社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    医療


     Aさんは病院に診察に来ました。中待合があって部屋は分かれているものの、前の患者さんの声が聞こえます。自分と同じ高血圧の患者さんのようです。「最近、頭が痛くて」と患者さんが言うと、「そうですか、大丈夫ですから。薬を出しておきますからね」との返答。どこか冷たい感じです。

     Aさんは、自分も頭が痛くて今日相談しようと思っていました。前の患者さんが出てきました。よれよれのTシャツに切れているズボンをはいています。「もうちょっときれいにすればいいのに」と思いながら、自分の番が来ました――。

    「医者は患者を身だしなみで判断するのか」。この疑問を、平松類医師(医学博士、昭和大学兼任講師)にぶつけます。NHKあさイチ」、TBSジョブチューン」、フジテレビバイキング」、テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」など、メディア出演豊富な平松さんは何と答えるでしょうか。近著に「知ってはいけない医者の正体」(SB新書)があります。

    身なりが乱れた患者に、医者は質問をあまりしない

     筆者は、医者が見た目で治療を変えることはあると考えています。医者に見てもらうにも最低限のマナーがあると思いますので、それなりの身なりで行くようにしています。

    「医者は、患者さんを分け隔てなく見てくれることになっていますが、現実にはそうではないと感じるでしょう。『身なりで判断するなんてひどい』。そう思うかもしれません。一方で医者は『自分はそんなことしていない』と思っています。それは本当だろうか? あくまで建前で、見た目で判断しないと言っているだけではないか? ということで150人の患者さんが医者と対話している様子を研究したものを紹介します」(平松さん)

    「研究では『身だしなみが悪い、だらしない患者さん』と『きれいにしている患者さん』で医者の対応がどう違うのかを調査しました。結果はとても残念なものでした。身なりのきちんとしていない患者さんには、医者は質問の機会を与えないということが判明したのです。つまり、『私の言う通りにして、おとなしく治療を受けていればいいんだ』という態度を取るのです」

     では、どうすればよいのでしょうか。平松さんは、身なりをきちんとすることが大切だと言います。きれいな服を着る、必ずお風呂に入ってから病院に行くということではなく、ごく普通の格好であれば問題ないそうです。

     まれに、「病院は病人が行く場所だから、汚くてよれよれの方がつらそうに見られて、優しく診察してもらえる」という人がいますが、これは間違った情報のようです。

    こんな患者は要注意と思われる

    「ただ、きれいにしすぎてもむしろ変になります。ある救急の医師が言っていましたが、『夜中に急に痛みが出て、つらくて死にそうだというのに、ばっちり化粧がしてあって、ブランドバッグを持ってきている人は注意して診察しなさい』とのことです。『緊急事態なのにこんなに着飾るなんておかしい。本当に痛むのか? まったく別の言いづらい事情があるのではないか』と疑った方がいいということです」

     実は、もっと困った問題があります。患者さんの身なりや話し方次第では、「効く薬をあえて出さない」こともあるそうです。

    「よくあるのが糖尿病です。悪くなったら、インスリンという注射を打つこともあります。ただ、インスリン注射は、患者さんが自分で打つものです。注射の量を間違えると意識を失ってしまうことがあります。医者としては『こちらの方が医学的には正しいが、この患者さんはだらしないし、注射を間違って打ってしまうだろう』と判断して、弱い治療で我慢することがあります」

    「では、どうすればよいのでしょうか。かなり極端に見た目で判断する医者がいました。そのとき、看護師が間に入って付き添いのような立場で話を進めると、医者は普通の患者さんと同等以上にしっかり話してくれるようになりました。周りの人がクッションになり、『多少難しい話でも、横から説明して助けてくれる』と患者さんは思うようです」

     一般人には分かりにくい医者の行動。しかし、これらの行動は医者の単なる怠慢ではありません。真剣に病気やけがを治そうとする結果、やむを得ずしてしまう行動もあります。私たちが正しい情報を知る努力も必要だと思われます。

    コラムニスト明治大学サービス創新研究所研究員 尾藤克之

    医者は患者の見た目で態度を変える?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 sinrigakulab.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【患者も見た目が9割? 医者は患者の「見た目」や「地位」で態度を変えるのか】の続きを読む


    まだまだ暑さは残るものの暦の上ではとっくに秋。これからサンマ、サバ、カツオ、鮭など魚が美味しくなる季節だ。しかし、魚を食べる上で気をつけたいのが。小骨がのどに引っかかった時の鬱陶しさは誰もが一度は体験したことがあると思うが、世の中では鬱陶しいだけでは済まない、魚骨が引き起こす重篤な事例が多数発生しているらしい。

    Twitter上でも医療関係者による魚の骨の注意喚起ツイートが大きな注目を集めている。

    「「魚の骨が刺さったと思ったらごはんをたくさん食べて飲み込め」というデタラメは、日本国民を減らすために死神が広げたんだと思っているゾ」

    「研修医の時内視鏡で、食道を貫通していた魚骨があり、上司に

    「これ、抜いたほうがいいっすかね?」
    と聞いたら
    「バカ言え、手術の可能性もある」
    となりCT→開胸手術
    大動脈にも刺さっていて、抜いたらそこからピュッと出血したとの外科の先生

    怖い話ですね」

    「魚骨は本当に怖い。法医学の授業で、大量の血液まみれて自宅で死亡している症例が取り上げられたことがあった。解剖の末特定された死因は、鯛の骨が食道を貫き胸部大動脈に達し、大量に出血を来たしたというものだった。」

    「エビのしっぽで食道〜胸部大動脈損傷で大量吐血してきたCT を診断したことあります。
    手術準備中に亡くなりました。

    それ以降、エビのしっぽ食べないように言ってまわってるけど、甥っ子4歳がエビの尻尾好きで困る」

    ブラックタイガーの尻尾が食道を突き破って頚動脈に刺さったまま経過し、頸の違和感でCTで見つかった例も学会で聞きました。もちろん頚部外切開、血管外科も呼んで大掛かりなオペです。」

    いずれも読んでいるだけで震えるような内容だ。

    食道は食べものを口から胃に送る管のようなもので、厚さ4mm程度しかないもろい器官。小さなお子さんからお年寄りまで、魚の骨やエビの尻尾など口にする際にはよくよく用心したほうがよさそうだ。

    (執筆者: 中将タカノリ)

    ―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
    魚の骨やエビの尻尾が命取りに!? 医療関係者の注意喚起ツイートに大きな注目


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【魚の骨やエビの尻尾が命取りに!? 医療関係者の注意喚起ツイートに大きな注目】の続きを読む


    「疲れしらず、病気しらず、老化しらずの若々しい体で、いつまでもいたい」。
     多くの人の共通の願いだろう。これまで健康や長寿、アンチエイジングのためのさまざまな食事法が紹介されてきた。その多くは「●●を食べるべきだ」「●●は食べないほうがいい」といった食事内容を制限するものだった。

     しかし近年、最新の医学エビデンスによると、「何を食べるか」よりも「食べない時間(空腹の時間)を増やす」ことの重要性に注目が集まっている。なぜ「空腹」によって人は健康になれるのだろうか?

    舌がんを患った医師が実践する「空腹健康法

    現代人は食べすぎです。食べすぎだから体調が悪いし、病気になる。江戸時代までは1日2食が普通でした。飽食の時代になったのは昭和40年以降で、がんや糖尿病高血圧などの生活習慣病が急激に増加してきた時期と重なっています。だから何を食べるかを気にするよりも、1日の中で上手に『空腹の時間』を作ることから始めたほうがいい。空腹の力によって、多くの病気や不調は改善できます」。
     
     こう話すのは、医学博士の青木厚先生。

     青木先生が「空腹」の力を利用した食事法について書いた、著書『「空腹」こそ最強のクスリ』(2019年1月、アスコム刊)は口コミで広がり、8万部を超えるベストセラーとなっている。実はこの食事法、舌がんを患った青木先生が自らの命をかけて考案したという。先生自身、9年以上この食べ方を続け、がんの再発を防いでいるのだ。

     今回は、「青木式・空腹健康法」のやり方とその健康効果についてお伝えしよう。


    ◆食べ方のルールは「睡眠8時間+8時間の空腹」を守るだけ

     その方法は、「連続16時間の空腹時間」を確保するというもの。その16時間には睡眠時間を入れても良い。つまり、睡眠時間が8時間の人ならば、起きている間の8時間、ものを食べなければいいだけ。

    たとえば、朝10時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の18時に夕食をとる。
    あるいは、朝食を抜き、12時に昼食、20時に夕食をとっても達成される。

     いずれにしろ、24時間のうち16時間連続の「空腹時間」を確保できればOKというわけだ。しかも「空腹時間」にどうしてもお腹が減ったら、ミックスナッツヨーグルトなどを口にしてもいい。
     さらに食事の際は、カロリーや栄養素を気にせず、好きなものを好きなだけ食べていい。ステーキでもラーメンでもアルコールでも、心行くまで堪能していいのだ。 

    16時間の空腹で、全身の細胞が生まれ変わる

    「空腹の時間」が16時間必要である根拠を、青木先生は次のように語る。

    「私は舌がんに罹患した当時、がんの再発の防ぐための方法をテーマに研究を重ねていました。その中で『Autophagy(オートファジー)』と『intermittent fasting(間歇的断食)』というキーワードに出合いました。
     オートファジーとは、簡単にいうと人体の古くなった細胞を新しく生まれ変わらせる仕組みのことです。細胞が新しく生まれ変われば、がんを撃退する免疫細胞の活性も高まります。そしてこのオートファジーは、間歇的断食、すなわち1日のうちに16時間程度はものを食べない、空腹の時間をつくる食事法によって誘導されることが、最新の研究で明らかになってきたのです」

     断食ときくと、胃腸を休めるリセットのため、というイメージが強いが、青木先生の提唱する「空腹健康法」は、胃腸のみならず全身の細胞を生まれ変わらせるためのもの。それゆえ、オートファジーが活性化する「16時間」がポイントになる。

     ちなみにオートファジーは2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授の研究テーマであり、今世界中で注目が集まっている人体の仕組みである。

    ダイエットや髪の若返りを実感

     青木先生はこの食事法を9年実践しており、がんの再発を防いでいるほかにも、さまざまな健康効果が得られているという。まず、免疫細胞が活性化したことにより、風邪やインフルエンザに罹ることは一切なくなった。オートファジーの若返り効果で髪の毛はフサフサとなり、17%あった体脂肪率は6.6%まで落ちたそうだ。そして感覚が研ぎ澄まされて集中力も増し、がんになる前より現在のほうが診療も研究もはかどっているという。

    「この食事法は、肥満や糖尿病、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、関節リウマチ、うつ病統合失調症にも著明な効力を発揮することがさまざまな研究でわかっています。空腹によってオートファジーが活性化し、傷ついた体の細胞が修復されていくのです。まさに、『空腹』こそ最強のクスリ、です。

     また当然ながら、ダイエット効果も抜群。好きなものを好きなだけ食べているのに、16時間の空腹を守るだけで、2週間で5キロもやせた方もいます。慢性疲労がなくなった、体が軽くなったなど、喜びの声をたくさんいただいています」(青木先生)

    ◆慣れると空腹が心地よくなってくる

     でも、16時間ものを食べないのは大変だと思われる方もいるだろう。

     確かに1日3食きっちり食べている人は、最初の数日は空腹感を強く感じるかもしれない。しかしこの空腹感は意外と数日で消失していく。それどころか慣れてくると、空腹の時間が心地よくなってくるそうだ。マラソンランナーの“ランナーズハイ”の感覚に似た“空腹ハイ”を味わうと、もうこの食事法のトリコだそう。

     健康で引き締まった若々しいボディを手に入れるためにも、試してみる価値はありそうだ。

    【青木厚氏】
    あおき内科 さいたま糖尿病クリニック院長。自治医科大学付属さいたま医療センター内分泌代謝科などを経て2015年にクリニックを開設。40歳で舌がんを患うも完治。

    <文/日刊SPA!取材班>



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 gendai.ismedia.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【がんを克服した医師が実践 「空腹ルール」で長寿もダイエットも実現する】の続きを読む


    Credit:depositphotos

    Point

    ドラッグを実際に服用しなくても、同じような幻覚症状を体験するお手軽な方法がある

    ■視覚や聴覚へのインプットを完全に均一な状態にすることで、幻覚が生じるという仕組み

    ■この現象を「ガンツフェルド効果」と呼び、爽快感もドラッグ使用時に近いものがある

    ドラッグを使うことなく幻覚症状を体験できる方法が話題となっています。

    およそ800億のニューロンで作られている人間の脳は予想以上に脆弱で騙されやすいものです。時として脳は、実際に怪我や故障を経験しなくとも、それ自体で不可思議な働きをすることがあります。

    錯覚や幻覚症状がその一例です。

    今回紹介する方法は、2人の男性が2016年YouTube上で公開した動画に基づいています。必要な道具も家にあるような身近なものばかりなので、もし興味のある方は自宅で試してみてください。

    まったく同じ幻覚…驚異の「ガンツフェルド効果」とは

    この方法は、特殊な感覚遮断状態を人為的に作り出すことで、視覚と聴覚に強い幻覚を引き起こすというものです。

    必要な道具はこちら。

    ・薄くて光の通る白い紙

    コットン

    ・ゴムバンド

    ・はさみ、テープ、ホッチキス、ヒモなど(必要な場合)

    ホワイトノイズまたはノイズが30分間以上継続して発生するYouTubeの動画

    ノイズキャンセリング仕様のヘッドホン

    動画内の男性2人/Credit:youtube

    次に具体的な方法です。

    まずは光を通す程度の白い紙を大きめのアイマスク型に切り取ります。それを顔に当てて、外れないようにゴムバンドで固定します。目や鼻の隙間から光が入り込まないよう、コットンで栓をしましょう。

    こうして視覚が完全に真白な状態を作り出します。

    次にリラックスできる場所で仰向けになり、ノイズキャンセリングヘッドホンを装着してホワイトノイズを再生します。これですべての準備は完了です。

    幻覚が生じるまで20〜30分ほど横になっていましょう。

    Credit:youtube

    早ければ10分ほどで効果が現れる人もいるそうです。

    2人の男性は開始20分後に、多くの色が花開くようにして目の前に現れたと報告しています。その後、片方の男性は悲鳴のような声が聞こえ、もう片方は笑い声が聞こえたといいます。

    幻覚を体験して興奮冷めやらぬ男性/Credit:youtube

    ドラッグを使っていないのに同じような幻覚が見られる理由は「ガンツフェルド効果」にあります。

    ガンツフェルドとは「全体野」という意味で、視覚や聴覚として受け取るインプット情報に差がなく、完全に均一・平等な状態のことです。このように具体的な感覚情報が遮断された状態で近くを続けると、多彩な色の変化が見えたり、実際には鳴っていない音が聞こえたりするといいます。

    実際に爽快感や中毒性の点でも近い効果があるようで、その証拠に上記画像に映る左側の男性はおかわりをする最中です。

    幻覚を体験したいなら、ドラッグを使うよりもまだこちらのほうが良いかもしれません。

    盲目の人も「クスリ」で幻覚が見えるのか?


    薬物なしで幻覚を見る方法とは


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【薬物なしで幻覚を見る方法とは】の続きを読む


    [記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(https://www.heartc.com/)]

     アメリカ心理学者で、元アメリカ人間性心理学会会長だったビュージェンタールは、「全ての精神疾患は病気ではない」と言い切っていました。

    彼によれば、うつや不安といった精神疾患は、人間の精神的成長のプロセスの一部であると言います。精神疾患を克服したとき、人間は、大きく成長すると言うのです。


    カウンセリングに携わっていると、クライアントさんが、うつや不安を克服し、新しい世界観や価値観を獲得するという場面に出会います。視野が広まり、より大きな世界を見るようになるわけです。

    人間の心の成長のプロセスは、およそ、「習慣化した世界観の破壊と混乱」⇒「世界観の再構築」⇒「新たに獲得した世界観の習慣化」となります。

    そして、精神疾患(例えば、うつや不安など)は、大きな「習慣化した世界観の破壊と混乱」が起きている状態と、僕はとらえています。

    ・合わせて読みたい→
    あなたは大丈夫?パワハラ被害の会話パターン3つ(https://cocokara-next.com/stress/conversation-of-power-harassment-damage/)



    精神疾患と言われるものから回復するとき、その人は、ひとまわりもふたまわりも大きくなると考えています。

    ですから、僕もビュージェンタールと同じように、精神疾患といわれるものを「病気」とは、呼びたくない気持ちがあります。

    病気と言うより、成長のプロセスにおける混乱だと考えています。

    向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)

    [記事提供:カウンセリングのハートコンシェルジュ(https://www.heartc.com/)]

    ※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

    精神疾患は、病気ではない


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 healthcare-biz.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【精神疾患は、病気ではない】の続きを読む


    握る(Caymia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    「体に痛みがあるんです」と病院にやってきた女性を診た理学療法士につき、「とんでもない変態男なのではないか」という疑惑が浮上した。女性がギュッと物を握る力が十分かを調べたかったという男だが、この男は女性に一体何を握らせたのか…。

    ■体の痛みを訴えた女性

    「この背中の痛み、どうにかならないかしら」という悩みを抱えていた英国で暮らす女性が、治療を受けようとクリニックを訪れた。

    女性を診察すべく姿を現した30歳の男性理学療法士は、「ではそこのベッドにうつ伏せの状態で横になってください」と指示。まずは握力に悪影響が出ていないかを確認してみましょうと女性に伝えたという。

    関連記事:あなたなら許せる? 高さ18メートルの橋から「親友」に突き落とされた女性が心境告白

    ■「僕の指を握ってごらん?」

    「僕の指です」「これをギュッと握ってみてくれますか」と言われた女性は、顔を伏せたままの状態で、手を差し出したとのこと。

    そして指示されるがまま握った女性は、それが指ではないことにすぐに気づき愕然としたという。


    ■アレは指なんかじゃない

    女性は既婚で子供もいることから、握らされたモノが「指」ではなく男性器であることに「すぐ気付いた」とのこと。

    またその日に着用していた衣類に付着物があったことからすぐに通報し調べてもらったところ、付着物のDNAが理学療法士のDNAと一致したという。

    それを理由にこの男は解雇されたが、男は「違いますよ」「僕は自分の指を2本差し出して、女性に握らせただけなんです」と言い張ったとのこと。だが「なぜ女性の衣類にDNAが付着していたか」という点については、最後まで説明できないままだったという。

    ■女性が受けたショックは大きく…

    真相がハッキリしない不思議な「事件」であったものの、理学療法士はとりあえず職を失ったとのこと。またこの件で大ショックを受けた女性はカウンセリングを受け、「手で触った感触でアレが何だったかはすぐに分かりました」と生々しい証言をしている。

    もしも女性の主張が正しいのであれば、この男は職業を悪用した変態にほかならない。女性の心の傷はひたすら大きく、このせいで医療関係者を信用できなくなってしまったというから、あまりにも気の毒な話だ。

    ・合わせて読みたい→早朝の露出狂 意外な経歴の女性に猛ダッシュで追われ取り押さえられる

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    「握力を調べるからコレ握って」 理学療法士が患者に握らせたトンデモナイもの


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 marukochallenge.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「握力を調べるからコレ握って」 理学療法士が患者に握らせたトンデモナイもの】の続きを読む


    Credit:depositphotos

    Point

    アメリカ・イリノイ州で、電子たばこが原因で呼吸器疾患にかかっていた男性が死亡

    ■電子たばこの煙が原因で死亡した事例は世界で初めての可能性がある

    ■電子たばこは機械トラブルも多く、今年6月には17歳の少年が電子たばこの爆発で顎を砕く大事故が発生している

    電子たばこの喫煙による初めての死亡例です。

    先週金曜日アメリカ・イリノイ州で、深刻な呼吸器疾患にかかっていた男性が入院先の病院で死亡しました。

    同州の保健局によれば、電子たばこの煙が原因で死亡した例として世界初となる可能性があるといいます。

    「電子たばこ」は二重に危ない

    イリノイ州の病院では現在、17歳〜38歳の22名が電子たばこ由来の症状で入院しており、他に12名が調査対象となっています。

    アメリカ全土ではもっと多く、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の調べによると、22州で193名に達しているそうです。

    症状は、咳や息切れ、過呼吸。疲労感、おう吐、下痢など多岐に渡っています。

    発症の主原因となる電子たばこの種類や化学物質についてはまだ調査中であり、いくつかの事例では、ニコチンや大麻由来のTHC(テトラヒドロカンナビノール)が確認されています。

    Credit:pixabay

    また電子たばこは、煙以上に機械トラブルによる危険性も無視できません。

    今年6月には、アメリカに住む17歳の少年が、電子たばこの爆発によって顎を砕くという事故が起きているのです。

    少年の顎には穴が空いて病院に救急搬送、緊急手術を行ない何とか一命はとりとめています。専門家は「電子たばこがポケットや顔のあたりで爆発する危険性があることを念頭に置いておくべき」と利用者に注意を呼びかけています。

    こうした機械トラブルによる事故は以前から多発しており、2015〜17年にかけてアメリカでは、2000人以上が電子たばこの爆発等で緊急治療を受診していることが確認されています。

    日本でも入手可能な電子たばこ加熱式たばこは、アメリカのものと少し仕組みが異なるものの、同じように健康上の問題が指摘されています。利用者の方は、煙と機械トラブルの両方に注意したいところです。

    禁煙したけりゃニコチン増やせ!? 楽に禁煙する3つのコツ


    ついに死者が。「電子たばこ」の喫煙で死亡例が確認される(アメリカ)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.gzn.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに死者が。「電子たばこ」の喫煙で死亡例が確認される(アメリカ)】の続きを読む


    この子は果たして『普通の人間』となれるのか」超音波検査の結果は、どんな苦境においても必ず希望はあると思えない程に医師には衝撃的でした。

    オーストラリアの夫婦テンべとシポ・モヨは、第一子誕生にとてもワクワクしていました。テンべが妊娠した時は全てが順調で、21週間目の健診には幸せ一杯で向かいました。

    しかし、その検査で予想外過ぎる衝撃的な事実に直面。男の子赤ちゃんに、脳が額から突出した非常に稀な鼻脳ヘルニアが見つかったのです。

    成長するにつれそのヘルニアが巨大になるため、この子が普通の「人間」としては育たないであろうことを医師に告げられ、すぐに堕胎するよう勧められます。

    2人はこれを拒否。母親は以前の超音波検査では何も問題はなかったと言い、どんなことがあっても2人で乗り越えることを決意。

    医師にどうするか尋ねられた彼女は「息子が順調に育つ可能性が1%でもあるのなら、私はそれを選びます」と伝えました。

    そして2013年ジェイデンが誕生。予定日より数週間早く生まれ、生後1週間でリスクの高い難しい手術を受けました。「危険な手術だったので、僕たちは怖くて怖くて涙が止まらなかった」と父親は語ります。

    手術を担当した10人の専門外科医チームの1人であったティムヒューイット形成外科医は、人命に関わる非常に難しい手術だったと言います。

    外にはみ出た脳を頭蓋骨内に戻す手術は6時間にも及びましたが、術後ジェイデンが順調に回復したことに誰もが驚きました。
    幼い子供にしては驚くほどの回復力を見せた彼は、生きる喜びに満ち溢れ、間違いなく素晴らしい子供です。

    父親は2017年インタビューでこう語っています。「彼が乗り切ったことを考えると本当にすごい子だよ。息子のおかげで私たち夫婦は幸せです」

    今は健康で幸せな生活を送る息子を例とし、母親はこう言います。「私たちは全てが完璧でなくてはならない世界にいるけれど、人生は完璧なんかじゃない。ジェイデンは今もまだ完璧ではないけれど、一体完璧って何でしょう?」

    彼らは2016年7月にフェイスブックを通じフェイスアップという慈善団体を設立。

    生まれながらに顔に違いのある子供たちを「目に見える顔の違いがあっても、自信を持ち、潜在能力を最大限に発揮できるよう」支援。また、先天的でなくとも顔に損傷のあるあらゆる年齢の人、およびその家族の支援も行っています。

    大紀元日本ウェブ編集部)

    (Illustration - Shutterstock)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【頭蓋骨の外に脳 堕胎を助言された男の子、無事生き延びる】の続きを読む


     身体にメスを入れる手術には、リスクがつきものだ。病院選びを慎重に行わないと、後悔しても決して消えない傷痕を一生涯背負うことになる。

     海外ニュースサイトMirror』は8月19日カナダ在住の女性が同国内のクリニックを医療行為のミスで訴えたと報じた。昨年11月、当時わずか生後9日であった女性の息子が、クリニックの研修医が執刀した男性器の包皮の一部を切除する割礼手術の失敗により、性器の先端を一部切断されてしまったそうだ。

     当時、待合室にいた母親は、手術の時間があまりに長いこと、そして手術室から聞こえる息子の泣き声が尋常ではないことから異変を感じ取ったという。術後、手術室から出てきた医師が母親に謝罪し、「研修医が行った手術でミスが生じたので、救急車を呼ぶ必要がある」と告げたそうだ。息子はすぐに別の病院に搬送されて専門医に診てもらったというが、「患者があまりに小さすぎるため再縫合の手術はできない」と手術を断られてしまったという。

     同記事の取材に対し、母親は「息子が研修医の練習台にされたと思うと悔しくて涙が止まらなかった」と語っている。性器の一部を切断されたものの、息子の生殖機能には問題はないそうだ。しかし外見を損なっており、母親曰く「通常の形には見えず、将来、息子の自尊心に影響が出ないか心配している」とのことだ。母親は切断された息子の性器の一部分を冷蔵庫に入れて保管しているという。将来、息子が自分の体に疑問を感じた時に説明をするためだそうだ。

     日本ではあまりなじみのない割礼の文化だが、宗教上の包茎手術と言い換えればイメージしやすいだろう。東京女子医科大学総合病院の泌尿器科公式サイトによると、イスラム教ユダヤ教では宗教上の信条から新生児期に割礼を行うそうだ。宗教上の理由以外でも、風習や習慣として新生児期に包茎手術を受けさせることもあるという。実際にアメリカでは宗教とは関係なく、社会的な風習で新生児期に70%の男児が包皮を切除する手術を受けているそうだ。また、息子が包茎であることを心配する両親が、息子の幼児期に手術を受けさせる例もあるようだ。しかし、包茎は成長とともに自然に治っていくことも多く、そもそも手術の必要性について疑問を投げかける医師も多いという。

     このニュースに対し、ネット上では「息子が将来大きくなったときにコンプレックスにならないといいけれど」「ずさんなクリニックに当たってしまってかわいそうに」「研修医が手術するのがおかしいのでは」「割礼なんて野蛮な習慣だ」「病院選びを間違えた母親にも責任があるのでは」などの声が上がっていた。

     海外には医療ミスで、ペニスの欠損では済まず、赤ちゃんペニスを失うことになった例がほかにもある。

     海外ニュースサイトMETRO』は7月15日エジプトの病院で医者になりすました看護師が割礼手術を行ったと報じた。手術を受けた当時生後1カ月の男児は、感染症にかかり、後日性器を切断することになったという。

     事件当日、父親はワクチン接種と割礼のために男児を病院に連れて行ったそうだ。手術が終わった後、男性器にガーゼがあまりにきつく巻かれていたことに違和感を覚えた父親が、「自称医師の女」に質問したところ、「私は医者なんだから、素人は口を出さないで」と一蹴されたという。後日、男児の性器がひどく腫れていたことを心配し、別の病院に連れて行ったところ、感染症にかかっていることが判明。性器の切除を余儀なくされたようだ。警察の調べで、手術を行った「自称医師の女」は看護師と判明。この女は報酬として50エジプト・ポンド(約320円)を受け取っていたという。ちなみに、グローバルデータベース『CEIC』によると、エジプトの平均月収は日本円にして26,000円程度だという。

     割礼手術という風習自体が脅かされるほど痛ましい事件だ。

    記事内の引用について
    Mum sues doctor after 'baby’s penis severed by intern in botched circumcision'(Mirror)より
    https://www.mirror.co.uk/news/world-news/mum-sues-doctor-after-babys-18960721.amp?__twitter_impression=true

    こどもの包茎について(東京女子医科大学)より
    http://www.twmu.ac.jp/KC/Urology/disease/child/phimosis/

    Baby has penis amputated after nurse ‘pretending to be doctorbotches circumcision(METORO)より
    https://metro.co.uk/2019/07/15/baby-has-penis-amputated-after-nurse-pretending-to-be-doctor-botches-circumcision-10325797/

    エジプト月収(CEIC)より
    https://www.ceicdata.com/ja/indicator/egypt/monthly-earnings

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【医療ミスが生んだ悲劇 赤ちゃんの男性器が一部切断される「母親の責任」の声も?】の続きを読む


     米疾病対策センター(CDC)は、電子タバコとの関連が疑われる重度の肺疾患が報告されており、1人が死亡したと発表しました。

    【その他の画像】CDCの電子タバコの説明

     同センターによると、6月28日から8月20日までの間に電子タバコとの関連が疑われる重度の肺疾患が22州で合計193例報告されています。同センターFDA(米食品医薬品局)、州当局と調査を行っているものの、まだ原因を特定していないとのこと。報告された患者はいずれも電子タバコを使っており、また多くがテトラヒドロカンナビノール(THC:大麻の主成分)を含む製品を最近使用していたことを認めているとしています。しかし、まだ全ての患者に関連する特定の製品や化合物は特定していないと述べています。

     多くの場合、患者は息切れや胸の痛みといった症状を訴えて入院。一部患者では嘔吐、下痢なども見られたとのことです。

     死亡例はイリノイ州で報告。死亡者は最近電子タバコを使用し、重度の呼吸器疾患で入院したあと死亡したと州当局は発表しています。同州では過去1週間で、電子タバコを使用し、呼吸器系の疾患で入院した患者の報告数が倍増したといいます。

    CDCの発表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【米国で電子タバコとの関連が疑われる肺疾患、当局が調査 死亡例も 多くのケースで大麻の成分入り製品使用】の続きを読む

    このページのトップヘ