社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     27日、神奈川県横浜市新型コロナウイルスの検査を受け、結果待ちだった10代男性が、飛行機で実家の熊本県阿蘇市に帰省し、その後感染が発覚していたことが判明。この事案に怒りの声が広がっている。

     熊本県の発表によると、この男性は22日に熱や咳などの症状が出て、25日に検査。翌日、結果を待たずして羽田空港から飛行機に乗り込み、熊本県へ移動する。そして26日午後になり、陽性が確認され、27日午前中に感染が本人に伝えられた。なお、横浜市は自宅で待機するよう要請していたそう。

     ​>>風俗店店員、公式サイトに「検査の結果全員陰性」と嘘を記載し集客して逮捕<<​​​

     男性は実家に帰ると、母親に対し、「新型コロナウイルス感染者と接触があり検査を受けた」などと報告。すると、母親は家に息子を入れず、納屋にテントを張って隔離した。無症状だと言うが、熊本県内の病院に入院している。

     このニュースに、「自分がコロナかもしれないとわかっていて飛行機に乗る。許せない」「テロと言っても不思議じゃない。罰せないものか」「こういうニュースを聞くと、まだまだ公共交通機関は危ないと感じる」「症状もあって、自宅待機命令が出ているのに飛行機で里帰りって常軌を逸した行動」「1ミリも理解できない」「少し待っていれば入院できたはず」と怒りの声が上がる。

     一方で、「10代だとろくにお金も稼げないだろうし、実家に帰りたい気持ちも理解できなくはない」「横浜で身寄りがなく、コロナになって不安な気持ちはわかる」「金稼ぐな、家にいろと言われても家賃や光熱費が払えない。八方塞がりな状況はなんとかするべき」と同情的な声も出た。

     東京以外では新型コロナウイルスの感染が収束しつつあるが、地方からの移住者が多い東京は新規感染者数が再び増加傾向にある。当然、感染者が地方に移動すれば、移されてしまう人物が出てしまい、全国的な感染に繋がってしまう。

     不安な気持ちがあったとしても、「人に移さない」ことを考えてもらうとともに、国や自治体もしっかりと指導やケアをしていく必要がある。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【​10代男性、コロナ検査中自宅待機命令を無視し横浜から熊本に帰省 母親が納屋のテントで隔離】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    大阪地裁前で言葉を交わす赤木雅子さんと阪口徳雄弁護士6月25日筆者撮影

    ◆森友問題改ざん強制で自死した赤木さんの妻の訴訟を支える弁護士
    おはようございます。今日は阪口先生の裁判の取材に行かれるんですよね。それって私も行ってみることできますか?」

     こんなLINE赤木雅子さんから届いた。森友学園への国有地売却をめぐる公文書の改ざんを強いられて命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さん(享年54)の妻。夫が書き残した改ざんについての「手記」を今年3月に『週刊文春』誌上で公表し、改ざんを指示したとされる佐川宣寿元財務省理財局長と国を相手に裁判を起こした。

     一方、阪口先生とは阪口徳雄弁護士のこと。大阪の名物弁護士の一人で、森友問題の発覚当初から真相を追及し、国を相手にした裁判の代理人を務めている。この日、6月25日は森友問題に関連する公文書の情報公開をめぐる裁判の一審判決があった。LINEにある「阪口先生の裁判」とはこのことを指す。

     だが阪口弁護士は赤木雅子さんの裁判の代理人を務めているわけではない。それなのになぜ赤木さんは阪口弁護士の裁判に関心を示したのか? そこには知られざるエピソードがあった。

     話は今年1月にさかのぼる。当時、赤木雅子さんは別の弁護士に裁判の準備を依頼していた。その弁護士は以前、近畿財務局に勤めていたことがあり、俊夫さんが亡くなった直後に近畿財務局の職員の紹介で赤木さんの代理人を務めるようになった。

     当初、取材に押しよせるマスコミ対策では助けになったが、いざ国を相手の裁判を準備する段階になると、赤木さんの意向を受け入れてくれないことが多々あり、赤木さんは次第に弁護士への不信を募らせるようになっていた。

    「先生の事務所から帰る時は私いつも泣いて帰るんですよ」と聞いたこともあり、私は「それはおかしいですよ。弁護士は依頼人のために動くものです」と話したこともある。

     赤木さんは裁判の方針がその弁護士の言うとおりでいいのか不安に思っていたので、私は「別の弁護士に意見を聞いてみてはいかがですか? 医療と同じで、セカンドピニオンを聞いてみるんです」と勧めていた。

     それでも弁護士というものに恐怖感を抱くようになっていた赤木さんは、なかなか踏み切れずにいた。しかしついにたまりかねたのか、ある日「相澤さんが紹介すると話していた弁護士さんはどなたですか?」と尋ねてきた。そこで私が紹介したのが、阪口弁護士であった。

    ◆「あんた、一人でつらかったやろなあ」

    大阪地裁に入庁する阪口弁護士ら弁護団と、原告の上脇博之教授

     阪口徳雄弁護士1971年、司法修習生の終了式で、クラス代表として最高裁の方針に異を唱えようとして、修習生を罷免、つまりクビになったことがある。このため弁護士になるのが2年遅れたという強者である。その後も市民の立場から行政や大企業の問題を追及してきた。赤木さんに紹介するなら阪口弁護士しかいないと私は前から考えていた。

     1月16日、私は大阪・北浜にある阪口弁護士事務所に赤木雅子さんを案内した。俊夫さんの「手記」を取り出して手渡す赤木さん。それをしばらくじっと読み込んでいた阪口弁護士は、読み終えると顔を上げ、赤木さんにゆっくりと語りかけた。

    あんた、一人でつらかったやろなあ」

     この一言が決め手になった。この後、赤木さんは事務所を出るなり私に伝えた。

    「相澤さん。私、弁護士さんを変えることにします。阪口先生にお願いします」

     私は突然のことに驚いた。

    「どうして急に決意したんですか?」

    「阪口先生は夫の手記を読んで真っ先に『あんた、一人でつらかったやろなあ』と言ってくれました。私はその一言を言ってほしかった。本当に一人でつらかったと理解してほしかったんです」

     それまでの弁護士からは一度もそんな言葉をかけられたことがなかったという。阪口弁護士の一言が、赤木雅子さんの心を動かし、人生を変えた。阪口弁護士が常に依頼者の心に寄り添う気持ちを忘れないからこそ出てきた一言だろう。弁護士かくあるべし、という見本を見る思いだった。

    ◆「直接あいさつをしたい」と赤木さんが阪口弁護士の裁判へ

    大阪地裁を訪れた赤木雅子さん

     それでは、なぜ阪口弁護士が赤木さんの代理人を務めていないのか? それは、俊夫さんの死が職場に原因のある「労災」のような側面があるから、それなら自分より詳しい弁護士がいると言って、長年交友のある松丸正弁護士を紹介したからだ。松丸弁護士過労死弁護団の重鎮である。赤木さんの裁判は、松丸弁護士と、同じく過労死問題に詳しい生越照幸弁護士が担うことになった。

     弁護団の当初の構想では、阪口弁護士は表に立たないものの、弁護団会議には補助的に出席する形を取ることになっていた。ところがその後のコロナ禍を受けて、阪口弁護士Zoomによるリモート参加をすることになった。弁護団会議のあと、赤木さんは「私、Zoomの向こうの阪口先生の声を聞くだけで胸が詰まってしまいます」と話していた。

     そんな時、阪口弁護士が中核を担う森友問題の裁判が判決を迎えると聞いて、ぜひ傍聴に行きたい、できれば直接あいさつをしたいと考えたのだ。

     6月25日午後2時半、赤木雅子さんは大阪地裁東門で待っていた。そこに阪口弁護士が姿を現した。「阪口先生」と声をかけて近づく赤木さん。「お~、久しぶりやな」と応じる阪口弁護士。「あの時は本当にお世話になりました。ありがとうございました」「いやいや、あんたもいよいよ裁判が始まるな」「はい、これからもよろしくお願いします」。

     時間がないので、ほんの短い間の立ち話だったが、赤木さんは「久しぶりにお話ができてよかったです」と満足していた。

    ◆勝訴でも控訴するのは「赤木さんの裁判への援護射撃」

    大阪地裁では、7月15日から赤木さんの裁判が始まる

     その10分後、阪口弁護士をはじめ弁護団と原告の大学教授がそろって大阪地裁正門から入庁した。この裁判は、神戸の大学教授が3年前、森友問題発覚後に関連する公文書の開示を求めたにもかかわらず、217件の文書が違法に開示されなかったとして損害賠償を求めていた。判決の言い渡しは午後3時から。法廷の傍聴席には赤木雅子さんの姿もあった。

    「主文、被告(国)は、原告に対し、33万円を支払え」

     情報開示をめぐる裁判でこれだけの損害賠償が認められるのは珍しい。弁護団は勝訴だと受けとめた。普通なら控訴はしない。ところが阪口弁護士は事前に断言していた。「勝っても負けても控訴する」という。その理由は?

    「国は裁判をやめたくて仕方がない。真相を追及されるからな。だからわしらは控訴して裁判を続けたる。そして新たな証拠として赤木俊夫さんの手記を提出する。これが公表された時は、この裁判はもう結審していた。だから控訴審で赤木さんの手記を証拠にして国を追及する。つまり赤木さんの裁判への援護射撃や」(阪口弁護士

     この裁判の判決に先立って赤木雅子さんは、大阪地裁2階の大法廷を訪れた。赤木さんの裁判は注目度が高いから、一番広く傍聴人が多数入れる大法廷が使われる可能性が高い。法廷の中には入れなかったが場所を確認した。赤木さんは、その後の阪口弁護士の裁判で判決を見届けた。

    赤木:見ておいてよかったです。裁判の雰囲気がわかりました。阪口先生が勝ったのもよかった。

    ――でも阪口さんは控訴すると言っていましたよ。俊夫さんの手記を証拠申請するそうです。赤木さんへの援護射撃だそうです。

    赤木:本当にありがたいです。

    ――阪口さんの一言がなければ赤木さんの裁判はどうなっていたかわかりませんね。

    赤木:そうですね。私、決断するのは早いんです。

     赤木雅子さんの裁判は7月15日に始まる。同じ日、裁判に至る経緯を詳細に記した、赤木さんと私の共著書(『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』)が文藝春秋社から発売される。赤木俊夫さんの無念を晴らす雅子さんの闘いが、いよいよ火ぶたを切る。

    <文・写真/相澤冬樹>

    【相澤冬樹】
    大阪日日新聞論説委員・記者。1987年NHKに入局、大阪放送局の記者として森友報道に関するスクープを連発。2018年NHKを退職。著書に『安部官邸VS.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由』(文藝春秋

    大阪地裁前で言葉を交わす赤木雅子さんと阪口徳雄弁護士・6月25日筆者撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【森友問題で自殺した赤木俊夫さんの妻を支える弁護士の一言】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     前法務大臣の河井克行容疑者と妻の案里容疑者が公職選挙法違反の買収容疑で逮捕された事件で、関係者によると、克行容疑者は広島の県議会議員らの一部に現金を渡したことを認めた上で買収の意図を否定しているという。一方、渡した現金の出どころについては「自民党本部からの1億5000万円ではなく、自分で用意した金だ」などと周囲に説明しているということだ。

     また、陣営の関係者や後援会の幹部に現金を渡したことについては、逮捕後の取り調べに対し「選挙活動でかかった実費や報酬だった」などと供述しているという。

     一方、参議院選挙直前の去年5月、当時、案里容疑者の後援会長を務めていた府中町議会の繁政秀子議員は、選挙事務所で克行容疑者から30万円を受け取ったことを明らかにした。その際に「安倍総理から」という言葉をかけられたという。
    ANNニュース
     

    映像:業者にデータ削除依頼 河井克行容疑者が証拠隠滅か

    河井克行容疑者から「安倍総理から」と30万円 受け取った府中町議が明らかに


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【河井克行容疑者から「安倍総理から」と30万円 受け取った府中町議が明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    代替テキスト
    (提供:Ramsey County Detention Center/ロイター/アフロ

    ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性ジョージ・フロイドさんの首を膝で押さえつけ死亡させたデレク・ショーヴァン元巡査。5月29日に第3級殺人罪で起訴(後に第2級殺人に変更)され、ラムジー郡刑務所に拘置されているが、この刑務所に勤める8人の看守が、ある訴えを起こした。The New York Timesなど複数のメディアが報じている。

    8人の代理人を務めるボニー・スミス弁護士によると、ショーヴァンが収容されたフロアから、有色人種の看守が全員締め出され、白人の看守のみがショーヴァンを担当するようになったという。原告の8人は全員が有色人種で、人種を理由として特定のフロアの警備を禁止されたとして差別訴訟を起こしたのだ。

    ロイドさんの死は、現在米国中を席巻している「Black Lives Matter」運動のきっかけとなった。ショーヴァンはまさに“黒人差別のシンボル”として批判を一身に受ける身。上層部が有色人種の看守による暴行を懸念したとの考えもあるが、報道によると「この決定はとても屈辱的で品位を貶めるものであり、上司に信頼されていないと感じさせた」と8人は主張している。

    「私のクライアントたちはその日、職務を遂行するため完璧な準備をして出勤しました。彼らは高度な訓練を受け、危険かつ不安定な状況も経験し、白人と対等な立場にある者として5月29日の業務に当たるために準備してきたのです。しかし、それは許されなかった」とスミス氏はコメント

    原告は刑務所に対し金銭的補償、全ての刑務所従業員に対する人種的偏見についてのトレーニング、正式かつ公的な謝罪を求めている。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【フロイドさん死亡事件 元警官の担当看守は白人のみ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     今週、宮城県福島県で目撃された白い飛行物体について、防衛省自衛隊の保有する気球ではないと発表した。

    ・【映像】仙台上空に出現! "宇宙からの飛行物体"!? 信じるか信じないかはあなた次第...

     防衛省によりますと、陸上自衛隊などはGPSや気象観測用などの気球を複数保有しているということです。しかし、目撃された白い物体はプロペラやソーラーパネルのようなものをつけており、「外観が異なる」として自衛隊のものとは一致しないと明らかにした。

    また、防衛省は白い物体の正体について「わからない」とコメントをしていますが、河野防衛大臣はきのうの閣議後会見で、「24時間365日、レーダーその他で警戒監視を続けている」と強調し、安全保障上の影響を及ぼすものではないとの考えを示している。(ANNニュース
     

    ▶映像:仙台上空に出現! "宇宙からの飛行物体"!? 信じるか信じないかはあなた次第...

    謎の白い飛行物体について防衛省「自衛隊の気球ではない」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【謎の白い飛行物体について防衛省「自衛隊の気球ではない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     新型コロナウイルスの影響で休業している富士山の山小屋の窓ガラスが割られ、現金が盗まれた。修理の費用も含めて被害は100万円以上とみられている。

    【映像】富士山で山小屋荒らし
     
     被害にあったのは富士山・吉田口の五合目にある佐藤小屋。管理人によると先月23日の見回りの際に釣銭を入れるポーチが見当たらず、改めて30日に訪れた時に、食堂の窓ガラスが割られ、シャッターが壊されていることに気付いて警察に届けたという。

     盗まれたのは2万円ほどだが、きょう、被害状況を確認したところ修理に100万円以上かかるということだ。

     山小屋の管理人は「やるせない、新型コロナで収入がまったくないところにダブルパンチ」と話している。小屋は感染防止のために2月から休業していた。(ANNニュース

    【その他の注目記事】

    コロナで休業中、富士山で山小屋荒らし 管理人「やるせない、ダブルパンチだ」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【コロナで休業中、富士山で山小屋荒らし 管理人「やるせない、ダブルパンチだ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     アメリカ南部のジョージア州で警察官が黒人男性を射殺した事件が起き、現場ではハンバーガー店が炎上した。警察に抗議するデモ隊が放火した可能性がある。

    【映像】射殺現場付近の様子

     13日夜、ジョージアアトランタ市でハンバーガー店が炎上した。火の勢いが強く、一時、消防隊が思うように近づくことができなかった。

     この店の駐車場では12日夜、飲酒運転を摘発しようとした警察官が黒人男性(27)を射殺した。拘束しようとした男性が逃走したため警察官が3発発砲したということだ。

     13日、地元警察の署長の辞任が発表された。現地では警察に抗議するデモ隊が幹線道路を封鎖。ハンバーガー店の火災はデモ隊が放火した可能性があるということだ。

     先月25日にミネソタ州で白人の警察官が黒人男性を暴行して死亡させた事件をきっかけに始まった抗議のデモは全米のみならず、各国に広がっている。そうした中で起きた今回のジョージア州の射殺事件は抗議に拍車をかける可能性がある。(ANNニュース
    警官が黒人男性を射殺、現場のハンバーガー店が炎上 デモ隊による放火か


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【警官が黒人男性を射殺、現場のハンバーガー店が炎上 デモ隊による放火か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     新型コロナウイルスの感染拡大について、WHO=世界保健機関は24時間で過去最多となる感染者が確認されたと明らかにした。

    ・【映像】WHO 24Hで過去最多13.6万人感染

     8日に行われたWHO記者会見での発表によると、7日に世界でおよそ13万6千人の感染者が確認され、アメリカブラジルインドなど10カ国でその75%を占めているという。

     また、ヨーロッパの状況は改善しつつあるものの東ヨーロッパ中央アジアの一部の国で感染の拡大が始まっていて、テドロス事務局長は「世界的には状況は悪化している」と指摘した。

     一方、世界で2番目に多い感染者が確認されているブラジル感染者数や死者数の公表を取りやめたことに対しWHOの危機対応の責任者であるライアン氏は「今後も情報の提供が続くことを望んでいる」と話した。(ANNニュース
     

    ▶映像:WHO 24Hで過去最多13.6万人感染

    24時間で過去最多の13万6千人が新型コロナウイルスに感染 WHOが公表


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【24時間で過去最多の13万6千人が新型コロナウイルスに感染 WHOが公表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【動画はこちら】

    埼玉県越谷市の路上で、走行中にモデルガンを向けながら煽り運転した三ツ木三広容疑者(48)が逮捕されました。動画はSNSで拡散され物議を醸していました。

    動画には「いい歳してあおり運転しないで!」「前も問題になっていたのに」「ドラレコはあった方がいい」などのコメントが寄せられています。

    こういうことが頻繁に起こると思うと、ドライブレコーダーは必須と感じます。

    【動画はこちら】

    【埼玉】走行中にモデルガンを向けながら煽り運転してきた男が逮捕!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【埼玉】走行中にモデルガンを向けながら煽り運転してきた男が逮捕!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父・横田滋さんが5日に亡くなったことを受けた、妻の早紀江さん、息子の拓也さんと哲也さんが9日午後、記者会見を開いた。冒頭の挨拶で拓也さんと哲也さんは北朝鮮を改めて厳しく批判。メディアの報道についても対しても苦言を呈した。

    ・【映像】滋さん死去に総理「本当に申し訳ない」

     まず、早紀江さんは「いつも穏やかで、苦しいとか痛いとか、そういうことは絶対言わないで、いつも笑顔でした。だんだん衰弱して、突然5日、息を引き取りました。拉致された人たちのことを思って、二人三脚で一生懸命に頑張ってきましたけれども、やっぱり段々年をとって、私もそうですが、身体に色々と具合の悪いところが出てきました。たくさんの親御さんがいらっしゃらなくなったあり、これからも衰弱していかれるのではないかといつも心配しています。国柄が国柄なので、どうしてもなかなか解決には向かいません。本当に難しい問題だなと思わされております。本当にいつも報道していただいて、めぐみたちを助けるために、本当に献身的に被害者のこと、私たち家族のことを報道し続けて下さった長い年月に、心から感謝いたしております。滋も皆さんと仲良くさせていただいて、いつも穏やかに暮らすことができたこと、たくさんの(拉致議連の)先生方や救う会の指導力も素晴らしかったし、何も思い残すことがないほど、全身全霊打ち込んで頑張ったと思っています。安らかに、すごくいい、本当に静かな顔で天国に引き上げられたこと、私は良かったなと思っております。ご支援を感謝しております」と挨拶。

     一方、拓也さんは「父はめぐみの写真を撮ることがとても大好きでしたから、報道で過去の写真を使っていただくこともありました。本当に目の中に入れても痛くないほどかわいがっていた姉にどれだけ会いたかったかと思うと、悔しくて悔しくて仕方がありません。2002年の日朝首脳会談の後に父が泣いていた姿を見て、そして今回、父が他界したことを受け、 私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害をしつづけることができるのか。不思議でなりません。国際社会がもっと強い制裁を課して、問題解決を図ることに期待したいと思います」とコメント。「そして私たち横田家のそばに長い間いた安倍総理には、本当に無念だとおっしゃっていただいています。私たちはこれからも安倍総理とともに解決を図っていきたいと思っています。国会においては、与党・野党の壁無く、もっと時間を割いて、具体的かつ迅速に解決のために行動して欲しいと思います。マスコミの皆さまにおかれましても、イデオロギーに関係なく、この問題を我が事として取り上げてほしいと思います。自分の子どもならどうしなければいけないか、ということを問い続けてほしいと思っています」と訴えた。

    さらに哲也さんも「父が果たせなかった思い、遺志を受け継いで結果を出す、墓前で“帰って来ました”と報告することが残された者の使命だと思っています。2011年金正日が亡くなって2012年金正恩リーダーに就いたわけだが、その時に前の政権の悪行を否定して生まれ変わっていれば、北朝鮮は国際社会に復帰でき、資金や物資がどんどん流入して国民が豊かになり、そして拉致問題も解決すれば被害者家族も幸せになれた。すべてがウィンウィンになれた。にも関わらずそれをしなかった。本当に愚かなリーダーだと思います」とした上で、「一番悪いのは北朝鮮ですが、問題が解決しないことに対して、ジャーナリストメディアの方の中には、安倍総理は何をやっているんだ、というようなことをおっしゃる方もおられます。ここ2、3日目、北朝鮮問題は一丁目一番地だというのに、何も動いていないじゃないか、というような発言をメディアで目にしましたが、安倍総理、安倍政権が問題なのではなく、40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致なんてするはずないでしょと言ってきたメディアがあったから、安倍総理、安倍政権がここまで苦しんでいるんです。安倍総理、安倍政権は動いてくださっています。やっていない方が政権批判をするのは卑怯です。拉致問題に協力して、様々な覚悟で動いてきた方がおっしゃるならまだわかるが、ちょっと的を射ていない発言をするのはやめてほしいと思います。うちの母も、有本のお父さんも、飯塚代表もかなりのお年で健康も芳しくありません。これ以上同じことが起こらぬうちに、政権におかれては具体的な成果を出して欲しい。国内には敵も味方もありません。日本対北朝鮮、加害者対被害者の構図しかありません。これからも協力をお願いしたいと思います」と話した。(ANNニュース
     

    ▶映像:滋さん死去に総理「本当に申し訳ない」

    「これからも安倍総理とともに解決を図っていきたい」「的を射ていない発言をするのはやめてほしい」横田めぐみさんの弟・拓也さんと哲也さん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「これからも安倍総理とともに解決を図っていきたい」「的を射ていない発言をするのはやめてほしい」横田めぐみさんの弟・拓也さんと哲也さん】の続きを読む

    このページのトップヘ