家にあった“テニスボール入れ”に、約5億3000万円の値段がついたと、話題を呼んでいる。


英紙デイリーメールや米放送局CNNなどによると、この“テニスボール入れ”は、あるスイス人の家庭の祖父が中国に旅行した時に買ってきたもの、3世代にわたって“テニスボール入れ”として使われていたという。一度、鑑定してもらったそうだが、「19世紀の模造品」と鑑定されてしまい、普段使いされていたとのこと。


だが、今年になってこの容れ物が香港の骨董品見本市に出品されると、瞬く間に30人以上から入札があり、5億3000万円の値が付いた。専門家は「鳳凰の意匠なども考えると中国の皇帝のために作られた香炉に間違いない」と語っている。

ネットでは「このニュースインスパイアを受けて、犬の皿を骨董屋に見せてみたが馬鹿にされただけだったよ」「いい話だ。夢がある」「うちのじいさんは借金しか残してくれなかったよ」「うらやましい。壊れてなくてよかったね」といった声が上がっている。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

へえ、この壺にテニスボールを入れておきますとな、時々ボールが500万円で売れますねん


模造品と鑑定した奴は、無能もしくは安く買い叩こうとした詐欺師に違いない。


その30人の競争入札者は自国の空虚な歴史を埋め合わせたい願望者に違いない。物持ちのイイ英国人に助けられたな。


アレアレ共産主義に違反するから文化遺物はすべてぶち壊さないといけなかったんじゃないんですかぁ~?はやく中国の過去の遺産をすべてブッ壊してくださいよぉ~


言っておくが骨董品だの美術品は、転売厨の元祖、本場だぞ? こうやってグルになって値を吊り上げていくからバブルと言うのだ。バブルとは、実態のない価値って事だ。


紅茶提督「いいね」


時に親父さん・・・いいテニスボールだね・・・


テニスボール入れにしたせいで、1000万位値が下がってそうだから、無能な鑑定士に賠償請求しとけ。


このデザイン見て「テニスボール入れにする」と発想した事の方に驚いてますよ;


明らかに高いだろこれ、バカなの?


偽物も高そうに見えるように作るから高そうに見えるからバカなの?ってのはバカの浅知恵。素人がいくら見ようがわからんよ。


「中国の皇帝のために作られた香炉に間違いない」と言ってるが、実物みないと何とも言えないと思うのだが違うのだろうか。


でも、実物を見るだけで5億払えるってすごいよね。