子供・鍵(Tetiana Soares/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ガチャンという音とともに玄関ドアが固く締まり、締め出された相手は中に入れず困ってしまう。そんな様子が楽しく、「施錠」をちょっと意地悪ないたずらとして覚えてしまう幼児は少なくない。

だが解錠の仕方はわかっているのだろうか。オーストラリアで最近起きた、ある火災の話題が人々の関心を集めている。

■手をつないだ幼い姉妹の遺体

オーストラリアニューサウスウェールズ州のバトローで今月18日、シングルマザーのタンキア・フォードさん(29)と3人の子供が暮らす民家から火災が発生。火元は居間の暖炉だった。

消防隊員はその後、焼け跡から幼い子供たちの遺体を発見。3歳の双子の娘で、仲良しだった2人は最期にも手をつないでいたという。

関連記事:悪質なコロナ感染者かチャレンジか 他人の家の玄関ドアをなめる若者たち

■背後で「ガチャン」と玄関が…

もはや自力で火を消し止められないと悟ると、タンキアさんは最初に5歳の息子ジェフリーくんの手を引いて家の外へ。動かずそこで待つようにと諭していた。

するとその時、普段から鍵に強い興味を示していた双子の娘アイシャちゃんとライラニちゃんが、内側から「ガチャン」と玄関の鍵をかけてしまった。3歳児独特の純粋ないたずらとはいえ、タイミングがあまりにも悪すぎた。

■煙に襲われ動けなくなる

ドアを叩きながら娘たちに「鍵を開けて!」と必死に訴えたタンキアさん。しかし幼い娘たちは開錠の仕方がわからずパニックに陥り、泣き叫ぶばかりだった。

誰も頑強なドアを開けられず、窓を割るも鋭いガラスで腕は傷だらけに。消防車の到着にも時間がかかっていたなか、アイシャちゃんとライラニちゃんはほどなくして意識を失い、一酸化炭素中毒で死亡した。

近隣住民も、幼い姉妹の早すぎる死を嘆き悲しむとともに、炎ではなく煙を吸って亡くなることの恐ろしさを目の当たりにし、強いショックを受けている。

■「施錠」にわくわくする幼児

ゴミを出しに、ポストを見に、回覧板を届けになどという、「ちょっとの間」に子供が内側から鍵をかけ、親が締め出されてしまう“幼児あるある”のアクシデント

このたびの悲劇と同様、3歳にもなると鍵に強い関心を示し、実行に移す子がいきなり増える。トイレに入れば鍵をかけると主張し、指の力がついてくれば、固いのに90度回すタイプの玄関の鍵をかけてしまう子もいる。

問題は、逆方向に回す(引く)という発想ができず、開けられなくなってしまうことだ。どうか「ちょっとの間」でも親は必ず鍵を持って出てほしい。

・合わせて読みたい→ロックダウン中に小学生が感電死 遊具の発電機につまずき…

(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

鍵に興味をもった3歳児に悲劇 火事で家から出られず一酸化炭素中毒死


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

親が目の前のドアを挟んだすぐ向こう側の幼い子供を助けられなかったって悲劇にもほどがあるよ・・・。お母さんの精神状態大丈夫なのだろうか?


泥棒対策で日本の鍵も複雑化してるからな。基本的にはどんな時でも鍵は持ってること。オートロックマンションとかだと鍵を常に持つのは癖になるから締め出される事はほとんどないけどな


ガキが*だっただけだな


まあ大人でも稀にやら*からな 電子錠をかけたはいいが解除できなくなったとか


子供は突拍子もないことするしそもちょっと出るだけでも鍵かけないのか、その隙に侵入されて犯罪に合うとかよくある話なんだが?双子ちゃんは可哀想だけど火元である暖炉にしてもちょっと防犯防災意識が無さすぎるんじゃない?


モモ ←お前を育てた親は*


防犯防災意識も何もこれから家が焼け落ちるから鍵の重要度低すぎる上にこの緊急事態にまず鍵を持って出ろとか頭おかしい。これはただの不幸すぎる事故


鍵関係なさすぎない?火事みたいな非常時は玄関以外でも容易に閉じ込め状態になるでしょ


結局は子供の躾けってことかな


鍵に興味を持ってた段階で施錠と開錠を教えていれば連れ出す時に娘達も連れ出していれば近隣住人に助けを求めればあるいは…たられぱは色々言えるけど、人間は完璧じゃないからなぁ


認識あらためたな。よく火事でパニックになって入り口で終わる奴多いらしいけど、出た後も相当離れないと安心してはいけないって教訓になる。


タイミングが悪かった、としか言いようがないが、あまり治安が良くないが故に頑丈に作られたドアとか、ご近所さんが飛んで来て総出で何とか、とかないからこその悲劇でもあるな。元をただすなら「火の用心」な訳だが。ストーブならともかく、暖炉とかちゃんとした管理してなかったんじゃないかな?


その母親が「こんなことがあった」って言ってるだけですよね? 本当に"そうだった"んですかねぇ・・・


鍵の位置を、幼児の手が絶対届かぬほどの高さにすれば、車椅子に座ったままでは手が届かぬバリアアンフリーな家になる。幼児の力では操作できぬ堅さにしてもバリアアンフリー。悩ましいところです


悲しくなんかありません 覚悟を決めた男を前に 哀れみも悲しみも侮辱になります


3歳の子供にマウントとってて草


突拍子もないけどなんで火事で逃げる時に全員で逃げようとしなかったのか…?


10階に住んでた時 冬にベランダで洗濯物を干してる時に息子にやられた。もう一つの窓の施錠を外しておいて良かったと心底思った。


なぜ手で割る


火事を目の前にすると冷静な行動は難しい・・・。向かいの家が火事になったとき、自分は何もできなかった


火事になってなお閉じこもるとはよほどの鍵っ子だったと見える。なんともイタ飯・・じゃない痛ましい事故ですね。


どんな短時間の外出でも鍵は持って出るというのは、防犯の意味でも習慣にして欲しいと思う。特に老人はそこらへん緩い、同居してる家人が戸締まりしっかりしてても老人がゆるゆるで開けっ放しで外出されたら意味ないんだよな。


気の毒な・・・鍵もそうだけど、連絡手段であるスマホもそうだよね。家族にはどんな短時間でも持ち歩いてって言ってる。何か起きた時に連絡つながって欲しいし。


アイシャっていうと、イスラム系の名前だね。


鍵は外出時は絶対身に付けとく。会社とか学校とかで鞄の中に入れてるやつの気が知れないわ。無くしたらやばいものランキング最上のだろ


窓や勝手口はなかったの?


窓は割ったけど入れなかったって書いてるで・・・


3歳の子供相手にガキがバカだったとか、頭イッてますね


興味を持った段階で面倒臭がらずにしっかり教えておく。ホントこれに尽きるのよな。ここで適当な事言っておくと後々でえらい事になるから……。


親が先に一人だけ連れて出たのがアホ。玄関を開けっぱなしにしないのもアホや。


3歳児だとなぁ・・・無責任な発言っていくらでも出てくるだろうが、本当に悲しく、辛い時って他人にそんなこと言われる前にこうすれば良かった、何でと本当に後悔と悲しみがずっと出てくるんだよね。 ただただ辛いと思うわ。ご冥福お祈りします。親御さんも何とか立ち直って欲しいが、それすらも無理強いはできないな


俺も昔、かーちゃんがベランダ出てる間鍵閉めて困らせた事あるらしいわwww幸い集合住宅だったから隣のおばちゃんに鍵開けてもらったらしいけど、ガキは何するか分からんぞ


やっぱり神様なんていなかったねを想起するな


いくら教え込んでもパニックになったら普通のことさえ出来なくなるのが人間よ


自分が救急隊員とかで、手つないで*でる双子なんて発見したら泣き崩れるかもしれん。


朝からキツいニュースだなあ 


泥棒対策で日本の鍵も複雑化してるからな。 → つまり非常事態に力づくでドアを破る(開ける)事が出来なくなってるのか…


消防士はドアの蝶番の外し方、知ってるからカギが無くても開けれるさ!たぶん・・・きっと・・・(カギ無くてチェーン掛けて家出たときに、親が入れなくて隣の消防士に開けてもらったことがw)


ところで何で幼い三歳児を置いて五歳児とだけ先に出たんだろ? 誤って鍵をかけたってことは三歳児は母親を追って玄関まで来てたわけで。いたずらじゃなくて目の前で玄関を閉められたと思った子供が必死に開けようとした結果なんじゃ? 


この手の記事あるある。謎マウントとるヤツ、深読みしすぎて謎の理論、陰謀論語りだすヤツ


こんな緊急時にもいたずら?をしてしまうなんて、ほんとどんなときであっても子供から目を離しちゃいけないんだな


扉が閉まらないよう支えすべきだったな


「何で全員で逃げなかったのか」ていう人ちらほらいるけど冷静になって考えてみ?いくら火事で急いで逃げなきゃいけないとはいえ、女性一人で5歳児と3歳児2人の計3人を一度に連れ出せると思うのかい?


こんな悲惨なニュースに何でアホとか*とかいう単語使えるの?神経疑うわ…ネット上でも茶化しちゃいけない話題くらい分かんだろ


消火しようとする前に子供を外に出せたらよかったな。


日本も上下2か所に鍵が付いてる玄関ドアって多いけど、下の鍵が子供の手の届く高さのタイプも結構あるからなあ…。


家族だが幼いころ風呂場に閉じ込められたって事故(本人が中から施錠した)は発生した、火事で慌てて外に出た母親と、たまたまその時にいたずらしてしまった子供、これはつらいわ…お母さん、助けようと必死だったのわかるし、辛いよ


躾※>3歳程度じゃあ、意味を理解して従うには圧倒的に知識や教養が足りなさすぎるのよ…持論だけど、子供が親や大人の顔色を伺うってのは、言わば「定規で寸法を測って長さを知る」のと同じ行為なのよね…。あとその頃の子供って、単純に「反応」が来るってのが楽しくて仕方がないし、まだ教養が無くその行動を「生命活動」と捉えてる所で、止められるのを嫌がるし…(続く)


(続き)咎められると「自分は生まれちゃいけなかった?」と落胆する。これは、「例え(仮に今)出来なくても死にはしない」事をまだ「知らない」から思う事なのよな。(掘下げるなら、してもしなくても「自分は自分」でいられる事を知らない)…オレたちみんな、昔はそうだったんじゃぁないの?最初から大人じゃあなかったんだしw 長文失礼w


危険なものを禁止するのではなく管理した状態で経験させ知識欲を満足させてやる、という事を積極的にやっていく必要があるのかもしれん。薬物や死そのものは無理だが。


仮にドアの下に鍵が付いてるタイプで、そこがギリギリ手の届く高さなら、いたずらじゃなくてその子なりに助かろうと頑張ったのが裏目に出た可能性もあるな…