社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による、「1+1+α」案と呼ばれる元徴用工問題の解決案が韓国で注目される中、さらに新たな案が浮上してきた。

    1+1+α」は、日韓の企業による拠出に加えて、両国の国民から寄付を募って元徴用工に賠償する内容だが、さらに世界中から寄付を募る、という案だ。

    東亜日報社説「手掛かりになるならテーブルに乗せて対話を」

    元徴用工問題をめぐっては、19年6月、韓国企業と被告となった日本企業が資金を拠出して元徴用工に賠償する案を韓国外務省が出し、日本側に一蹴されたという経緯がある。そこで出てきたのが「1+1+α」案だ。

    元徴用工への賠償問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決された」とする日本政府の立場との整合性や、あくまで「日本政府の謝罪と賠償」を求める元徴用工の支援団体との方針など解決すべき課題は多い。だが、日韓議員連盟の幹事長を務める河村建夫・元官房長官安倍晋三首相と面会した際、安倍氏が「きちんと日韓の間の約束を守ったものなら進めばいい」などと応じたと報じられたことから、

    「完璧な解決策がなくても手掛かりになるようなものであれば、テーブルの上に乗せて対話を重ねなければならない」(11月30日、東亜日報社説)

    などと期待を寄せる向きもある。

    日韓請求権協定との整合性は?

    今回新たに浮上した案は、12月2日ソウル新聞が国会議長室の関係者の話として報じた。既存の「1+1+α」案をベースにしながら、「世界への扉を開いて、誰でも寄付できるようにする」といい、「日韓の国民が寄付することへの拒否感が考慮されたとみられる」と解説している。

    全世界から寄付を募るとなれば元徴用工問題を全世界に宣伝することにもなり、日本側は反発する可能性が高いが、この国会議長室の関係者は

    「むしろ日本の立場では、財政負担を軽減する機会になる可能性もある」

    と楽観的だ。ただ、日韓請求権協定問題との整合性は引き続き問題になりそうだ。

    J-CASTニュース編集部 工藤博司)

    早稲田大学で講演する韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長(写真は韓国国会のウェブサイトから)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 s.japanese.joins.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【日韓に限らず「世界中から募金」を... 元徴用工問題「新解決案」の現実味】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    北朝鮮朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、資本主義制度を強く否定する署名入りの論説を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    配給システムなど社会主義計画経済が実質的に崩壊した北朝鮮では、なし崩し的に市場経済が拡大している。それに対して警告しつつ、統制を図る狙いがあるとみられる。

    論説は、「貧富の差と失業、道徳的腐敗などは資本主義が抱えている悪性腫瘍であり、資本主義の運命は西山に傾いている」と指摘した。

    そのうえで、「慌てふためいた西側が脈をとってみながら対策を講じると騒ぎ立てているが、特別な処方もなく、また何をもってしても衰退没落の道へ突っ走る資本主義を逆戻りさせることができない」と強調した。


    金正恩(キム・ジョンウン)氏


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「滅亡を促進する致命的な病弊」北朝鮮紙、資本主義を否定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    アメリカニューヨークで、家に侵入した泥棒が82歳の女性に撃退され話題になっています。女性はボディービルダーで、100kgを持ち上げる怪力の持ち主。泥棒は「侵入する家を間違えた」とコメントしています。

    動画には「筋肉は裏切らない」「長生きしてくれよ」「侵入して救急車で運ばれるとかダサすぎ笑」などのコメントが寄せられています。

    泥棒を捕まえた女性は「私は一人暮らしの年寄り。でも、私タフなの」とコメントしているということ。凄すぎです。

    【動画はこちら】

    強盗「入る家を間違えた」100kgを持ち上げる82歳のスーパーおばあちゃんの家に侵入した男、救急車で運ばれる!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【強盗「入る家を間違えた」100kgを持ち上げる82歳のスーパーおばあちゃんの家に侵入した男、救急車で運ばれる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【この記事の動画を見る】

    昨今のSNS普及のせいか、事故現場など他人が危険な状態に陥っても、助けの手を差し伸べるより真っ先にスマートフォンで動画を撮る人が少なからずいる。このほどインドで男性が池で溺れたが、友人らは救助することなく男性の溺れる様子を動画撮影していた。『New Indian Express』『The Times of India』『UNILAD』などが伝えている。

    インドカルナータカ州グルバルガ地区にある池で今月15日、ジャファー・アユーブさん(Jaffer Ayub、19)が遊泳中に溺れて亡くなるという痛ましい事故があった。ジャファーさんが溺れた時、その場にいた友人や他の人もスマートフォンでその様子を撮影しており、SNSで動画が拡散された。

    ジャファーさんはその日、友人2人と池に来ていたが、動画には岸から勢いよく池に飛び込むジャファーさんの姿があった。しかし彼は泳ぎがあまり得意ではなかったようで、水面で頭を浮き沈みしながら弧を描くように泳いでいた。そして必死に岸の方へ戻り、池から上がろうとした直前に体を沈ませまいと両手をバタバタさせた。

    するとジャファーさんは疲れ果てたのか、体が直立したまま水中に浮き沈みするようになった。岸にいた1人の友人が一度手を差し伸べたが、時すでに遅くジャファーさんの体は水中に沈んでしまった。その間、もう1人の友人は沈むジャファーさんの姿を動画撮影し続けた。

    UNILAD』によると池には他にも何人かいたようだが、ジャファーさんを助けようとした人は誰一人としておらず、ただ傍観していたという。ジャファーさんが水面に上がって来なくなって初めて友人2人は周りに助けを求めたようだ。ジャファーさんはのちに数人の通行人によって池から引き上げられたが、すでに亡くなっていたという。

    死亡したジャファーさんは、父親がアルコール依存症で仕事に就くことができないため、家族の中で唯一の稼ぎ手だったようだ。ジャファーさんの死について警察が2人の友人宅で調書を取ろうとしたところ、彼らの両親がこれを拒み「自分達の息子には責任はない」と主張したそうだ。

    警察は「ジャファーさんと友人の2人も泳ぎが得意ではない状態で遊泳していたようです。おそらく2人はジャファーさんが溺れているとは思っていなかったのでしょう」と述べている。しかしながらジャファーさんの死は、警察で不自然死として記録されたとのことだ。

    画像は『New Indian Express 2019年11月17日付「Kalaburagi: Youth drowns in pond, friend records incident」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 career-find.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【池で溺れて亡くなった男性、友人らは助けることなくスマホで動画撮影(印)<動画あり>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト

    82歳女性がテーブルをひっくり返すなどして、不法侵入を働いた男を返り討ち。さらに“病院送りにした”というニュースを、アメリカABC News11月25日に報じている。ネットでは、その女性を讃える声が上がっている。

    ABC Newsによると、この話の主人公ニューヨークのロチェスターに住むウィリーマーフィーさんだ。

    82歳の彼女がある夜、眠りに就こうとすると家の扉を叩く音がした。そして「救急車を呼んでくれ」という男の声が外から聞こえたが、マーフィーさんは男を助けるため警察を呼ぶことに。しかし中に入れることもしなかったため、男は激昂!大きな音がしたかと思うと、男が扉をぶち破って家に侵入してきたのだ。

    しかしマーフィーさんは、100キロ以上のデッドリフトを持ち上げることのできるボディビルダーだった。今年の初めにも、ウェイリフティングの大会で優勝していたという。

    マーフィーさんは取り乱すことなく男に向かってテーブルを投げると、男は転倒。マーフィーさんは飛びかかり、何度も踏みつけたという。その後らキッチンに駆けるシャンプーのボトルを掴み、顔いっぱいにかけたりホウキで何度も引っ叩いたりした。

    数分後に、警官が到着し容疑者は逮捕された。「彼は救急車に乗せられてさぞかし嬉しかったろうね」「私は独り身で、年を取っている。でも、いいかい?タフなんだ」と話したマーフィーさん。またこうも語っているという。

    「彼は家を間違えたようだね」

    ネットでは《スーパーウーマンのパワーだね》《私もまたジムに通おうかな。これを機に!》《年齢は数字にしか過ぎないね》とマーフィーさんを讃える声が上がっている。

    イギリスでも、マーフィーさんと同年代の女性が泥棒を撃退したケースが報告されている。

    dailymailによると今年5月、81歳のドリーンジョーンズさんがウェスト・ミッドランズのATMに立ち寄った。すると、若い女に襲われカバンを奪われそうに。しかしドリーンさんは女を取り押さえ、女の襟や髪を鷲掴み!思わず女は叫び声をあげ、そのまま逃走したという。

    人を年齢で判断することはできない。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.jisin.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【82歳の女性が男を返り討ち!イギリスでも同年代が泥棒撃退】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    夜遊び(VTT Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    集団による忌まわしい性的暴行を受けた少女は、実はお腹に赤ちゃんを宿していた。喜びと不安と動揺が交錯するなか、突然襲ってきた男たち。体と心に深刻な傷を負った少女は母親に事情を打ち明けたが…。

    ■友達に「大好き」と言い残し…

    タイ・バンコクでこのほど、ピンキー(それ以上の情報は明らかにされず)という名の女子中学生が飛び降り自殺を図り、死亡した。

    少女は死の直前、ある集合住宅の屋上のふちに座り、投げ出した自身の脚を撮影した写真をFacebookに投稿。「今からあの世に行く。皆のことは大好きだった」という言葉をフォロワーだった友人らに残し、やがて自らの意思でそこから身を投げてしまった。

    関連記事:トイレで出産した乳児を押入れに遺棄 逮捕の19歳少女に「命の重さ」を問う声

    ■妊娠していた少女

    ただし、そのキャプションには気になる部分があった。「もしもお腹に赤ちゃんがいなかったら、もっと早く死んでいたと思う」と少女は妊娠していることを明らかに。また妊娠を本人は喜んでいたのだろう、生まれてくる赤ちゃんのために頑張ろうと思っていたことが伝わってくる。

    その事実をどれほど多くの友人が知っていたのか、また赤ちゃんの父親は誰なのかは現時点では不明だ。

    ■6人の男が少女を集団で暴行

    少女の母親(45)は娘が死に急いだ15日の夜のことを詳しく覚えていた。

    今月11日の夜、6人の男たちにアパートの一室に連れ込まれて集団性的暴行の被害にあったことを、母親に打ち明けてきた少女。しかし夜のバンコクを少女2名、少年2人でたむろしていた中で悪い連中に目を付けられたという事実、そして妊娠の事実を知らされた母親は激怒した。

    これにより両者は口論となり、娘は「もう死ぬ」と口走って家を飛び出したが、それを必死で追うも振り切られてしまった瞬間の虚しさ、悔しさを、母親は一生忘れられないだろうという。

    ■少女の正義を晴らすため

    13歳であまりにも多くのことを経験し、最期は心身を切り刻まれるような屈辱感と痛みを抱えたままあの世へ。バンコク警察は今、この母親の協力を得ながら、少女の命の尊厳を守るべく犯人検挙に向け動いている。

    ・合わせて読みたい→被害は8歳から… 15歳ホームレス少女が出産し小児性愛者に88年の禁錮刑

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

    6人からの集団レイプ被害で絶望 妊娠中の13歳少女が飛び降り自殺


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【6人からの集団レイプ被害で絶望 妊娠中の13歳少女が飛び降り自殺】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ストーカー被害(OcusFocus/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    いきなり見ず知らずの男たちが「セックスしようぜ」と家に押しかけてきたとしたら…。恋人のあまりにも身勝手な行動ゆえに悪夢のような経験をした女性が、恋人に下された刑につき「あまりにも生ぬるい」と激怒している。

    ■公開された猥褻画像

    ある日のこと、英国バーミンガムで暮らす女性(39)が、友人にあることを指摘され驚いた。

    それは女性の猥褻画像や動画が複数のアダルトサイトアップされているということで、ショックを受けた女性はすぐに通報。「喧嘩したままになっている友達の仕業かも」と考え悩んでいた女性に恋人(49)が寄り添い、「大丈夫、僕が一緒にいて支えるから」などと話していたという。

    しかしその後、警察は画像などがどこでアップされたかを特定。その結果、犯人は女性が誰よりも信じていた恋人だと判明した。

    関連記事:リベンジポルノの被害女性 「ポルノサイトに動画投稿され60万回視聴された」

    ■女性宅に押しかけた男たち

    恋人は、複数の猥褻画像・動画に加え、女性の住所まで無断で公開。そのせいで、女性の自宅には続々と見知らぬ男たちが押し寄せるようになった。

    ある晩には12人もの男が女性宅のドアを叩いたといい、自宅で子供の世話をしていた女性は驚き震え上がった。男たちは女性に対し「インターネットでおしゃべりしたじゃねえか」「そっちが俺を招待したんだろう?」などと発言。無理やり家に侵入しようとする男もいたという。


    ■男に下された判決は…

    女性を晒し者にし苦しめた男がようやく「僕がやりました」と容疑を認めたため、裁判所は「懲役1年執行猶予2年」という刑を言い渡した。

    当局は「女性を窮地に追い込むことで、ショックを受ける女性に寄り添うヒーローを演じたかったのではないか」と考えているというが動機は不明で、男は自分の行動につき説明することを避け、謝罪することさえなかったという。

    ■思わず号泣した女性

    2年もかけ当局が調べを進めたにもかかわらず、意外にも甘い判決が下ったことに女性はショックを受け号泣。

    それでも「世間にあいつの名前が知れ渡った」と考え納得すべく努力しているというが、画像は複数のサイトアップされていることから全てを把握し削除させることは不可能であることも判明した。

    「愛していたのです」「彼も同じ気持ちだと言っていたのにこんなことをするなんて…」と嘆いた女性は、すでに数千人が裸を閲覧した可能性が高いともコメントし、肩を落としている。子供もいる母親だけに、女性の怒りと悲しみは大きい。

    ・合わせて読みたい→16歳の少年と無防備な性交渉 HIVを移した男が罪を認める

    (文/しらべぇ編集部・マローン 小原

    猥褻写真と住所を晒された女性 自宅に見知らぬ男たちが続々押し寄せ震撼


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【猥褻写真と住所を晒された女性 自宅に見知らぬ男たちが続々押し寄せ震撼】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このほどアメリカで、緊急通報番号911へピザの注文の依頼が入った。電話を受けたオペレーターの男性は当初困惑したものの、これが密かに助けを求めていることを悟った。そんな彼の機転によって無事、家庭内暴力の男を逮捕するに至ったという。『New York Post』『UNILAD』『13abc』などが伝えている。

    米オハイオ州ルーカス郡オレゴンで今月13日、緊急通報番号911にある女性から「ピザの注文をしたい」と連絡があった。この電話を受けたオペレーターのティム・テネィックさん(Tim Teneyck)は少し困惑したが、オペレーター歴14年のベテランである彼は、女性の口調から「助け」を求めていることを読み取った。ティムさんが女性とやり取りした会話は次の通りだ。

    ティムさん「はい。オレゴン、コール911です。」
    女性「ピザの注文をしたいんだけど、届け先は○○でお願いします。」
    ティムさん「あなたは、ピザの注文のために911に電話したの?」
    女性「あぁ、はい。そうなんです。で、アパートの○○号室までお願いします。」
    ティムさん「ピザを注文するのに、この番号は間違ってますよ。」
    女性「違うの! 違うんです。あなたは分かってない。」

    この時点で女性が何かを訴えていることを察したティムさんは、「分かった。今、あなたの状況が理解できたから」と返した。そして次のようにやり取りを続けた。

    ティムさん「そこにまだ、誰かいるんだね?」
    女性「そうなの。Lサイズのピザが欲しいの。」
    ティムさん「分かった。怪我とかはない? 何か処置が必要だったりしますか?」
    女性「いいえ、ペパロニでお願いします。」

    通話を終えた後のティムさんは、警察に加害者が逃げないようパトカーサイレンを鳴らさないで現場に向かうように伝えた。そして通報して来た女性の母親に暴力を振るっていたサイモンロペスSimon Lopez、56)がその場で逮捕された。サイモンは酒を飲んだ後に帰宅し、女性の母親と口論の末に酔った勢いで拳で殴ったり壁に叩きつけたりしたという。

    今回、女性の「ピザの注文」の裏に隠れた“SOS”に気づいたティムさんは「家庭内暴力による通報はよくあることですが、似たようなケースFacebookか何かで見聞きした程度です。私達オペレーターは通報者からの情報をきちんと受け取るべく訓練を受けていますが、今回のようなことへの対応方法は誰も教わっていないんです。もしかしたら他のオペレーターでは気づけなかったかもしれませんね」と語った。

    またサイモンを逮捕したオレゴン警察のマイケル・ナヴァー署長は「彼は通信指令係(オペレーター)として最高の仕事をしてくれました。他の者だったら、そのまま電話を切っていたかもしれません」とティムさんを称え、さらに家庭内暴力などの際には911に連絡することが望ましいとして「是非、なんとしてでもあなたが困っている状況をオペレーターに伝えようとしてください。今回の女性はそれをしました。彼女は言葉ではなく声のトーンで伝えてきたのです」と話している。

    画像は『13abc 2019年11月19日付「Local victim’s daughter calls 911 to “order a pizza” to signal domestic violence」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.ytimg.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【「ピザの注文」を受けた911オペレーター、通報女性の“SOS”に気づく(米)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     愛する我が子がいじめられていると知ったら、親はいてもたってもいられないだろう。海外では息子をいじめた相手に復讐した母親がいる。

     イギリスロンドンで、33歳の母親が14歳の息子がいじめられていることに激怒し、いじめた少年を罵倒した動画が拡散され物議を醸していると、海外ニュースサイトDaily Mail』と『7NEWS』が11月7日までに報じた。報道によると、息子は数カ月にわたりいじめを受けていたといい、母親は息子から、誰にいじめられているかなどを調べていたという。『Daily Mail』は具体的な内容こそ明らかにしていないが、母親は息子がいじめられていたいくつかの証拠を持っていたと伝えている。

     ある日、母親は街で息子をいじめている少年を見かけた。母親は少年に勢いよく近づき、「私が誰だか分かるか」と激怒。少年は「知らないよ」と悪びれる様子もなく答えたため、母親はさらにヒートアップし、「もし次、お前が私の息子に触れたら、私はお前の顔を引き裂いてやる。そしてお前の親の顔も引き裂いてやる」と激しい身振りで怒鳴り散らした。このやりとりは、たまたま近くにいた人によって撮影され、SNSで拡散された。

     動画が拡散されるとイギリス国内では「自分の子供を守るために戦ったこの母親の行動は素晴らしい」「いじめはここまでしなければなくならない」と母親を肯定的に見る意見もあったが、「怒るのは理解できるが、こんなひどい言葉で罵倒するのは明らかに間違った方法だ」「より息子が学校に行きにくくなるだけ」といった否定的な意見も挙がっていた。

     母親は『Daily Mail』のインタビューに応じ「息子がいじめられていることを学校に相談したのに、学校は何も行動を起こさなかった。私はいじめを恐れることなく息子に学校に行ってもらいたかっただけ」と語っている。

     海外ニュースサイト『The Independent』の6月19日の報道によると、イギリス中学校のいじめが最も多い国の一つだそうだ。26万人の教師を対象にいじめの調査をしたところ、過去5年間でいじめの数はほぼ倍に増加したという。記事では、いじめが増加した主な原因の一つに「ネットの普及」を挙げている。

     日本の『全国都道府県教育長協議会総合部会』が2015年に報告した内容によると、イギリスでは他のEU諸国と同様、いじめ防止対策として、容認できない行為に対しては「身体的な痛みを伴わない制裁を与える」「家庭でも大人に権威を持って振る舞うよう促すようお願いする」よう各学校に指導している。また近年増えるネットを介したいじめに対しては、2007年300万ポンド(当時のレートで約7億円)の予算を組み、ネットいじめ防止のためのガイダンスを配布している。

     イギリスではいじめ対策を進め、いじめの防止を図っているようだ。日本でも文部科学省が、家庭と連携し、相談できる機関を充実させるなどの対策をとっているが、いじめがまだなくなっていないところを見ると、改善すべき部分はあるようだ。

    記事内の引用について
    Mother who was filmed threatening to 'rip face off her son's bully' admits she 'lost the plot' after chance meeting with the boy outside a shop(Daily Mail)より
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-7657611/Mother-filmed-confronting-sons-alleged-bully-said-lost-plot-saw-boy.html

    London mother confronts her son's alleged school bullies in viral video (7NEWS)よりhttps://7news.com.au/lifestyle/parenting/london-mother-confronts-her-sons-alleged-school-bullies-in-viral-video-c-545102

    England one of worst countries for bullying among school pupils, global survey suggests (The Independent)より
    https://www.independent.co.uk/news/education/education-news/bullying-cyber-england-schools-headteachers-students-oecd-talis-survey-a8965606.html

    諸外国との比較研究等事業研究報告書(全国都道府県教育長協議会総合部会)
    http://www.kyoi-ren.gr.jp/_userdata/pdf/report/270126_sougoubukai_houkoku.pdf

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 fqmagazine.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【息子のイジメ加害者に「顔を引き裂いてやる」 母親の暴言動画が拡散、「怒るのは理解できる」賛否集まる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     野外フェスティバルは日頃のストレスを発散させるに最適な場所だろう。海外では行き過ぎた行動をして批判を浴びた人がいる。

     アメリカカリフォルニア州で開催された「ダーティーバード・キャンプアウト」という野外音楽フェスティバルで、女性が母乳をまき散らし、その動画が拡散され話題になっていると海外ニュースサイト『LADbible』と『news.com.au』が11月6日に報じた。記事によると、女性は露出度の高い黒いレオタードを着て、黒い帽子とサングラスをかけ、音楽に合わせて激しくダンスをしていたそうだ。女性の周りでは多くの男女が共にダンスをしていた。

     女性はダンスをしながら自分の服をいじり始め、突然、乳房を出してつまみ、周りの人に向かって母乳をまき散らしたという。動画は周りにいた人によって撮影され、拡散された。動画には、女性が乳房をつまんで、両方の乳房から母乳を放ち、母乳が2〜3メートル先まで飛んでいる様子が映し出されている。女性が母乳をまき散らすと、周りの多くの人は面白がった様子で、女性に近づき足下に膝をついて口を開け、母乳を飲もうとしている男性もいた。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「気持ち悪い。人の母乳が自分の肌についたらゾッとする」「周りは盛り上がっていそうだし、大したことではない」「どうしたらこんな噴水のように勢いよく母乳が出るか不思議」などの声が挙がっていた。

     野外フェスティバルは日本でもたびたび開かれるが、野外フェスティバルでの迷惑行為は海外だけではなく日本でもあるようだ。ネット上ではさまざまな目撃談が報告されている。

     迷惑行為の中でもよく報告されているのが立ちションだ。トイレに行くタイミングがなく、さらにお酒を飲んで我慢ができなくなるのか、会場の隅で立ちションをする人は多いという。本人はこっそりと立ちションをしているつもりかもしれないが、多くの人が集まる会場内での立ちションは目立ち、「放尿する場面をリアルに見てトラウマになった」「立ちション後と思われる場所を踏んだ、臭い」との報告もある。

     また、妊婦が野外フェスティバルに現れ「つわりがひどいのか、会場で吐いた妊婦がいた」という報告や、赤ちゃんを連れて参加し、人でごった返しているにもかかわらず、足下に赤ちゃんを寝かせて、母親が音楽を楽しんでいたという報告もある。現場に居合わせた人は「母親が『赤ちゃんがいるから押さないで』って叫んでいて、周りの人とトラブルになっていた」と伝える。また、人混みの中で授乳をしたり、赤ちゃんに離乳食を食べさせる人を見たという情報もある。

     野外フェスティバルは多くの人が盛り上がれる場所だ。周りの雰囲気を台なしにしないためにも最低限のマナーは必要だろう。

    記事内の引用について
    Bizarre Video Shows Woman Spraying Her Breast Milk Around At Festival (LADbible)より
    https://www.ladbible.com/news/viral-bizarre-video-shows-woman-spraying-breast-milk-around-at-festival-20191105

    Wild moment mum sprays breast milk over crowd at dance festival(news.com.au)より
    https://www.news.com.au/lifestyle/real-life/news-life/wild-moment-mum-sprays-breast-milk-over-crowd-at-dance-festival/news-story/257bfd3f58732832a04adcdd20fdf876

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 andmore-fes.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【母乳を噴水のように巻き散らす母親に騒然 野外フェスでヒートアップか「気持ち悪い」の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ