ついに緊急事態宣言が解除された。日本政府の対応は「成功」といえるのだろうか。新著『サル化する世界』(文藝春秋)を出した思想家の内田樹氏は「日本政府は『成功した』といって、考え方を変えないだろう。だがそれには無理がある。たとえば2100年には日本の人口は4950万人になる。日本人はどこかで考え方を変えなければいけない」という――。

■法律や道徳、常識のしばりから解き放たれた人間の攻撃性

——コロナ禍のなか「自粛警察」が横行し、いま社会全体が非常に刺々しい雰囲気になっている現状をどうご覧になっていますか。

どういう社会状況でも、「ある大義名分を振りかざすと、ふだんなら許されないような非道なふるまいが許される」という気配を感知すると、他人に対していきなり攻撃的になる人たちがいます。

ふだんは法律や、道徳や、常識の「しばり」によって、暴力性を抑止していますが、きっかけが与えられると、攻撃性を解き放つ。そういうことができる人たちを、われわれの集団は一定の比率で含んでいます。そのことのリスクをよく自覚した方がよいと思います。

今回はたまたま「自粛警察」というかたちで現れました。別にどんな名分でもいいのです。それを口実にすれば、他人を罵倒したり、傷つけたり、屈辱感を与えたりできると知ると彼らは動き出します。

そういうことをさせない一番いい方法は、法律や規範意識や常識や「お天道様」や「世間の目」を活性化しておいて、そういう人たちに「今なら非道なふるまいをしても処罰されない」と思わせないことです。

——正義マン”たちの特徴に、問題の背景にあるシステムへの提言や改善ではなく、個人を叩く傾向が強いのはなぜでしょう。

気質的に攻撃的な人たちは、その攻撃性を解発することが目的で大義名分を掲げているのに過ぎません。だから、最も叩きやすい個人、最も弱い個人を探し出して、そこに暴力を集中する。

現に、「自粛警察」は感染者をスティグマ化することで、感染者を潜在化させ、感染経路不明患者を増やすだけですから、公衆衛生的に有害無益です。

■日本で軽視され続けた「医療資源の余裕」の重要性

——「空気」ひとつでムラ社会的な相互監視が行き渡るのは、日本人に固有な民族誌的奇習なのでしょうか。

場の空気に流されて思考停止するのは日本人の「特技」です。それがうまく働くと「一億火の玉」となったり「一億総中流」になったり、他国ではなかなか実現できないような斉一的な行動が実現できます。

でも、悪く働くと、異論に対する非寛容として現れ、マジョリティへの異議や反論が暴力的に弾圧される。今の日本社会の全面的停滞は、マイノリティに対する非寛容がもたらしたものです。その点では、戦時中の日本によく似ています。

——現政権のコロナ対応は後手後手ですが、なぜこれほどまでに危機管理能力が欠如しているのでしょうか。

感染症は何年かに一度流行すると大きな被害をもたらしますが、それ以外の時期、感染症のための医療資源はすべては「無駄」に見えます。

日本では久しく、必要なものは、必要な時に、必要なだけの量を供給して、在庫をゼロにする「ジャストインタイム生産方式」が工程管理の要諦とされていました。そんな風土で「医療資源の余裕(スラック)」の重要性についての理解が深まるはずがない。

■政府は「日本の感染症対策は成功した」と総括する

——今回のコロナ危機で露呈したのが、日本の医療システムスラックの少なさでした。1996年に845カ所にあった保健所は現在469カ所に、同年に9716床あった感染症病床は、1884床(2020年1月時点)まで減らされていたことについて、どう思われますか。

日本の医療政策では久しく「医療費を減らすこと」が最優先課題でした。感染症対策というのは「いつ来るかわからない危機に備えて、医療資源を十分に備蓄しておく」ことです。感染症への適切な対策をとることは、「どうやって医療費を減らすか」という医療政策とは原理的に整合しません。

今回の失敗に懲りて人々が医療資源の備蓄を気にするのも一時的なことだと思います。このあと政府は「今回の感染対策に日本政府は成功を収めた」と総括するでしょう。成功した以上、改善すべき点はない。だから、再び医療費削減路線に戻る。

ですから、このあと日本ではCDC(疾病予防管理センター)もできないし、保健所も増えないし、感染症病床も増えないし、医療器具の備蓄も増えません。そして、いずれ次の感染症のときにまた医療崩壊に直面することになる。

■医療従事者のパーソナルな努力で持ちこたえた医療現場

——カミュの『ペスト』には、医師リウーが「ペストと戦う唯一の方法は、誠実さということです」と語る場面が出てきます。「僕の場合には、つまり自分の職務を果たすことだと心得ています」と。私たちの社会が医療の現場を守り、コロナを乗り越えるのに一番必要なこととは何でしょうか。

医療を守るために必要なのは、医療資源は有限であるということをつねに念頭に置くことです。医療崩壊というのは患者数が医療機関のキャパシティーを超えるという数量的なことです。

今回はぎりぎり医療崩壊の寸前で食い止めましたけれど、これは医療従事者のパーソナルな献身的な努力によるものです。でも、そのような過労死寸前の働き方を彼らに恒常的に要求すべきではありません。

——コロナ後の世界で、超高齢化社会における限られた医療資源をどのように守っていったらよいのでしょうか。

これまでは医療を商品とみなして、それを買えるだけの経済力を持つ人間だけが医療を受けられるという市場原理主義が最もフェアなソリューションだと人々は思ってきました。しかし、このやり方では感染症には対応できないことがアメリカでの大規模な感染拡大で分かりました。

アメリカには2750万人の無保険者がいます。彼らは発症しても適切な治療を受けることができずに重症化します。ふつうの疾病でしたら、「金がないで死ぬのは自己責任だ」で済まされるかもしれませんが、感染症ではそうはゆかない。

彼らが感染源となって、社会を脅かし続けるからです。感染症は全住民が等しく良質な医療を受けない限り対処できない疾病です。ここには市場原理主義が適用できない。

■市場原理主義では感染症には対応できない

医療資源が有限である以上、どこかで「線引き」は必要ですが、古来、医療者は「患者の貧富や身分によって医療の内容を変えてはならない」というヒポクラテスの誓いを守ってきました。

今でもアメリカ医学部では卒業式にこの誓言を唱和しています。「線引きをしろ」と命じる現実と「線引きをしてはならない」という誓言の間には本質的な矛盾があります。医療者にとってこの葛藤に苦しむこともその職務の一部なのです。

その矛盾を今回は感染症が前景化した。われわれも、これからは医療者たちとともに、この葛藤に苦しむことになります。葛藤なんかしたくないから早く単一の解を決めてくれという人間には問題の深さがわかっていないということです。

——世界の状況を見ていると、ウイルス感染にたいするグローバル社会の脆弱性が浮き彫りになりました。高密度な都市生活、大量な人とモノの行き交いといった現代文明の達成は、今後大きく変容していくのでしょうか。

今回のパンデミックで、アメリカは重要医療器具や薬品の戦略的備蓄がまったく不足していることを露呈しました(必要なマスクと呼吸器の1%しか政府は備蓄していませんでした)。台湾と韓国は過去の失敗を教訓として医療器具の備蓄を進めていたために、感染抑制に成功しました。

これらの事例から、先進国はどこも医療資源の自給自足の必要を実感したと思います。同じことはエネルギーや食料などの基幹的な物資すべてについても起こると予測されます。

■「グローバル資本主義はここで一時停止することになる」

国民の生き死ににかかわる物資は金を出しても買えないことがあるという当たり前のことを世界中が改めて確信したわけです。グローバル資本主義はここで一時停止することになると思います。

都市一極集中というライフスタイルが感染症リスクにきわめて弱いということも今回わかりました。今回リモートワークを実践した多くの人は、自分の仕事のためには別に毎日通勤する必要はなく、そうである以上、わざわざ高い家賃を出して都市に住んでいる必要がないということに気づいたはずです。

3.11の後に東京から地方への移住者が激増しましたけれど、同じことがポストコロナ期にも起きるものと予測されます。宇沢弘文は日本の場合、総人口の20~25%が農村人口であることが、社会の安定のために必要だと試算していますけれど、あるいはその数値に近づくのかも知れません。

——各国が深刻な経済的ダメージを受けることは間違いありませんが、アフターコロナの国際秩序のなかで、資本主義のあり方も変わっていくと思われますか。

アメリカが国際社会でリーダーシップをとる意欲を失ったので、代わって中国がポストコロナ期のキープレイヤーになるでしょう。一帯一路圏を中心に医療支援を通じて友好国作りを進める。中国の超覇権国家化を望まない国々それを妨害しようとする。でも、決定打はどちらにもありません。ですからしばらくは「地政学的な膠着状態」が続くと思います。

クロスボーダーな人間と商品の行き来が止まるわけですから、グローバル資本主義も長期にわたる低迷を余儀なくされるでしょう。この期間に「プランB」にいち早く切り替えることのできた国が生き残り、旧い成功モデルにしがみついている国は脱落する。

■「小国寡民」の新しい国家モデルを構想するしかない

——もしコロナ禍資本主義の分岐点だとしたら、経済的不況下でも国民の食や医療を守るうえでどんな社会モデルが考えられるでしょうか。

わかっていることは、人口動態学的事実です。これから日本は超高齢化・超少子化社会に向けて進み続けます。2100年の人口予測は中位推計で4950万人。現在の1億2700万人から7750万人減ります。年間90万人ペースでの人口減です。これで経済成長などということはあり得ません。与えられた条件下で、人々が気分よく暮らせる「小国寡民」の新しい国家モデルを構想するしかない。

さいわい日本列島は温帯モンスーンの温順な気候にめぐまれ、森が深く、きれいな水が大量に流れ、大気も清浄で、植物相も動物相も多様という自然条件に恵まれています。この自然条件を生かした農林水産業、同じく豊かな自然資源と伝統文化を生かした観光・芸術・エンターテインメント、そして少し前まではアジアトップであった教育と医療、それらを柱とした国造りがこれからの日本の向かう道だと思います。

——アフターコロナ生きるうえで一番必要な道徳観・倫理観とは何でしょうか。

未知の状況に投じられたときには、自由度が最大化する・選択肢が最大化するように動くのが基本です。何が正解であるかわからないときには、何が正解であっても自分の選択肢のうちにそれが含まれているように動く。それほどむずかしいことではありません。

ただ、そのためには、「自由である方が/選択肢が多い方が気持ちがいい」と感じる身体感覚を具えていなければならない。日常的に「不愉快なことに耐えている」「やりたくないことをしている」人が、もしそういう自分を正当化するために「これが人間としてふつうなのだ」と言い聞かせていれば、危機的な状況で「より自由度の低い方、より選択肢の少ない方」に自分から進んで嵌り込んでしまうリスクがあります。

----------

内田 樹(うちだ・たつる)
神戸女学院大学名誉教授、思想家
1950年東京生れ。神戸女学院大学名誉教授。武道家、多田塾甲南合気会師範。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞受賞を受賞。他の著書に『ためらいの倫理学』『レヴィナスと愛の現象学』、編著に『人口減少社会の未来学』などがある。内田樹の研究室 ツイッター

----------

思想家の内田樹氏


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

『アメリカが国際社会でリーダーシップをとる意欲を失ったので、代わって中国がポストコロナ期のキープレイヤーになるでしょう。』はい、撤収!!


対策は成功してないよ。日本人の清潔意識が高かった”だけ”


純粋に疑問なんだけど、何で文学の人がダイプリで正しい武漢肺炎の性質の情報得た専門家がプラン組んで政府がそれ採用して国民が協力して収束させた(終息はワクチンまで無理)のを畑違いの分野で見当違いの内容でドヤ顔してるんじゃろ?


世界的に見て成功か否かと聞かれれば成功の部類に入る。しかし国民が求める成功かと言われれば否だ。というか安倍政権への注文見てると実現できる国は脳内にしか存在しないと思う


政府の言うことを信じるな、正義マン許すまじ、国家的引きこもり推奨……とっちらかってて何が言いたいのか判らんな


赤旗新聞に寄稿するような人物です。お察し。


安部さんや政治家共の手腕じゃなくて、そいつらに頼ってられないからって国民が団結しただけ。


内田樹を信じてはいけない


アメリカが国際社会でリーダーシップを取る意欲を失ったから、次は中国がって完全に妄想じゃね~か。中共ウイルスをばら撒いた中国がリーダーシップとか、中国以外の国が消滅でもしないと不可能でしょ。妄想はチラシの裏にでも書いてろ。


と死に損ないの老サルが申しております


この内田氏とやらは東京しか見てないんだろうな。プレオン・ハーバー・JBの記事は信じてはいけない


仕事の休憩中に全部読んだけど、読了後に只々頭の中に疑問符が浮かぶばかりで無駄な時間を過ごしたなぁって思いましたまる


東大仏文科卒で思想家兼武道家って、不審者の極みですね。


今のこの惨状で中国を持ち上げてる時点で心底軽蔑するし気色悪い


どう言う神経をしてたらこんな記事書けるんだ?


報道の自由のためには法律や、道徳や、常識の「しばり」を無視しているマスゴミは信じてはいけない。


安倍政権の「日本の感染症対策は成功した」を信じてはいけない  ←まず安倍政権がそれ言いましたっけ?


WHOとマスゴミで意見食い違ってて草、またアカ特有の内ゲバタイムかい?


こういう自由を主張するやつに限って、義務は果たさないんだよな。批判はするくせにくれるとなったら初日に現金支給手続きするようなやつが多い。


要するに、海外の日本へ対しての評価は当てにならないという事ですかね?


給付金や支援に関して問題もあった事を認めているのも事実であり、成功はしたが反省点もあったと政府は考えているように受けとれます。


内田樹って自分の中でひたすら理屈こねてるだけだからほんと読後に何も印象に残らない文章しか書けないよな。これだからパヨ界隈が必死に持ち上げてるのに誰にも支持されないんだよ。


思想家?妄想家の間違いでは?


そもそも「政府は後手後手(法律上一足飛びに何かを決定したり強行できなくなっているし野党が必ず邪魔をしている、なお世界的に見れば別に遅くはない、ただ政府が何を決定してももっと早くできたはずだと言っているだけ)!」って、実際を知っている人から見るとギャグだよね


思想家が語る国際関係


別に成功したと言ってないと思うけど。後また安部ガー記事か?こいつ日本人じゃなさそうだよなw本当にこいつら自分らのこと棚上げて叩くの好きだよなw


結局妄想ファンタジーの域に達していて現実的に出来ない理想をほざくなよ!逆に今ある医療資源の中で集団感染や爆発的な感染を防ぐための努力をやった結果だろ!お前ら老害やコメンテーターは日本は手洗いやうがいの文化が?悪いが飲み屋やレストラン言って手洗いしてる奴見たことない!トイレでさえ洗剤付けて洗ってる奴なんて少数だしコロナでエアーシャワーなくなったせいで服で拭く!


>チャカちゃん:”思想家が語る・・・”じゃなくて、”夢想家”の誤りd(・・)


こんなレベルで日ごろから感染対策をとか言えるよな。オフィスとかで働いてる奴も会社から言われてるからマスクやアルコール消毒してるが言われなけりゃやらないし女性は手が荒れると言ってやったふりする奴も少なくない!どんだけ日本人は潔癖症なんだよ!


この人は思想家であって経済や医療の専門家ではない。政権批判の記事書きたいならせめて専門家に取材しなさいよ、なんで門外漢のトンチンカンな発言を取り上げるかな?


このおっさん文春オンラインに書いてたけどクビになったの?


社会主義者の妄想記事だな


まさに「ザ・団塊」


金もらって逃げ道確保の老害ってのは解ります


対コロナ戦線における現場の努力をダシにして平然とシナチク持ち上げ記事書くとか恥ずかしくねえのかこいつは。


で・・こいつの何を信じればいいんだ?


プレオンって団塊の巣窟なのかな?


「成功」とか出てくる時点で、プレオンが弛み切ってることはわかった。感染症においてまことに怖れるべきは雨季と冬季の到来で、ちょうどこれから日本は雨季である梅雨に突入するとこなんだけどよ。


安倍総理に対して都合が悪い様に話すときは良く他の国と比べるクセにこういう時は比べないんだな。他国を見ても死亡率、感染率も低く抑えられてる。イタリアやアメリカ見てみろ。やべーぞ?それでも失敗だ失敗だ言うのか?これで失敗と言うならアメリカやイタリアなんて失敗どころの話じゃなくなるな。


野球で言う所の「火消し」は成功したと言ってもいいんじゃね?後は、どう抑えるかだよね。文中に書かれていることは今回の件で明らかになった事で、次回に持ち越さなければ良いだけの事。文体がネガティブ過ぎ。もっとポジティブな文にしたら共感を得られるんじゃない? 最後に安部政権という文言は必要か?


安倍をキンペーに、日本を中国に入れ替えた方が違和感ないタイトルだな。当たり前すぎて記事にはならんかもしれんが


プレジデントオンラインを信じてはいけない


池田信夫が書いていたが専門家会議の65パーセント削減と80%の削減の予想したグラフは大外れでした、これだけでも赤っ恥ものでは?


WHOが「日本は封じ込めに成功している」って評価出したらしいけど、中国様からお達しきてないの? 足並み揃えなくていいの?


新型コロナはこれからどう転ぶか分からないけど、第二波がどうとかで危険な状態になっている中国を持ち上げる時点で耳を貸すに値しない人物であると分かる。つーか、そんなに中韓がいいならさっさと移住しろよ、鬱陶しい。


医療の削減については一応書いてあるが、その背景に緊縮財政があることが書いてない、脱緊縮とセットで医療の拡充を目指す必要がある


その国に合った対策があって、日本は一先ず終息したという結果が出た。評価は数年掛けて専門家が行うべきで、夢想家がメディアと偽って嘘偽りで構成された毒電波を発信すべきではないよね


職業「思想家」に言われてもなぁっていう、せめて医療か政治経済かの専門家にコメントとらないと


ただ「制限解除します」ってだけでないの?


プレオンとかハーバーってすごいな・・・ゴキブリホイホイかな?ってくらい日本に巣食う害虫が集まってくる


何週間たってもいまだに武漢にもイタリアにもNYにもロンドンにもなってないんだ、完璧ではないにしろ概ね上手くやったといっていいだろう。はっきり言ってワイドショーのバカ騒ぎに影響されなかったのが良かったと思う。


成功したなんて発表したの?マジで?いつ?緊急事態解除しただけでしょ? と思って読んだら >>のあと政府は「今回の感染対策に日本政府は成功を収めた」と総括するでしょう >> はー、本当こいつらは(クソでかため息)


日本人の清潔意識やモラルが高いのも盲目的な日本教育の賜物です。中東では今頃になって、食事前の手洗いや石鹸の使い方を大人に教えています。トータルでは非常に清潔性の高い下地を作っていたお蔭です。コロナ発生後の対応は微妙です。客船という練習がなければもっと悪化していたでしょう。政府の政策よりも、医療機関の熱心さや充実度、諮問専門家の方策の妥当性の成果です。