【この記事の動画を見る】

世界遺産グレート・バリア・リーフなど美しい海で知られるオーストラリアでは、多くのマリンスポーツが楽しまれている。ただしその美しい海に魅了されているのは、人間だけではなさそうだ。このほどニューサウスウェールズ州のビーチでサーフィンを楽しんでいた60代男性がサメに襲われるという事故が発生し、周囲の救出もむなしく息を引き取ってしまった。『7NEWS.com.au』『BBC News』などが伝えている。

7日の午前10時過ぎ、シドニー北部から800km離れたサウス・キングクリフソルトビーチ(Salt Beach in South Kingscliff)でサーフィンを楽しんでいたロブ・ペドレッティさん(Rob Pedretti、60)がサメの襲撃を受け負傷したと警察と救急隊に連絡が入った。

その歯型や写真から3mほどと推測されるホホジロザメ太ももを噛まれたロブさんは、友人と他のサーファーの2名によって助け出されなんとか岸に戻ることに成功。その後、到着した救急隊によって応急処置が施されたが、左脚の怪我が酷く10時40分にそのまま浜辺で息を引き取った。

マシュー・キーホー捜査官(Inspector Matthew Kehoe)によると、ロブさんの救助に向かった2名の男性が彼を岸に引き上げる間にサメは周囲を旋回し続け、うち一人のサーフボードに突っ込むなどしたという。

現場で対応にあたった救急隊員のテレンスサベージさん(Terence Savage)は「彼を岸に引き上げた2人は本当に勇敢だよ。ただ残念ながら、僕たちにできることは何もなかった」と『ABC News』に語っている。

事故によってキングクリフとカバリタの間のビーチは24時間閉鎖され、ニューサウスウェールズ警察にはサメが現場で他のサーファーに危険を及ぼす場合はサメを殺処分する権限が与えられた。しかし数時間後、サメは現場を離れ、それ以降は姿が確認されていない。警察は今のところサメの殺処分は考えていないという。

エリアでは毎年、この時期になるとホホジロザメの活動が活発になっていた。

ソルトビーチにあるライフセービングクラブメンバージェームス・オーウェンさん(James Owen)は「今はみんながショックを受けています。とても憂鬱な気分ですよ。このエリアで過去にこういった事故があったかは知りません」と話している。

なおオーストラリアでは、今年1月に西オーストラリア州南海岸沖のカル島(Cull Island)にてダイバーギャリージョンソンさん(Gary Johnson、57)が、4月にはロックハンプトン沖(Rockhampton)にてレンジャーのザッカリー・ロッバさん(Zachary Robba、23)がサメに襲われて亡くなっており、今回の事故は国内における今年で3件目のサメによる死亡事故となった。

画像は『7NEWS.com.au 2020年6月8日付「Surfer killed by great white in shark attack in Kingscliff identified」(Credit: 7NEWS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

オーストラリアの海ではしょっちゅうサーファーがサメに襲われているようだが、みんなよく行くもんだ。ところで、サメの桿体の構造を利用して、サメから発見されにくい柄のスーツってのが生産されているという話も見たことがあるが、そういうのをきちんと着用してるのかな?


海怖い


オーストラリアの北側(グレート・バリア・リーフ周辺)は鮫と鰐が多い場所で有名ですよね 「景色と安全のどちらを採ったのか」と言うだけの話…かな?(ちょと違う)


まぁ しょうがないよね クジラ*な!って運動して クジラの調査捕鯨の邪魔もして サメの餌になるクジラ増やしたんだから サーフィンっつーか海入るの諦めなさいよ


<動画あり> いいえ、結構です


(向こうのニュースの)動画あり


同エリアでは毎年、この時期になるとホホジロザメの活動が活発になっていた。 >この時点でサーファー本人がもうサーフィン出来なくてもいいって覚悟でサーフィンしてたんじゃね?ってなる。


サメが可哀想だから、誰にも愛されない、この先生きてても何もいい事がないアニメオタクを餌にしてやろう。


↑とりあえず、危険思想持ってるお前をエサにする方が手っ取り早いと思うんだよな。


サメの映画やゲームが出来るわけだよ。


だからあれほどチェーンソーは常備しとけと


オーストラリア海軍は何をしてるんだろう?


今更海でサメに食われるぐらいでなにさ!サメは竜巻に乗って陸上でも襲ってくるんだぞ!


全自動ニコ生視聴機>>残念だが、ホホジロザメは年々個体数減ってる。あと鯨類も日本人が必死に増えてると主張してる種類も含めて100年以内には確実に絶滅すると言われてる。現実の鯨は、小型種も含めて観測個体数は順調に減り続けてる。ホホジロサメや鯨類など大型海洋生物は、機能的な絶滅がもはや確定してる。その一方でイルカやシャチが個体数増やしてる。


ミンククジラって個体数増加してて、逆に魚の個体数減少に一枚かんでるって聞いたけど違うのかな?


オーストラリアは、水中だと他にもワニや、猛毒の水生の蛇がいるので、危険への感覚がマヒしちゃってるんじゃないかな。陸上にワニは進出するし、草原の支配者として狼の仲間のディンゴがいて、あちこちに猛毒の毒蛇や毒グモがウジャウジャいる。これらを気にし過ぎるとまともな生活に生活してられないんだろう。


理不尽な捕鯨規制への憤りはわかるけれど、この件に結び付けるのは無理がある。TPOにそぐわない主張はいくら内容が正当でも絶対に受け入れられないので、そういうことを主張するための場で意見したほうが良い。


記事と関係ないんだけど~が可哀想とか~を守るために~は滅ぶべきって騒ぐ人達って、絶対自分が身をもって体現する気ないよね、なんで他人ばかりに犠牲を強要するのか


世界の中でオーストラリアだけ異常にサメの被害が多いのは、反捕鯨でサメの餌になる鯨が国の周辺に多いからって専門家の話聞いたことあるけど、やっぱりその通りなのかな。


動画どこよ


ねこさん>あと鯨類も日本人が必死に増えてると主張してる種類も含めて100年以内には確実に絶滅すると言われてる。現実の鯨は、小型種も含めて観測個体数は順調に減り続けてる。ホホジロサメや鯨類など大型海洋生物は、機能的な絶滅がもはや確定してる。その一方でイルカやシャチが個体数増やしてる。あなたがいう、イルカとつく種類もシャチも鯨類です。


流石被害者叩き大好きニコニコニュース民


「ビーチは24時間閉鎖・今のところサメの殺処分は考えていない」このぬるい対応。そして記事中「同エリアでは毎年、この時期になるとホホジロザメの活動が活発になっていた。」に対して、同記事中ライフセービングクラブのメンバー発言「このエリアで過去にこういった事故があったかは知りません」本業ですらこの程度の見識、ビーチ閉鎖レベルの災害の有無くらい把握しとけ。


亡くなり方が衝撃的だから外野が騒ぐだけで本人達はその程度のリスクは織り込んでやってるでしょ。交通事故にあうより余程レアケース。


オーストラリアは、サメが多いいからなぁ


次からは安全な観光ビーチを利用すべきでしょうね、お気をつけて


まぁ人間にとって自然が危険なのは至極当然なことなので…。日本ではスズメバチで年間20人前後亡くなってるけど、だからといって山にいかない!って訳でもない。というかスズメバチ先輩に比べたらオーストラリアで年に数人のホオジロザメなんてザコもザコよ(海に入る人が少ないってのもあるだろうけど) え?カバさん? カバさんは別格なんで…(震え