社会生活まとめ

あなたが知りたい生活まとめの今話題になっている情報を丁寧に説明している特別なサイトです。なおかつ、有益となる生活まとめのオリジナル情報も披露しています。今すぐご覧ください。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    Image: NASA

    宇宙最大のミッションかも。

    1960年代にアポロ11号が月に飛んだとき、船内にトイレはひとつもありませんでした。なので宇宙飛行士たちは、「小」のときにはコンドーム状のチューブに、「大」のときは袋に用を足すというエクストリームな排泄スタイルを強いられていました。

    でも2024年に予定している月到達ミッションアルテミス計画では、NASA同じことを繰り返すつもりはありません

    あれはひどかったです」NASAの有人着陸船システムの開発者Mike Interbartolo氏はThe Vergeインタビューで語っています。「においのコントロールができておらず、クルーもいやがっていました。袋を密封するには、仲間に手伝ってもらう必要がありました。50年以上経つ今、同じやり方では月に戻りたくありません。

    宇宙トイレのデザインを公募する「Lunar Loo Challenge」

    そんなNASAの思いから、新たな宇宙トイレデザインを公募する「Lunar Loo Challenge」がInterbartolo氏をプロジェクトマネージャーとして立ち上がりました。国際宇宙ステーションISS)にはすでにいくつかトイレがありますが、それは微小重力下(いわゆる「無重力」、映画とかでよくある、人がふわーっと浮いてるような状態)での使用のみを想定しています。月には地球の6分の1の重力があるので、Lunar Loo Challengeでは月面でもそれ以外の宇宙空間でも使えるトイレデザインを募集しています。

    「月用トイレの開発は、月表面の探査用ツールの開発ほどにはエキサイティングでも興味深くもないかもしれません。でもニーズとしては同じくらい重要です」NASAコンテスト説明ポストで書いています。

    宇宙飛行士は飲んだり食べたりするので、その結果排尿・排泄も微小重力下、月重力下で行います。宇宙飛行士たちがキャビン内にいて宇宙服を装着していないときには、地球上とまったく同じ能力をもったトイレが必要です。

    この公募の締切は8月17日で、こちらから応募が可能です。NASAエンジニアたちが選考を行ない、上位3チーム賞金合計3万5000ドル(約380万円)を受け取れます。18歳未満向けのジュニアカテゴリもあります。

    トイレのデザインにはさまざまな条件がある

    公募ってことで、ここはひとつ斬新なデザインを投げてみようかと思う人もいるかもしれませんが、このトイレに求められる条件は長ーいリストになってます。条件にはサイズや重量ももちろんありますが、さらに省エネであること、使うのに時間がかかりすぎないこと、男性用と女性用があることアルテミス計画では月に初めて女性を送ろうとしています)などなどがあります。このトイレに流れるものは「尿、便、嘔吐物、水様便、経血」とカラフルで、それぞれ1回あたりのキャパシティ(便なら500gとか)まで規定されています。

    月で排便することは最優先事項ではありませんが、それをクルーにとって惨めな体験にしたくはありません」とInterbartolo氏は語ります。「なるべく快適で、地球の生活に近いものを実現したいのです」

    アルテミス計画では宇宙飛行士が月表面に最長6日半もとどまる予定なので、その間ずっとガマンし続けることはありえません。念のためLunar Loo Challengeのガイドラインでは、このトイレ宇宙飛行士二人のトイレライフを最低14日間サポートできることとしています。

    どんなデザインが出てくるのか楽しみですが、前例がものすごく原始的なので、お尻に袋をくっつけるんじゃなければ何でもかなりの進歩になりそうですね。

    Source: Lunar Loo Challenge via The VergeBusiness InsiderSpace News



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【NASAが「月でウンチする方法」を募集】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ◆当たり前の話ですが……

    ◆カニメロン、香典飛び交う与党

    ◆「反省してる」から不起訴!?

    ◆#菅原前経産相の不起訴に抗議します

    *『司法の崩壊』(河井克行著・PHP研究所刊)

    <まんが/ぼうごなつこ>

    【ぼうごなつこ】

    ぼうごなつこ●Twitter ID:@nasukoB1974年神奈川生まれ。まんが家・イラストレーター 『子どもの心に寄り添って~被災した子どもの心のケア(NPO法人キッズドア)』『知ってはいけない 隠された日本支配の構造(講談社現代新書)』『女政治家の通信簿(小学館新書)』などでまんが・イラストを担当



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【菅原一秀元経産相が不起訴!? そんな無法地帯のために税金を払いたくない<100日で崩壊する政権・91日目>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

     「NHKだけ映らないテレビ」を購入した女性がNHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた裁判で、東京地裁は26日、「専門的な知識がない原告が復元することは少なくとも困難」として、「契約締結の義務は存在しない」との判断を示した。つまり、受信料の支払い義務もないということになる。

    ・【映像】"NHKだけが映らないテレビ"開発者が生出演! 受信料契約の義務なし

     裁判で電波を増幅するブースターを使えば受信は可能と主張していたNHK側は判決を受け、「判決の内容を精査して、今後の対応を検討する」としている。

     争点となったのは、NHKの放送信号のみを弱くするフィルターチューナーに取り付けているテレビだ。フィルターを開発した筑波大学の掛谷英紀准教授が中古で購入した3000円のテレビを改造、女性に同じ3000円で譲ったものだという。

     掛谷氏によると、このフィルターは7年前、YouTubeアップされた国会中継の映像に対しNHKが削除要請した問題で違和感を覚え開発。「秋葉原で部品を買い集めればすぐに作れる」ものだという。

     「似たような裁判は今までもいくつかあったが、NHKの方に有利な判決が多かった。最高裁で勝たなければ安心できないので、今回の判決はあくまでも第一歩と考えている。私自身はNHKと契約し、受信料も払っている。ただ、実際に見るのはBSの番組ばかりで、地上波の番組はほとんど見ない。BSだけの契約など、視聴者の需要に合わせた柔軟な契約ができれば、NHKの印象も少しは変わると思う」。

     在任の頃からフィルターの存在を知っていたという元NHK会長の籾井勝人氏は、「一番良いテレビ局を見られなくしているという意味では、大変な損失だと言えると思う。国会中継にしても、政治討論にしても。我々が一番平等にやっているという自負もある。先生がせっかく一生懸命作られたものが世のため人のためにならないのはもったいない。もっと他の物を作って下さい」と苦笑する。

     一方、元NHKアナウンサージャーナリストの堀潤氏は「僕は受信料によって色々な技術を身に付けさせてもらったし、後輩たちのことを考えても、この制度はやはり維持してもらいたい。NHKだからこそできることもいっぱいあるし、最前線で一生懸命やっている職員もいる」とした上で、次のように指摘した。

     「受信料という安定した収入にあぐらをかいている人たちもいる。そして電波はみんなのものなのに、政治の報道で言えば安倍さんに近い記者ばかりが出てきて解説するのが物足りないという声もある。だから、公共放送の在り方に一石を投じたいという掛谷先生のアクションを取られたことには大賛成だ。信頼を勝ち取れるようしようという機運も高まると思う。ただ、裁判までしなければ声が届かないというところは課題だ」。
     

    ■受信料制度は今のままでよいのか?

     NHKの支払い率は2019年度で82.8%(前年度+0.7%、過去最高)で、受信料収入は7115億円(前年比-7億円)となっている。

     そんな中、26日に開かれた「公共放送の在り方に関する検討分科会」について、高市早苗総務大臣が「テレビ離れが進む中で公共放送を社会全体でどのように支えていくのか、テレビを持たない方の同時配信の視聴ニーズにどのように対応していくべきか、といった通信放送融合の時代を見据えた課題についても議論をいただいた」と説明。「先進諸国における公共放送の受信料制度について資料を用意させていただいたが、私としてはこうした点も参考にしたい」とし、罰則のある海外の制度も参考にする考えを示している。

     また、NHKでは今年4月からネットでの同時配信や見逃し配信を行う『NHKプラス』を提供しているが、現状では受信契約している世帯しか登録ができないため、ネットのみの利用者から受信料を徴収する“ネット受信料”についても検討課題として挙げられている。

     籾井氏は「ネットだけで見ている人がタダで見られるというのではバランスが取れない。やはり月額を払ってほしい。また、中には気に入らない番組もあるかと思うが、皆さんが納得のいく、いい番組を作るべく努力をしている。私が現役の時には、“いただいたお金は、ケチらないで使いなさい”と言っていた。それは無駄使いをしろという意味ではなく、いい番組を作ろうということだ。それが視聴者に対するお返しというものだ。ただ、BSが出てきて、さらにネットになりという流れの中で、受信料についても真面目に見直すべき時期に来ているのかもしれない」と話す。

     Black Diamondリーダーのあおちゃんぺは「払わなかったからといって罰則、というのはやりすぎだと思う。ただ、以前うちに徴収しに来た方の態度がめちゃめちゃ悪かった。ちょっとしたところを変えるだけで納得して払ってもらえるようになると思うので、徴収はNHKをちゃんと愛している方にお願いした方がいいのではないか」と指摘。さらに「見ていないのに払っている人もいれば、見ているのに払っていない人もいる。NHKが映らないフィルターではなく、NHKをどれだけ見たか測定できるものを作って、歩合制にすれば良いのではないか」と提案した。

     掛谷氏は「技術的には可能だが、NHKやらせないだけだ。また、NHKの受信料を使って電波塔を立てたり、人工衛星を打ち上げたりして、インフラにも投資してきた。しかしインターネットの場合、インフラは通信業者が整備している。そこにタダ乗りし、同じように受信料を取るというのは制度の立て付けからいっておかしい。その点ははっきりさせる必要がある」と話した。

     お笑い芸人カンニング竹山は「正直、出演する立場としては民放よりも多少ギャラが安いということはあるが(笑)、年を取れば年を取るほどNHKの番組が好きになってきた。宇宙が好きなので、NHKのそういう番組を見ると、よく撮ったな、面白いなと感じる。ただ、時代とともにメディアの見せ方は変わっていくるので、改革をしていかなければならない部分もある」とコメント

     堀氏は「公共放送というのは、基本的に使えること、参加できることが前提になると思う。YouTuberがこれだけ育ってきている中、地域の情報を発信したいということであれば、例えば支局のスタジオを開放するとか、ディレクターカメラマンと一緒になって制作できるような付加価値があれば、受信料を払おうかなと思うのではないか。すでにGoogleはある程度の登録者数のあるYouTuberにコンサルティングを行ったり、スタジオを開放したりしている。イギリスBBCも受信料だけでは成り立たないということで、公益性の高いCMであれば流してもいいのではないかなど、そういう議論もされている」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
     

    ▶映像:"NHKだけが映らないテレビ"開発者が生出演! 受信料契約の義務なし

    “NHKが映らないテレビ” フィルター開発者「第一歩だ」、籾井勝人元会長「見られないのはもったいない」…受信料の未来を考える


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【“NHKが映らないテレビ” フィルター開発者「第一歩だ」、籾井勝人元会長「見られないのはもったいない」…受信料の未来を考える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ツイッターでたびたび話題になる「#何県民かバレるツイートしろ」。地元民なら共感できる「県民あるある」などを呟くハッシュタグだ。

    このタグに、漫画家の中音(なかね)ナタさんが参加して、話題になっている。2020年6月29日、次のようなツイートを投稿したのだ。

    中音さんが投稿したイラストは、日本地図のようである。

    全体はかなり大ざっぱな描き方なのに、一部だけ克明にリアルに描いている。右に突き出ているのは下北半島で、左にあるのが津軽半島? 「#何県民かバレるツイートしろ」という趣旨にはぴったりのイラストではないか。青森県民以外には考えられない。

    このツイートには、8万件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(30日夕現在)。

    ツイッターには、こんな声が寄せられている。

    「青森リアルすぎwww
    「幼児に遊ばせるときは青森だけ取り外さないと危ないな」
    なるほど深浦や中泊、階上あたりの出っ張りが細かい」

    いったいなぜこんな投稿を? Jタウンネット編集部は、中音ナタさんに聞いた。

    「覚えやすい形で誇りに思ってます」
    中音ナタ (@natanakane)さんのツイートより
    中音ナタ (@natanakane)さんのツイートより

    ちなみに中音ナタさんは青森県八戸市出身だ。階上(はしかみ)あたりの微妙な出っ張りは熟知している。ツイートの意図を聞いてみると......。

    「意図は特になかったです。なんとなくつぶやいただけでした」

    なんとも脱力感のある返事だった。

    青森県の形はユニークな特徴がありますが、どう思いますか? と聞くと、「青森県民として、覚えやすい形で誇りに思ってます」と中音さんは答えた。

    大変な反響があったが、気になったことは何だったのだろう?

    内陸県では同じことができない、とおっしゃってた方がいたのでなるほどと思いました」

    「長野やとどーなるんやろ(笑)」などという感想もあった。確かに内陸県では、この方法では難しいかもしれない。

    「#何県民かバレるツイートしろ」というお題では、他にもさまざまな手法が披露されている。「ご当地のお土産や食べ物がたくさんみれてとても素敵なタグだと思います」と、中音さんもコメントしているとおりだ。

    「#何県民かバレるツイートしろ」を、一度のぞいてみてはいかがだろう。

    中音ナタ (@natanakane)さんのツイートより


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【バレバレどころの騒ぎじゃない 某県出身の漫画家が描いた「何県民かバレる日本地図」がこちら】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    2020年1月に発生し、世界中で感染拡大している新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)。

    外務省の発表によると、日本では同年6月29日時点で1万8千人の感染者が発覚しています。

    同月29日、運送業を営むヤマト運輸(通称:クロネコヤマト)は従業員がコロナウイルスに感染していたことを発表しました。

    ヤマト運輸に関する記事はこちら

    クロネコヤマト配達員にコロナウイルス陽性が確認

    ヤマト運輸の発表によると、コロナウイルスの感染が確認されたのは京都府京都市にある南京都主管支店・京都祇園センターのセールスドライバー4人。

    4人は主に集配を行っており、同月26と28日に各1人、29日に2人が陽性と判明したといいます。

    感染をした後は、保健所の指導の下、同事業所に勤務する全社員が自宅待機に。また、健康状態について経過確認することにしたそうです。

    同事業所が担当するエリアの集配業務は、ほかの事業所に所属する社員が継続。窓口受付業務は、当面の間、業務を休止するとのこと。

    これらの変更によって、該当エリアでは宅急便をはじめとするサービスの提供に遅れが発生する可能性があるといいます。

    対象エリアは、下記の通りです。

    感染が拡大する状況下でも、配達をする際は不特定多数の人と触れ合う必要がある運送業。

    クロネコヤマトの発表に対し、配達員へ感謝の気持ちを伝える温かいコメントが多数寄せられました。

    ・あなたたちは大切なライフラインです。感染した従業員の方が全快しますように。

    ・このような状況でも配達を続けてくれて、本当にありがとうございます。応援しています!

    ・物流を支えてくれてありがとうアナウンスも分かりやすく、とても助かります。

    感染した従業員は、きっといろいろな対策をとった上で業務にあたっていたことでしょう。4人の従業員が1日も早く回復することを、多くの人が祈っているようです。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @yamato_19191129外務省


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【配達員にコロナ感染が発覚したクロネコヤマト すると、ネットの反応は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【この記事の動画を見る】

    車を持たず片道4時間をかけて通勤をしていた小学校の男性清掃員のために学校教師がクラウドファンディングサイトを開設したところ、約4か月で目標額の約5倍の寄付金が集まった。心温まるニュースを『Tank’s Good News』『The Commercial Appeal』などが伝えている。

    テネシーシェルビー郡ジャーマンタウンにあるファーミントン小学校の清掃員として勤めるロバートリードさん(Robert Reed、60)は、つい最近まで片道4時間をかけて通勤していた。ロバートさんは車を持っておらず、3つのバスを乗り継いだ後に約3.2キロ(2マイル)の道のりを歩かなければならず、早朝4時に家を出て午後3時まで働き、帰宅は午後7時を過ぎることも度々あった。

    ロバートさんがファーミントン小学校で働き始めたのは昨年10月頃で、勤務時間を過ぎても残って作業をしたり、いつも笑顔を絶やさない明るく優しいロバートさんはすぐに職員や保護者から絶大な信頼を得るようになっていった。

    そんなロバートさんに今年2月19日、学校職員から思わぬサプライズがあった。教師のエリザベスマローンさん(Elizabeth Malone)に図書館に来るように言われたロバートさんは、大勢の職員に迎えられ、エリザベスさんからこう告げられたのだ。

    「みんなであなたを助けたいと思ってね。21時間前にクラウドファンディングサイト『GoFundMe』で寄付金を募ったの。すると約75万円(7千ドル)が集まったのよ。あなたが新しいトラックを買えるようにね。」

    するとロバートさんは跪いて泣き崩れ、立ち上がるとエリザベスさんとしっかり抱き合った。この時の様子は動画に収められ、ニュースでも取り上げられた。

    地元メディアインタビューで、ロバートさんは「図書館に呼ばれた時には仕事の話だと思ったんだ。まさかこんなサプライズが待っているなんて思いもしなくて。 ファーミントンスタッフは家族みたいなんだ。帰宅する時はバス停まで送ってくれることもあるし、バス代を払ってくれることもあった。素晴らしい職場だし、ここで働くのが大好きなんだ」と述べ、多くの人が寄付をしてくれたことに感謝するとこのように明かした。

    「実は副業として芝生の手入れの仕事を始めようと考えていてね。これまで働いたお金でトラックを買おうとずっと貯金してたんだ。本当にありがたいよ。」

    そんなやり取りをして嬉しい報告に涙したロバートさんだったが、その後も『GoFundMe』への寄付は増え続け、同サイトには「あなたの笑顔は太陽の光のよう。いつも子供たちを温かく見守ってくれてありがとう」「あなたが一生懸命働いているのは聞いてるわ。これがきっかけで、よりよい人生が送れるよう願っている」「4時間もかけて通勤してたなんて知らなかった。少しだけど私も寄付させて!」といったロバートさんを応援するメッセージで溢れたのだった。

    そして寄付を募り始めてから約3か月後の5月末、ロバートさんは赤の2019年シボレーシルバラードChevrolet Silverado)を手にした。またロバートさんのことを聞いた地元の企業数社が、安く芝刈り機などを提供し、1万ドルを目標にして始まった寄付金は日本時間6月28日の時点で約530万円(49450ドル)になった。

    今月6日には、新しいトラックと芝刈り機をお披露目するパレードも行われ、ロバートさんは「感謝してもしきれないよ。ここまでしてもらえて、私は本当に幸せだよ」と涙いっぱいで語った。新型コロナウイルスの影響で現在は学校での作業はストップしたままだが、ロバートさんはすでに芝の整備の仕事を始めているようだ。

    エリザベスさんは、学校職員だけでなく保護者や地元の人々から多くの協力の申し出があったことに感謝し、最後にこんなメッセージを残している。

    ロバートは涙もろくて、話を進めるたびに『ありがとう』って言いながら泣いていたわ。それに彼はいつも勤勉で、あったかくて、みんなから愛されているの。善意の輪がどんどん広がっていったのは、そんな彼の誠実な人となりがあってこそなんでしょうね。ロバートおめでとう。そしてみんな、本当にありがとう。

    画像は『Tank’s Good News 2020年6月24日付「Janitor Drops To His Knees After Learning His Coworkers Raised $10K To Buy Him A Car So He Didn’t Have To Walk Miles To Work」(via WREG News Channel 3)』『GoFundMe 2020年2月18日付「Transportation for Mr. Reed」』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【片道4時間通勤の学校清掃員が涙 教師が募った寄付金で車を購入(米)<動画あり>】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    電子レンジで本をチン

    本をレンチンする人続出 /iStock

     もはや一家に一台の調理機器、電子レンジも使い方を誤るととんでもない事故になることは多くの人が知るところだが、先日アメリカミシガン州図書館がややキレ気味に発した注意喚起が話題を呼んでいる。

     その訴えはなぜか「図書館の本を電子レンジでチンしないでください!」というもの。

     多くの人が「そもそもやろうとも思わんし。てかそんな人おる?」と聞きたくなるかもしれないが現地の図書館にはレンチンで焦げた返却本が大量にあるのだ。

     実はこれコロナ対策の疑いがあるという。感染を恐れる利用者が電子レンジでの加熱消毒を試みたために、本の管理タグが発火したとみなされてるのだ。

    ―あわせて読みたい―

    静かなる場所「図書館」なのに思わずクスッとさせられてしまう職員たちのユーモアの数々
    図書館はワクワクする場所!世界各地の図書館の14のアイディア
    いろいろ違う!突っ込みどころ満載、世界のコロナ対策
    都市封鎖=クラスターの封じ込め。ニュージーランドのコロナ対策が評価されている理由
    汚物は消毒だ~!消毒液を腕から噴射、リストバンド型噴霧器が登場(アメリカ)

    電子レンジで図書を加熱しないで!図書館の悲痛な呼びかけ

     今月18日、ミシガン州のある図書館が一般市民にコロナの感染防止目的で本を電子レンジでチンしないよう呼びかけている。

     Facebookで悲痛な呼びかけをしているのはグランドラピッズ市にあるケント地区図書館だ。同館の訴えによると、ミシガン州には電子レンジで損傷した本が大量にあるという。

    ケント地区図書館が返却された資料などを72時間隔離することをお忘れなく。電子レンジでチンされた本は以下の写真のようになってしまいます。

    当館が所蔵するすべてのものには金属を含むICタグがついています。それらのタグは電子レンジの使用によって発火します。

     この図書館すべての本には、電子レンジで発火する金属を含むRFIDタグがついている。そのためレンチンすると火災を招く恐れがあるのだ。

    コロナ対策で思いつたレンチン消毒法?

     この地区の図書館の管理者エリザベス・グアリノコズロウィッツ氏は、どこからこうした方法が広まったのかと疑問に思ったそうだ。


    これをやった人たちがニュースで何かを見たのかは知りませんが、彼らはCOVID-19対策のために加熱を思いついたのかもしれません

     しかし図書館は安全のため米国疾病対策センターガイドラインに沿って収蔵資料のコロナ対策を行っている。その上すべての資料を返却から72時間以上空けてから貸し出すきまりを徹底しているのだ。

     これだけ気をくばっていてもなお、大切な本が無茶な「消毒」により無残な姿で返ってきたら。もとより本が好きな図書館員もやりきれなくなるだろう。

    原因は管理用タグ。自己流の消毒が発火事故に?

     近年図書館が利用してる管理タグは電子レンジでチンすると燃えてしまう。ところがそれを知らない利用者が消毒目的で本をレンチンすれば発火事故が起きる。

    3


     というか、仮にコロナウイルスを恐れての行動だとしても、紙の本、しかも公共の図書をチンするって発想に脳が追いつかないし、実際やるのもある意味すごい

    2


     そもそも燃やしてしまった人は、ウイルスを意識するわりに図書館の対策を気に留めなかったのかな?

     知ってても「まだ気になるから電子レンジで追い消毒!」と思ったかもしれないが、そのために本を熱して傷つけるぐらいなら借りるのを見合わせるという選択肢もあるんじゃなかろうか。

    感染予防に紙幣をレンチンで焼いた事例も

     そういやちょっと前も海外で「紙幣を消毒したくてレンチンしたら燃えた!」なんて事例があったけど、消毒を目的とした電子レンジの誤使用で物を焼失したり火災を起こせば本末転倒だ。

     コロナ流行中の現在、ネットでも根拠のない情報が流布しがちだが、こういう時こそ何事も過ぎたるはなお及ばざるが如しという言葉を肝に銘じていたいものだ。

    References:kiro7 / boingboing / facebookなど /written by D/ edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52292271.html
     

    こちらもオススメ!

    ―料理・健康・暮らしについての記事―

    鳥取県のソウルフード。タバスコと鶏ひき肉が決めての「スタミナ納豆」のレシピ 【ネトメシ】
    タロットカード占いにハマる人が続出中、タロットの歴史と現代における役割
    銀行のお客様センターの「電話保留音」が悪魔的なノイズだった件(※音声注意)
    「お宅の子が見てたんで」ポルノスターが自宅を訪問。ニュージーランド政府の性教育ビデオが話題を呼ぶ
    ロシアのKFCがロボットヘルパーを導入。顧客と接触しない「未来のレストラン」をオープン

    ―画像の紹介記事―

    動物の体重ってどうやって測るの?かわいすぎる動物たちの体重測定の様子を一挙公開
    「スイカは絶対に守るニャ!」スイカ監視員としての猫、完璧な警備(タイ)
    フクロウの赤ちゃんが行き倒れ!?いいえ違います、頭が重いのでうつ伏せで眠るのがデフォなんです
    家族の「きずな」を大切にしたい!優しく抱き合う動物ファミリーの写真集
    異物融合。奇妙でシュールな日常の異世界空間を作り上げるロシアの人気インスタグラマーの作品
    「図書館で借りた本をレンジでチンしないでください」アメリカで異例の通達


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「図書館で借りた本をレンジでチンしないでください」アメリカで異例の通達】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    2020年6月28日、中国メディアの観察者網は、日本が自国の先端技術の国外流出を防ぐ方針を示したことについて、日本メディアが「中国による学術スパイ陰謀論」を掲げて報じたとする記事を掲載した。
    記事は、日本政府が26日にまとめた「統合イノベーション戦略2020」の素案において、「自国の先端技術の漏洩を防ぐために、海外からの留学生および研究者などの審査を厳しくする方針」と示したと紹介。素案は7月中旬に閣議で決定される見通しであると伝えた。
    その上で、日本の保守系メディアがこの件について「学術スパイへの警戒」と題し、今年5月現在約23万人の留学生が日本にいる中で、日本政府が外国の軍や情報機関から派遣され、知的財産を盗む「学術スパイ」を警戒していると伝えたほか、「特に中国政府が組織的に留学生を利用し、外国の技術を盗もうとしている」と報じたことを紹介している。
    記事は、「近年米国でしばしば中国人留学生や研究者が学術スパイの汚名を着せられているが、近ごろでは日本でも『中国学術スパイ脅威論』が巻き起こっている」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

    28日、観察者網は、日本メディアが「中国による学術スパイ陰謀論」を掲げて報じたとする記事を掲載した。撮影:Sebastian Molina fotografía


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本メディアが「中国による学術スパイ陰謀論」をぶち上げた―中国メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    米国の中国語ニュースサイト、多維新聞の30日付報道によると、世界保健機関WHO)は29日、新型コロナウイルスの起源を突き止めるための調査団を来週の7月6~12日、中国に派遣すると明らかにした。
    WHOテドロス事務局長は同日ジュネーブで行われた記者会見で、新型コロナウイルスの世界全体の感染者数が1000万人、死者数は50万人を超え、パンデミック(世界的な大流行)は終息からほど遠いとし、多くの国々で一定の成果がうかがえるが、パンデミックは加速しているのが現状だとした。
    WHOは、経済を再開した多くの国で新規感染者が急増しているため、パンデミックは世界中で加速していると警告した。(翻訳・編集/柳川)

    世界保健機関(WHO)は29日、新型コロナウイルスの起源を突き止めるための調査団を来週の7月6~12日、中国に派遣すると明らかにした。写真は武漢駅。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【WHO、来週中国に調査グループ派遣、新型コロナウイルスの起源調査へ―米華字メディア】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    文藝春秋」7月号及び「文藝春秋digital」で「秋までに1日10万件、冬までに1日20万件」の検査を実施できるようにすべきだと記事に書きました(「『検査・追跡・待機』こそ最大の景気対策だ」)。

     この記事が出た後、6月18日には、広島県知事の湯﨑英彦さんたちと一緒に「積極的感染防止戦略による経済社会活動の正常化に向けた緊急提言」を日本記者クラブで公表し、そこでは「9月末までに1日10万件、11月末までに1日20万件」の検査能力の構築を訴えました。

    このまま第二波が来たら、医療現場は再び大混乱に

     この提言には、オールジャパンといえる広い分野から114名もの賛同者が集まりました(日本記者クラブの会見リポートのページから賛同者リストをご覧ください)。賛同者は、14の県知事をはじめ、ノーベル医学・生理学賞受賞者の山中伸弥・京大教授、Jリーグの村井満チェアマン、佐々木毅・元東大総長、福井俊彦・元日本銀行総裁、AI研究の松尾豊・東大教授、などなど、学界、経済界、労働界、スポーツ界、芸術界など各界を代表する有識者の皆さんです。

     なかでも注目すべきは、東京都病院協会の常任理事を務める3人の医師や病院経営者の方も賛同者に加わっていただいたことです。これは、私たちの提言が医療現場の意見を一定程度、反映していることを示しています。

     今回、提言の取りまとめに当たって、医療関係者からお話を伺ったのですが、医療現場の実感は、感染症専門家とかなりギャップがあるようでした。医療現場の声が政策に届くような仕組みを、早急に作る必要があります。民間病院の医師が「検査すべき」と判断したときには即座に検査できるようにすることはその基本です。それができないと、次のコロナ第二波が来たら、医療現場が再び大混乱に陥ることになります。

    「1日20万件」は無茶な数字ではない

    文藝春秋」7月号の記事でも、6月18日の緊急提言でも、期限と数値目標を定めて、検査体制と医療体制を計画的に増強していくことが重要だ、と論じています。なぜ、数値目標は必要なのでしょうか。

     まず、1日20万件の能力を11月末までに実現することは、無茶な目標とは思えません。アメリカは1日40万件、ドイツは1日15万件の能力を5月末時点で実現しています。韓国も含め主要国は、人口比で日本の10倍以上の検査能力を実現していることは、よく知られています。

     さらに、これから予想される事柄として以下の3つがあります。これらについて、きちんと検査できないと大変なことになるでしょう。

    (1)インフルエンザの流行ピーク時には、1日10万~30万人の患者が出ます。彼ら全員にコロナの検査をしないと、医療現場の医師や看護スタッフは怖くてインフルの診察もできなくなり、大混乱になるでしょう。

    (2)院内感染を防ぐため、病院への新規入院者は、入院時に全員検査することが望ましいはずです(全国の新規入院者は、1日4.5万人)。

    (3)海外の観光客を入れないと経済は復活できません。コロナ前の1割としても1日1万人です。

     インフルエンザに対応するためだけでも、冬までに最低限、1日20万件は検査できる体制にしておく必要があります。

    「検査を増やすと医療崩壊する」という誤解

     検査を増やすと医療崩壊が起きるのではないか、という心配をされる方が多くいます。しかし、それも誤解です。

     まず、来院する重症者や重篤者の数は、検査の数と関係ありません。重症者を自宅やホテルに居させることはできないので、検査数がどうであっても、病院で診なければなりません。

     次に、軽症者や無症状者が大量に病院に押し掛けたら医療崩壊が起きる、と言われます。しかし、それを防ぐために、軽症者と無症状者は、ホテルなどの待機施設で療養することが基本になったはずです。ホテルなどの借上げを増やしておけば、医療の負荷は増えず、医療崩壊には至らないはずです(むしろ、ホテルの借上げ軒数、スタッフの人数などを計算して確保するための計画を立てるためにも、検査件数の数値目標が必要です)。

    インフルエンザの季節まで時間はない

     また、病院での検査を増やして、医師やスタッフや新規入院者を頻繁にチェックすれば、早めに感染者をみつけられ、院内感染が防止できます。これも医療の負荷を減らします。

     さらに、検査を増やして軽症者を早期発見できれば、適切に早期治療でき、重症化を防ぐことができます(たとえば、体温や栄養の管理などを適切に行って体力を衰弱させなければ、重症化しないというのが医療現場の実感だそうです)。したがって、検査で早期発見することは、重症者の発生を減らし、医療現場の負荷を減らすことになります。

     このように、検査を拡大することは、医療崩壊をもたらすのではなく、医療の負荷を下げて、よりよい医療提供体制を作ることになるのです。

     インフルエンザの季節まで、あまり時間はありません。夏になって感染が落ち着いているいまこそ、数値目標を立てて、計画的に、医療と検査の能力増強を進めなければならないのです。

    ◆◆◆

     小林慶一郎氏の「『検査・追跡・待機』こそ最大の景気対策だ」は「文藝春秋」7月号および「文藝春秋digital」に掲載されています。

    ※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

    ※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

    (小林 慶一郎/文藝春秋 2020年7月号)

    ©AFLO


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【新型コロナ「冬までに1日20万件の検査を!」 このまま第二波が来たら医療現場はどうなるか】の続きを読む

    このページのトップヘ