院先の確保を保健所に依頼しましたが、案の定見つかりませんでした。結局、その病院の救急科で診療せざるを得なくなり、通常の救急搬送の受け入れはできなくなってしまいました。相当数の搬送を断ったそうです。しかも、救急科から感染症の患者を移した後も、消毒するまでは救急搬送を受け入れられませんでした。こうした事態が何度も起きているのです」と切々と訴える。

    感染者を受け入れると「毎月1億円とか2億円の赤字」

     小池百合子東京都知事は3月23日140床しかなかった新型コロナウイルス感染症の受け入れ病床数を4000床に増やすと表明したが、そんなに簡単にはいかない。

     このため都は軽症者をホテルへ移動させ始めたが、もはや感染拡大のスピードが完全に上回っているのだ。

     東京で新型感染症が発生した場合に真っ先に受け入れる役割を持っている都立病院では、外気との圧力差でウイルスが広がらないようにした「陰圧」の病室を整備しているところがある。しかし、一般の民間病院にそのような病室はない。

     そこで、病室の線引きをしたり、一般病床との動線を分けたりするだけでなく、感染症対応のスタッフも確保しなければならない。それどころか、感染者を受け入れていると知られた段階で風評被害を受け、他の症状の受診者が激減してしまう。

    「各院とも毎月1億円とか2億円とかの赤字が発生すると言われています。そんなことを続けていたら経営が持ちません。長い戦いになると言われているのに、病院そのものが破綻してしまう」と区関係者は危機感を募らせる。

    20億円の区費を投入して病床を確保する

     そこで、杉並区は医師会や区内の病院と相談し、名乗りを上げた4院を対象に(既存の2院も含む)、新たに70床程度の新型コロナウイルス専門の病床を確保すべく、合計20億円を超える区費を投入すると決めた。近く議会に諮りたい考えだ。

    「既に感染者を受け入れている病院では医師や看護師がかなり疲弊しているのが実情です。でも今、踏ん張らなければ完全に医療崩壊してしまいます。そこでせめて病院の経営を支えるために支出するのです。実質的な半官半民と言えるでしょう。ただし、金額を細かく積み上げている余裕はありません。とりあえず支援し、あとできっちりと監査する予定です」と区関係者は話す。

     また、区内ではいくつかの病院で、新型コロナウイルス用の発熱外来がプレハブやテントで整備されている。ここで働く医師や看護師は防護服を着なければならず、これから暑くなる季節はストレスと肉体的な疲労にさらされる。一方、個人の開業医も、感染が疑われる患者が外来に来ると、スタッフに移る恐れがあり、専門の外来を受診してもらいたいのが本音だ。

     そこで杉並区は、病院で整備されている発熱外来には、開業医にも詰めてもらえないかと考え、その分の日当を1日当たり約16万円分支払う方針を固めた。この額は休日急病夜間診療に区が支払っている費用から計算したが、詰めてもらうのは1回当たり3~4時間程度になる見込みで、実質は5~8万円程度になるようだ。

    「今がまさに分岐点です」

     こうした医師への日当は、都が既に約3万円を補助している。ところが、都は区の方針を知った段階で「区が出すなら都は支出しない」と決めた。

     これに対して区関係者は「とんでもない態度です。開業医は診療所を休み、場合によっては感染の恐れもあるのに、わざわざ来てくれるのです。ならば逆に都に聞きたい。もし都の約3万円の補助だけだと、自分が経営する診療所の看護師や事務員の給料も支払わなければならないのに、開業医は発熱外来に詰めるだけで赤字になりかねない。それでいいのか」と憤慨する。区は都が支出を止めた分を代わりに負担する方法を検討している。

    「民間病院や診療所は、新型コロナウイルス対策に関われば関わるほど疲弊していくのが現状です。そのような事態を、国も都もシミュレーションしていなかったのではないでしょうか。これでは第二次世界大戦で物資の補給もなく多くの兵士が死亡したインパール作戦と同じです。新型コロナウイルスは国や都の医療政策や政治家の都合に合わせてくれません。こちらが合わさなければウイルスとの戦いに負けてしまうのです。今がまさに分岐点です」と区関係者は語った。

    (葉上 太郎)

    小池百合子東京都知事 &copy;AFLO


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「もうベッドが足りない」「救急搬送を受け入れられない」……いま杉並区で起きている“医療崩壊”の壮絶な現場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    巣鴨地蔵通り商店街(昨年の縁日の様子。写真提供:巣鴨地蔵通り商店街)

    「商店街としても、ここまで人が来ると考えていませんでした。ご指摘、ご批判には、反論のしようがありません。大変申し訳ないと思っております」

    新型コロナウイルス拡大で、外出自粛が要請されている東京。だが4日、巣鴨地蔵通り商店街(豊島区)では縁日が開かれ、屋台が並んだ。大勢の人々が来ていたことも含め、ネット上では「狂ってる…」などと批判が殺到した。

    こうしたことに対し、同商店街の広報を務める木崎さんは反省の弁を述べている。なぜ縁日は開催されたのか。聞くと屋台業者への補償対策がないことや、「とげぬき地蔵尊」への信仰が大きく関係していた。

    ■もともとはお参りがメイン

    巣鴨の縁日は、戦前に始まり、毎月4・14・24日の月3回開かれている。「縁日」と聞くと、飲食店の屋台が歩行者天国状態の道路上や公園などに所狭しと並び、屋台目当てでお客が訪れるー。こうした考えが一般的だ。

    だが巣鴨の場合、「とげぬき地蔵尊高岩寺」と呼ばれる地蔵に、信者が「ご利益を得たい」と、信仰目的のもとで始まった。

    「あくまでも、お参りがメインであって、屋台ではありません。ですので、本来の目的、意図からズレているところはあります」(木崎さん)

    関連記事:人気3人組YouTuber、外出自粛を受け… 「今後の活動」に称賛

    ■屋台業の苦境と精神的要因

    各屋台を運営するのは、商店街の各店ではなく、都内各地で屋台を開く東京街商協同組合。同組合に加盟している各屋台主に対し、組合は自粛を要請した。功を奏したのか、3月の縁日では多くの屋台主が自粛し、「人通りは少なかったです」(木崎さん)。

    だが、政府が進めている、コロナ影響で経済打撃を受けた事業主などへの補償が実現しないことなどに、生活がかかった各屋台主は4日、開くことを決意。また、人々の精神的な要因も関係しているのではないか、と木崎さんは話す。

    「外出自粛で行楽が奪われ、行き場を失った地元の人々。また、巣鴨の縁日はお参りに来る信者も多いですから、コロナ収束の気配を見せない現状だからこそ、『救われたい』と考えた人も出てきた。それが4日の縁日に大勢来てしまったのだと思います」

    ■今後の対策

    縁日が開催されると、報道やSNSなどにその時の様子が写り、批判が集まった。商店街のもとにも、5日19時時点で、メール60件、電話6件による苦情が相次いだという。

    「『駅前で信者に対して、お参りに来るなと言えばいいじゃないか』『なんでやってるんだ!』といったご指摘も受けました。重く受け止めております。ですが、今の外出自粛と同じように、お参りに来る人に『来るな』と強制はできないわけですし、開いてしまった屋台の方にも『閉めろ!』と言えないのです。

    組合も、『4日は集まり過ぎた』と反省しております。商店街としては、組合に対し、今後の縁日での屋台自粛をより一層、呼びかけてまいります」

    ・合わせて読みたい→遠野なぎこ、スーパーでの買い占め騒動にドン引き 「何も学んでないよ…」

    (文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

    巣鴨商店街、縁日“決行”で客が密集 批判相次ぎ謝罪「重く受け止めております」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【巣鴨商店街、縁日“決行”で客が密集 批判相次ぎ謝罪「重く受け止めております」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     千葉県内では、きょう新たに10人を超える新型コロナウイルスの感染が確認された

     船橋市で感染が確認されたのは20代から60代の男女7人で、このうち40代の会社員の女性は、きのう船橋市内で感染が明らかになった男性の妻だった。この女性を除いたほかの男性6人はどこで感染したかわかっていないということです。7人に渡航歴はなかった。

     また、千葉市では20代の男女2人の感染が確認された。いずれもこれまでに感染が明らかになっている患者の濃厚接触者だといい、咳などの症状が出たため検査したところ、きょう陽性が判明した。

     このほか、柏市でも2人の感染が確認されている。(ANNニュース
     

    ▶速報:千葉県 多くはルート不明感染者

    船橋市、千葉市、柏市で… 千葉県内で10人超の感染


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【船橋市、千葉市、柏市で… 千葉県内で10人超の感染】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     東京都は4日夜、記者会見を開き、新型コロナウイルスに感染し都内に入院していた5人(80代が1人、70代が3人、60代が1人)が新たに死亡したことを明らかにした。このうち3人は永寿総合病院の関連だという。これまでの東京都の死者は23人となった。(ANNニュース)(ANNニュース
     

    ▶映像:都内の感染者 新たに男女5人死亡

    東京都で新たに5人が死亡 新型コロナウイルス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東京都で新たに5人が死亡 新型コロナウイルス】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     東京都はきょう新たに118人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。36人については感染者との濃厚接触が確認されていて1人は海外渡航歴があったが、81人は感染経路がわかっていないという。また、きょう確認されたうち重症者は1人。

     これで東京で確認された感染者は892人となった。このうち重症者は22人で、死亡した人も含め、すでに74人が退院している。

     東京都の小池知事は「命が関わっています。何とかこの拡大を抑えたい。お一人お一人の行動が感染拡大を防止します」とするコメントを発表し、都民に外出を控えるよう、強く求めている。(ANNニュース
     

    ▶速報:118人感染の東京 81人経路不明

    118人中、81人は感染経路不明…小池都知事「お一人お一人の行動が感染拡大を防止します」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【118人中、81人は感染経路不明…小池都知事「お一人お一人の行動が感染拡大を防止します」】の続きを読む

    このページのトップヘ