20代男性の5人に1人が就活中にセクハラを受けたことがある――こんな調査結果を連合が発表したことに対し、ネット上で驚きの声が上がっている。

女性のセクハラ被害は、度々報道されている。対する男性の状況はどうなっているのか、各大学や労組に話を聞いた。

「性体験などを聞かれた」「性的な噂を流された」

「性体験など性的な事実関係を聞かれた」。連合が2019年5月28日に発表した調査結果によると、20代男性からこんな回答が多く出た。

この「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査」は、19年5月8、9日に20~59歳の有職男女1000人を対象にネット上で行われ、就活した800人強のうち1割で就活中にセクハラ経験があると答えた。

うち割合が最も高かったのは、なんと20代男性だった。

就活した109人のうち21.1%も占めており、次いで割合が高かったのが、30代女性の15.5%となっている。

セクハラ経験のある20代男性23人にその内容を聞いたところ、採用面接やOB訪問などの機会で、人事担当者やリクルーター、OBらから前出の性体験などの質問があったとの答えが最も多く、43.5%を占めた。次いで、「性的な冗談やからかい」「個人的な性的体験談を聞かせる」「性的な内容の情報(噂)の流布」がいずれも30.4%になっている。

セクハラを受けたことの影響としては、「就職活動やる気がなくなった」が56.5%と最も高く、深刻なモチベーション低下につながっているようだ。次いで、「就職活動を長期間休んだ」「就職活動を短期間休んだ」がそれぞれ30.4%、26.1%も占めた。

この調査結果がニュースになると、コメント欄やツイッター上で驚く声が次々に出た。

各大学のキャリアセンターでは、男性の相談はないと言うが...

「男性の場合はどんな被害か知りたい」といった声が上がったほか、「下ネタの強要とかもセクハラだから」「結婚に関する質問はセクハラだろ」「根底として『男性ならいいだろ』という感覚がある」などの意見も出ていた。

ネット上では、真偽の程度は分からないものの、具体的な体験談も書き込まれている。人事部長に「キミ彼女いないだろ。ふん、だろうねぇ」と言われた、行きたくもない風俗に付き合わされた、何社かで「何故結婚していない?」と聞かれた、などだ。

そこで、各大学のキャリアセンターJ-CASTニュースが取材すると、ある大手私立大では、こう答えた。

「女性から相談はいくつかありますが、男性からはありませんので、事例は把握してないです。もしかしたら、相談するのは恥ずかしいと思っているのかもしれませんね」

別の大手私立大でも、こう言う。

「報道で気になって、相談履歴を調べてみましたが、この3年間で男性からのセクハラ相談は来ていませんでしたね。すべて女性の相談で、男性のは聞いたことがありませんので、潜在的な悩みがあるのかも把握しようがないです」

文科省2019年3月にまとめた「就職・採用活動に関する調査(大学等)」報告書によると、女性からも含めて就活セクハラの相談を受けたと回答した大学は、18年度は5%に留まっている。うち9割の大学が相談件数は5件以下だったと回答しており、男性からの相談は、ほとんど来ていない可能性がありそうだ。

「『男性ならいいだろ』とみなして、傷ついた人たちも多い」

とはいえ、20代男性なら、第2新卒やキャリア採用で就活をした人も多いかもしれない。とすると、学生よりむしろ既卒者の方がセクハラ被害に晒されている可能性も考えられる。

1人でも入れることをうたい、東京都内に約2200人の組合員がいるという全国一般労働組合東京南部では、中島由美子執行委員長が次のように取材に話した。

「就活中の人からのセクハラ相談は来ていません。しかし、職場では、男性上司や同僚から性的な言動を受けたり、『それでも男か』と言われたりすることが起きています。ですから、就活の場で男性がセクハラを受けたとしてもおかしくはないでしょうね」

男性がセクハラを受ける場合、加害者は女性や男性もあると中島委員長は言う。

「男性が女性に言うとセクハラとされる言動も、男性に言うとそうだと認識されていないのだと思います。もちろん、女性が男性に言う場合もあります。深刻なのは、風俗に誘うケースです。嫌な人もおられますので、無理強いしてはいけません。『男性ならいいだろ』とみなして、傷ついた人たちも多いんですよ」

男性へのセクハラが注目されるようになった背景については、こう指摘する。

「昔からあった言動だとは思いますが、女性が声を出すようになって、男性も意識が変わってきたのでしょう。セクハラを受けるのは、男性もやはり不愉快だと思うようになったということだと思います」

J-CASTニュース編集部 野口博之)

20代男性も就活で悩んでいる?(写真はイメージ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

男だからとみんな下ネタ好きと思ったら大間違い。今まで女の訴えが通ってきたんだから、証拠が手元にあるなら遠慮なく訴えれば?


▲ 表面化っておいおい・・・。 お前ら日弁連&公明党が、セクハラって言葉をアメリカから輸入した際、「セクハラとは男が女にするエッチな嫌がらせだ」に意味合いを組み替えて、電通とグルで流布した「既成事実」じゃねーかよ。 ▲28年経って急に「男性被害者も含みます」なんて掌返ししてんなよ。


「私はLGBTです。特別扱いして下さい」と言う要求する行為もセクハラだからな? セクハラとは、「性的な嫌がらせ」なんかじゃなく、「性的に困らせる」と言う意味だ。自称LGBTが、区役所や企業でLGBTを振りかざし、「差別する気か!?」と大声で喚いたりして相手を困らせたら、それがセクハラだ。


「就活者は立場が弱い」「面接官は立場が強い」。その立場の強さを利用して困らせるのは、確かにセクハラやパワハラだ。 しかし、LGBTを自称し、権利を要求してくる就活者がいたら、そいつは「面接官より立場が強い」。なぜなら、日本はLGBTが特権に格上げされたからだ。


就活生 < 面接官 < 自称LGBT (立場はこの順です。LGBTが面接官など企業側を脅迫する、セクマイハラスメントが横行してます)


▲ セクハラとは、「エッチな嫌がらせ」ではない。「性的」に「困らせる」と言う意味だ。そもそもが大間違いなんだよ。 ▲外来語だから、30年前、公明党と日弁連が日本に輸入する際、意味を組み替えた。これを「遺伝子組み換え外来語」と言う


▲【Jキャスト】の運営会社は、朝日新聞の政治記者による運営。 ▲発行人は『AERA』元編集長の蜷川真夫。 ▲初代編集長は『週刊朝日』元編集長の大森千明。 ▲編集長は朝日新聞で取締役編集担当の杉浦信之。 ▲AERA編集長や朝日新聞出版社長などを務めた宇留間和基。 ▲ニコニコニュース編集長の亀松太郎が副編集長


まぁ、実際、男性がセクハラ被害を訴えても門前払いだろうね。「差別がダメ」ではなく「女性差別がダメ」という残念な世の中だからね。


男がセクハラ被害を訴えるのは「男らしくない」と言う社会的な圧力があるし、さらに女のセクハラ被害を茶化す空気も後押しして告発も表面化もし辛くなってる  フェミの言う事聞いて「性役割を押し付けるな」「相手のお気持ちに配慮するべき」と男も主張していけばいいのに


女性にセクハラ出来ないから男性に目を付けたか。なんと悪質な


黒澤ルビィ ← お前は「日本人らしくない」もんな? (いや「人類らしくない」の間違いだわ。チョーセン猿)


日本の女性団体は「日弁連と公明党」だから、日弁連は絶対に、男に味方をしない。この記事や活動は、「セクハラそのもの」をフューチャーさせる工作でしかない。


俺だったら逆にネタにしてプラスに持っていくけどなぁ…こういう話題って。まあ人それぞれだから好きにすればいいけど、「今の若者って、恥をかいたら*病気にでもかかってるの?」って思うくらい恥を恐れてると思う。恥なんて笑い飛ばせばいいのに。


後輩が*なら*に連れて行ってやるのが良き先輩だと本気で思ってる人が結構いそう。


中途採用なら普通に既婚ですかって聞かれる


そもそもセクハラ相談の窓口が男性からの相談を受け付けていないケースが多い


社内にラミアクイーンがいるのかな?と思ったけど違ったようだ…


一部の男には、飲む打つ買うをこなした回数で序列をつける風習がある。一生サラリーマン志望とか体育会系みたいな序列大好き人間ほど、こういう話題を好む印象。


男性は被害を訴えにくい雰囲気があるからな。


先輩に無理やり*連れていかれそうになった人、他にも居るんだ…(驚愕) 今思い返せばあれ普通にセクハラだったんだな…。男だからか、そういうことされても、「マジで嫌」という感想だけで、「これセクハラだ!」という考えには結びつかなかった。 男性の報告件数が少ないのは、そういうことも関係してるんだなって…。


>月光←でたああああああああああああ 典型的「男だから」差別。どこが男女平等なんだか。そのセリフセクハラ被害騒いでる女に現実でそのまま言ってみな。*扱いされるだけだから


男の被害報告が少ないのは自力で解決してるからじゃねーの?


すごい田舎に住んでた時とある男性が、仲間内からムッツリだと思われてからかわれたりハブられたりするから、と、真面目な性格なのに一生懸命下ネタ言ってて、ドン引きした。中学生か。そういう地域性だと普通にありそう。全国どこでもありそうなのはゲイやバイに目を付けられたという直接的理由も、最近表面化してきてるよね。


優遇されてる*への妬みで満ちております


配偶者持ちかどうかは保険とか出張の頼みやすさとかがあるから普通に答えるんだけどね。なんで結婚しないの?とか普通に聞かれるから困るんだよ…。


kuon<なんで結婚しないの?って聞かれたら、なかなか良縁に恵まれずと答えるのが一般的だけど、そう答えると「相手を見つけてやるぜ。俺っていい先輩。」ってなる可能性があるんだよな。


中高年による不倫のお誘いでしたらわりかし日常的に発生します。客じゃなかったらマジ訴えてる。


たった1回でも彼女いる?と聞けばセクハラか・・・? あほらしい世の中だ。


同僚が毎度してくる○○課だと誰が一番可愛いと思う?系の質問がいい加減面倒くさい。こっちは仕事の場にそういうの持ち込みたくないんだよ。


俺も可愛いと思う子誰?系質問は嫌だわ。いないと言っても強いていうなら誰?みたいに聞いてこられたし面倒だから適当に答えたら勝手にその子の近くの席に移動させられるハメになって大迷惑だった。その後そいつらと関わるのもうやめたけど。いつも恋愛や*の事ばっかり考えてる猿みたいな男と一緒にしないでほしい。


俺の就活で一切なかったのは醜男過ぎて振るまでもなかったんですかねぇ


僕お◯んこしたことないです〜(先制攻撃)


【現実でそのまま言ってみな】 ← ネット外をリアルとか現実って言っちゃう奴、どこに住んでるんだろうな。ネット外の事はそのまま、「ネット外」って言いな。恥ずかしい奴。


▲黒澤ルビィ ← こいつに「それな」するなよ。日本人じゃねーぞこいつ。 【”黒澤ルビィ ニコニコニュース”】で検索して、過去の書き込みまとめて見てみな。


『男なら~』『女なら~』


保育士の時はザラだったぞ←


男らしくぶん殴れば良い


ワイもされたなぁおかげで工事関係はそういうの多いイメージ


安定のゲスト枠。匿名の中でも更に匿名にしてしか言葉が言えない臆病者が、今日も声大きいねえ。無反省的な態度はそれはもうすごいの一言。それは置いといて、セクハラだけでなく、なんらかのハラスメントは当然いけないし、それをしっかり訴えられる場、空気ってのは大事よね。どんどん訴えていけ。


男女差別の現実


とりあえず性に関する問題を抗議する連中をちゃんとさせたら?と思う例えば「性別に関する差別をなくせ」って抗議してる団体が居たら、大概の人は「男女関係なく抗議して平等を訴えてるんだろうな」って思うよね。実際はほとんどが男性か女性かのどちらかにしか寄ってないし、こういうのが一番問題と思う。平等を訴えるのなら、その訴えも平等にしっかり扱わないと駄目でしょ。


まあ今の所は「男→女 男→男」へのセクハラのみだが、この先「女→女 女→男」へのセクハラも表面化するだろうな


男への*が認められなかったぐらいにはセクハラを理解できてない司法関係者が多い国


公私分けられない*は必ず聞いてくるよなぁ


セクハラしてくるやつには怒らないところがなをとも情けないわな。


これをオカズにして抜くのか?


外見がオタクっぽいから「メイド喫茶大好き」とか「コスプレ*通い」って噂流されるのもセクハラかな?一度も行った事無いんだけどね……


いちいち取り合ってたらキリがないほど多いからわざわざ相談しないんじゃない?


男性の場合、必ず聞かれるのが結婚しているかどうか。面接時で問題になるなら面接後や帰り際までに必ず聞かれ、合否を左右している。妻子もち優遇のほかに、いい歳して結婚しないなんて普通と違う人とか気持ち悪いとかいう排除の意図がある場合もあるからリア充でない者にとって困る。扶養義務確認や雇用経費との兼ね合いがあるだろうから問題は複雑。女性の既婚や子持ち確認にも通じる


「性体験など性的な事実関係を聞かれた」>これは、面接では経験は少ないが、採用後や、趣味の場の飲み会なんかでは、初対面の人達が多い場所では、わりとよくある。普通はスルーして聞き流しておけばいいが、周囲が奥さん連れだったりする場合、隣りに女性を座らせたりして男性に限らず女性を褒める事を強いてくるから、妻帯者と独身では価値観が異なり独身者にとっては無理がある。


他にも酔っぱらって失言する議員の問題のように、街中の自営業経営者や普通の会社勤めと、公務員や官庁関係のお堅い仕事の人というのでも、酒の席での安易な言動ができるできないという違いもあるので、注意が必要。


研究会だとそういう事はないが、同窓会やOB会のような場でも、年配ではなく若い人、大学の後輩なんかが多い会合では、同窓の先輩やめぼしをつけている男性に対して、狙っている女子やその取り巻きというのがあるので、現在の仕事や結婚の有無、容姿等の質問は必ず聞かれる(現時男女逆側は問題になる)し、そういう意図の質問がまず飛んでくる。それ以外は飛んでこない。


*付き合うの断ったら*扱いとか、やたらベタベタしてくるオバサンとかならあったなぁ。男なら誰でもそういうの好きだと思ったら大間違いだよ。


アルバイト先の歓迎会の席(カラオケ)で、女子のバイトもいる中で別な同僚がフルチン踊りを初めて、バイトリーダーから「このくらいになって欲しい」と言われた事がある。フルチン踊りを断ったので、当然後日バイトリーダーから肩たたきに遭った。


男なら誰かの為に強くなれ 女もそうさ見てるだけじゃ始まらない それが正しいって言える勇気があればいい ただそれだけ出来ればAUさ


最近は1から10まで教えないとならないが、職場で新人女性に親身に仕事を教えていると、周囲が結婚すればと言い出して、教えられる側もそれに乗っかりだす問題もある。すると、仕事を教えた事が評価されず、女たらしに行っているみたいに見られて、職場に居場所が無くなる。


正直ハラスメントってどこかからの線引きできるようなものじゃないと思うけどね…。5人に1人とか表面化し辛いとか書いてるけど無駄にハラスメントのライン低く取ってて気にしてない人達も被害者扱いしてカウントしてそう。


10年以上前だけど「男なんだから」「男手があると助かるわ~」と、見るからに非力な俺に重労働を強いて、ヒイヒイ言ってたら「男のくせに情けないわね~」と、当時勤めていた職場のお局様に何度も罵られた事を思い出した。


男の場合はそれが嫌がらせだと気づかない場合も多いだろうな


性差別がいけないのではなく女性差別がいけない、ヘイトスピーチがいけないのではなく特定の民族に対するヘイトスピーチがいけない そういう国だからどうなるかはお察し。