セガゲームス5月21日、出演者のピエール瀧氏が逮捕されたことを受けて3月から販売を自粛していた、PlayStation 4向けゲームJUDGE EYES:死神の遺言」について、7月18日に「新価格版」として4540円(税別)で再発売すると発表した。瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」は、俳優の田中美央(たなか・みおう)さんが演じたモデルに差し替えた。

【その他の画像】

 新価格版は羽村京平のモデル・音声のみを差し替えており、物語などゲーム内容に変更はない。ただ、初版で作成したセーブデータを使ってゲームを再開することはできない。

 同作をめぐりセガゲームスは、ピエール瀧氏の逮捕が報じられた翌日の3月13日、出荷とダウンロード販売の自粛を発表。欧米版については3月22日、「羽村京平を差し替えて予定通り6月25日に発売する」と発表していた。

公式サイトより


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そのまま滝さんで良いと思うんだけど そこでの何て言うか、リアリティーは求めて無かったんですね。まあなんて言うか、薬物はダメ絶対!!


10年くらいしたら瀧モデル版の方がレア物としてプレミアついたりしてるだろうか?


すげー、なんという対応の早さ。わしはPS4持ってないけど、プレイしたいと思っていた人は多いはず。


自粛前のバージョンで作ったセーブデータは使えないとかはぁー、つっかえセガのこういうトコほんま使えんわ


↑自粛前のセーブデータがあるってことは自粛前のゲーム本編も同時に持っているということではないの?


富士山の中の人も差し替えろよw


変えるにしてもたむけんじゃダメだったの?


アウトローを描いた作品の出演者がガチなアウトローだった、ってのはシャレにならんって判断なんだろうな。本当にピエール大迷惑。


そこまでする必要があったのか、甚だ疑問


「実在の人物、団体とは関係ありません」ってつけてりゃ問題なかろうに。いちゃもんつけてくる変な人がいるのかね。


逆に考えよう。切っ掛けさえあれば、いつでも芸能界から抹*たいと皆、思ってたんじゃね?と