大統領選でのジョー・バイデン民主党候補の勝利を受けて、対米関係の打開をトランプ大統領との「個人的関係」に大きく依存してきた北朝鮮金正恩委員長は、いま何を思っているのだろうか。

北朝鮮は、バイデン氏が副大統領を務めたオバマ前政権を激しく忌み嫌っていた。来年1月に発足することになるバイデン次期政権についても、強い警戒心を抱いているだろう。

北朝鮮メディアはすでに昨年の時点で、バイデン氏を罵倒している。朝鮮中央通信は「狂犬は一刻も早く棍棒で叩き殺すべき」と題した2019年11月14日付の論評で、「大統領選挙で2回も落選しても三日飢えた野良犬のように歩き回り、大統領選挙競争に熱を上げているというのだから、バイデンこそ、執権欲に狂った老いぼれ狂人である」とこき下ろした。

北朝鮮バイデン氏を警戒する最大の理由は人権問題だろう。金正恩氏がトランプ氏とウマが合った理由は、トランプ氏が北朝鮮の人権侵害を追及しなかったからだ。

しかし、人権を重視することで知られるバイデン氏とはそうは行くまい。同氏は昨年11月11日アイオワ州で行った演説で、金正恩氏のことを「自分の叔父の頭を吹き飛ばし、空港で兄を暗殺した」と非難した。また、バイデン陣営は選挙のためのテレビCMトランプ氏が金正恩氏やロシアプーチン大統領らと握手する映像を流し、彼らを「独裁者」「暴君」などと呼んだ。

前述した論評は、こうした動きに対する反撃として出されたものだ。

バイデン次期政権が北朝鮮とどのように向き合うかは今のところ不明だが、トランプ氏のように人権問題を軽んじることはないだろう。そうなれば、米朝対話は膠着するしかない。

金正恩氏にとって核兵器は、条件次第では一定の譲歩が可能な交渉カードだ。仮に、米国が北朝鮮側の要望をすべて聞き入れるなら、金正恩氏は非核化に応じるかもしれない。

しかし、恐怖政治で権力を維持する金正恩氏にとって、人権問題は体制の根幹にかかわる問題だ。人権問題の改善について、他国と交渉すること自体が不可能なのである。

その不可能な要求を非核化とともに突き付けられ、国際社会に経済制裁を解除させる道が絶えてしまうことを、金正恩氏は何よりも警戒しているはずだ。

平壌総合病院の建設現場で激怒する金正恩(朝鮮中央テレビ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「執権」欲って時点でもう傀儡であることは疑ってねえのなw


まあ老いぼれって点は同意だがな。任期終わる前にボケるか倒れるかしそうな気がしてならんw


バイデンへ祝辞の替わりに罵倒するとは「執権欲に狂ったメタボ」はツンデレだな、本当はかまって欲しいんだろ?


祝辞も何も昨年の発言だぞ。


そもそも今生きてるのか?


ジョンウンの初めてのまともな発言。トランプとは親密だからね。


バイデンが中国と繋がってるなら、北はバイデンの言うことを無視はできないもんな。ただ、バイデンが北になんか言うんかね?それって中国が嫌がるんじゃね?


お前らの大好きな「祝砲」をアメリカに打ち込んでやれよ豚、返事が何倍返しになるか知らんけど…どうせ外交なぞ出来んだろし問題無い。


北朝鮮の豚君にさえ、バイデンが中国の紐付きなのバレてるの草なんだけど。


注目されるための雑殴りだな


宗主国様の犬をディスってええのか?wあと狂った老いぼれは大草原


平壌運転ね。