社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

    ミュージック

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    画像はツイッターをキャプチャ

    コカイン使用の疑いで3月12日に逮捕されたピエール瀧容疑者(51)について3月15日音楽家坂本龍一さんがツイッターで言及した。電気グルーヴのCDおよび映像商品が出荷・配信停止され、在庫回収されている状況であることをあげ、

    「なんのための自粛ですか?電グルの音楽が売られていて困る人がいますか?ドラッグを使用した人間の作った音楽は聴きたくないという人は、ただ聴かなければいいんだけなんだから。音楽に罪はない」

    コメントしている。

    【関連記事:電気グルーヴの配信停止で「CDはまだ必要」の声 「オールドメディア回帰の流れが顕在化」と識者

    関連商品が市場に出回らない状況へ 今後公演のライブ、フェスも出演キャンセル

    リプライ欄では、「ビートルズもストーンズもクラプトンも日本では聴けないな」「洋邦新旧問わず多くのドラッグ使用者の楽曲が今まさに販売されてる」など、坂本さんに共感する人からのコメントが多く寄せられている。

    一方、薬を使用した人間の音楽を聴きたいか否かの話ではなく、違法薬物使用がどれだけ社会的に影響を与えるかの問題だと指摘する人もいた。

    瀧容疑者の逮捕を受け13日、所属するソニーミュージックレーベルズは電気グルーヴおよびピエール瀧に関するCD、映像商品の出荷停止と店頭在庫回収、また音源や映像の配信停止を発表した。

    また今月15日、16日に予定していた電気グルーヴ30周年ツアー公演、4月28日に出演を予定していた音楽フェス「ARABAKI ROCK FEST.19」のキャンセルも発表された。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【ピエール瀧逮捕】坂本龍一「なんのための自粛ですか?」「音楽に罪はない」 電気グルーヴの出荷停止に異議】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    米津玄師(画像は米津玄師公式Twitterスクリーンショット

    シンガーソングライター米津玄師が6日に自身のツイッターを更新。教育に対する思いを投稿し、共感や称賛の声が相次いでいる。

     

    ■「こんな悪人が世にいるのか」

    この日、米津は小学生のころに行った絵画教室での出来事を投稿。教室では、教師が「指導」という名目で同年代の子供たちが描いた絵を「ズケズケと塗りつぶしながら修正」していた。

    それを見た当時の米津は、教師に対して「こんな悪人が世にいるのか」と感じたという。このときの出来事がかなり衝撃的で心に突き刺さったのだろう、「今なお人格の一部として機能してる実感がある」と現在にも影響していると明かした。


     

    ■「暴力の正当化」を批判

    米津はこのときの教師の行動を「暴力」として捉えているようだ。続くツイートでは、暴力をもって指導することを批判。

    「痛みがなければ理解できないという理由で、暴力を正当なものだと挿げ替えようとする浅ましさ」と切り出し、「その胸には暴力に耐えきった優秀なケースだけが成功体験として残り、足元に積み上がった失敗には一切目も向けない。自分の指導能力のなさを子供に押し付ける態度でしょうね」と怒りを訴えた。


    ■「深い」「共感する」の声が相次ぐ

    また、続くツイートでも「子供ながらの『純粋な表現』が必ずしも美しいとは全く思わないけど、自分には何かができるという過信が才能なんだとすれば、それを叩き折る行為に意義なんてない」とつづった米津。

    3つの投稿にわたって語った教育に対する強い思いに、ネット上では「言葉が深い」「泣きそうになった」と感銘を受ける声が相次いだ。

    「同意です。暴力は悪でしかないと思います。体の傷は治っても心の傷は一生消えないですもんね」

     

    「うんうん。最近、そういうニュース多いですもんね。人の痛みがわからない人が多すぎる…優しくありたいね」

     

    「すっごく深い。でもとても共感する。やっぱり米津さんは偉大」

     

    また、これまでは自身のコンサートに関する投稿をしていた米津が、突然と一連の投稿をしたことに「何かあったの?」と心配の声も寄せられている。

    「何かありましたか? 米津さん。なんだか心配です…」

     

    「連投珍しいよね なにかあったのかなー? って心情がとても気になったよ」

     

    ■学生時代に「おかしな教師」はいた?

    学生時代、教師の理不尽な指導や暴力などに苦しんだ人もいるだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,477名に「学生時代にいた教師」について意識調査したところ、約半数が「『おかしい』と思う教師がいた」と回答している。

    (©ニュースサイトしらべぇ

    米津の一連の発言には、10万前後の「いいね」が寄せられ、2万前後もリツイートされている。これらの訴えが多くの人に響き、そして少しでも指導者の意識が変わることを切に願いたい。

    ・合わせて読みたい→米津玄師、ベッキー結婚後の意味深投稿が物議 「趣味悪い」「どうして…」

    (文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年5月18日2018年5月21日
    対象:全国20代~60代の男女1,477名 (有効回答数)

    米津玄師「こんな悪人が世にいるのか」 突然の連続ツイートが反響


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【米津玄師「こんな悪人が世にいるのか」 突然の連続ツイートが反響】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    米津さんのツイートの1つ。黒塗りは編集部。

    人気歌手の米津玄師さんが3月6日、教育に関する自身の思いをツイッターで連投し、注目を集めている。米津さんは子どもの頃に行った絵画教室で、同年代の生徒が描いた絵を、教室の先生が「指導という名目でズケズケと塗りつぶしながら修正した」のを見たという。当時の衝撃は大きかったのか、

    「その時の『こんな悪人が世にいるのか』と思った記憶が今なお人格の一部として機能してる実感がある」

    と明かした。


    「自分には何かできるという過信が才能だとすれば、それを叩き折る行為に意義はない」


    米津さんはこの教師の行為を暴力的だと捉えているようで、続くツイートでは「痛みがなければ理解できないという理由で、暴力を正当なものだと挿げ替えようとすることの浅ましさ」と、痛烈に批判した。

    「その胸には暴力に耐え切った優秀なケースだけが成功体験として残り、足元に積み上がった失敗には一切目を向けない。自分の指導能力のなさを子供に押し付ける態度でしょうね」
    「子供ながらの『純粋な表現』が必ずしも美しいとは全く思わないけど、自分には何かができるという過信が才能なんだとすれば、それを叩き折る行為に意義なんてない」

    一連のツイートはそれぞれ10万件前後の「いいね」がされ、1万件~2万件ほどのリツイートもされている。ユーザーからは、「すごく同感」などと共感する声のほか、「息子が小1のとき同じことされた」などの体験談も寄せられていた。

    米津さんはここ2か月、1月19日から始まった全国ツアーの感想や終了報告をツイートすることが多かった。そのため、突如語られた自身の教育への思いに「唐突だったからなにか嫌なことでもあったのかな?」と心配するファンも相次いでいる。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【米津玄師、教育に関するツイート連投 教師の暴力は「指導能力のなさを子供に押し付ける態度」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す」が今さら物議

    フィクションや表現物を楽しむ際、例えば主人公が盗みを働いていたからといって、自分も泥棒しようとは思わないものだ。しかし中には「こんな事を書く作者は悪い奴」と攻撃する人もいる。

    はてな匿名ダイアリーに2月11日「『盗んだバイクで走り出す』に熱狂していた若者」との投稿があり注目を集めた。

    「盗んだバイクで走り出す」
    「夜の校舎窓ガラス壊して回った」

    という尾崎豊の曲の一部を抜粋し、今の子に言っても大半は見向きもしないだろうし、相次ぐバカッター行為と同じという仄めかしも付け加えた。

    「私自身世代ではないので、たった数十年前、今の現役世代が若者だった頃に熱狂していたことに衝撃を受ける」

    として、「主張するのは結構だけど、一線を超えたら終わりだ」などと批判的な自論を展開していた。(文:okei

    「尾崎ファンを冷ややかな目で見てた者も沢山いる」

    尾崎豊が活躍していたのは1980年代から90年代初めにかけてになる。10代の葛藤や反抗心を描いた曲がヒットし、特に若者の支持を集めたことで知られる。実は筆者も10代後半にハマっていた時期があった。

    抜粋された曲は、『15の夜』(1983年)と『卒業』(1985年)。確かにあれだけ見たら窃盗ダメでしょ、器物破損は犯罪よ、となるのはある意味当然ではある。

    しかし当時を知る者として言わせてもらうと、尾崎はそれほどメジャーではなかった。もちろんファンは沢山いたけれど、そもそもテレビに出ないという売り方をされていたので、一部の若者が楽しむ和製ロックカルチャーの中にいたひとりだった。実際筆者も中学生の時は洋楽派だったので、この2曲のリリース当時のことは全く知らない。

    はてなブックマーク500以上つき物議を醸していたが、

    「尾崎、そんなに流行ったかなぁ」
    「割と世代だが尾崎ファンを冷ややかな目で見てた者も沢山いることを忘れないで欲しい」

    といった声も多い。不良御用達というより、「一部の気弱で自分の持ってる不安や不満、不信感をうまく発散できない子に響いただけ」という意見もある。「熱狂していた若者たち」と一括りにされては、違和感がある人も多いだろう。

    若者の生き辛さを歌にする過程でそういう表現になった

    一方で、当時ファンだったと見られる人たちから反論コメントも多数入っている。

    「(好きだった理由は)別に盗んだバイクで走り回っていたからでも窓ガラスを壊して歩いていたからでもないよ。そういう行為に走りたくなる、その時代の若者の中にある何かを描いた歌ってだけ」

    青スジ立てて怒る人はおらず、皆淡々としていた。「当時は管理教育がひどくて、反抗も強かったからなあ」と振り返る人も。楽曲自体は、単純にいい音楽なのだが、生き方にもがく人の姿を描いた歌詞が巧みなため、カリスマ的なキャラ付けが強くなってしまっていた。

    影響の因果関係は不明なものの80年代は校舎の窓ガラスが割られる事件もあったが、ブクマコメント

    「詩を文字通りにしか読めない人間の多寡の問題もあるような」

    とあったように、作品中に描いたことを作者が推奨していると思ってしまう、あるいは口実として利用する人は残念ながらいるものだ。しかし、彼の死後30年近く経ってもこうして話題にのぼるのだから、存在感の大きさは本当にたいしたものだ。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す」が今さら物議 「歌詞を文字通りにしか読めない人間多過ぎ」という指摘も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    自分で作詞・作曲した楽曲なのに、使用許諾を拒まれて、ライブが開けず、精神的苦痛を受けたとして、シンガーソングライターの、のぶよしじゅんこさんら3人が、JASRAC日本音楽著作権協会)を相手取り、計385万円の損害賠償をもとめる訴訟を東京地裁に起こした。1月11日、第1回口頭弁論が開かれて、JASRAC側は請求棄却をもとめた。このあと弁論準備に入るが、ミュージシャンによる提訴は異例ということだ。はたして訴訟のポイントは何だろうか。

    ライブを開けなかったミュージシャン

    訴状によると、のぶよしさんは音楽出版社を通じて、自分が作詞・作曲した楽曲の著作物管理契約をJASRACと結んでいる。のぶよしさんが2016年5月、東京・八王子市ライブハウス「X.Y.Z.→A」でライブを開催するために、オリジナル曲6曲を含む12曲の演奏申し込みをおこなったが、JASRACに拒否されて、ライブが開けなかったという。

    JASRAC側は「ライブハウスとの間で、管理著作物の使用料の精算が未了である現状を鑑みて」と理由をあげた。「X.Y.Z.→A」は、JASRACと裁判で争っていたファンキー末吉さんが経営に関わっているライブハウスだった。のぶよしさん側は、正当な理由なく、著作者人格権と演奏の自由を侵害されたと主張している。

    JASRACは「正当な理由」がなければ拒めない

    そもそも自分でつくった楽曲なのに、使用許諾を得られない、ということは法的に問題ないのだろうか。著作権にくわしい高木啓成弁護士が解説する。

    JASRACは、作詞者・作曲者から直接、または音楽出版社を通じて、楽曲の著作権をあずかって管理しています。

    楽曲を利用したいというレコード会社や放送局、ライブハウスなどは、楽曲の作詞者や作曲者ではなく、JASRACに申請して利用許諾をもとめることになります。JASRACは、このような楽曲利用者から著作権使用料を徴収して、作詞者や作曲者などに分配する業務をおこなっています。

    JASRACのように著作権を管理している著作権管理事業者には『著作権等管理事業者法』という法律が適用されます」

    この法律には「正当な理由がなければ、取り扱っている著作物等の利用の許諾を拒んではならない」と定められている(同16条)。

    「つまり、楽曲を利用したいという人が、楽曲利用の申請をしたにもかかわらず、JASRACが『正当な理由』なく、申請を拒否した場合は、違法になってしまいます。ですので、JASRAC側は今後、利用許諾をしなかった『正当な理由』を主張していく必要があります」

    「取りこぼし」が発生するメカニズム

    のぶよしさんは2016年10月、別のライブハウスでのライブについて、利用許諾を申請したのに、JASRACに受け付けてもらえず、さらに分配も一切なかったことも問題視している。

    「『JASRACが、ライブハウスや飲食店から徴収した著作権使用料が正確に分配されていないのではないか』という問題は、以前から指摘されています。

    JASRACは、全国のライブハウスや飲食店などから徴収した著作権使用料を、楽曲の利用回数などに応じて、その楽曲の作詞者や作曲者などに分配することになります。

    このとき、すべての楽曲の利用回数が正確に判明すればいいのですが、全国のライブハウスや飲食店でどの楽曲が何回利用されたかを調査することは困難です。

    ですので、JASRACは、一部の店舗でサンプリング調査(テレビの視聴率調査のようなもの)を実施して、また一部の店舗に協力してもらって利用楽曲の報告を受けて、これらのデータから全国の利用楽曲を推定するという方法をとっています。

    この方法だと、当然、取りこぼしが出てしまいます。『自分の楽曲がライブハウスで演奏されたはずなのに(というより、自分が演奏したのに)、著作権使用料が分配されない』という問題が起こるわけです。

    原告が述べているのは、このような問題です。

    JASRACもこの問題自体は認識していて、ほかのシステムを併用するなどの対策を講じているようですが、やはり利用楽曲の完璧な把握はできていません」

    「正当な理由」にあたるのか

    今回の訴訟のポイントはなんだろうか。

    「原告がライブを開こうとした場所は『爆風スランプ』のファンキー末吉さんが経営に関わっているライブハウスです。過去、このライブハウスは当時、著作権使用料などでJASRACと係争中で、東京地裁で、演奏の差止や著作権使用料の支払いを命じる判決を受けていたようです。

    JASRACは、楽曲利用の申請を拒否した『正当な理由』として、ライブハウスとの関係での著作権使用料の未払いや、この判決の存在を挙げるものと思われます。

    ただし、『ライブハウス著作権使用料を支払っていないとしても、原告が今回のライブ著作権使用料をきちんと支払うつもりで申請をしているのであれば、それを拒否してはダメなんじゃないか』という疑問も生じると思います。そのことに言及する裁判例もあります。

    この点が主な争点になると思います。JASRACがどのように主張するのか、注目されます」

    弁護士ドットコムニュース

    【取材協力弁護士
    高木 啓成(たかき・ひろのり)弁護士
    福岡県出身。2007年弁護士登録(第二東京弁護士会)。映像・音楽制作会社やメディア運営会社、デザイン事務所、芸能事務所などをクライアントとするエンターテイメント法務を扱う。音楽事務所に所属して「週末作曲家」としても活動し、アイドルへ楽曲提供を行っている。HKT48の「Just a moment」で作曲家としてメジャーデビューした。
    Twitterアカウント @hirock_n
    SoundCloud URL: http://soundcloud.com/hirock_n

    事務所名:アクシアム法律事務所
    事務所URLhttp://www.axiomlawoffice.com/

    JASRACに「自分が作詞、作曲した曲」の使用を拒まれた…異例裁判のポイント


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【JASRACに「自分が作詞、作曲した曲」の使用を拒まれた…異例裁判のポイント】の続きを読む

    このページのトップヘ