安全保障を理由に米国が問題視している中国アプリのティックトック。しかし、マイクロソフト社は2日、ティックトック米国事業買収に向けて交渉を続けると発表し、ひとまず時間的な猶予ができたようだ。

 日本でも同アプリの規制を求める声が出ているが、中国人はそれをどう見ているのだろうか。中国メディアの虎嗅は3日、「日本国内でティックトック禁止が論議されているが、それをどう判断したら良いのか」と題する記事を掲載した。

 ティックトックは、15秒から1分ほどとユーチューブより短い時間の動画を特徴としており、日本では若年層の女性たちを中心に支持されているようだ。記事はまず、日本ではいますぐティックトックが禁止されるわけではなく、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」が使用制限を提言しただけだと指摘。日本としてはこのような提言をすることで、リスク管理に厳しい国であることをアピールしつつ、中国との関係を維持し、なおかつ世界を主導する米国とも歩調を合わせたいのだろうとの見方を示した。

 では、日本人はティックトックの使用制限の提言をどう見ているのだろうか。記事は、「政治家が大騒ぎしすぎる」、「それなら安全な日本版ティックトックをつくって欲しい」、「制限されたら残念だ」など様々な反応があると紹介。しかし、中国人が思うほど大きな騒ぎになっていないのは確かだろう。

 ただ、日本としては米国と中国との間の板挟みになっていると言えそうだ。中国からすると、現在の中国の状況は「かつて米国に足を引っ張られた日本と似ている」と感じているようだが、日本としては、両国の様子をうかがいながら難しい対応が求められているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

日本までティックトック禁止か?「かつて米国に足を引っ張られた日本と似ている」=中国


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 cdn.i-scmp.com)



<このニュースへのネットの反応>

チャイニーズの顔なんて伺わなくてよろしい。


常にアメリカには足を引っ張られ頭を押さえつけられてはいるが、シナ共は論点ずらしに必死だなこのゴミクズ共が ただ日本の政治家の無知や情けなさが招いた状況ではあるんだから国民はシナ媚政治家共を蹴り飛ばして早急にアメリカを追い抜かせるつもりでシナ離れさせよう


ただアメリカとは言ったが結局常に日本を縛ってきたのは特定の国ではなく、裏でそれらの国々を工作で動かしてきた世界を金と利権で動*巨大資本家達だからそこは間違えてはいけない その構造ややり口と世界の力学を日本国民だけでなく世界で正しく知ることが先の大戦の本当の反省だ


単に中華アプリが信用されてないだけ


使えなくなったら日本で似たようなアプリを作ればよいだけなのでは?TikTokに拘る必要ないよね


そう言えば直接「禁止しないでください」とは言われてないんだよな。なぜか海外メディアが擁護したり、外交筋でも「禁止したら○○になる」とかヤクザの脅迫と同じような事ばかり言ってるので「直接は何も頼まれてないやん?」とすっぱり禁止したらいいんじゃないかと思う


べつにケチの付いたアプリ使う必要刷らないd(-- あらたな手段アプリを作ることでベンチャ-が儲かる。そんなとこでしょd(・・


高々1アプリが禁止になったくらいで何をそんなに必死になっているんだか……「情報抜けなくなって困ります。」って言ってるようなもんじゃないか……


かつての日本叩きは嫉妬だから妥協点見つけられたが、今の中国叩きは国防観点からのものなので相手国が手を緩めるはずがない。逆に言えば中国が信頼されるようになればあっさり解決できるため、ある意味日本より簡単とも言える。出来るかは知らんけど


ここまで必死になってあれこれ言ってくる辺りよほどこのアプリに頼ってたんですね


米と比較になる思てんのか?w


あっちこっちでこの手の記事出てる、という事は、やはり抜いてるんじゃないか?


米国と中国との板挟みとか言ってるけど、中国は尖閣諸島を現在進行形で侵略している敵国ですけど?


比べるべきはソ連だろ。


最早板挟みになる必要性が感じられないのだが。