―[言論ストロンスタイル]―


ネトウヨ言論人どもの所業、目に余る

 自画自賛する。倉山塾、チャンネルくらら、救国シンクタンクで発信される情報を追っていた方々にとっては、何ら驚くに値しない結果である。アメリカ大統領選挙に関してだ。

 ちなみに倉山塾とは私が塾長を務めるオンラインサロンチャンネルくららとは私が主宰するインターネット番組、救国シンクタンクとは私が理事長兼所長を務める一般社団法人である。どのような団体かはそれぞれインターネットで検索してほしいが、問題はそこではない。また、私は自分が優れていると威張りたいのではない。私が自慢したいのは、誰が正しい言論をしているのかの見極めである。

 4年前の大統領選挙では、週刊SPA!本誌でもお馴染みの江崎道朗先生の論説に依拠させていただいた。今回は渡瀬裕哉先生の言説を信用した。両先生にはチャンネルくららでそれぞれレギュラー番組をお願いし、救国シンクタンクでも研究員をお願いして3人で運営している。

 普段なら、こんな自慢めいた話はしない。だが、今回は前回に輪をかけた、あまりにも惨い報道と評論が垂れ流された。目に余る。そして、そうした言論をなしている輩のほとんどが確信犯だ。読者にも警鐘を鳴らす意味で、まずは悲惨すぎる日本の言論状況を振り返りたい。

◆4年前。日本のメディアでは…

 まず4年前。日本のメディアでは、ドナルド・トランプは開票の日までイロモノ扱いだった。当選後も、某大手新聞などは1年以上も毎日、比喩ではなくトランプの悪口を書き続けた。リベラルはもちろん、保守を標榜するメディアにも嫌われた。

 なぜか。トランプは本気でアメリカの体制派、すなわちエスタブリッシュメントに立ち向かったからだ。確かにトランプ個人は、下品だ。だが、トランプを支える共和党保守派は、民主党及び共和党主流派により形成されるエスタブリッシュメントに対し、緻密に作戦を立て、地道な草の根活動を行い、政権を奪取した。

 そして、エスタブリッシュメントが行ってきた多くの惨状を是正した。

 内政においては、行き過ぎた反差別運動である。たとえば、オバマ政権下では「トイレや更衣室の男女差別をやめろ」との動きまで噴出した。トランプ民主党政権が推進し、共和党主流派が容認してきた、アメリカ社会の歪を、大きく修正した。

 外政においては、中国との対決である。トランプは景気を回復させるや、いわゆる貿易戦争を仕掛けた。アメリカから覇権を奪おうとする中国を牽制しようとした。

 トランプは同盟国の日本に対しても、正直に要求してきた。第二次大戦後の歴代アメリカ政府は日本を従属国として扱ってきた。しかし、今後は対等の同盟国として付き合いたい。その為の努力、核武装も含めた自主防衛をする気はないか、と。

 アメリカエスタブリッシュメントに従属することで権力を握ってきた日本の体制派がトランプを嫌うのは、理の当然だろう。

ネトウヨメディアに出演する言論人に、言論の正当性などという概念はない

 江崎先生から教わったのは、「トランプは単なるイロモノではないからこそ嫌われている」という事実である。4年前、マグレ当たりと願望で「トランプ当選を言い当てた」とする論者は多くいるが、根拠の確かさに関しては、江崎先生の4年前からの言説を確認してほしい。

 トランプ政権の4年間、安倍晋三前首相は良好な関係を築いた。実態は、トランプ個人のご機嫌を取りつつ、エスタブリッシュメントが政権を取り返した時にも備えていただけである。本気で自主防衛をできる力を付けてアメリカを支え、中国と対峙しようなどという気はサラサラ無かった。その証拠に、トランプが「せめて防衛費GDP2%くらいの努力はしてくれ」と求めてきたのを、テキトーにあしらった。安倍内閣を通じて、防衛費は1%未満を墨守している。

 民主党の政権奪還を渇望するマスメディアに対し、ネトウヨメディアは「安倍・トランプ同盟」に対し帰依の如き応援を繰り広げた。「マスコミは嘘ばかりだ!」「最後はトランプが絶対に勝つ!!」と言い続けた。理由は簡単で、客であるネトウヨを喜ばせるためである。

 そして開票の大勢が判明してからは、「史上空前の不正選挙だ! このようなことが起きるとは思わなかった! アメリカ民主主義は死んだ!」と絶叫し、今も「まだ選挙は終わっていない!」「トランプは逆転している!」と怪しげな出所のフェイクニュースを発信し続けている。あげく、「バイデンに祝電を送るとは、菅首相は何事か! 習近平プーチンを見習え」と主張する。異常な光景としか、言いようがない。

◆言論の正当性などという概念はない

 ネトウヨメディアに出演する言論人に、言論の正当性などという概念はない。サービス業の如く、客が望む言論を発するだけだ。そして、職業倫理の無いサービス業として、「客にとって気持ちが良いが、体に悪い」言論を提供し続ける。現在では「バイデンは投票用紙にGPSを仕込んだ」などと、訳の分からない言説を拡散している。それが本当なら、来年のノーベル賞は確実だろう。失笑するしかない。

 こうした風潮に対して一線を画していたのが、渡瀬裕哉先生である。渡瀬先生は、アメリカ各州の選挙情勢を郡レベルにまで精査した上で、分析結果を発信し続けた。刻一刻と情勢は変化したが、「トランプが優勢だった瞬間はない」「共和党は上下両院とも苦戦」「郵便投票で不正はあるが、それで結果は揺るがない」である。

 それでも、共和党(の保守派)は下院議員選挙で負けたとはいえ、予想外に健闘した。上院選挙は、1月のジョージア州の再選挙で、どちらが過半数を握るかが決まる。むしろ、トランプが足を引っ張ったほどだ。

◆菅内閣は選挙中から、どちらが勝っても良いように動いていた

 アメリカの選挙が大混乱になることを望んで静観している中国やプーチンをしり目に、カナダヨーロッパ諸国はバイデンとの関係構築を急いでいる。我が日本も、菅内閣は選挙中から、どちらが勝っても良いように動いていた。

 バイデン政権はオバマの副大統領だったので、日本の外務省は人脈があるだろう。菅内閣もバイデンと付き合うこととなる。

 だが忘れてはいけないことがある。巻き返しを図る共和党保守派との関係維持、強化だ。いつまでも過去の人となったトランプにすがりつくのではなく、2年後の中間選挙、4年後の大統領選挙を見据えた対米外交を行うのが、現実主義だ。

【倉山 満】
’73年、香川県生まれ。中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員を務め、’15年まで日本国憲法を教える。現在、「倉山塾」塾長、ネット放送局「チャンネルくらら」などを主宰し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を行っている。ベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』のほか、『保守とネトウヨの近現代史』が9月25日に発売された

―[言論ストロンスタイル]―


現地時間の11月7日、ジョー・バイデン氏が米大統領選での「勝利宣言」を行った後に、ゴルフからホワイトハウスへ戻ってきたドナルド・トランプ氏 写真/時事通信社


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ネトウヨとレッテル貼りさえすれば、悪いものに仕立て上げられるという思い込み。


トランプ厨はオウム信者と大差なし。


こいつは何と闘ってるんだろうな


はいはいストロングゼロキメた酔っぱらいのネトウヨ連呼はじまるよー。言論の正当性とかお前がほざくなよ


自分が嫌いな奴をネトウヨって呼んでるだけだからな(呆れ


貴方この前、自らネトウヨ名乗って対談してましたよね?


タイトル的には古谷と区別がつかん。


んー、盲信し盲目的擁護してたトランプ支持者に対しの発言かもな。この人、思想根底は、脱傀儡国家、自己防衛強化、トランプだって核持てとか軍事力GDP2%にしろよとか言ってたのに日本は動かなかったよね?みたいな思想あるし、国防意識高いと思うよ。実際私も、完全トランプ主義者には意味不だったし、冷静に鑑みればまともなこと言ってたりする。言葉は悪いから批判はあると思う


言葉遣いがストロングになるのは、図星突かれて頭がフットーしているから。半笑いでそうかそうかと上から目線で相槌ついてあげましょう。


クソパヨ活動家共の所業、目に余る


ネトウヨと   レッテル貼って   知ったふり


私はウヨサヨでもないから分からんけど、この真ん中野郎が!的なアンチが現れたら面白そう。


50前のええ歳こいたオッサンがその4文字を*の一つ覚えで使うのはどうなん?それこそ目ぇ余るんやけどな。 つうか、その言葉の明確な定義を教えてぇな。どうせ「自分たちに都合の悪い人物・団体への蔑称」なんやろ?


ネトウヨの言論は封*ましょうってことかな。やっぱりこういう連中の本音がよくわかるね。


自分と自分が所属する組織は全く悪くないのか、と疑問に思わない奴が一番危険なんだがな、この記事みたいに


この人が名誉ネトウヨさんですか?


「ネトウヨ」のところを「倉山満」に入れ替えたほうがしっくりくるんじゃないかな。


悪口のネタが無くなるとヒトラーヒトラー言いだす連中と大差ないな。


まずはそのネトウヨメディアがどこなのか実名で書こうぜ。チキンライター倉山。


ネトウヨガー と叫びながら なりすまし


左右勢力は逆だけどモリカケやってた時と似た状況、目に余るのは左右両方ってだけでしょ。というかこの前ネトウヨ自称してたこの人が目に余る。左側の人は自分の思想と違う人間にはレッテル貼って差別正当化するからな。少なくともトランプ側は証拠があると言ってんだから証拠次第で結果は出るしバイデン側も結果は出てると言ってるから、争わずともどの道「待てば結果は出る」から待て。


自己紹介乙?


自分の意にそぐわない人間=ネトウヨ理論はいつまで続けるのだろう。お前にとってのネトウヨは普通の大多数の日本人なんだけどな


>(本文)「バイデンは投票用紙にGPSを仕込んだ」などと、訳の分からない言説を拡散している  ←聞いたことないけど?投票用紙に仕掛けをしたのはトランプ。一か所がピンクに光るやつね。バイデンの不正の証拠・証言は色々出ているのに、力技でねじ伏せてうやむやにしようとする強引な記事や報道が本当に目立つね。この記事もネトウヨ連呼厨w方向性がよく分かる。


トランプが大統領選の訴訟を起こして、物理的に逆転が可能なのは今日(現地11月23日)までwww 今日を過ぎると、遅延させることは可能でもトランプが大統領になる可能性は消えるwww


報道によるとバイデン勝利は揺るがないらしいじゃない。なんでこんなに焦ってるの?


「焦ってる」ということにして精神的優位に立ててるつもりになってるだけじゃ?


あまり強い言葉を使うなよ。弱く見えるぞ


とりあえずネトウヨって単語を書かないで記事書いてみたら?皆「またネトウヨとかいってるよ、こいつ」とか思ってるから。


お、ブーメランか?


>トランプが大統領選の訴訟を起こして、物理的に逆転が可能なのは今日(現地11月23日)までwww/←デマ乙


自分の予測が当たると殊更にそれを喧伝し、外した時はダンマリ。胡散臭い自称予言者と全く同じ事をしてますね。


「 ゲロゲロ、*ングスタイル (韓国文化) 」


▲SPA!の運営会社は、ハーバービジネスオンラインと同じ【扶桑社】で、親会社は【フジテレビ】。 フジの筆頭株主は、2005年から民主党政権誕生まで【ソフトバンク】。 ▲小林よしのりと一緒にネトウヨ連呼とレッテル貼りしか能がない、古参フェイクメディア


▲ SPA!って「小林よしのり」の雑誌だからな? ネトウヨネトウヨと*の一つ覚えで連呼し始めたのがこの男だ。こいつは愛国者などではなく、「反米がしたいから」台湾論・天皇論・戦争論を書いた。 ▲そもそも左翼から政治に入った。若い頃の小林よしのりが必ず「長髪」で描かれるのは、反戦フォークソング同好会と一緒に、学生運動に参加してたから


SPA = 運営会社は扶桑社(親会社はフジテレビ) = ハーバービジネス


SPAは「スッパ抜く」と言う意味。つまりサンピン写真週刊誌と同じ。ゲンダイ、女性自身、文春、新潮と大差ない。


ネトウリが何言ってんだか


共和党と民主党、実際に米国議会の上院下院で、勢力はねじれている様。米国大統領選挙で、どちらが勝ったとしても、自国の都合の良い様に動くのが、各国の政治を執る者の姿勢であるかと思う。


俺どこの海外思想認定サイトで何度も調べても中道左派なんだが、それでも利侵略者と侵略者は法に則らなくても実力行使すべき段階にきていると思ってるゾ


これが汚鮮された人間特有の「被害者しぐさ」かぁ・・・勉強になるなぁ


これほど何が言いたいのか判らない文も珍しいな。アメリカを歪ませてるのがエスタブリッシュメントなら、是正してるトランプを保守派が支持するのは当然だ。誰が勝っても内容が一貫してることが正当性だろう。それに政府がポチを続けたい事と言論は別個の話だがなぜ政府に合わせる必要があるのか。言論と現実主義を誤解してるとしか思えない。


ネトウヨって言うたびにゴールポストずらすの止めてくれる?


ウヨもサヨも相手を煽る道具として扱う傾向が最近はよく見られる


ビジネス、サービス業の如く、客が望む言論を発する。客は、其れを愉しみ乍らゴクゴク飲み干す、実に美味しいと。ただ、其処で発信される情報の論拠根拠証拠等、確かな物で無くてはならない。


ネトウヨもパヨクも、政治を単純な二項論の煽りあいに変えたい奴が使う言葉。多様なメディアをまとめて「マスゴミ」としたり、様々な政党をまとめて「反日野党」としたり、自分と意見が違う人を「反日」と認定するのも同様。一つ一つの論説を理解することができない奴が単純化してるだけの話。


大統領選の記事に大量発生したトランプ大好きゲスト君は目に余ったわけでもないけどうざかったですね


この著者、年中、ネトウヨって言ってませんか? 耳にネトウヨって名前の妖怪でも憑依してるのでしょうか? もしかして、可哀想な人ですww?


チャンネルくららとか気持ち悪い名前付けてるなあ、自分で付けたの?あと自称保守論客は大抵ただの「反米」だから、天皇陛下万歳とさえ言えば保守だと思っている。相変わらず安倍批判商法の次はネトウヨ連呼商法でエアバトル、肝心の左派系とは論戦どころかネトウヨ批判同盟を結んで自己保身。小林よしのりや百田みたいに橋本にフルボッコにされればいいよ。


それぞれの考えからトランプorバイデン支持してるものをトランプ支持はネトウヨとかいうレッテルで分けてしまうから変な解釈しか出来なくなってるように見えるんだよなぁ。ついでに最初は「不正はない」といってたのに色んな疑惑証拠が出て「郵便投票で不正はあるが結果は揺るがない」とかいう方向にもってくメディアに言論の正当性云々言われたくないわ


ネトウヨからしてみると、パヨクは売国奴に見える様で、パヨクからしてみると、ネトウヨは社会の屑層に見える様。現実的に日本の社会層に例えられる事実。社会主義か資本主義かの違い程かと。


この人、古谷経衛さんと対談すれば結構合うんじゃないか?


何事も、極端なのは良くないという事である。ネトウヨ・パヨクは同類で、思想差はあるものの、やっている事は結局は同じなのである。日本社会に於ける規範意識が、足りない事に尽きると思う。


右も左もそうだけど、レッテル連呼する人間の発言が論理的であった試しがない。Twitterによくいる日本人数人の例だして、「日本人は」とか言う出羽守と同じだからだ。


そもそもネトウヨの定義教えてくれ


>>ゲスト そうやってネトウヨとパヨクは同類だと、本質も見ずに単純化して上から目線で論評してる様は、完全にブーメランだから止めた方が良い。パヨク以上に頭悪いから。


せやかてパヨちんは黙って裁判の結果待てって言ったら発狂するキ印だからなぁ・・・


見出しで倉山かなとおもったらやっぱり倉山だった


最近「ネトウヨ」って言葉がマイブームなんだねこの人・・・(笑)


ネトウヨって言葉を使う人種がアレなんだよなぁ


素でネトウヨって使ってる時点で読む価値が無い ゴドウィンの法則と一緒だな


この倉山満ってオッサン、そもそも何者?


「「パウエル氏は弁護団でない」トランプ陣営、異例の声明」 https://www.asahi.com/articles/ASNCR52HDNCRUHBI00R.html


マスゴミやパヨクの大バカ者にネトウヨといわれると、中道すこし左よりを自覚している人間として最高の誉め言葉だと思うようになったよ。


「パウエル氏は、米国で使われている選挙システムの多くは(中略)「トランプ氏からバイデン氏に一定の票が行く仕組みになっていたが、あまりに多くの票がトランプ氏に入ったため、アルゴリズムが壊れた」などと述べていた。さらに、21日にはテレビのインタビューでジョージア州知事(共和党)らもこの関連で賄賂を受け取っていた、と主張していた。」だとさwww


ネトウヨって言葉使ってる時点でまともな議論が出来る相手じゃないと判断するわ。ネトウヨってのは定義や対象があいまいで、非常にぼんやりした言葉な上に、相手を侮辱する意味を持つ口汚い言葉だと思う。だからこれを連呼してる人間は、言葉の意味などをしっかり考える思考力が無く、かつ侮辱的な物言いを平気でする人間だとどうしてもみなしてしまうわ。


えぇ、前に自ら名乗ってたの?わけわからんよ、ぱよぱよちーん


いつもの藁人形サンドバッグ論法、お疲れ様ですw


(パウエルの)ソフトウェア不正の主張から、トランプ陣営自体が距離を取った(ソフトウェア不正はフェイク情報)形だねwww 大丈夫かネトウヨwww


「トランプ陣営、ペンシルベニア州の結果巡り高裁に上訴 米大統領選、地裁判断不服」https://mainichi.jp/articles/20201123/k00/00m/030/018000c


「東部ペンシルベニア州の選挙結果を巡り、共和党のトランプ大統領陣営は22日、不正の可能性を指摘した訴えを棄却した同州の連邦地裁の判断を不服として連邦高裁に上訴した。(中略)州当局は23日に選挙結果を承認する予定だが遅れる可能性もある。連邦地裁は21日にトランプ氏陣営の訴えを「証拠がない」として棄却した。」これが連邦高裁に棄却されたらトランプ終了www


ネトウヨって言葉を使って騒ぐやつろくな奴がいない


連邦地裁(州の裁判所)で「証拠が稚拙すぎ」で訴訟を棄却されてるので、上訴する場合には「かなりの確実な証拠」の提示が無ければ受理されないいけど、トランプは現時点で証拠は示してないwww 連邦高裁でも棄却されたら大笑いwww


この訴訟が棄却されたら(州の投票結果が確定・認定されるので)トランプに「逆転」は無くなるwww 後出来るのは、嫌がらせのようにバイデンの就任を遅らせる程度www さすがネトウヨが強烈支持するトランプはやることが違うwww


ネトウヨメディアってなんですかね…。安倍・トランプ同盟を応援し続けたメディアなんて見た事無いけど


言論の正当性ってなんだ? 真実性ならわかるが誰がどうやって正当性を担保するの。ググってもこの記事が一番上にくるし。表現、思想の自由から法に触れない限り全部正当な言論では。


エキュー@行者にんにく << ペンシルベニア州の選挙結果かくて=認定が11月23日付なので、ペンシルバニア州がひっくり返らないならトランプの逆転勝利は無くなるwww


エキュー@行者にんにく << 12月1日付認定の州もあるけれどこちらは選挙人の人数の関係でひっくり返せたとしてもトランプの逆転勝利は無いwww 一応公的な認定終了は12月1日から一週間後の12月8日だけどねwww


う~ん・・・。全く追ってなかったんで分からないのだが、倉山某はバイデン勝利を予測できなかったんだろ?だから渡瀬裕哉先生なる人物を担いでいる文章のように読めるが。まぁ自分もピンと来なかったけどね。バーニー・サンダースが出れば勝つかなと思ってたけど辞退したから多分トランプやろなぁ、ぐらいで。


少なくともテレビは放送法を無視してバイデン応援、トランプ叩きしかなかった反トランプ・メディアだったのですが😅


鳴き声が「ネトウヨオ‥」の悲しき生き物なんだよ。とにかくそう鳴いてからでないとダメな縛りでもあるんじゃね?


メディアは基本反権力側。それとも中国みたいな権力側大絶賛の国がお好み?


初っ端から自身のオンラインサロンとやらの話。そして一般社団法人アピールがリベラル界隈によくあるNPO法人アピールと似たり寄ったり。


でも結局自分たちが権力者化してるよね…メディアそのものが それと今の独裁的な中国とどう違うんだろうって思うこの頃


本来ネット上で右派的な発言をする人々をネトウヨという、しかしパヨクは精神異常者であり自分達を批判する人々をネトウヨと罵倒している。 またネトウヨの場合ネット上で自らの主張をしているだけで世間に迷惑をかけていない、対してパヨク共は自らの主張を通すべく世間の迷惑を顧みず行動に移す、どちらが世間にとって迷惑になっているかは明白だ。


言論の正当性を担保するのは、確固たる証拠提示能力と各個人の解釈能力次第。一人情弱な*だと思われれば、その国の国民性が知れる様に論われる。嘘記事が堂々と罷り通るのも、此れに依る。


どっちの陣営もやることに対して、「ネトウヨがー」とか「パヨクがー」とかいう軸でケンカしていること自体に萎えるわ。倉持さん、アンタちょっと鏡見てこい。


それと、今回の選挙は確かに「怪しい」話ではあったから(事実がどうのという話ではない)、ツッコミ所を設けてしまった民主党側にも問題があるよ。


ネトウヨみたいに、色んな意見が在っていいのに、態々言葉や態度に出して、相手の調子を試すのがパヨクの様。的を得た事、脇道に逸れている事、半分半分な事等。迷惑を掛ける為の挑発は論外。


頭の悪いタイトルでどこのゴミが公開*を書き綴ってるのかと思えば……頭の悪い公開*しか書かないことで知られるクソゴミSPAじゃん


気持ち悪い記事やなぁ、子供等もみてるんだし。


覚書。抽象的な概念であるネトウヨ・パヨク説明:パヨクが執拗な程の批評をする事で、金の多少が産まれて攻撃的に成れる本性を持っており、ネトウヨは批評価値の在る金の成る木であるらしい;


パヨクメディアに出演する言論人に、言論の正当性などという概念はない


ごめん、「ネトウヨ」と戦うためにその口調でいくの?やくざがけんか吹っ掛けに行くようにしか見えない


ネトウヨって単語は韓国人が言う親日派と同じ。それだけ言えばマウント取れると思ってるアホの鳴き声。幼児が使う**と同義


今は歴史的な転換期。トランプ続投、自民の改憲運動、その先。可能性が見えてきた以上、大手メディアに左右されない意見が目立つのは良い事。こういう時は勝った方が正義なのを忘れてはいけない。


私自身は、ネトウヨでも無ければ、パヨクでも無いと自負心を持っている所。言い替えるならば、祖国が基礎と成る。実際に故郷を愛している立場。友好国も捨てて置けないのが、立ち位置である。


ネトウヨ芸でコメディアン路線に目指す方向を変えたのかな? でもお前の知能は*にされる方のピエロにしかなれないぞ?


ネトウヨの権化みたいな人じゃなかったっけ?倉山って。儲からなくなって鞍替えしたのかな?って疑問だったけど古谷と同族だったかぁ


結局コイツは何が言いたいねん、小林よしのりみたいにマウント取りしたいだけかw