社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    生活

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    スレッドには数々の失敗談が寄せられた

    人は"失敗"を積み重ねて成長する。一度、手痛く失敗してしまうと、次からは「もう同じ轍は踏むまい」と注意できる。だが、失敗を次に活かすか殺すかは、結局のところ自分次第だ。

    先日、5ちゃんねるに「経験上マジでやめとけってこと」というスレッドが立っていた。スレッド内には、過去にいろんな失敗をしてしまった人々からのアドバイスが数多く書き込まれている。いくつかを引用して紹介をさせていただきたい。(文:松本ミゾレ)


    いじめ、先延ばし、ブラック奴隷……


    いじめいじめてた奴が自殺未遂した挙げ句転校したから流石に反省した」
    「先延ばしにしてギリギリまで行動しない」
    ブラック企業で働き続ける」
    「教師になる気無いのに教員免許取る」

    社会を生き抜く上で「これはやっちゃダメだなぁ」という当たり前の事例ばかりである。だけど、とりあえずここに挙がっているということは、そのやってはいけない禁忌を犯して、案の定……という経験をした人がいるということなんだろう。


    「言われなくてもやらねえよ!」という忠告も

    私たちがともすれば、やらかしてしまう可能性がゼロではない事例は、本当に我が事として注意しなければならない。しかし、スレッドには思わず笑ってしまうような「そんな失敗はさすがにしないでしょ」という忠告もあった。そちらも併せて紹介したい。

    「女子トイレに侵入」
    「マンション屋上で全裸日光浴」
    「雨どいから流れる水を飲む」
    オンラインカジノ

    どうだ、このバカのフルコースっぷり。失敗どころか、犯罪まで混じっている。言われなくてもそんなことしないよ、と言いたくなる失敗談ばっかりである。

    どれも言葉にならないほど粗末なんだけど、そういえば、知り合いにオンラインカジノとFXで全てを失うどころか莫大な負債を抱えた人間がいる。お金にまつわるバカバカしい失敗って笑い話では済まないので、みなさんも絶対にやめておこう。

    いろいろと紹介していった次第だが、みなさんは誰かに忠告したい「絶対やめとけよ」という失敗はあるだろうか。僕は……そうだなぁ。とりあえず、定期的な歯科検診には行くべき、とだけ主張しておきたい。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 japan.casinobillions.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【経験者が語る「それだけはマジでやめとけ」と思うもの 「オンラインカジノ」「ブラック企業で働き続ける」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    おにぎり(gyro/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

    他人が作った料理に抵抗を抱いたことはないだろうか。軽いくらいなら誰しもあるだろうが、なかには「絶対に無理」という人も…。このことについて、女性向け匿名掲示板ガールズちゃんねる』の「人が作った料理が食べられません」というトピックが話題になっている。

    ■他人が作った料理が食べられない

    投稿者は、人が作った料理が食べられないという女性。飲食店であれば多少汚くても食べれるのだが、近所の人や友人、ママ友などが作った料理が食べられないという。

    投稿者は自身について「母親の握ったおにぎりしか食べられない種類の人間」だったとし、他の人が作る料理を食べることがつらいよう。大人になってからものすごくストレスに感じるようになったそうで、近所の人などが好意で差し入れてくれる手料理や漬物、友人との手料理持ち込みの女子会ママ友運動会などで一緒に弁当を食べようと誘ってくるのが嫌なのだとか。

    関連記事:「人が握ったおにぎり」が食べられない女性 切実な想いに「握る人の容姿による」の声も

    ■今では一切口にできなくなり…

    以前は無理矢理口に入れ、脂汗をかいていたというが、今は一切口に入れることができなくなったよう。人並みには友達を作ったり、コミュニケーションはとっていきたいため、他人の料理を口にできないことがとてもつらいと悩みを訴える。

    投稿者は、ユーザーたちに「同じ方でうまく人付き合いされてる方いますか?」と意見を求めた。


    ■「カミングアウトすべきでは?」との声も

    投稿を受け、ユーザーからは「人の作ったもの苦手、って公言してる人いるよ。今どきそんな人がいることぐらいみんな知ってるから別に誰も何も言わない」「カミングアウトすれば? 『他人が作った物が食べられないの』って。言われたら『あーそうなんだー。ごめんねー』って返すよ。内心がどうであれ」「友達なら伝えたほうが今後楽でしょ 私が代わりに全部食べるよ」とアドバイスが寄せられた。なかには「じゃあ関係断ち切れば?」といった厳しい意見もあったが、投稿者に理解を示す声は少なくない。

    また、飲食店のご飯であれば汚くても食べられるということから、カウンセリングを勧める声もみられた。

    ■人が握ったおにぎりを食べられない人は…

    投稿者と同様、何かと話題に上がりがちな「他人の握ったおにぎりを食べられるか問題」だが、全国の10~60代の男女1,721名に調査したところ、2割が「食べられない」と回答。

    男女・年代別で比較すると、女性に比較的その傾向がみられた。男性の場合、20代がもっとも高い割合だが、40代からグッと減る。一方、女性は30代を除けばすべての年代で2割をこえる結果だ。

    差し入れならともかく、その場で手料理を食べる際にいつまでも口を付けないというのは難しいもの。アドバイスにもあるように、どこかでカミングアウトすることも大切なのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→デート中SNSを更新する彼氏 注意して返ってきた言葉に同情も

    (文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
    対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

    他人が作った料理が食べられない女性 つらさ訴える投稿に反響相次ぐ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 j-town.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    【他人が作った料理が食べられない女性 つらさ訴える投稿に反響相次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    口座維持手数料が徴収される場合、9割以上が解約の可能性を示した

    エアトリは11月29日「手数料」に関する調査結果を発表した。調査は11月ネット上で実施され、20~70代男女1079人から回答を得た。

    「口座維持手数料についてどう思うか」を聞いたところ、「納得できない」(73.8%)が7割以上を占めた。一方、「納得できる」(8%)とした人は1割未満。海外では当たり前となっている手数料の一種だが、増税による家計のひっ迫や、銀行では他のあらゆるサービスに手数料がかかることから否定的な見方をする人が多いようだ。


    「維持しないといけない口座が限られる」


    「口座維持手数料を徴収される場合、保有している口座をどうするか」については「解約する」(23.5%)、「金額や条件によっては解約する」(67.8%)と合計9割以上の人が解約の可能性を示した。主な声としては

    「預けられた金融資産を運用して利益を得ているはずの銀行が、利息という形で顧客に還元しなくなって久しいが、それに飽き足らず預けるなら手数料を貰いますとは本末転倒、図々しいにもほどがあると思う」(50代・女性)

    といった厳しい意見のほか、「維持費を払ってまで維持しないといけない口座は限られる」(40代・男性)と冷静に考える人もいた。


    手数料取っても良いのは「荷物の再配達」「救急車の出動」

    銀行に限らず、納得できない手数料が「ある」(88.3%)と答えた人は9割に迫った。手数料の種類別にみると、最多は「ATMの手数料」(73.9%)。次いで、「携帯・スマホの契約事務手数料」(58.7%)、「銀行窓口における手数料」(55.9%)、「チケットの発券手数料」(51.1%)と続いた。利用者からは

    ATMは客が機械操作をして人件費削減に協力している行為です、無料で当然。」(60代・男性)
    「時間帯により異なること・金額により異なることが納得できない。」(30代・女性)
    「手数料という言葉に「やってあげている」という、上から目線の態度が見える。」(70代・男性)

    といった理由が挙がっている。

    一方、手数料を取ってもよいと思うサービスを聞いたところ、「荷物の再配達」「救急車の出動」「飲食店・ホテルなどの予約/キャンセル」「コンビニ・飲食店などの深夜営業」「相談」などの回答が寄せられた。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ginkou.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【口座維持手数料の導入、7割以上が「納得できない」と回答 「図々しいにもほどがある」という声も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    30代専業主婦の「働いてないってそんなにいけないことなのか」という投稿が大炎上している。4人の子育てに追われる毎日なのに、ママ友から「なぜ働かないの?」と聞かれることが「疲れる」というのだ。

    この投稿に対しては、「憲法に勤労の義務があること知らないの?」「働いて社会貢献をすべき」という厳しい批判がある一方で、「家事・育児も立派な仕事」「4人の子がいては働くのは無理」と応援の声も。専門家に聞いた。

    4児がいるのにママ友から「なんで働かないの?」

    話題になっているのは女性向けサイト発言小町(2019年11月11日付)に載った「働いてないってそんなにいけないことなのか。疲れる」というタイトルの投稿だ。

    「夫婦ともに30代半ば。12歳、5歳、3歳双子の4児の母です。大学を卒業した年に夫と結婚。すぐ専業主婦になったので働いたことがありません。理系を出ており、珍しい国家資格を持っているので何かあれば働くことは可能ですが、子供が成人するまでは働くつもりはありません」

    ところが、ママ友たちから何度も言われてきたのは、

    「なんで働かないの?」
    「専業主婦なんかしてないで働きなよ」
    「働かないでよく平気だね」

    という言葉だった。

    言ってくるのは9割以上が兼業主婦。投稿者はこう憤懣をぶつけるのだった。

    「夫の収入で十分やっていけています。逆に『なんで働いているの?』『兼業主婦なんてしないで子供の面倒見なよ』と言われたらどう思うでしょうか。お節介もいいところです。働く必要があるなら働きます、ないから働いていないだけ、ただそれだけです」

    この投稿に対しては、「兼業主婦のやっかみだから気にしないこと」という共感と応援のエールが6割ほどあった。

    「私も理系大学を出て、就職1年で結婚し専業主婦をして20年以上です。若い時は世間の目の厳しさに折れそうになりました。子供を持たない選択をしたので、なおさら言われました。家庭は千差万別、それぞれの思いがあるわけですから、何を言われてもスルーする能力をつける事をお勧めします。いちいち腹を立てるのは美容によくありません」

    双子を含む4人も子どもがいれば、そもそも働くことが無理なのでは、という意見も多かった。

    「双子のママです。同時に2倍手がかかりますから、マジ大変です。働くのは無理ですよ。大きくなるまでは大手をふって子育てに専念しましょう。お子さん4人大変ですね。でも楽しいのでしょう。言いたい人には言わせておきなさい」

    また、昔は働く女性のほうがバッシングを受けたものだったが......という指摘も。

    「私の母は昔で言うところの職業婦人。既婚女性の8割以上が専業主婦だった時代によく言われたのが『なんで働いているの?』『子どもがかわいそう』ですが、仕事に誇りを持っていました。時代は変わり、今や7割近くが兼業。結局、いつの時代もマイノリティーは叩かれやすく、いろいろと言われる存在なのです。この少子化時代に4人のお子さん。なんと素晴らしい。疲れたなんて損ですよ。スルースルー

    子育てや家事だって「立派な仕事!」という意見もあった。

    「30半ばで子供4人って、大学卒業直後からずっと子育てしているんだよね。それって重要な仕事だよ。なかなかできることじゃないよ。仕事というのは何も外でお金を稼いでくることだけじゃない。主婦業はなかなか評価をされにくいけど、夫や子供のために365日、休日のない大事な仕事だよ」

    「働いて社会貢献しなよ」「税金泥棒と言われるよ」

    一方で、投稿者を批判する声も4割近くあった。こちらは「憲法には勤労の義務がある」「社会貢献をしなさいよ」「税金泥棒といわれるよ」などと、専業主婦に対する反発のボルテージが高いのが特徴だ。

    「あなたは、日本国憲法に『勤労の義務』という言葉があるのをご存じでしょう。子供を育てているとおっしゃいますが、子どもの医療費ってほとんど無料ですよね。幼稚園や小中学校の費用にどれだけ税金が投入されていますか。すべて勤労した人からの税金からです。ご主人は勤労していても、あなたは勤労していない。大学費用にも税金がかなり投入されていたのに返していない。だから税金泥棒なんて言葉ができるのです」
    ニュースを見ていませんか?『女性も皆働いて税金おさめよう』『労働力不足は女性や高齢者の活躍で解消を』『第3号被保険者は優遇されすぎ』......。こうした記事が気になりませんか?自分の家庭内だけの狭い視野になって、社会状況に対する意識失っていませんか?これから日本は厳しい時代を迎えます。専業主婦が優遇されたのとは違う時代なのです」
    「働くこと。それはね、お金を稼ぐこと以外に得るものがあり、社会貢献することだからです。あなたは経済的に問題ないことしかあげていませんが、兼業主婦でも経済的には働かなくてもよい人はたくさんいます。しかし、自分の成長と、納税者となり社会保障を払う、社会を担うために働いているのです」
    「夫の収入が十分だから働く必要がないというなら中学卒でいいでしょうに。大学まで行く必要ありません。大学で学んで社会貢献したい、専門知識で働きたい人に枠を譲ってあげるべきでした」

    「離婚もリストラもある世の中、働かないと危ないよ」

    こうした辛辣な意見とは別に、

    「働くってサイコーに楽しいのに!」

    といった親身なアドバイスも多かった。

    ママ友さんたちが言いたいのは、やっかみではなく、あなたの不安定な生き方がとても気になるからだと思います。まず一度も働いたことがないという社会経験の不足。もう一つは、自分で稼がないことによって自分自身の貯蓄がない点。離婚もリストラもある世の中ですよ。子育てが終わったら、ぜひその資格を生かしてお仕事されるとよいですね」
    ママ友たちは、シンプルにもったいないから、あなたに能力があるのにそれを生かそうとしないから言っていると思う。私があなたの友達なら、早めの社会復帰をおススメするな。能力がない人にはいわない。私も兼業主婦を長いことやっていますが、子供たちが家を出た今、寂しさを紛らわせる意味でも、家以外に会社という居場所があってよかった、と思っています」
    「働かないと、いろいろなデメリットがあるよ。社会に出たことのない母親は、子供に就職などのアドバイスや悩み相談ができません。子供が仕事のことで悩んでも『働いたことのないお母さんにはわからない』と言われる。けっこう切なく、悔しい思いを重ねるよ。それが一生続くと思う。子供が成人してから働こうとしても、もう50代半ば。今から就労の準備をしておいては」

    働く女性の怒りを買った投稿者の一言

    J-CASTニュース会社ウォッチ編集部では、女性の働き方に詳しい、主婦に特化した就労支援サービスを展開するビースタイルの調査機関「しゅふJOB総研」の川上敬太郎所長に、この「働いてないってそんなにいけないことなのか」論争の意見を求めた。

    ――今回の投稿に対する反応を読み、率直にどんな感想を持ちましたか?

    川上敬太郎さん「個人的なことですが、まず投稿者さんの家族状況が、わが家とまったく同じことであることに驚きました。4人の子がいて、下2人が双子という順番まで一緒なのです(笑)。それだけに、日々の育児はきっと大変なことと思います。わが家の場合は、わんぱく坊主2人とおてんば娘2人だったので、子どもが幼いころは毎日が戦争状態でした」
    「私の妻は、結婚後しばらくは働いていましたが、終電が続く日もあるほどハードな環境だった反動もあり、長男が生まれた時に自ら専業主婦の道を選択しました。今は働いていますが、専業主婦だった15年間も十分ハードな毎日でした。私には、同じことを専業主夫としてできる自信はありません。わが妻ながら本当にすごい人だと思っています」
    「なので、同じ4人の子育てに勤しむ投稿者さんが、専業主婦であることがいけないことのように周囲から言われたということに驚きました。私の妻の場合は、そんな経験ありませんでしたから。育児においては、手がかかる子もいれば、かからない子もいます。障がいのある子もいます。人数の多い少ないに関係なく子育ては大変です。ひと口に専業主婦といっても実態はさまざまです」

    ――確かにそうですね。それにしても、J-CASTニュース会社ウォッチでは何度も専業主婦をめぐる論争を取り上げてきましたが、今回のように憲法第27条の「勤労の義務」や「社会貢献」「税金泥棒」という言葉まで出して専業主婦を厳しく批判する人が多いケースは初めてです。

    川上さん「気になったのは、投稿者さんが書かれている『働く必要があるなら働きます、ないから働いていないだけ』という一言です。この言葉の意味を裏返すと、『あなたたちも働く必要がないなら働かないはず、必要だから働いているんでしょ』という意味にも受け取れてしまいます。この一言が、大きな波紋を広げたと思われます」
    「働いていると、つらいことや悲しくなることもあります。そういう時には働きたくないなと思うことがあるものです。そんなストレスを背負いながら生活している人にとって、この一言は『あなたたちは、働かなければならないから働いているんでしょ。私は違うけど』というメッセージに伝わりかねません。投稿者さんが社会に出て働いた経験がないということとも相まって、働いている人の気持ちがわからない、嫌味なメッセージに受け取った人が多くいたと思います。投稿者さんも、余計な反感を買わないよう、日々の言動の配慮はされた方がよいかと思います」

    「専業主婦は孤独になりがち、周囲とつながろう」

    ――なるほど。それで、憲法まで持ち出して「働くべきだ」と強調するトゲトゲした批判の声が多かったのですね。一方では、投稿者に対して「働くってサイコーだよ、楽しいよ~」「働かないままだと社会とつながらなくて、将来困るよ」といった善意のアドバイスもあります。こうした意見についてはどう思いますか。

    川上さん「『働いた方がいい』というアドバイスと、『働くべきだ』『働かなければならない』というアドバイスのあいだにはニュアンスの違いがあります。働くことが義務ならば、『働かなければならない』ことになります。しかし、世の中には働きたくても働けない環境の人もいます。『働かなければならない』という風潮が強くなると、そういう立場の人たちを追い込んでしまいかねません」
    「一方、『働いた方がいい』という意見はわかります。仕事とは、必ずしも『稼ぎ』のためだけに行うものではありません。人生100年時代が言われ、現役期間は長くなっています。仕事そのものが生きがいとしての意味を持つこともあります。また、少子化で労働力人口が減少し続けている中、国や社会にとって、生産活動の担い手になるという意義もあると思います」

    ――つまり、「働いたほうがいい」というニュアンスの風潮が広がれば、生きがいを持って働きやすくなるということですね。ところで、投稿者に共感する声の大半は「家事や子育ても立派な仕事」「かつては専業主婦が主流だったのに、今は少数派だから叩かれる」「どういう生き方をするかは本人の勝手」といった意見です。こうした考え方をどう思いますか?

    川上さん「投稿者さん自身がどうしたいかが一番大切だと思います。そういう意味では、周囲の声を過度に気にする必要はないのではないでしょうか。『家事労働も立派な仕事』という意見については、その通りだと思います。生活費を獲得するための『稼ぎ』と、家事や育児、地域での役割などの『務め』は、どちらも同じように大切です」
    「かつては大半が専業主婦でしたが、いまは専業主婦と共働きの比率が約1:2になっています。専業主婦は少数派です。私たちの調査では、年代が上がるほど、専業主婦であることに誇りを感じている人が多い傾向がありますが、30代以下では7割の人がうしろめたさを感じると答えています」

    ――すると、投稿者のように若いのに「自信を持って専業主婦のどこが悪い?」と言い切れる人は珍しいですね。投稿者にはどうアドバイスしますか。

    川上さん「勝手な想像ですが、投稿者さんはいろんなことがそつなくこなせる方なのではないかと思います。子宝にも恵まれ、自らは高学歴で優秀であることがわかります。一方で、社会に出て働いた経験がないことで、世間知らずな印象も与えてしまっているのかもしれません。投稿者さんご自身の本来の姿と、周囲に見えている姿とのギャップが大きい可能性があります」
    「専業主婦は時に孤独になりがちです。もしママ友たちとの付き合いを大切に考えるのであれば、そのギャップを認識した上で振る舞うことをお勧めします。夫はもちろん、気の置けない友人などにも時折悩みを打ち明けたりして、わかってくれている人が周りにいる状態をつくっておかれると心強いのではないでしょうか」

    (福田和郎)

    子育てに専念するのがそんなにいけない?(写真はイメージです)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 30kekkon.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「働いてないってそんなにいけないこと?」専業主婦の投稿が大炎上「憲法の勤労の義務違反」の批判まで 専門家に聞いた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    久しぶりに祖母の家を訪れた、孫の末期 K太(@BLAbam39)さん。

    祖母の家にある和式トイレを目にして、とても驚いてしまったといいます。

    「革命が起きている…!」

    そう孫がつぶやいた光景がこちらです!

    和式…いや、洋式といえばよいのでしょうか。大胆なトイレの構造に、笑いがこみ上げますね!

    実はこちら、工事をせずに和式を洋式に替えることができる、据え置き型のトイレです。

    高齢者が暮らす家庭では、導入されていることが多いといいます。

    トイレの写真はTwitterで拡散され、多くの人たちがそのシチュエーションに首をかしげました。

    ネットの声】

    ・無理やり感がすごくて笑ってしまった!

    ・これぞ本当の和洋折衷。

    ・うちのおばあちゃんちも、これだわ…。

    見た目はシュールですが、便利で実用性に優れていることは一目瞭然ですね!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @BLAbam39


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【孫が久しぶりに見た『祖母宅のトイレ』が、斬新すぎてザワつく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    ファミレスの人手不足、解決するためには?

    帝国データバンク11月20日に発表した調査結果によると、2019年10月現在で非正規労働者の人手不足が最も深刻な業種は「飲食店」(78.3%)だった。8割近い飲食店が人手不足のようだが、この状況が続くと私たちの生活に大きな影響を与える。

    ガールズちゃんねるに翌21日、「人手不足はどうすれば改善されるのか?」というトピックが立った。平日の昼間にファミレスに行った際、「従業員が足りない」という理由で空席があるのに入店できなかったというトピ主。「価格競争や従業員に求めすぎるのが人手不足を加速させてるように思う」と人手不足の原因を分析した。(文:石川祐介)


    「人手不足じゃなくて奴隷不足でしょ」


    「低賃金の仕事はしたくないから給料を上げることがベスト
    「何時間も走り回って声はり上げて最低賃金はきついよ」

    人手不足の改善点が多く寄せられたが、給与を上げることが最も効果的なアプローチという指摘が散見された。

    人手不足を嘆く企業は増えているが、「人手不足じゃなくて奴隷不足でしょ」とツッコまれているように、企業の本音は、低賃金で一生懸命に働いてくれる都合の良い"奴隷"がほしいだけなのかもしれない。まずは、給与をアップしてから人手不足に頭を悩ませてほしい。

    「企業もお店も多すぎじゃない?」

    また、単純に店舗数が多いことが人手不足に繋がっているのかもしれない。飲食店の隣が飲食店というケースは珍しくない。飲食業界は店舗を増やして規模を拡大することが一般的だったが、人口が減少している今の時代において、こうしたビジネスモデルは見直されるべきだ。


    「モンスター客を出入り禁止に」

    飲食店の人手不足は企業側だけではなく、「モンスター客を全国一律で出禁にできたら接客業で働く人は増えるよ」とカスタマーハラスメントに遭いやすいことも影響している可能性がある。「お客様は神様」というが、中には貧乏神や疫病神もいるため、そろそろこの考え方を改めたほうが良い。

    「意地悪なお局や新人をいじめる人間を解雇すれば、みんな辞めないと思う。結局は人間関係だよ」
    「職場の人間関係は大事。古株がたとえ仕事ができようが陰湿なイジメ嫌がらせするようなら辞めさせたほうがいいと思う」

    敵は客だけではない。ハラスメントを繰り返すベテランスタッフが"癌"になっているケースもある。「人手不足だから~」といってベテランスタッフを切れない職場もあるだろうが、今後のことを考えて大胆な采配を講じる必要がありそうだ。

    「お客様に利用してもらう」ではなく、「従業員に働いてもらう」ことが求められる時代であることを企業はよく考えるべきだ。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 mendy.s3.amazonaws.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ファミレスで「従業員足りないから入店制限」 ネット民からは「給料上げるしかない」「意地悪なベテランを辞めさせろ」という声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    スマートフォンを使う男性Atiwat Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    気の置けない友人とはいえ、お金が絡むと一気に関係が崩れてしまうもの。このことについて、『Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

    ■友人から「6万円貸して」

    投稿者は、10年来の友人とのお金のやり取りについて悩みを訴える。ある日、友人から「クレジットカードの引き落としが間に合わない(お金がない)から○○日までに6万円貸して下さい、月末ボーナス出たら返します」とLINEが届く。

    友人のピンチに、投稿者は「明日記帳してから返事をします、転職したばかりで貯えもないから期待はしないでください」と返すことにした。

    関連記事:親友からの「20万円貸して」を拒否した女性 「ありえない返事」にドン引き

    ■過去にもトラブルが…

    友人からはこのLINEが届く前にも、投稿者が住んでいる地方でしか買えないものを代わりに買ってほしいと頼まれており、お金を立て替えて購入。商品を送ったが、友人からは「ネットバンクカードが届かない」などの理由で代金が未だ振り込まれていないとのこと。

    近々、投稿者は友人の家に旅行がてら泊まりに行く予定だったのだが、これまでの経緯から複雑の思いのよう。今回のお願いされた6万円も貸さず、会うことも断りたいと考えているという。


    ■お金が絡めば衝突は避けられない?

    投稿を受け、ユーザーからは「『ボーナス出なかった!』と言われて返してもらえない事も考えないと」「お金の貸し借りで角が立たないようになんて不可能ですよ。だから貸さないべきだし、そういった人を友達にすべきじゃない」とアドバイスが寄せられた。

    やはり、いくら仲の良い友人であろうと、お金が絡めば一筋縄ではないかないということだろう。

    ■金銭トラブルで関係が悪化した経験は…

    10年という友情が壊れてしまうかもしれない今回の一件。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,666名を対象に「金銭トラブル」について調査を実施したところ、2割が「物やお金の貸し借りで友人や家族との関係が悪化したことがある」と回答している。

    貸し借り

    友人からすれば藁にもすがる思いで投稿者にお願いしているのかもしれないが、過去の出来事から不信感が募ってしまうのは仕方ないこと。はたして、投稿者はどのような決断を下すのだろうか…。

    ・合わせて読みたい→彼氏に友人の話をしていると… まさかの返答に「イライラする」

    (文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年6月19日2015年6月22日
    対象:全国20代〜60代の男女1,666名(有効回答数)

    10年来の友達から突然のLINE 「6万円貸して」とお願いされて…


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.rippleartsalon.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【10年来の友達から突然のLINE 「6万円貸して」とお願いされて…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    タバコ喫煙(Doucefleur/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    タバコには有害物質が含まれていると言われている。喫煙者自身だけでなく周りにいる人が、タバコから出た煙を吸うことでも、同じように有害物質を吸ってしまうことがあり、受動喫煙と言われ懸念されている。

    ■半数以上が「気分悪い」

    しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,733名を対象に調査したところ、「周りでタバコを吸われると気分が悪くなる」と回答した人は、全体の54.6%であった。

    タバコ気分悪い

    なお、男性48.3%、女性60.2%と、タバコに不快感がある人は男性よりも女性が11ポイント以上高いことが判明した。

    関連記事:「歩きタバコ撲滅派」はおばちゃんが最大層!一定の理解も…

    ■10代は特に…

    また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

    タバコ喫煙

    男女ともにもっとも割合が高かったのは10代で、女性67.2%、男性66.7%であった。男性は若年層の割合が高く、年代があがるにつれて割合が低くなっていく。一方、女性は60代女性の割合も66.3%と高く、高齢層は男女間で傾向が違う結果となった。

    分煙化が本格的に進んだのは、2002年に健康増進法が施行されてからのようだ。生まれた時から分煙化されており、タバコを吸う人が近くにいない環境で育ってきた10代は、タバコの煙に慣れておらず、より不快感が増すのかもしれない。

    ■公務員の7割が…

    さらに、この結果を職業別に見ていくと…

    タバコ喫煙

    もっとも割合が高かったのは、公務員で70.2%。学生が65.4%、専業主婦で62.3%で続く結果となった。

    大阪府などは庁舎敷地内を全面禁煙にし、府職員の勤務時間内の喫煙を禁止する取り組みをしているようだ。公務員の割合が高いのは、分煙化への取り組みがより進んでいる職場環境といえることが影響しているのだろうか。

    ・合わせて読みたい→今思うと背伸びしていたこと 酒やタバコも最初はイキリたくて…

    (文/しらべぇ編集部・赤坂

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年10月28日2019年10月30日
    対象:全国10代~60代の男女1733名 (有効回答数

    周りでタバコを吸われるのは気分悪い? 10代では男女とも嫌煙傾向か


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 yossense.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【周りでタバコを吸われるのは気分悪い? 10代では男女とも嫌煙傾向か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    電車の手荷物を置く網棚。その使い方について、読者から一通のメールが届いた。

    「座席に座って真上の網棚も使っている人は迷惑。膝の上が基本です。立っている人はせめてカバンを網棚にのせて手を自由にしたいですよ」

    神奈川県在住の会社員Gさん(50代男性)の投稿だ。立っている人が手荷物を網棚に乗せ、座っている人は膝の上に置く。そうすれば車内のスペースを効率的に利用できる。

    つまり、網棚は真下の座席の人のものではなく、近くに立っている人が使うべきと主張しているのだ。


    こういった主張をするのはGさんだけではない。Q&Aサイト「発言小町」にも、次のような書き込みがあった。

    満員電車で座席に座っているにもかかわらず、網棚を使用している人がいると、内心かなり腹が立つのですが、そのようなことはないでしょうか」

    投稿者は、膝に抱えて座ることができないくらい大きな荷物を持っている人へは怒りを覚えないという。しかしそれ以外であれば、膝に抱えてくれと話す。

    一方で、こんな意見も。

    満員電車で立っているときって、人の乗り降りの際に合わせてあちこち動き回ることになりません?自分が降りる駅でなくても、降りる人に道をあけるために降りたりもしますし」

    確かに電車で立っていると、人波に流される可能性がある。そうなってしまうと網棚から自分が遠のいてしまう。であれば、座っている人が網棚を使った方がいいんじゃないか...。暗にそう言っているようにも受け取れる。

    議論の終着点はどこに...。ここはやはりJR東日本に聞いてみるべきだろう。

    「お客様同士でお譲りいただいて...」

    JR東日本は、網棚が立っている人のものか、座っている人のものか、想定しているのだろうか。

    2019年11月13日のJタウンネットの取材に、広報担当者は次のように回答した。

    「網棚について、この人にお使いいただきたい、という想定はしていません。網棚に限らず吊革などに対しても、お客様同士でお譲りいただいてご使用いただきたいです」

    とくに決まったルールはないということだ。

    あくまで、譲り合いの精神を乗客は求められているのだろうか。

    網棚って誰が使用すべきなのだろうか(画像はイメージ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 railway-concierge.cocolog-nifty.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【電車の網棚、座席の人は使っちゃダメ? 「立っている客が優先」主張は正しいのか、JRに聞いた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     今回紹介したいのは、やちもとさんが投稿した『【ゆっくり】週末旅行記長編 フランス編6 離陸、機内食編再び』という動画です。

    投稿者メッセージ動画説明文より)

    動画をご覧いただきありがとうございます。 やちもとと申します。 更新遅れてすみませんでした! 今回はスワンナプーム空港少しとタイ→フランスの離陸シーン機内食になります

    ひたすらモミモミする猫

     東京からパリへ向かう投稿者のやちもとさん。人生初のヨーロッパということでプレミアムエコノミークラスビジネスクラスでと考えました。さまざまな航空会社で検討していたところ、タイ国際航空でビジネスクラスが通常40万円以上が29万円というセールがはじまりました。悩みましたが決心し、発券。人生初のビジネスクラスです。

     今回の動画はタイ・バンコクの「スワンナプーム国際空港」からはじまります。

     こちらは空港内にある神話を基にしたモニュメントです。

     搭乗ゲート近くのラウンジに移動し、軽食をいただきました。

     搭乗開始時間になり、ビジネスクラスの投稿者さんは右へ向かいます。

     シャルルゴール空港までの機材はA380飛行機で2階を利用するのがはじめてだから楽しみです。

     今回の座席です。フルフラットシートを互い違いに配置するスタッガード配列でした。

     ウェルカムドリンクに選んだのはシャンパン。添えられた花がいいですね。

     現地時間で0時過ぎに離陸しました。夜景がとても綺麗だったそうです。これから約12時間飛行します。

     ベルト着用サインが消えると機内食がはじまりました。

     前菜です。エビとコーンパンナコッタで、冷たくて美味しかったそうです。完食しました。ナイフフォークもめちゃくちゃ冷たかったとか。冷たい料理だからでしょうか。

     メインは牛フィレ肉のグリル、赤ワインソース添え。お肉は少し固かったけれど、投稿者さんは歯ごたえがある方が好みなのでちょうど良かったそうです。

     このとき現地時刻およそ午前2時(日本時間午前4時)。ものすごく眠たかった投稿者さんは、食欲より睡眠欲が強くなってきてデザートキャンセルすることに。メインを食べ終わったらすぐに座席をベッドモードにして爆睡です。

     目が覚めると7時間半が経過していました。

     いつの間にかヨーロッパ上空です。一度も起きなかったそうで、ビジネスクラスだからこその贅沢と言えそうですね。「スタッガードおそるべし。本当によく寝れるぜ」と投稿者さん。

     目指すパリまであと2時間ほど。ここで2回目の機内食となります。

     パン3つにヨーグルトフルーツの朝食です。こちらは前菜でメインも別にありますが投稿者さんはこの量で十分でした。乾燥する機内ではこのみずみずしいメニューが嬉しかったそうです。そしてフォーク類がやはり冷たかったとのこと。

     朝食が終わると空港の優先レーンの使用券が配られました。

     ドイツ上空では緑茶を飲みました! なんだかくつろいでいます。

     タイ国際航空ビジネスクラスのアメニティはこんな感じでした。往復で4回タイ国際航空のビジネスクラスに乗りましたが、入れ物のポーチとクリーム2種はすべて異なるブランドだったそうです。

    視聴者コメント

    ・まってたのさー
    ・こりゃ気分いいだろうなあ
    ・おお、うまそう
    ・おおっ豪華
    ・もったいないけどビジネスだからこそ熟睡できるんだろうなー
    ・さすがビジネス、至れり尽くせりだ

    ▼動画はこちらから視聴できます

    【ゆっくり】週末旅行記長編 フランス編6 離陸、機内食編再び

    ―あわせて読みたい―

    JAL利用中に起きたラッキーすぎる事故…!? エコノミー→ビジネスにアップグレードされた座席で振舞われた飯テロ級の機内食を見よ

    シンガポール航空のビジネスクラスに搭乗。地上のレストランと比べても遜色ない“ボリューム満点”の機内食は、お腹を空かせて味わいたい!



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【人生初のヨーロッパ旅行なので人生初のビジネスクラスに乗ってみた! 奮発するも、快適すぎて爆睡してしまう結果に】の続きを読む

    このページのトップヘ