車椅子に座ったバービー人形が発売

デビュー60周年を迎えたファッションドール「バービー」。これを記念して、日本トイザらスは多様性を表現したという「バービー ファッショニスタ くるまいすつき」8月9日に発売する。同商品はトイザらス限定商品となる。

車椅子デザインは、車椅子の専門家の協力のもと行われ、タイヤも動く。バービーには肘・ひざ・足首など全身にジョイントがあるので、車椅子に座らせて様々なポーズをとらせることができる。

また付属のスロープを、別売りのドールハウスなどと組み合わせることで、バリアフリーにして遊ぶことも可能だ。

長身、小柄などのバービーも登場 恋人・ケンのルックスも多様化

バービーの商品開発・販売を行うマテル・インターナショナル広報担当者は、同商品の発売について「多様性について会話するきっかけづくりができればと考えています」とコメントする。車椅子ファンからのリクエストが多かったアイテムだったという。

「バービー ファッショニスタ」シリーズでは、肌の色、髪の色、目の色、体型など、それぞれ異なる個性を持ったドールを展開。最先端のトレンドファッションをバービーと一緒に楽しみながら、美の多様性や個性を認めることの大切さを表現している。

「バービーファッショニスタラインは、ここ数年、肌のトーン、ヘアスタイル、目の色や顔立ち、トール(長身)、プチ(小柄)、カービー(曲線美)といったバービー、また恋人であるケンもトーンや体型、目の色やヘアスタイルなど多様化したルックスを導入しています」(同担当者)

ヴァリエーションが豊富なため日本ではすべてを販売できているわけではないが、今回バービー60周年を記念して車椅子が付属するドールを発売することになった。同担当者は、

「バービーは、ブランドがもつ大切なメッセージYou Can Be Anything(何にだってなれる)』という言葉を、商品を通してすべてのお子さまに伝えていきます。またファッショニスタシリーズのような多様性を表現した商品から、今日の子どもたちに様々な知識や経験を得てほしいという願いを持っています」

と語る。また、同担当者は、「世の中には多くの種類の障がいがあり、これらの人形はまだある特定のものを反映しているだけ」としている。

今後、ファッショニスタシリーズでは、「女の子たちが物語づくりをできるよう、市場で最も多様なラインであり続けるために発展していく」といい、外見の特徴やファッションなど、さまざまな選択肢を引き続き提供していくという。




(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 blog-imgs-43.fc2.com)



<このニュースへのネットの反応>

多様性(笑) 健常者がとくいげに車椅子に座っただけで、他人の気持ちをすべてわかった気になってドヤってる姿をみて、まちがいなく子供たちは間違ったメッセージを受け取ることでしょう。


車いすフェチ歓喜?


五体満足のバービーがいて、そうでなかった世界には半身不随のバービーがいる・・・。なんとなく平行世界のぬーべーを思い出した。


いいじゃん。次は片腕を失った部分にサイコガンを装着したバービー人形を出そう


付属するバービー人形は着座のままの姿勢で絶対に自立できない仕様ならば売る価値はあると思う。普通に立たせられるならクレーム対象品


多様性が聞いて呆れる、バービー人形を車椅子に座らせて、子供に何が解るというのか。どうせ頭がおかしな障碍者の利権団体が、自分達にも噛ませろと抗議してきたんでしょ。子供の玩具に、あからさまに利権を絡めるのは止めろ。


ねこぶそうかな?


>ブランドがもつ大切なメッセージ『You Can Be Anything(何にだってなれる)』  「『障害者になれる!』って喜ぶ子いるか…?」って思ったけど、単純に車イスってどんな感じ?って憧れる気持ちは分からないでもない。でも…“遊び” にしちゃうといろいろうるさい大人がいそう。子どもは普通に楽しむだろうけど


子供の遊び道具なら学ばせればいいかもだけど、障碍者様なんだから逆らうな利権よこせをやりすぎると植松容疑者みたいなのを生むことになりそう。


超像可動のポルナレフは時代を先取りしていた。


単品だけじゃ目新しさがないから別の物組み合わせて見ましたにしか見えない...


ジェニーだったかリカちゃんだったかでもう20年位前に車椅子は発売されてたぞ。たぶんうちのマウンテンサイクルを発掘したら出てくるはず。


なんぞ不安定そうなのにすわっとるな


ブンドドされて終わりやぞ


「遊ぶ為」ではなく「多様性を考えさせる為」に生まれたおもちゃとか単純に気持ち悪い


「多様性」と別だろ。 多様性ってフレーズを宗教みたいに押し売りする為に、障害者を道具に利用してるのがバレバレだ。


真っ先に思い浮かんだのがイッテQアキレス腱切ったバービーが車いす座ってる姿。というかそっちの方が購入意欲がわく。


多様性の押し売りする為に、障害者を道具に利用する外道。


「足切断バービー」がないんじゃリアリティに欠けるな。この車椅子バービーは頚椎骨折とかか?


足をもっと細くするか失くすかしないと子供はなんも思わないゾ


「障害者利権がこんなところにも!」って会話するだけだ。


「ねぇママ。なんで足が付いてるの?」 (メーカー側<「足切断バービーも売らないと・・・」)


髪が長すぎるな。これじゃ巻き込まれるぞ


ユーザーらが、足切断とか腕切断とかの画像を投稿し始めて、最終的に、「烈海王コラ」みたいになりそうだ。


「世の中には多くの種類の障がいがあり、これらの人形はまだある特定のものを反映しているだけ」>病気の種類が多様なだけで、終末期患者も含めて同じ事いってシリーズ化とか同じ事を患者に向かって言えるのかどうか。子供って無邪気で残酷だから、平気で腕取ったり脚もいだり、頭をひっこ抜いたりまでするから、病人や障害者をおもちゃにするって、結構それ自体が残酷なんだよね。


子供の頃、人形の四肢を外して遊んだ人は悔い改めよ


日本ではすでにポルナレフのフィギュア(車いす付き)が発売されてるのですがそれは。


バービー本人じゃなくても、親戚あるいは友人として増やす、という手もありなんじゃなかろうか?


オッドアイとかアルピノ、多肢症なんかは寧ろかっこよくなりそう(厨並感)


どうせ頭がおかしな障碍者の利権団体が、自分達にも噛ませろと抗議してきたんでしょ。←典型的なネトウヨ的陰謀論。具体的な当事者団体名挙げてみて? できなきゃただの脳内妄想だからね。


5部のポルナレフを見習え


ホームレスのバービーとかも作れよ。でないと、ホームレス差別になるぞ。


車いす魔改造してパラリンピック競技仕様にしようぜ


で、車椅子に乗る事でどんな魅力が生まれるんだよ?身体障害者の人気キャラなんて腐る程いるけど、皆ちゃんと性格設定されてたり独特の戦闘を見せたりで製作者が甘えてねえぞ このバービーに障害を上回るほどの魅力があるのか?


多様性ってアレでしょ、被害者()の地位からゴネて金を稼いだりコンセプト外の誰得意見をゴリ押す事だよね。知ってる知ってる。


まあ、あってもいいんじゃない?でも多様性という言葉を盾にする必要はこれっぽっちもないよね、これ。「今までなかった視点で新規にバリエーション開拓していこうと思った」で十分。・・・なんでわざわざ多様性って言ったんだろ?


次は「体は男性で心は女性のバービー」とか作るのかね。誰のために?


職業面はフォローしないの?風呂屋に売人、立ちんぼとか?あと、仕事じゃなくて表現しずらいけど、難民で何年たっても国籍がもらえないことに苦々しい顔したのとか…