最も信用されているメディアは、まだ・やっぱり「テレビ」だった。MMD研究所が9月に実施した「2020年 ニュースに関する意識調査」によると、「最も信用できるメディア」はテレビで35.5%に上った。次いで、「新聞」が11.6%、「ニュースサイト」と「ニュースアプリ」がそれぞれ8.2%で続いた。普段利用するメディアとして「動画」は59.6%と高かったものの、最も信用するメディアとして評価したのは4.4%にとどまった。

画像付きの記事はこちら



 評論家の大宅壮一が、かつて「一億総白痴化」のための装置と批判したテレビ。今や最も信用できるメディアとして評価されているのは、なんとも皮肉なものだ。映像と音で目と耳を奪い頭に直接情報を注入するかのような表現方法が使える、という点では、テレビも動画も同じ。フェイクニュースを流し続ければ、多くの人たちに誤った知識を植え付けることもできる。

 テレビ局ニュースを制作するにあたっては、大きな資金力を背景に真実の追求を目指し情報収集し検証し加工し、番組として放送する。程度の差こそあれ、テレビ局なりに責任を果たそうとはしている。

 動画では、しかるべきコストをかけてニュース番組を制作しているチャンネルは少ない。番組の見た目をもっともらしく装い、「テレビでは取り上げない情報をお届け」などと掲げながらも、単に海外のテレビや新聞をそのまま流用したり、さらには出所不明の情報を紹介するだけのチャンネルが散見される。

 大宅氏が存命なら、動画こそ「一億総白痴化」のためのコンテンツと評しているかもしれない。調査では、利用者が多かったにもかかわらず、動画は「最も信用する」には値しないという評価だった。視聴者は「今のところ・一応」分かっている。

 電通が3月に発表した「2019年 日本の広告費」では、「テレビメディア広告費」が1兆861億円だったのに対し、「インターネット広告費」は2兆1048億円で、初めてテレビネットが超えたと話題になった。有限の電波を有限の時間で割り振ったテレビ広告は、広告できるスペースはおのずと限られている。

 インターネット広告はそうした縛りはなく、自由にスペースを確保できることから、いずれは逆転するとみられていたが、意外にあっさりとネットテレビを逆転してしまった。広告の主戦場はネットに移った。

 プレスの語源でもある出版には憲法で保障された大きな自由がある。その代わり、大きなリスクも伴う。何百万部も印刷して配布するにはそれ相応のコストがかかるからだ。結果的にコストが歯止めの役割を果たし、とんでもないフェイクニュースの蔓延はある程度抑制されていた。有限の電波を使う放送局は放送法の制限がかかっている。動画は、ネットで放送するだけならコストがほぼゼロでスタートできる。何百万人に届けることも、容易ではないが、可能だ。

 電気やガス、水道と同じようにインフラになったインターネット。もはや、物事の真贋を見極める能力がある人だけに使う資格があるという、特別の存在ではなくなった。日常生活の中でテレビ番組と動画コンテンツの境界線はどんどん薄くなっている。表現の自由を最大限に守りながら、どうやって悪質な動画を排除するのか。そもそも誰が悪質と判断するのか。運営会社任せでいいのか。AIに託すのか。社会全体として、そろそろ決めていく必要があるだろう。(BCN・道越一郎)



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.sbbit.jp)



<このニュースへのネットの反応>

最も信用しているメディア1位のテレビですら35%代で、右端のグラフの信用しているものはないが20%を超えている事にマスメディアはもっと危機感を持った方が良いと思うね


テレビや新聞がソースのニュース系アプリの信用の低さも興味深い結果。


excelのデフォルトカラーのグラフがいい味出してるな。


最近はどの情報ソースもなんかなあ……って思うところがあって全部話半分以下で聞いてる


政治経済人権国際のニュースは遮断するようになった疲れるんだよ


>動画は「最も信用する」には値しないという評価だった。視聴者は「今のところ・一応」分かっている。 こういう上から目線が鼻につくなぁ。つーかテレビが信用できる前提で書いてるし。そもそもどこでどう聞いたかもわからない。MMD研究所も調べてみたが、調査料100万にも満たないし、人数も1000人程度と少ない。ここを利用しながらリスクどうのとよく言えたものだなって。


単一のメディアだけを信用するのが一番危険だってそれ一番言われてるから。ネットの情報を信用していないということはそれだけメディアリテラシーの考えが浸透しているということであって、結局はマスメディアにとっては不利でしかないっていうね


テレビは外国の血を入れて駄目になった印象がある


「テレビ」も一部を除いて「ネット」とさほど変わらないレベルだよねえ。「テレビ」は「ネット」と比較対象になってる時点で既に終わっているんだけど、こんな自己慰め記事書いてるマスコミがまだいたのかと、正直驚きを隠せないねえ。テレビもネットも半分嘘半分本当なので、受け手が自ら検証せざるを得ないのが現状なんだよねえ。もうNHK以外は鵜呑みには絶対しないねえ。


1コメにそれな10回くらいつけたい。ツッコミとして完璧すぎる


合計100%になるデータで棒グラフ使ってるの始めて見たわ


ネットの動画やSNSに勝ったとか、広告の主戦場はネットに移って制作コスト云々とか的ハズレな危機感持ってるのが問題。


コロナ禍でさらにTVが信用できなくなった。犬HK偏向報道しスギィ


天気予報は信用してる


加工編集出来る時点でその媒体の信用性はほぼ皆無。


グラフ見た感じだとテレビが最も信用できると答えた層は、テレビが嘘を垂れ流していることを知らないだけで、実況でも見せていろんな人の意見をみれば考えが変わるんじゃないかな。


プロが編集してるだけあってクォリティは高いんだろうと思う。しかし「報道バラエティ」とか名乗る時点で誠実じゃない。広告屋さんとしては需要に答えてたんだと思う。


一覧すると、軒並みメディアの信用がガタ落ちしているという様にしか見えない。白書と個人の落書きが玉石混交するWebと、放送法の縛りがある公共放送の差がその程度しかなく、且つ新聞の凋落ぶりを見て尚この記事というのは随分呑気だなという印象。


天気予報くらいしかアテにならんな。番組は作るものであって創作物だから、作り手とスポンサーの意図通りに作られる。天気は意図的に作れないから。


人間が発する情報である以上何かしらのバイアス掛かって当然。話半分に聞く程度で丁度良い。


個人的な考えに過ぎないけど、一方向メディアは基本的には信用してない。何かコメントのような形で視聴者側からフィードバックのような物がないと怖い、自分がテレビや新聞からの情報だけでファクトチェック出来るかというと怪しいし。


むしろ疑い持ちながら確認した方が良いんでネットはそれくらいで良いと思う。逆にテレビの方が高めの(と、言っても50%も超えてないが)信用度なのが心配だと思う。


内閣支持率とか報道しない自由とか謎の韓流推しとか中国人の爆買い礼讃とかテレビは信じられない事だらけですわ


アメリカ大統領選の報道内容見ていれば一発やろ、民主党系のネガティブコードの報道引用率がトランプ大統領のソレと比べて意図的としか思えない形で圧倒的に少なすぎる。結局は受け取る側が頑張ってファクトチェックするためにマルチソース対応するしか無い。しかし多言語対応なんて、情報の壁がどんどん厚くなっていく一方ってのが・・・


基本的に何にも使用してないんでしょ・・・で、この結果は信用できるの?


いずれにせよ、テレビと新聞だけを信じる世代はどんどん少なくなっていくでしょうよ。あと十年後くらいには逆転してるかもね。


最も信用しているメディアは私の目と耳だ。