【元記事をASCII.jpで読む】

スマホ初心者にオススメしたい
サムスン電子「Galaxy A20」

 今回レビューするのは、サムスン電子の「Galaxy A20」。キャリアではドコモとau、MVNOではUQモバイルが取り扱っています。

 「Galaxy A」シリーズは、2~3万円台の製品がそろいますが、Galaxy A20もその手頃な価格が魅力の1つ。ドコモは2万1384円、auは2万2000円、UQは1万1880円。キャリアでも2万円台前半ですが、UQではさらに1万円ほど安い価格になっています。カラーは3社共通で「レッド」「ホワイト」「ブラック」の3種類です。

 今回はGalaxy A20を約1週間使う機会を得たので、スマホ初心者を意識した使い方で検証してみました。価格以上のパフォーマンスを発揮するのかどうか。スマホ選びの参考になれば幸いです。

軽量かつコンパクトなボディー

 本体は縦横ともにコンパクト。横幅はがっちりホールドでき、縦も片手で操作できるサイズになっているので、他のスマホは少し大きいと感じる人でも問題なく扱えるでしょう。

 背面は光沢のある質感で、側面はシルバーフレームが囲います。高級感はありませんが安っぽさも感じず、良い意味でとてもシンプルデザインです。背面がツルっとしているので、まれに手が滑りそうになることも。万が一のときを考えて、ケースを付けておくといいかもしれません。

 その他、上部にはイヤホンジャックを搭載。また、最近の機種ではめずらしく、左側面にストラップホールがあります。首から提げたり手首に通したりして使いたい人にも優しい設計です。

 ディスプレーサイズは約5.8型、解像度はHD+(720×1560ドット)。インカメラにはしずく型のノッチを採用しています。上下左右のベゼルはそこまで細いわけではありませんが、ふだんから大画面モデルを使っているユーザーでなければ、不満を抱くことはないでしょう。ただし、解像度が抑えられているため、やはり画質の点では他機種より劣るかなという印象です。

カメラはまずまずの実力

 Galaxy A20は約800万画素(F値1.9)のシングルカメラを背面に搭載。撮影日が曇天だったことも多分に影響しているのですが、全体的に少し明るさや鮮やかさに欠ける印象です。食事や植物など被写体に近づいて撮るシーンでは、画面をタップして明るさを調節するときれいに撮れました。

※作例はすべて原寸で掲載しています。データ通信量にご注意ください。

 予想していたよりもきれいに撮れたのが夜景です。明暗のバランス不自然でなく、目で見た景色に近い明暗のバランスで撮影できたように感じました。

 インカメラは約500万画素、F値は2.0。「美肌」「小顔」といった効果はありませんが、自然な仕上がりに撮れます。

 おそらく晴天であればもっと色味のある写真が撮れるでしょうが、やはり色彩の豊かさはもうひとつといったところ。反対に夜景撮影は評価したいポイントです。夜景はハイエンドスマホでも美しく撮るのが難しいですが、Galaxy A20は自然に仕上げていました。

 カメラはまずまずの性能ですが、2万円台という価格を考えれば、十分な実力といえるでしょう。周囲の環境や被写体によって仕上がりが大きく変わるのも、無理にきれいに処理しようとして不自然デジタル感が出てしまうよりはいいと個人的には思います。

バッテリー安心の3000mAh
動作は若干のもたつき感が……

 OSはAndroid 9、CPUはExynos 7884Bを搭載し、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。

 スマホパフォーマンスを数値化して評価できる「AnTuTu Benchmarkアプリベンチマークを計測してみると、「114787」とミドルレンジに相当するスコアを記録しました。

 処理性能は高くないので、実際に文字入力にタイムラグがあったり、アプリの起動が遅れたりすることがありました。複数のアプリを立ち上げてガシガシ使うのはオススメしません。

 バッテリー容量は3000mAh。外出先で行先までの経路を確認したり、電車の乗り換えを調べたり、気になったものをカメラで撮ったりしましたが、電池切れの不安なく使えました。

 動画やゲームを楽しむようなヘビーユーザーでなければ、外出先で電池切れになることはないかと思います。

 便利機能としては「アシスタントメニュー」機能を搭載。画面内の好きな場所にアイコンを動かして、指を大きく動かさずに音量の調節や通知パネルの表示ができます。また、高コントラストキーボードに設定できます。さらにFM放送が聴ける「radikoアプリがプリインストールされており、災害時などでも安心です(FM放送を聴くには有線のイヤホンを接続する必要があります)。

 指紋センサーは搭載しておらず、顔認証が利用できます。逆光などで顔が暗くなると認証が遅くなることがありましたが、精度はおおむね問題ないと思います。その他、防水(IPX5/IPX8)・防塵(IP6X)、FeliCaに対応します。フルセグ/ワンセグには対応していません。

【まとめ】スマホデビューにぴったり
真のエントリースマホ

 Galaxy A20の最大の魅力は、2万円台という価格です。ディスプレー解像度カメラの性能は決して高いものではありませんが、「画面は大きいほうがいい」「ポートレート写真とか夜景をもっときれいに撮りたい」といった悩みや不満は、スマホを使いこんでから感じるもの。この安さを考えれば、むしろその実力は高いと言えるでしょう。

 最低限の基本機能を搭載するため、スマホがどんなものかを知ったり、自分にはどんな機能が必要かを見極めたりできます。スマホデビューに悩んでいる方は、最初の1台として検討する価値は大アリです。

2万円強で購入できる「Galaxy A20」は真のエントリースマホ!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

記事にする場所を考えるべきではなかろうか?


2万円台ならOPPO選ぶな


省エネ簡単操作に尖ればお年寄り用にイケるんかいな。初期キッズ設定。チップ見たらプロセス14nm?


情報ダダ漏れの朝鮮スマホはいらない


サムスン製ってだけで真っ先に選択肢から外れるわ


要らない。


いらねぇなあ。顔のすぐ横で使うものだし。耳無くなったら困るからな。


サムチョン製差っ引いても5Gが控えてるいまわざわざ買う必要ある?


ただし自爆機能付な


何かあったら人様に迷惑掛かるモノに、こんないい加減なメーカーの使いたくないです。


火を噴くエクストリームホッカイロのGalaxyって、寒い時期には便利そうね


なるほど、初心者しか買わないからおススメという事か(笑)


2万円強で買えるブリーチングチャージ代わりのダイナミックエントリースマホ?Boom(・ω・)コンパクトとか書いてあるけど150x71mmって・・・俺のポケットには大きすぎらぁ。まぁほかの方と同じでメーカーの時点で選択肢から外れるけど。


釣りはいらねぇぜ!とっときな!非表示にする場合はチェックを外す→

(出典 Youtube)


frag grenade !!


爆発に巻き込まれたくないので、持ち帰ってもらえませんかね。


もしもアップルが2万円台のiPhoneを出せたら面白い事になりそうだね。


スマホ初心者にローエンドをすすめる風潮嫌い。初心者って右も左も分からず使っていくからある程度性能があったほうがいいと思う。


記事に"韓国製"が抜けてるぞ。隠すんじゃねえよ


安いけど初心者向けじゃない感じ...初心者こそいいヤツ使えよとは思う


セキュリティ意識も低い初心者に朝鮮製品持たせれば情報抜き放題だもんね!


冥界へエントリーするにしても六文銭の方が価値あるしなぁ。どの用途でもサムスンのはいらない。